名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

タイガー・ウッズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

タイガー・ウッズのプロフィール

タイガー・ウッズ。アメリカのプロゴルファー。生後9か月から父親からゴルフの訓練を受ける。全米ジュニア・アマチュア選手権、全米アマチュア選手権、それぞれで前人未踏の3連覇を達成。プロに転向しわずか10か月で、マスターズなど7大会で優勝し、21歳でPGAツアーの史上最年少金王に輝く。その後数多くの賞を獲得

タイガー・ウッズの名言 一覧

ヘイトレター(嫌がらせの手紙)を捨てずにとっておきました。壁に貼って、ことあるごとに読み返し、なにくそ、こんなことに負けるもんかと逆にゴルフのエネルギーへ転化したのです。


私はできる限りのことをしている。しかし、ときには自分の思うようにはならない。ものごととはそういうものなんだ。


届かないパットは絶対にカップインしない。もしオーバーしたら、その時点で次を考えればいい。


タイガー・ウッズの経歴・略歴

タイガー・ウッズ。アメリカのプロゴルファー。生後9か月から父親からゴルフの訓練を受ける。全米ジュニア・アマチュア選手権、全米アマチュア選手権、それぞれで前人未踏の3連覇を達成。プロに転向しわずか10か月で、マスターズなど7大会で優勝し、21歳でPGAツアーの史上最年少金王に輝く。その後数多くの賞を獲得

他の記事も読んでみる

川村元気

僕はめっぽう自己評価が低いんです(笑)。だから、まずはとことん失敗をしない方法を考え抜きます。


竹之内幸子

手作り料理を振る舞うことで、ビジネス相手とも打ち解けて、場が和みます。食べながら、仕事の話はほとんどしません。飲みニケーションならぬ、手料理コミュニケーション。これで午後のミーティングがぐっと活発になります。


和田裕美

若くても自分に厳しく、しっかりした人はたくさんいます。年齢が上なだけで何もしない人より、よほど仕事のできる人もたくさんいます。世代でひとまとめにみないことが大事です。


三品和広

日本企業にとって大事なのは、自社が強みを持つ技術を成熟市場から成長市場に移して戦う「転地」の発想だ。


北尾吉孝

失敗したときは失敗が常だと思うこと。失敗が常で成功はせいぜい1割か2割だと思っていればいいんです。失敗するのが当然だと思っていれば、失敗してもあまり落ち込まないですむ。失敗が当たり前だと思えば、「策に3策あるべし」と、事前に失敗した時のことを考えるようになる。そうすると失敗しても、何がいけなかったかを分析し、次の策にとりかかることができる。それとできるだけポジティブに考えることも大事です。


原田泳幸

大切なのは「シーケンス(順序)」です。土台がないのに柱は建たないし、柱がないのに壁は張れません。ある戦術を実行するためには、その戦術が実行できるための環境を整えておかなければなりません。パズルをひとつひとつ組んでいくように、戦略実行のシーケンスを考えるのが経営戦略というものです。


白岩直人

税制改正などで商品のあり方の見直しがあったり、リーマンショックでそれまでのやり方が全くできなくなり、正直倒産するのではないかとも思いました。そんな時、お客様を紹介してくれる税理士、会計士さんのお話からヒントを得て、コンテナのポートフォリオを使ったリース商品が生まれ、ヒットしました。悪い環境が来なかったらアイデアも出なかったし、商品も出なかったという意味で、リーマンショックがあってよかったとさえ思っています。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

受け身のCSR(企業の社会的責任)ではなく戦略的CSRへと大きく舵を切らなければなりません。将来のビジネスリーダーは利益を追求しながら、エネルギー問題や医療福祉問題など、社会の抱える難題を解決する必要があります。


松井道夫

おじいちゃん、おばあちゃんの頭になれよ。(覚書き|新聞広告で証券の専門用語をたくさん盛り込もうとした社員へのひと言。業界をまったく知らないおじいちゃんおばあちゃんにでもわかる平易な言葉で書けという戒め)


芳川裕誠

我々の会長はビル・タイという非常に有名なベンチャーキャピタリストですが、「彼にぜひ我々のビジョンを買ってほしい」と考え、訪ねました。まだ何の実績もない自分たちのことを、果たして相手にしてくれるのか。非常に緊張しましたけれど、彼は我々のビジョンを理解し、投資を決めてくれました。


山田真哉

数字の裏を読めるぐらいの力を身につけるために大切なことは、知識より意識。


大野直竹

今までは土地があって賃貸住宅を造って、それで終わりじゃないですか。しかし我々はその賃貸住宅を経営する地主さんと、この建物のままでいいのかという議論をします。そうすると、ここが悪い、あそこが悪いという話が出てきます。それに応え続けることが重要です。これは商業施設、事業施設の事業でも生きています。