ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)の名言

ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)のプロフィール

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー。米国の思想家、作家、詩人、博物学者。マサチューセッツ州コンコードのウォールデン湖のほとりでの生活を書いたウォールデン森の生活は世界中で翻訳され、現在でも多くの人々に影響を与えている。ソローはコンコード出身者。ハーバード大学卒

ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)の名言 一覧

人間には意識的な努力によって人生を向上させる能力がまちがいなくある。これほどに心を奮い立たせてくれる事実を私は知らない。


人間は失敗するようにではなく、成功するように生まれついている。


パンを得る過程においておのれの潔白を失うようなら、むしろひと思いに餓死するほうがいい。


仕事仕事と大騒ぎするが、我々は大事な仕事など何ひとつしていない。みんな舞踏病にかかって、頭を静かにしておくことができないのだ。その証拠に、もし私が教会の鐘のひもを2、3度引っ張って火事だと知らせれば、あれほど仕事が忙しいと言い訳していた男もコンコードの外れから飛んでくるし、女も子供も一人残らず何もかも投げ出してやってくる。それも、火の中から家財道具を運び出すためではなく、正直なところ、ただ燃え盛る家を見たいがためである。


自分の知識をひけらかしてばかりいたら、成長にとって必要な自らの無知を自覚することなど、どうしてできるだろうか。


悪の葉っぱに斧を向ける者は1000人いても、根っこに斧を向ける者は1人しかいない。


単純に、単純に、単純に。諸君の問題を百とか千とかではなく、二つか三つにしておきなさい。百万のかわりに半ダースを数え、あなたの親指のつめに勘定書きをつけておきなさい。


この文明生活という荒れくるう海の真っ只中では、考慮しなければならない雲と嵐と流砂と百千の条件があって、船が浸水して海底に沈み、思う港に着けずじまいにならないためには推量測定でいきていかなければならず、よほどたくみな打算家でなければ成功はおぼつかない。単純にしたまえ、単純に。


われわれの生は些細なことで費やされている。正直な人間はその十本の指を数える以上の必要はほとんどない。特別の場合には十本の足指をくわえるぐらいで、あとは一からげにすればよい。


経験から確かに言えるのは、簡素で懸命な暮らしをすれば、この世で生きていくことは苦労でなく楽しみとなる。大部分の快適なものや、いわゆる生活を楽にする者の多くは、無くてすむばかりか明らかに人類の進歩の妨げになる。


本を読んでいると、まさに自分に向けて言われたような言葉に出会うことがよくある。そうした言葉に耳を傾け、十分に理解すれば、本は朝や春に負けぬくらい健康的でためになり、物事の新しい一面が見えるようにしてくれる。


一冊の書で人生が変わった人がどれだけいることだろう。もしかすると書物は私たちに起きた奇跡を解き明かし、新たな奇跡を示すためにあるのかもしれない。いま言葉で表せないことが、どこかに書かれているのが見つかるかもしれない。


私たちが悩んだり、不可解に思ったり、とまどったりしている疑問とそっくり同じ疑問を昔から賢者も抱いてきたのであり、例外は一人としていない。そしてそれぞれ能力に応じて自分の言葉や生き方でそうした疑問に答えてきたのである。


実際にやってみて少なくとも次のことがわかりました。人間は自信を持って夢に向かってまい進し、心に思い描いているような人生を実現させようとつとめれば、普段は思いもよらないような成功に出会うものです。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)の経歴・略歴

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー。米国の思想家、作家、詩人、博物学者。マサチューセッツ州コンコードのウォールデン湖のほとりでの生活を書いたウォールデン森の生活は世界中で翻訳され、現在でも多くの人々に影響を与えている。ソローはコンコード出身者。ハーバード大学卒

他の記事も読んでみる

吉田典史

もし、上司との関係がこじれたら、すぐに関係の修復に全力を注ごう。自分の非を認める姿勢を見せつつ、指示を素直に受け入れ、仕事を黙々とこなすことが大切だ。上司はその姿を見ている。


