名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)のプロフィール

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー。米国の思想家、作家、詩人、博物学者。マサチューセッツ州コンコードのウォールデン湖のほとりでの生活を書いたウォールデン森の生活は世界中で翻訳され、現在でも多くの人々に影響を与えている。ソローはコンコード出身者。ハーバード大学卒

ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)の名言 一覧

人間には意識的な努力によって人生を向上させる能力がまちがいなくある。これほどに心を奮い立たせてくれる事実を私は知らない。


人間は失敗するようにではなく、成功するように生まれついている。


パンを得る過程においておのれの潔白を失うようなら、むしろひと思いに餓死するほうがいい。


仕事仕事と大騒ぎするが、我々は大事な仕事など何ひとつしていない。みんな舞踏病にかかって、頭を静かにしておくことができないのだ。その証拠に、もし私が教会の鐘のひもを2、3度引っ張って火事だと知らせれば、あれほど仕事が忙しいと言い訳していた男もコンコードの外れから飛んでくるし、女も子供も一人残らず何もかも投げ出してやってくる。それも、火の中から家財道具を運び出すためではなく、正直なところ、ただ燃え盛る家を見たいがためである。


自分の知識をひけらかしてばかりいたら、成長にとって必要な自らの無知を自覚することなど、どうしてできるだろうか。


悪の葉っぱに斧を向ける者は1000人いても、根っこに斧を向ける者は1人しかいない。


単純に、単純に、単純に。諸君の問題を百とか千とかではなく、二つか三つにしておきなさい。百万のかわりに半ダースを数え、あなたの親指のつめに勘定書きをつけておきなさい。


この文明生活という荒れくるう海の真っ只中では、考慮しなければならない雲と嵐と流砂と百千の条件があって、船が浸水して海底に沈み、思う港に着けずじまいにならないためには推量測定でいきていかなければならず、よほどたくみな打算家でなければ成功はおぼつかない。単純にしたまえ、単純に。


われわれの生は些細なことで費やされている。正直な人間はその十本の指を数える以上の必要はほとんどない。特別の場合には十本の足指をくわえるぐらいで、あとは一からげにすればよい。


経験から確かに言えるのは、簡素で懸命な暮らしをすれば、この世で生きていくことは苦労でなく楽しみとなる。大部分の快適なものや、いわゆる生活を楽にする者の多くは、無くてすむばかりか明らかに人類の進歩の妨げになる。


本を読んでいると、まさに自分に向けて言われたような言葉に出会うことがよくある。そうした言葉に耳を傾け、十分に理解すれば、本は朝や春に負けぬくらい健康的でためになり、物事の新しい一面が見えるようにしてくれる。


一冊の書で人生が変わった人がどれだけいることだろう。もしかすると書物は私たちに起きた奇跡を解き明かし、新たな奇跡を示すためにあるのかもしれない。いま言葉で表せないことが、どこかに書かれているのが見つかるかもしれない。


私たちが悩んだり、不可解に思ったり、とまどったりしている疑問とそっくり同じ疑問を昔から賢者も抱いてきたのであり、例外は一人としていない。そしてそれぞれ能力に応じて自分の言葉や生き方でそうした疑問に答えてきたのである。


実際にやってみて少なくとも次のことがわかりました。人間は自信を持って夢に向かってまい進し、心に思い描いているような人生を実現させようとつとめれば、普段は思いもよらないような成功に出会うものです。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)の経歴・略歴

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー。米国の思想家、作家、詩人、博物学者。マサチューセッツ州コンコードのウォールデン湖のほとりでの生活を書いたウォールデン森の生活は世界中で翻訳され、現在でも多くの人々に影響を与えている。ソローはコンコード出身者。ハーバード大学卒

