タキトゥス(歴史家)の名言

タキトゥス(歴史家)のプロフィール

コルネリウス・タキトゥス。帝政期ローマの政治家、歴史家。元老院議員などを務めた。古代ローマを代表する歴史家の一人。主な著作に『ゲルマーニア』『同時代史(全12巻)』『年代記(全18巻)』ほか。

タキトゥス(歴史家)の名言 一覧

人間は地位が高くなるほど、足もとが滑りやすくなる。


タキトゥス(歴史家)の経歴・略歴

コルネリウス・タキトゥス。帝政期ローマの政治家、歴史家。元老院議員などを務めた。古代ローマを代表する歴史家の一人。主な著作に『ゲルマーニア』『同時代史(全12巻)』『年代記(全18巻)』ほか。

他の記事も読んでみる

内田和成

スピードと質の双方が求められるビジネスの現場では、仮説を立て、ものごとを答えから考える「仮説思考」が重要になる。まず「仮の答え」である仮説を立ててから、細かい作業にかかるという方法で、コンサルタントの必須スキルだ。この仮説の立て方は、各人各様で上席はないが、私は突然ひらめくことが多い。


松下幸之助

平易なことを間違いなくやり通すのは難しいことである。難しいことだから根気がいる。それを指導するほうはもっと根気がいる。


川田修(ライフプランナー)

自分がお客様に関心と愛情を持つ。そうでないと真剣に話を聞けないし、その方への最善の提案もできない。


長尾裕

お客様の立場に立って考え、行動する。小倉(昌男)さんの時代から、我々の原理原則はそこにあります。


堀之内九一郎

商売人の親に育てられたこともあって、私は若いころから、お客さんに対して腰を低くすることは自然にできました。それに加えて、借金の必要に迫られ、親戚や銀行に頭を下げることで、より一層、腰が低くなりました。が、それでも周囲から「あいつは計算高い」といわれることもありました。なぜ、計算高く見られてしまうことがあったのか。それは、腰の低さに心がこもっていなかったから……ではなく、腰の低さを24時間徹底できていなかったからです。つまり、相手によって腰の位置が変わっていたということです。それが、商売で成功する難しさを知るうちに、だんだんと誰に対しても腰の低さを保てるようになりました。自分に関わる人のすべてが、自分のお客さんや自分にプラスをもたらしてくれる人になるかもしれないと思えば、全員に対して自然に腰を低くできるんです。すべてが何らかの形で得につながるだろうという考え方。損得勘定を超える得々勘定です(笑)。


粟津恭一郎

自分の考えには、少なからず「思い込み」や「偏り」があると考えてください。そうすれば、「もし、○○だったとしたら?」という質問を自分に投げかけられるようになります。


マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)

日本人との違いを感じる点が一つだけあります。結論に達するまでの時間の長短です。物事を話し合って決定するまでに、日本人のほうがより多くの時間をかけていると感じます。それに対し、我々英国人は、何か事が起こった場合、仮定をベースに決定を下すという慣習があります。こうすれば時間の短縮が可能です。


源氏鶏太

働くということには、不平や不満がつきまとうように運命づけられている。その宿命に簡単に負けたのではおしまいである。自分を不幸にするだけだ。あえてその宿命に挑戦する気になったら、そして、それによって自分という人間の真の値打ちを知ろうと努力する気になったら暗闇の中に一条の光明を発見できるかもわからないのである。そのためには勇気が必要である。


小椋佳

新商品開発のために「国際財務サービス室」が新設され、その初代室長に任命されました。実は私は、以前から行内で「総合金融業化」を訴えてきました。25~26歳のころ、銀座支店で資生堂グループの担当になったのですが、同社は関連会社が多く、グループ内で大変な額のお金が動いていました。これらのお金をすべて取り扱えれば、大きな利益になります。そのためには、銀行業の枠を超えて総合金融業化する必要がある。その考えを「資生堂論」という論文に書いて提出したのです。そして論文を出した後も、ことあるごとに私は総合金融業化を主張してきました。上層部は、それを知っていたのでしょう。国際財務サービス室が新設されるときに、「あいつにやらせてみよう」という話になったようです。


垣内威彦

状況が悪いのに竹やりで突いてでも滅びるまでやりたいという人が、社内には結構いるんですよ。担当事業に入れ込む精神と情熱は評価しますし、忠誠心とかフォー・ザ・チームとか、会社のDNAとしては素晴らしい。しかし、事業や商品の寿命が近づき、市場から駆逐されようとしているのに、そこで頑張り続けていても夢はない。


冨山和彦

日本の電機メーカーでも利益を上げている部門や事業には共通点がある。部品点数が多くて、メカトロニクスで、熱力学がかかわっている。いわばアナログの世界であり、白モノ家電や、住宅設備機器などがそうだ。気象環境によって耐久性が異なるうえ、熱を加えたり水を使ったりとある種、過酷な使い方をする。メカですから、いつかは部品が磨耗し、熱変性を起こして壊れる。こうした分野では、蓄積された連続的なエンジニアリング技術の差をなかなか埋められない。ローテクっぽく見えるもののほうが、意外にテクノロジーとしてはるかに奥が深い。ですから白モノはよその国から入ってくるのが難しい市場であり、ディフェンスの障壁が作れる産業です。


中鉢良治

ひとつの話題から連想を広げ、リンク先を探していくと、情報がどんどん連結していきます。知識とは、情報をつなげていく連結点のことです。つまり学びとは、情報をつなげていく行為だと僕はとらえています。そうしていかに情報やアイデアを拡張していけるか、これは、ビジネスマンにとっては必須能力なのではないでしょうか。


池上彰

嫉妬は多くの日本人が多かれ少なかれ持っている感覚です。嫉妬社会の側面を持つ日本では、たとえすべてが上手くいっていても、それを声を大にして言うのは慎むのが賢明でしょう。


山村章

我々の強みは市場規模の小ささにある。我々の事業はどれも数十億円の市場です。ただ、そこでトップシェアを握っているので大手が入り込みにくい。これが何千億円という市場規模なら多くの企業が参入するでしょう。


アブラハム・マズロー

もし私が、一人の人間としてのあなたについて、もっとたくさんのことを学びたいと思うならば、あなたを一つの単位、ひとりの人間として、全体としてアプローチしなければならない。他の人を理解しようとするには、われわれの口を閉じ、眼と耳を大きく開けることだ。


ページの先頭へ