名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

タイガー・ウッズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

タイガー・ウッズのプロフィール

タイガー・ウッズ。アメリカのプロゴルファー。生後9か月から父親からゴルフの訓練を受ける。全米ジュニア・アマチュア選手権、全米アマチュア選手権、それぞれで前人未踏の3連覇を達成。プロに転向しわずか10か月で、マスターズなど7大会で優勝し、21歳でPGAツアーの史上最年少金王に輝く。その後数多くの賞を獲得

タイガー・ウッズの名言 一覧

ヘイトレター(嫌がらせの手紙)を捨てずにとっておきました。壁に貼って、ことあるごとに読み返し、なにくそ、こんなことに負けるもんかと逆にゴルフのエネルギーへ転化したのです。


私はできる限りのことをしている。しかし、ときには自分の思うようにはならない。ものごととはそういうものなんだ。


届かないパットは絶対にカップインしない。もしオーバーしたら、その時点で次を考えればいい。


タイガー・ウッズの経歴・略歴

タイガー・ウッズ。アメリカのプロゴルファー。生後9か月から父親からゴルフの訓練を受ける。全米ジュニア・アマチュア選手権、全米アマチュア選手権、それぞれで前人未踏の3連覇を達成。プロに転向しわずか10か月で、マスターズなど7大会で優勝し、21歳でPGAツアーの史上最年少金王に輝く。その後数多くの賞を獲得

他の記事も読んでみる

三谷宏幸

相手にきちんとものを言うには自信が必要です。高い目標を掲げたり、部下に厳しい評価を告げたり、あるいは世の中でまだ誰もやっていないことをやるような場面において「我々はこうするんだ」ときちんと言えるのは、「こんなに考えている人間は自分をおいてほかにない」という自信を持てるくらい、その問題について突き詰めているからです。


荻原国啓

ソフトとハードの組み合わせを考え、心のあり方に配慮した組織を作る必要がある。超過残業を取り締まるだけでは、従業員の「何となく不安」というモヤモヤは取り除けない。


高山泰仁

旅行をすることで、自国以外の文化に対する理解が深まり、新たに出会った人との交流が生まれます。海外旅行の仕事を手掛けることで国際交流の発展と世界平和に少しでも貢献したいと思っています。


武長太郎

お客様に笑ってもらって元気になってもらって感動して帰っていただく。これからはおもてなしに関わる様々な事業を視野に入れ、「日本一のおもてなし集団」を目指していきます。


益本康男

私は取引先であった豊田合成に頼んで、「カイゼン」を教えてもらおうと何度も三河まで足を運びました。そこである方に言われたのが、「トヨタ方式はクボタには出来ない」ということでした。私は腹が立って、なんでクボタに出来ないのか理由を聞くと、トヨタのカイゼンはトップ自らが陣頭指揮をとってやると言う。つまり、社長が現場に行った時にゴミが落ちていたら自分で拾うし、汚れていたら社長が自分で拭くところから始まったというわけです。それを益本さんのところの社長がやりますかと言われたのです。これには納得で、内心悔しくもありました。しかし、私がトップになって、そこから改善していけばクボタにも出来ないことはないとも思いました。
【覚え書き|係長として栃木工場再生プロジェクトを担当した当時を振り返っての発言】


中村獅童(二代目)

自分にとって何が次の代表作につながるか分からなかったので、声をかけていただいた仕事はすべて受けました。自分に向いていないと感じる仕事であってもです。


樋口武男

本当は、立派な功績をあげた人物の本を読むよりも、直に経験談を聞けるなら一番いい。まずは講演会などで話を聞きに行ってはどうでしょうか。


加藤修一(経営者)

会社というものは無駄な仕事が多い。必要のないことをして頑張った気になっている。生産性は仕組みで上げて、空いた時間を本当に大事なことに振り向ければいい。


土川健之

私の信条は「自分に忠実であれ」です。


山内雅喜

課題の一つはノンデリバリー事業のさらなる拡充。既にデリバリー事業のネットワークは「ラストワンマイル」の社会的インフラとして出来上がっていますから、ここにデリバリー事業以外の物流加工や決済機能、情報処理などの付加価値を載せていき、いかに利益につなげていくかが重要になってきます。


平川昌紀

単なる連絡なら、電子メールや印刷物の配付でも可能かもしれません。しかし本当の意味でコミュニケーションを交わすためには、お互いの顔を見ながら、五感を駆使してやりとりしなければなりません。そうすることでこちらの「熱」が相手に伝わり、心と心が通じ合うようになるのです。


小笹芳央

利害と視点が違う人が集まって議論をする以上、全体を考えないと会議はできません。でも多くの人が「自分の問題」を優先させているのが実情です。「まず自分」という考えを抑えて「そもそも何のための会議なのか」を意識すれば、「自分の抱えている問題は優先順位が低いんじゃないか」「今日の会議では、あの先輩の課題から議論した方がいいのでは?」など、「烏の目」を持てるはずです。議題に際しても常に「そもそも、何の話でしたっけ?」と発言できるようになれば議論をリードできる。そして「本質的な発言をする人」という印象を、周囲に与えることができるのです。