他の記事も読んでみる

松田公太

会社を始めて以来、嬉しいこと、悲しいこと、苦しいこと、楽しいこと、本当に様々なことを経営を通じて経験してきた。以前から感じていたことだが、とくにここ数年で痛感するようになったのは人間の弱さである。自分のミスや自分の弱さ、不出来を認められずに、言い訳をしたり、他人のせいにしたりする人がいかに多いことか。私自身、自分の弱さは十分に自覚しているつもりだ。だからこそ、安易な快楽や贅沢に流されてしまうことが怖い。だからこそ、たとえ会社が順調に成長していても、経営者として常に自分を追い込む姿勢が大切だと思う。


鈴木成朗

南部鉄器は、おかげさまで欧州や中国、東閑アジアなど、世界で評価をいただいていますが、支持されているのはやはりそのクオリティー。使い手の目線に立った細かな配慮こそ、代々受け継がれてきた技の本質だと思っています。


吉川廣和

実は、経営者としてジム・コリンズには感謝をしている。その理由は1999年以降本格的に進めてきた当社の構造改革は、氏の著書『ビジョナリーカンパニー』に出合ったことで大いに助けられたからだ。同書には「偉大な企業への道」が書かれていたが、当社は正反対のことをやっていたことに気づいた。そして、これまでとは正反対なことをやればいいと確信を持てた。


島田和幸(経営者)

易きに流れず「本物」を丁寧に売る。この姿勢はファンケル創業者の池森賢二さんに学びました。創業精神を若手にしっかり受け継ぎ、創業者がいなくても成長し続けられる会社へと脱皮させる。それが私のミッションです。


山田敏夫

「ファクトリエ」の存在が知られるようになると、ベンチャーキャピタルなどから「出資したい」というありがたいお申し出を頂く機会が増えました。中には「数億円出す」というところもありましたが、今のところ、どこもお断りしています。今、経営者として未熟な僕があり余るような大金を手にしても、それをどう生かしていいか分からず、とりあえず立派なオフィスを借りたりして、高コスト体質が定着してしまうのが目に見えています。無駄遣いをしていると、お金なんてどんなにあっても、すぐになくなってしまう。次の資金調達をしなければ、会社は潰れてしまいます。


平林岳

1度目は途中で諦めて帰ったわけですが、それは一人だったからではないかと思うんです。自分だけのことだったから、何でもできたわけですし、逃げ出すこともできた。でも今は、家族という一番大切な存在を日本に残しているから、励みにもなるし、ここで強く踏ん張らなくてはいけないとも思う。家族がいるからこそ、挑戦できているんです。


村上太一

私は昔から人に喜ばれることに自分の幸せを感じるタイプで、それができる職業に就きたいと考えていました。たまたま両祖父が経営者で、経営者が選択肢のひとつになりました。身近に政治家がいたら、そっちを目指していたかもしれません。


大倉忠司

商売で一時的に勝つのは簡単なこと。難しいのは成長を続けることだ。価格を上回る価値を提供し続ければ、お客様はまた戻ってきてくれる。


福原義春

会社というのはある意味でいうと、人間がたくさんいる工場みたいなものでして、大変苦労することがあると思うんです。だけどその中で、自分を見失わないようにしていく。あるいは自分がほかの人と一緒であればいいかなというそんな甘い考えを持たないで、自分は自分なのだ、自分はこれをする使命があるのだ、自分はこれをしたいのだ、ということをはっきりしていけばいいんです。


北城恪太郎

日本は発明・発見から事業化に持っていく力が弱いのではないかと思います。事業化して製品を出し、社会に大きな価値をもたらしてはじめてイノベーションです。


中尾浩治

私は長く米国に駐在していましたが、米国人の社員は現地法人のトップでも私を「コウジ」と呼んできます。自由に議論し、アイデアをぶつけてくるのです。ですが、日本に戻ると「会長」。こちらはやはり、上下関係を固く持ったうえで話すわけです。一方はコウジ、一方は会長と呼ぶ風土にある社員同士が、闊達な議論をできるでしょうか。私は以前から、企業がグローバル化して、世界で一体の組織として力を発揮するには、そんなところを変えないと本当の力は出せないのではと思っていました。


上田研二

中小企業でまず求められるのは協調性。中小企業にもそれぞれ組織のカルチャーがあって、それに馴染めない人は長続きしません。