名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

セルジオ越後の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セルジオ越後のプロフィール

セルジオ越後、せるじお・えちご。プロサッカー選手、サッカー解説者、指導者。ブラジル・サンパウロ州出身。コリンチャンス、ブラジルの2部チームを経て藤和不動産サッカー部(のちの湘南ベルマーレ)で活躍。引退後、コーチ、解説者、日本アンプティサッカー協会(JAFA)最高顧問などを務めた。旭日双光章を受章。文部科学省生涯スポーツ功労者表彰、外務大臣表彰を受けた。

セルジオ越後の名言 一覧

競争社会に指定席はなく、あるのは自由席のみ。自分の意見をしっかり主張しなければ、居場所がなくなっていくだけだ。


相手が誰であっても、自分が決めた判断に責任を持って、意見を貫くのがプロと考えている。人に流されていたら生き残れない。


プロの給料は「会社からの借金」。返さなければならない義務を背負っている。その意識を持てば、甘さはなくなり、もっと勝つことにこだわれるはず。


よく「辛口サッカー評論家」なんて言われるけど、自分ではそう思っていないですよ。ただ正論を言っているだけという感覚です。


このままでは何も改善しないのに「危ない!」と言わないのは、日本サッカーのためになりますか? 僕も解説者としてお金をもらっているから、日本サッカーが強くなるためなら、厳しく意見する。大事なことは、日本のサッカーが強くなること。そのためなら空気を読んだり、サッカー協会のご機嫌取りをしている場合じゃない!


自分の言いたいことを言うのだから、責任は自分で取ります。そのために、自分で調べて分析して準備をきちんとする。だからこそ、厳しい意見も堂々と言えるのです。


僕が生まれ育ったブラジルのサンパウロでは何も言わないでいたら、生きていけなかった。18歳の時にプロになりましたが、本当にサポーターやメディアの目が厳しい。シュート1本でもミスをすれば、声援は罵声に変わる。僕が生まれ育った国は、そういう国でした。それがずっと染みついているのかもしれません。


年も立場も関係なく、言うべきことを言う姿勢は解説者になったいまも変わらない。なぜなら、このままでは何年経っても、日本のサッカーは強くならないと感じているから。毎回そうだけど、日本はワールドカップで負けて帰ってきた際に、空港では1000人くらいファンが集まって、選手を拍手で迎えますよね。プロは結果がすべて。ミスして「ドンマイ、ドンマイ」はアマチュアでしょう。そういう意味で、日本のサッカーはまだプロじゃないんですよ。


日本にはいまだに、スポーツ評論家がちょっと厳しい意見をすると、叩かれる雰囲気があるでしょう。ある番組で張本勲さんがカズに対して、「もうお辞めなさい」と発言したら、猛バッシングを受けました。たしかにカズの日本サッカー界への貢献は大きい。だけど、いま、カズが年間で何試合出ているというのか。正しいことを言えないのであれば、メディアもファンの目も厳しくならない。日本サッカーのためにならないでしょう。


セルジオ越後の経歴・略歴

セルジオ越後、せるじお・えちご。プロサッカー選手、サッカー解説者、指導者。ブラジル・サンパウロ州出身。コリンチャンス、ブラジルの2部チームを経て藤和不動産サッカー部(のちの湘南ベルマーレ)で活躍。引退後、コーチ、解説者、日本アンプティサッカー協会(JAFA)最高顧問などを務めた。旭日双光章を受章。文部科学省生涯スポーツ功労者表彰、外務大臣表彰を受けた。

他の記事も読んでみる

片田珠美

人間は嫉妬にかられると、非合理な行動に出ることがよくあります。たとえば相手をあるポストから引きずり下ろしても、自分が代わりにそのポストに抜擢される保証はありません。それなのに怪文書を撒くなどして、足を引っ張ろうとする。バレたらむしろ自分が窮地に立たされるのに、そうしたリスクも計算できないほどに冷静さを欠いてしまうのです。


