名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ソフィア・ローレンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ソフィア・ローレンのプロフィール

ソフィア・ローレン。イタリアを代表する女優。アカデミー主演女優賞、名誉賞。英国アカデミー主演女優賞。グラミー賞。ゴールデングローブ・セシル・B・デミル賞。セザール賞名誉賞。ヴェネツィア国際映画祭女優賞などを受賞。

ソフィア・ローレンの名言 一覧

もしあなたがこれまでに泣いたことがないとしたら、あなたの目は美しいはずがないわ。美しさとは、あなたの内面でどう感じるかというもので、それはあなたの目に表れるものです。美しさは物質的なものではありません。


私は、時にそれがつらいことであったとしても、過去の記憶を封じ込めてしまおうとしたことなど一度もありません。私には、自分の過去から身を隠してしまおうとする人のことが理解できません。生きていく中で経験することのすべては、いまの自分を作る糧になっているのですから。


ソフィア・ローレンの経歴・略歴

ソフィア・ローレン。イタリアを代表する女優。アカデミー主演女優賞、名誉賞。英国アカデミー主演女優賞。グラミー賞。ゴールデングローブ・セシル・B・デミル賞。セザール賞名誉賞。ヴェネツィア国際映画祭女優賞などを受賞。

他の記事も読んでみる

アウレリウス・アウグスティヌス

あなた自身に立ち返れ、内なる人にこそ真理は宿る。


澤上篤人

儲けようとするから、さっぱり儲けられないのさ。


石田淳(コンサルタント)

自慢話をする人は要注意です。嫌われる上司は、部下を激励しているつもりが、いつの間にか「自分はこんなに仕事ができる」「自分の若いときはもっと頑張っていた」と自慢話にシフトしてしまう傾向があります。こういう人は部下に反感を持たれて職場で孤立しがちです。


岡野雅行(岡野工業)

親父は技術一本やりでね。腕はすごくいいんだけど、商売は下手でさ。「相手を喜ばせる」精神が大事だと俺は思ったんだ。最終的に、自分が得するんだから。


丸山貴宏

30代と40代という日本経済を牽引している世代に、生き生きと働いていただく場所を紹介するのが僕の役目。自分の力を一層発揮できるようなお手伝いをして、日本を元気にしたい。


田原総一朗

京セラの稲盛和夫さんに取材したとき、面白い話を聞きました。彼は日本の企業にセラミックを売ろうとしたのですが、最初は相手にしてもらえなかった。それで本場のアメリカに売りに行った。アメリカはテストだけはしてくれるから、チャンスがあったんですね。結果、テキサス・インスツルメンツという大きな半導体会社が買ってくれて、京セラは世界的企業になった。


村上一平(経営者)

今盛んに食糧制度についての議論が行われていますが、世界の動きを見ていくことが必要です。食糧の安定供給という大きな命題に対して、日本の中だけの議論に留まっていたのでは大変なことになるという気がしています。


松下幸之助

少しうまくいきますと、それでいいということになる。新しいことを求める熱意が欠けてくるというようなきらいが人間の一面にありますから、これは無理からんことだと思いますけども、産業とかこういう仕事に携わっておる者は、常に新しいものを呼び起こして、呼び出して、そしてそれに取り組んでいかなならんという感じがします。


寺田千代乃

寺田運輸は、現会長の主人と結婚した時に、主人が興した会社です。最初は中小の鋼材会社などがお客様で、工場で使用される材料など、様々な荷物を運んでいました。第一次オイルショックの影響をもろに受けてしまい、非常に経営が苦しくなりました。とにかく運ぶ荷物が激減して、仕事がすっかりなくなってしまったのです。それでも従業員がいますから、なんとか経営を回さなければいけません。かといって新たな投資はできませんから、いま自分たちが持っているもので、何か新しいことをしなければいけないと思い、目をつけたのが「引越」でした。


西田公昭

内容や手段の伝え方としては、「ローボール技法」というテクニックがあります。キャッチボールでも、いきなり強いボールを投げつけられると受け止めるのは難しいですが、弱い低めのボールから徐々に強めていくとキャッチしやすくなります。それと同じ原理を心理的に用いて、最初は都合のいい話や受け止めやすい問いで受け手の「YES」を引き出し、契約の最終段階になって都合の悪い話をぶつけてくるのです。


齊藤征志

営業マンだけが営業をするのではなく、技術者がお客様の現場に入っていって、いろいろ提案したり話を聞いたりして人間関係をつくっていく、というのが私の考えです。それが一番の営業ですよ。私自身、そうして築いてきた信頼関係が最大の財産だと自負しています。技術者たちと昼食をとりながら会話をし、私のDNAを盛んに植えつけているところです。


吉良俊彦

僕が専門にしているコミュニケーションは情報のやり取りによって成り立っています。情報が相手に伝わらなければコミュニケーションは成立しません。