名言DB

9490 人 / 112001 名言

ソフィア・ローレンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ソフィア・ローレンのプロフィール

ソフィア・ローレン。イタリアを代表する女優。アカデミー主演女優賞、名誉賞。英国アカデミー主演女優賞。グラミー賞。ゴールデングローブ・セシル・B・デミル賞。セザール賞名誉賞。ヴェネツィア国際映画祭女優賞などを受賞。

ソフィア・ローレンの名言 一覧

もしあなたがこれまでに泣いたことがないとしたら、あなたの目は美しいはずがないわ。美しさとは、あなたの内面でどう感じるかというもので、それはあなたの目に表れるものです。美しさは物質的なものではありません。


私は、時にそれがつらいことであったとしても、過去の記憶を封じ込めてしまおうとしたことなど一度もありません。私には、自分の過去から身を隠してしまおうとする人のことが理解できません。生きていく中で経験することのすべては、いまの自分を作る糧になっているのですから。


ソフィア・ローレンの経歴・略歴

ソフィア・ローレン。イタリアを代表する女優。アカデミー主演女優賞、名誉賞。英国アカデミー主演女優賞。グラミー賞。ゴールデングローブ・セシル・B・デミル賞。セザール賞名誉賞。ヴェネツィア国際映画祭女優賞などを受賞。

他の記事も読んでみる

津賀一宏

売上を維持するために製品を出すということはしない。お客様が、「本当にこれが欲しい」「これを使って仕事や暮らしぶりが変わった」と思ってもらえるものを作りたい。


落合信彦

劣等感と優越感とは、実は裏返しなんだ。劣等感も度を過ぎると、何かに対し優越感を感じないとやっていられなくなる。


遠藤弘満

時計本体を売ることを最終目標にしてしまうと、その後は新しく買ってもらわなければなりません。そうなると、本体はむしろ長持ちしない方がブランド側にとっては都合が良くなります。国産にこだわり、販売価格を抑えながら高い品質を追求すると、自分の首を絞めることにすらなりかねないのです。ですからベルトを別売りにして、ファッション感覚で何本も買ってもらう仕組みを作ることで、全体を成り立たせました。


ケビン・ロリンズ

企業は、いろいろな戦略をとろうとするが、それが果たして有効な施策であったか、成功したかどうかは、最終的には本当に利益があがったのかどうか、という点で検証されるべきだと考えている。それ以外のところで、成功かどうかが判断されることはない、といっても過言ではないだろう。


尾崎元規

どんなに優れた技術でも、その商品を使ってみたいと思う恩恵やストーリー性がないと消費者は振り向いてくれない。感性に訴える部分が必要。


安原弘展

我々は非常にバリエーション豊かな商品をつくっています。女性の下着だけでなく、スポーツウェアやメンズ商品もあります。女性の下着にもたくさんのブランドが揃っていますし、自社の直営店も多く出店していますので、様々な層のお客様との接点があるわけです。これから日本の人口が減っていくといわれる中でも、我々の持つ商品やチャネルを活用して、一人ひとりのお客様と深くおつきあいしていければ、マーケットは広がっていくはずだと考えています。


おちまさと

企画書を書くときのポイントは、自己満足ではなく実際に読むクライアントのおじさんでも「いいね」と言わせるわかりやすさです。昨年、「イクメンオブザイヤー」の企画をプロデュースしたのですが、男の育児参加という意図がまずは説明いらずで伝わるはずです。一言で心に響くタイトルを考え、その後に相手が抱えている課題に対する解決策を個条書きで示すのが基本です。


佐藤祐輔(経営者)

昼食後に瞑想を取り入れたり、イライラしている時は、第三者の目線で自分を客観視したりすることで精神が安定し、ひらめく環境が整う。常に平常心を大切にしている。


遠藤結蔵

今、様々な現場で一所懸命に動いているのは、世の中の変化のスピードがあまりにも速くなっている中で、「何もしなければ陳腐化が一日一日進んでいくだけだ。行動を起こさなければならない」という危機感を持っている一部の人たち。それゆえ当社の場合、よい意味でこうした危機感を煽り、そこから生まれるスピード感を大切にしていく必要があると私は考えています。


川村和夫

メーカーが商品の価値よりも価格要素だけで競争しようとすると、原価低減をしなくてはいけない。するとほとんどは製品のスペックを下げることになります。そして何年かするとまた原価低減の話が出て、再度スペックダウンする。すると最初の商品と比べて味もずいぶんと違ったものになってしまいます。このように我々メーカー自身が価格競争に拍車をかけていた面があります。これを変えていきたい。


安田隆夫

平均余命で言うと、私の人生はあと20年。登山は下山があって初めて成立します。最後にどういう人生を送るのか、「企業家・安田隆夫」から個人の安田隆夫に戻って、自分自身がどういう生き方ができてどういう自分なりの示しがつけられるか、納得できる生き方だったのか、最後の20年で決まる気がするんですね。


ヨアン・ヴィー・クヌッドストープ

英ロンドンに新たな拠点を開設しました。お手本は、米グーグルなどのシリコンバレーオフィスです。固定席を作らず、オフィス内の至る所にホワイトボードやソファを配置して、会話を誘発しやすい環境にしました。これも、コミュニケーションを軸に組織を強くする取り組みの一つです。