北条司

最初に「もっこり」を使いだしたのは、徳弘正也さんの『シェイプアップ乱』でしょうね。担当がやれって言いだしたんですけど、最初はパクリみたいでイヤだったんです。だけど、やると決まったからには、やりきるしかない。途中からは完全にギャグマンガのつもりで描いてましたね。だいたい6話で1エピソードなんですけど、5話までほぼギャグで、6話で銃撃シーンがあって、またギャグで締めくくるみたいな(笑)。

【覚え書き|『シティーハンター』連載時を振り返って】


益本康男

前期と比べて上回っているとはいっても、以前の自分と戦ったら勝つに決まってますよ。本来、自分がありたい姿を目指さないといけない。


鈴木敏文

セブンイレブンでも、重点商品のキャンペーンが始まると、意欲的な店舗は「シュークリームの販売数300個」「恵方巻の予約1000本」といった高い目標を掲げます。陳列方法から、顧客への声かけ、POP広告等々、一丸となってあらゆる方法を駆使します。意図的に高い目標を掲げて、いつもとは違う取り組みに挑戦し、店舗経営を活性化していくのです。


笹氣健治

仕事を抱え込んでしまうということは、見方を変えれば「他人を信頼していない」ともいえます。相手の能力に不安を感じているために、相手に仕事を頼めないのですが、かといって、仕事を任せられるように相手を指導するわけでもありません。こういう人は、「自分のやり方でないと安心できない」「周りの人も自分のやり方をすべきだ」という気持ちがどこかにあるのかもしれません。


永守重信

人生とは、チャンスをどう見つけるかという戦い。


冨安徳久

強みは徹底した人財教育です。葬儀業界は人こそ最大の差別化だと考えています。少子高齢化社会だからと言って、お金をかけて葬儀会館を作るだけでは上手く行きません。葬儀を担う人財を育てなければ成長は難しいでしょう。


金田一秀穂

「つかみ」で最も大切なのは「目の前の相手がどんなことで『つかんでほしいか』を察知する力」。よく、聞いてもいないのに「いやあ日曜日にゴルフに行って焼けちゃって」とか、「このジャケット、昨日買ったんです」なんて唐突に話してくる人がいますね。これは「私はこの話がしたい」というサイン。ならば「ゴルフいいですね。スコアは?」とか、「お似合いですねえ」などと踏み込んで、文字通り「つかんであげる」。大事なのは相手が何を話したがっているか察すること。それをうまくつかめれば、ぐぐっと心の距離は縮まる。


池上彰

たくさん本を読んで、知識が豊富になれば、それで「教養がついた」ことになるかというと、ちょっと違うような気がします。自分の得た知識を他人にちゃんと伝えることができて初めて「教養」が身についた、と言えるのだと思うのです。


米田功

試合のとき緊張と興奮で鉄棒を握る手が震えることがあります。でもそんな時ジタバタせず、目の前の一つ一つを淡々とこなすことに専念する。


清宮俊之

誰かにすごく良いビジョンがあっても現場が追いついてなければ、ビジョンはただの絵空事です。その逆に、実行力があってもビジョンがないと何も組みあがらない。やっぱり上下左右斜め、あらゆる方向にあるヒト・モノ・カネを誰かがつなぎ合わせなければならない。そういう役割をやる人がいないと、会社や組織は成立しません。もし私が人より秀でた部分があるとすれば、チームをつくるという「実現力」なんだと思います。


中島輝

不愉快な気分から、パッと気分を上げるグッズとしては「アメ」も有効。5種類ほど買い置きし、「ハーブ味のアメをなめると、イライラが落ち着く」「ぶどう味のアメをなめると、沈んだ気持ちが元気になる」と、それぞれに意味付けをして、その気分になりたい時に、アメを口に入れます。最初は単なる思い込みに過ぎませんが、習慣づけていると、「このアメをなめると、気分が上がる」と本当に思うようになります。習慣の力は大きいのです。