大久保恒夫

現場ではいろいろなことが起こります。急な仕事が入ってくるとか、従業員がその場その場で判断をくだす必要に迫られるとか、日常茶飯事です。だからこそ、そうした判断のよりどころとなる経営理念を現場に浸透させることには、とても力を入れています。


森川亮

結果にこだわる人は「今」はどうでもよくて、「未来の結果」が一番大事です。そこから逆算して、今の方法では結果が出ないと気づけば、素早く変えて、柔軟に新しい方法を取り入れていく。そうした「自分を変えるスピード」もこれからは重要。


日野原重明

人間にとって最も大切なのは、命の長さだと思っている人は多い。しかし重要なのは、いかにして、命を使ったか、すなわち人生の質である。


荒井寿光

「政策もマーケティング」というのが私の信条です。企業の営業活動のように、多くの人の反応を見る。すると、進んでいる方向が正しいのか誤っているのかが実感として分かります。


奥田務

統合作業のスピードを支えたのが、毎日開いた早朝連絡会です。これは、オーストラリア赴任時に生み出した仕組みでした。当時私は、国籍や民族、宗教、文化が全く違う社員を束ねなくてはなりませんでした。人間は、顔を合わせていなければ疑心暗鬼になる生き物です。これではコミュニケーションが滞ってしまう。そこで毎朝、部長以上が集まってミーティングを開くことに決めました。些細なことから重要なテーマまで、あらゆる議題を全員でディスカッションし、最後に私が決断を下すようにしたのです。決断を下した理由もその場で説明します。すると日を重ねるこ、とに私の考えが現場に浸透していった。トップの判断基準がどこにあり、何を考えているのか。これらが現場に伝わり、私自身も現場の問題を即座に把握できる。何よりその場その場で決断を下すので、経営のスピードは格段に上がりました。


平本清

人間って「オレはこうしたい!」なんて感じで仕事をしてしまいがちになる。だけど、僕にしてみたら「自分のリクエスト」に応えるだけなら仕事ではなく「趣味」ですよ。周囲のリクエストに応えつつ自分のリクエストも実現させる。他人の要望に応えたせいで傷ついたりすることもある。でもそれだって「人を見る目」や「耐性」は育つでしょう。


坂野由典

初期段階で丁寧に仕事をすると、後の工程が楽になる。


松本光輝

「売り上げは1年、利益は3年、人は10年」と言います。日本経済を飛躍させるには人財教育から始めなければいけません。


出雲充

本来は何も関係がないのに、さも重大な関係があるように見える見かけの因果律は、いろいろなところに潜んでいます。


青木孝憲(カーデザイナー)

カーデザイナーを目指したきっかけはとても単純なんです。僕は子供のころ劣等生で、勉強もできないし、スポーツもできない、大勢でワイワイ遊ぶのも苦手。自分の内面に閉じこもる癖のある少年だったのです。でもそのためか、自分が何を好きなのかは、よくわかっていました。高校の卒業が近づき、進路を選択しなければならない際には、「クルマと美術が好き。だから、クルマのデザインをする人になろう!」と迷うことなく、カーデザインの専門学校への進学を決めました。


岸見一郎

部下の仕事ぶりに不満がある場合、まっとうな上司なら、部下のやる気に火をつけるような建設的な言葉がけができるはず。


弘兼憲史

部下がいて欲しいと思う場所にいるのは、一つのことを意識すればいい。それは部下に対する思いやりである。自分がいたい場所にいるのではなく、部下がいて欲しい場所にいる。そのポジションは状況によって変わるはずだ。仕事がうまくいっている時は遠くで見守る。ピンチの時は一番近くで適切なアドバイスを行う。


藤澤信義

シンガポール進出時、最初から私自身が駐在しました。自分が乗り込めば、当社グループ内の本気度もいっそう高まると思いました。当社の代表取締役専務も韓国に駐在しており、代表2人が共に海外。これ以上の本気はないでしょう。


相澤賢二

上司が部下を気にかけ、「叱る」「褒める」の二つを適切に行っていれば、どんな会社でもお客様と末永い良好な関係を築く営業マンを育てることができると思います。


ページの先頭へ