タイガー・ウッズの名言

タイガー・ウッズのプロフィール

タイガー・ウッズ。アメリカのプロゴルファー。生後9か月から父親からゴルフの訓練を受ける。全米ジュニア・アマチュア選手権、全米アマチュア選手権、それぞれで前人未踏の3連覇を達成。プロに転向しわずか10か月で、マスターズなど7大会で優勝し、21歳でPGAツアーの史上最年少金王に輝く。その後数多くの賞を獲得

タイガー・ウッズの名言 一覧

ヘイトレター(嫌がらせの手紙)を捨てずにとっておきました。壁に貼って、ことあるごとに読み返し、なにくそ、こんなことに負けるもんかと逆にゴルフのエネルギーへ転化したのです。


私はできる限りのことをしている。しかし、ときには自分の思うようにはならない。ものごととはそういうものなんだ。


届かないパットは絶対にカップインしない。もしオーバーしたら、その時点で次を考えればいい。


タイガー・ウッズの経歴・略歴

タイガー・ウッズ。アメリカのプロゴルファー。生後9か月から父親からゴルフの訓練を受ける。全米ジュニア・アマチュア選手権、全米アマチュア選手権、それぞれで前人未踏の3連覇を達成。プロに転向しわずか10か月で、マスターズなど7大会で優勝し、21歳でPGAツアーの史上最年少金王に輝く。その後数多くの賞を獲得

他の記事も読んでみる

鈴木敏文

我々は結果が数字になって表れると、つい信用してしまう「数字信奉」が強くあります。しかし、変化の激しい時代には、十分気を付けないとみんな数字にごまかされてしまいます。数字のつじつまが合いすぎるのは逆におかしいと考え、突っ込むと問題点がポロっと出て来る。大切なのは、データを記録として見るのと、マーケティングに使うのとではまったく読み方が違うということです。


津田全泰

初めての起業。成功するか失敗するかわからない中で、コストをかけなければ失敗しても大火傷はしないだろうという発想でした。


喜久川政樹

私のみているかぎり、重要で難しい交渉の場に置かれて、逃げずに前向きに立ち向かえる人は意外に少ないですね。しかも、頭がよくて、先がみえる人に限って、その場から逃げようとする傾向があります。でも、それでは成長は望めない気がします。


高妻容一

内発的モチベーションを高めるには、短長期の目標設定をおろそかにしないことが重要。


男鹿和雄

美術監督を担当した「となりのトトロ」にしても、優れた作品だからこそ背景だってよく見えるわけです。しかも、「トトロ」の仕事ではじめから「これがいい」と自分で描いてそのまま完成というものはほとんどなくて、監督の「もっとこうすれば」というチェックを受けて仕上げたものですし。


潮田、滋彦

人は、自分で実感したとき、現実の世界で行動を起こしていきます。


後藤新平

ヒラメの目をタイの目に変えることはできない。
【覚え書き|台湾民政長官時代、台湾の経営方針について表現した言葉】


冨山和彦

必要なスキルを一気に身につけるというのは無理です。スキルは一朝一夕に磨けないので、時間をかけてひとつひとつ身につけていくしかない。たとえば30歳で留学することを目標にTOEICで800点取ると決めたら、カラオケやゴルフの回数を減らしてコツコツやっていくしかないと思います。


永守重信

要するに一生懸命働いたんです。社員が怠けている会社はやはり潰れます、私も個人でベンチャーキャピタルをやっていますが、潰れる会社には必ず無駄がある。ちょっと儲かるとすぐベンツに乗ったりね。死にもの狂いで働けば、周囲の人も銀行も「そんなに一生懸命頑張っているなら助けてあげましょう」ということになると思います。遊んでばかりいては誰も助けてくれません。


福原義春

あるところまでは生活水準の向上は絶対に必要です。だけどそこから先はお金だけじゃなくて、何ものかがないと心が豊かにならない。それは何かということをずっと考えていくと、結局は人間が作るもの、人間が考えるものであり、文化であるということに気が付く。


矢﨑雄一郎(矢崎雄一郎)

「この人と一緒に仕事がしたい」と思えるかどうかを大切にしています。仕事に対する姿勢やがん医療で革命を起こすのだという想いを共感できるかを大切にしています。


村西とおる

どんな困難でも、挑戦してから自分自身で答えを出す勇気を失うな。


羽生善治

ミスには2種類あります。1つは「自分が認識できるミス」、もう1つは「認識できないミス」です。正しいことをやっているつもりでも、「後から見れば間違っていた」というケースはよくあります。とすれば、少なくとも今の時点で「ミスに気づいている」ということは、それほど深刻な状況ではない、ということでもある。むしろ、気づかずミスすることの方が怖い。


川西勝三

私は、ものづくりをしている会社の社長は、松下幸之助さんのように、本田宗一郎さんのように、仕事をしている時間の半分以上はものづくりに専念する必要があると思います。これが、メーカーの社長としての本来の姿だと思っています。社長が自ら機関車役になるということは、どれだけものづくりに専念する時間をとれるかということです。


澤田秀雄

目にした変化が何を意味するのか、事業で得る情報から何を読み解くのか。大きな流れを感じ取るためには、いったん俯瞰して複数の情報を組み合わせてみることが必要です。


ページの先頭へ