名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)のプロフィール

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー。米国の思想家、作家、詩人、博物学者。マサチューセッツ州コンコードのウォールデン湖のほとりでの生活を書いたウォールデン森の生活は世界中で翻訳され、現在でも多くの人々に影響を与えている。ソローはコンコード出身者。ハーバード大学卒

ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)の名言 一覧

人間には意識的な努力によって人生を向上させる能力がまちがいなくある。これほどに心を奮い立たせてくれる事実を私は知らない。


人間は失敗するようにではなく、成功するように生まれついている。


パンを得る過程においておのれの潔白を失うようなら、むしろひと思いに餓死するほうがいい。


仕事仕事と大騒ぎするが、我々は大事な仕事など何ひとつしていない。みんな舞踏病にかかって、頭を静かにしておくことができないのだ。その証拠に、もし私が教会の鐘のひもを2、3度引っ張って火事だと知らせれば、あれほど仕事が忙しいと言い訳していた男もコンコードの外れから飛んでくるし、女も子供も一人残らず何もかも投げ出してやってくる。それも、火の中から家財道具を運び出すためではなく、正直なところ、ただ燃え盛る家を見たいがためである。


自分の知識をひけらかしてばかりいたら、成長にとって必要な自らの無知を自覚することなど、どうしてできるだろうか。


悪の葉っぱに斧を向ける者は1000人いても、根っこに斧を向ける者は1人しかいない。


単純に、単純に、単純に。諸君の問題を百とか千とかではなく、二つか三つにしておきなさい。百万のかわりに半ダースを数え、あなたの親指のつめに勘定書きをつけておきなさい。


この文明生活という荒れくるう海の真っ只中では、考慮しなければならない雲と嵐と流砂と百千の条件があって、船が浸水して海底に沈み、思う港に着けずじまいにならないためには推量測定でいきていかなければならず、よほどたくみな打算家でなければ成功はおぼつかない。単純にしたまえ、単純に。


われわれの生は些細なことで費やされている。正直な人間はその十本の指を数える以上の必要はほとんどない。特別の場合には十本の足指をくわえるぐらいで、あとは一からげにすればよい。


経験から確かに言えるのは、簡素で懸命な暮らしをすれば、この世で生きていくことは苦労でなく楽しみとなる。大部分の快適なものや、いわゆる生活を楽にする者の多くは、無くてすむばかりか明らかに人類の進歩の妨げになる。


本を読んでいると、まさに自分に向けて言われたような言葉に出会うことがよくある。そうした言葉に耳を傾け、十分に理解すれば、本は朝や春に負けぬくらい健康的でためになり、物事の新しい一面が見えるようにしてくれる。


一冊の書で人生が変わった人がどれだけいることだろう。もしかすると書物は私たちに起きた奇跡を解き明かし、新たな奇跡を示すためにあるのかもしれない。いま言葉で表せないことが、どこかに書かれているのが見つかるかもしれない。


私たちが悩んだり、不可解に思ったり、とまどったりしている疑問とそっくり同じ疑問を昔から賢者も抱いてきたのであり、例外は一人としていない。そしてそれぞれ能力に応じて自分の言葉や生き方でそうした疑問に答えてきたのである。


実際にやってみて少なくとも次のことがわかりました。人間は自信を持って夢に向かってまい進し、心に思い描いているような人生を実現させようとつとめれば、普段は思いもよらないような成功に出会うものです。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)の経歴・略歴

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー。米国の思想家、作家、詩人、博物学者。マサチューセッツ州コンコードのウォールデン湖のほとりでの生活を書いたウォールデン森の生活は世界中で翻訳され、現在でも多くの人々に影響を与えている。ソローはコンコード出身者。ハーバード大学卒

他の記事も読んでみる

アレックス・カー

「リスクを取る」ことは、投資のような特別なことだけを指すのでなく、日常生活の中でも経験を積むチャンスはいくらでもあります。例えば、友人の誕生日を祝うなら、「失敗するかもしれない」という可能性を承知のうえでサプライズを仕掛けるというのだって、立派なリスクテークです。どうしても「リスク」という言葉に抵抗があるなら、「リターンを得るチャンス」と考えてみればいいんです。


水野学

若いころは流行を追いかけることによってセンスが更新されていきますが、年を重ねると、それまでに培ってきたセンスをもとにものごとを判断するようになっていきます。その曲がり角はだいたい20代半ばなのではないでしょうか。ですから僕自身は、自分の着たいものではなく、いま流行っているものを意識して着るようにしています。食にしても、インテリアにしても同じです。自分が食べたいものよりも、話題になっているお店にいくことを優先するようにしています。


山本忠人

若手のベンチャー経営者などで「趣味は仕事」という人は、仕事の延長戦でそうした情報収集やコミュニケーションを楽しんでいるのでしょう。仕事と趣味の境目があまりないから、とくに趣味はないと断言できるのかもしれません。しかし、多くのサラリーマンは、家と会社を往復しているだけでは、価値のある情報は手に入らないし、豊かな発想も出てきません。もしこのままではいけないと感じているのであれば、ぜひ、何か趣味を始めることに踏み出し、とことんまで突き詰めてみて欲しい。


大薗誠司

社員には理屈は言わない。スキンシップが大事。


手倉森誠

俺自身、反骨心をエネルギーにしてきた人間なんです。選手時代はJリーグで活躍できなかったし、指導者としても日本代表チームを率いたことはなく、就任時周囲からは「手倉森で大丈夫か」という声も聞こえてきました。


西岡喬

私の信念でもありますが、技術は成熟するものではありません。「技術者は、自分の技術が成熟したと思えば、そこで終わってしまう」と私は言っています。世の中の人はそれを成熟段業だというけれど、違うよと。


丹羽宇一郎

世界中、色々なところへ行き、色々な人と会うことで人の心は磨かれていく。


福井威夫

ホンダは2輪車では世界一だが、4輪車ではまだまだほかに大きな会社がある。ライバルがなかなか動けない時こそ、ホンダは俊敏に動く必要があった。


石田衣良

新聞や雑誌で、気になる記事はファイリングしています。面白いと思った記事を切り抜いて、テーマごとにスクラップしてまとめるんです。そうすれば自分の関心の在り方もわかるし、たとえばファイルが100枚になったときに引っ張りだしてつなぎ合わせると、新しいアイデアにもすごくつながるんです。


宇都出雅巳

お金が貯まらない人は、知識や情報、テクニックより、お金に対する考え方や認知の歪みを知り、それを取り除くことが大事。


アルフレッド・アドラー

大切なことは共感すること。共感とは、相手の目で見、相手の耳で聞き、相手の心で感じることだ。


川村隆

長く会社をやっていると業域が広がり、「峠を越えた事業」が必ず生まれます。その事業が大赤字に落ち込む前にどう対処するのか。平常時でも事業の最適化を図り、次の成長分野を選び出して事業化することを、経営者は怠ってはならないのです。