名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

セルバンテスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セルバンテスのプロフィール

ミゲル・デ・セルバンテス。スペインの作家。『ドン・キホーテ』の作者。スペイン海軍に入隊し、レパントの海戦で負傷し左腕の自由を失う。その4年後、海賊に襲われ5年間捕虜として生活する。帰国後は徴税吏の仕事に就くも、徴収した税金を預けていた銀行が破たん。その時、失った税金の30倍の追徴金を背負うことになり、払えず逮捕される。獄中でドン・キホーテの構想を練り、釈放後はドン・キホーテを始め、数多くの名作を生み出した。

セルバンテスの名言 一覧

どんな困難な状況にあっても、解決策は必ずある。救いのない運命というものはない。災難に合わせて、どこか一方の扉を開けて、救いの道を残している。


我々が第一に戦わねばならぬ厄介な敵は、我々の内部にある。流れに逆らおうとしたところで無駄なことだ。流れのままになっておれば、どんな弱い人でも港に流れ着くものだ。


真の勇気というものは、臆病者と無鉄砲な者の中間にある。


喜劇で最も難しい役は愚かな役であり、その役は愚か者には演じられない。


自分のポケットの中の小銭は、他人のポケットの中の大金に勝る。卵を抱いているのはいいことだ。塵も積もれば山となる。光り輝くものすべてが金ではない。


自由のためなら、名誉のためと同じように、生命を賭けることもできるし、また賭けねばならない。


幸運はそれが失われるまで気付かれることはない。


太陽が照っているうちに、干し草を作れ。


セルバンテスの経歴・略歴

ミゲル・デ・セルバンテス。スペインの作家。『ドン・キホーテ』の作者。スペイン海軍に入隊し、レパントの海戦で負傷し左腕の自由を失う。その4年後、海賊に襲われ5年間捕虜として生活する。帰国後は徴税吏の仕事に就くも、徴収した税金を預けていた銀行が破たん。その時、失った税金の30倍の追徴金を背負うことになり、払えず逮捕される。獄中でドン・キホーテの構想を練り、釈放後はドン・キホーテを始め、数多くの名作を生み出した。

他の記事も読んでみる

竹内洋岳

「途中下山=登頂を諦めること」ではありません。その山に登ることを一時やめはするけれど、諦めているわけではないという意味です。下りて、その山に二度と来ないのであれば諦めたことになるけど、再び挑戦するから、その途中下山は登るためのプロセスなんです。


丹羽宇一郎

残念ながら教訓というのは自分のためのもので、人のものにはならない。まったく同じ事象が起きることはないし、事象の原因も変わる。だからバブルは繰り返す。


本田幸大

何のために働くか。それは社会のお役に立つためです。そのためにも、いい人間関係が構築されていなければなりません。我々が社会の構成員であるお取引様の役に立って初めて売り上げとして利益が返ってきます。


野田稔

いい職場には、お互いに刺激し合って高め合う一種の緊張感があります。お互いが信頼の上に成り立っているから、たとえ厳しいことを言い合っても、ギスギスしません。高いレベルで仕事をこなしているので、勝った負けたというレベルの低い話にはなりません。自分のポジショニングを上げるためのプレゼン術は、理想的な関係が実現するまでの過渡的な態度ととらえる必要があります。


重田敦史

3年前に百貨店の専務に就任した段階で、700人以上の社員と面談し、社長就任後も300人以上と面談しています。そこから見えてきたものがたくさんあります。


井深大

技術革新のネタは企業や大学でなく市場にある。


吉山勇樹

時間の使い方が下手で、仕事が時間内に終わらないという人というのは、その日のうちにやるべき仕事の全体像を把握していない人なのではないでしょうか。たとえば、スタートからゴールまでのイメージがないままに、目先の仕事からとりかかってしまうというような人です。そうすると、途中で「次は何をすればいいんだっけ?」「そもそも、なんでこれをやっていたんだっけ?」と、仕事の目的や方向性を見失ってしまうことにもなりかねません。


青柳俊彦

民営化後、客室乗務員の制度を導入しましたが、彼女たちは自分たちでマナーや接客方法を考え、見事に実行してくれました。会社の押し付けではありません。それが広まることで、まず鉄道事業の「国鉄意識」から変わっていき、サービス関連事業にも好影響を及ぼしていきました。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

あるとき、妻の買ってきた女性誌の「家計特集」を何気なく読んでいたら、そこに登場するFP(ファイナンシャル・プランナー)が、悪い家計の事例を解説していました。それが、ことごとく自分がやっていたことだったのです。ショックでした。家計のことは自分でも興味を持って勉強していたので、多少は知識があると自負していたのに、プロの目から見たら全然ダメだというのですから
【覚書き|FP資格をとったきっかけについて語った言葉】


山久瀬洋二

日本人は起承転結の流れで話を進めますね。このスタイルを米国人や英語圏の人たちは、知りません。スモールトークは別として、会話の本題は結論を切り出すことが常ですから、日本人が前置きから話を始めたら、「この人は一体何が言いたいんだろう」と思われるだけ。


丸谷智保

全国的には「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」の3強時代に突入していますが、なぜ北海道ではセイコーマートが大手に伍して戦えているのでしょうか。それは「北海道」という地域に密着した事業モデルを磨き上げてきたからです。


小原日登美

レスリングを通じて人生の浮き沈みを経験し、マイナス思考も大切な自分の一部なんだと分かりました。落ち込む瞬間があるからこそ、上を向こうと思えるから。