名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

セルジオ越後の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セルジオ越後のプロフィール

セルジオ越後、せるじお・えちご。プロサッカー選手、サッカー解説者、指導者。ブラジル・サンパウロ州出身。コリンチャンス、ブラジルの2部チームを経て藤和不動産サッカー部(のちの湘南ベルマーレ)で活躍。引退後、コーチ、解説者、日本アンプティサッカー協会(JAFA)最高顧問などを務めた。旭日双光章を受章。文部科学省生涯スポーツ功労者表彰、外務大臣表彰を受けた。

セルジオ越後の名言 一覧

競争社会に指定席はなく、あるのは自由席のみ。自分の意見をしっかり主張しなければ、居場所がなくなっていくだけだ。


相手が誰であっても、自分が決めた判断に責任を持って、意見を貫くのがプロと考えている。人に流されていたら生き残れない。


プロの給料は「会社からの借金」。返さなければならない義務を背負っている。その意識を持てば、甘さはなくなり、もっと勝つことにこだわれるはず。


よく「辛口サッカー評論家」なんて言われるけど、自分ではそう思っていないですよ。ただ正論を言っているだけという感覚です。


このままでは何も改善しないのに「危ない!」と言わないのは、日本サッカーのためになりますか? 僕も解説者としてお金をもらっているから、日本サッカーが強くなるためなら、厳しく意見する。大事なことは、日本のサッカーが強くなること。そのためなら空気を読んだり、サッカー協会のご機嫌取りをしている場合じゃない!


自分の言いたいことを言うのだから、責任は自分で取ります。そのために、自分で調べて分析して準備をきちんとする。だからこそ、厳しい意見も堂々と言えるのです。


僕が生まれ育ったブラジルのサンパウロでは何も言わないでいたら、生きていけなかった。18歳の時にプロになりましたが、本当にサポーターやメディアの目が厳しい。シュート1本でもミスをすれば、声援は罵声に変わる。僕が生まれ育った国は、そういう国でした。それがずっと染みついているのかもしれません。


年も立場も関係なく、言うべきことを言う姿勢は解説者になったいまも変わらない。なぜなら、このままでは何年経っても、日本のサッカーは強くならないと感じているから。毎回そうだけど、日本はワールドカップで負けて帰ってきた際に、空港では1000人くらいファンが集まって、選手を拍手で迎えますよね。プロは結果がすべて。ミスして「ドンマイ、ドンマイ」はアマチュアでしょう。そういう意味で、日本のサッカーはまだプロじゃないんですよ。


日本にはいまだに、スポーツ評論家がちょっと厳しい意見をすると、叩かれる雰囲気があるでしょう。ある番組で張本勲さんがカズに対して、「もうお辞めなさい」と発言したら、猛バッシングを受けました。たしかにカズの日本サッカー界への貢献は大きい。だけど、いま、カズが年間で何試合出ているというのか。正しいことを言えないのであれば、メディアもファンの目も厳しくならない。日本サッカーのためにならないでしょう。


セルジオ越後の経歴・略歴

セルジオ越後、せるじお・えちご。プロサッカー選手、サッカー解説者、指導者。ブラジル・サンパウロ州出身。コリンチャンス、ブラジルの2部チームを経て藤和不動産サッカー部(のちの湘南ベルマーレ)で活躍。引退後、コーチ、解説者、日本アンプティサッカー協会(JAFA)最高顧問などを務めた。旭日双光章を受章。文部科学省生涯スポーツ功労者表彰、外務大臣表彰を受けた。

他の記事も読んでみる

栗山敏昭

挨拶がいい加減になっていったり、人の気持ちがわからなくなってくると危ない。人の気持ちがわからないというのは、おごりが出ているということですから。挨拶や、感謝の気持ちを忘れないことは重要です。


前澤友作

業績が好調なのは、派手な広告やキャンペーンを極力控え、サイトの本質である良い商品を調達し、サイト上での訴求力向上に努めると同時に、注文が入ったらいかに迅速にお客さまの手元に届けるかといったECサイトの基礎体力とも言うべき部分に原点回帰したのが要因。


杉森務

目先の利益は得られませんが、将来に向けて投資していきたい。


北城恪太郎

英語で「ドント・シュート・ザ・メッセンジャー(情報をもたらす人間を撃つな)」というんですが、現場の正確な情報が欲しかったら怒ってはいけない。怒られると分かっていたら社員は悪い話を上げません。


牧野正幸

今の50代には、既に今後の行く先が読め肩を落としている人は多くいます。しかし、定年まで時間はあります。今の50代に必要なことは、社内にあつれきが生まれるだとか、立場が危うくなるとか、そういうことを一切気にせず一度やりたい放題やることだと思います。転職しても、新しい取り組みをしてもいい。その背中を、後進はしっかりと見ているはずです。


上垣内猛

過ぎたことと受け止めて、次の日に何をするか。過去にとらわれず、常に前を向いて進む発想が必要。


菊間ひろみ

ある言語学者によると、ネイティブスピーカーのような完璧な発音は思春期前でないと身につけるのが難しいらしいです。しかし、そのレベルまでいかなくても大丈夫。ビジネスシーンでも、きれいな英語を話しているのは米国や英国など英語圏の人だけで、ほとんどの国の人は自国訛りの英語を話しています。要は、通じるレベルまで身につければ十分。


村形聡

「何事も失敗から始まる」。数々の中小企業の経営者と一緒に仕事をし、私自身の体験を踏まえるとこんなことを感じます。


田中良和(GREE)

成長を続けるために僕がいつも気を付けているのは、会社の中で、いま自分がどのような役割を担っているのかということです。立場はずっと経営者でも、創業当時といまでは、果たすべき役割が変わっています。それを意識して、絶えず自分を成長させないとダメです。


斎藤英明(経営者)

他社では特約なども含めると本当に多数の商品がありますが、当社はとにかくシンプルでお客さまご自身がご理解いただける分かりやすい商品構成にしています。多種多様な保障が必要と考える方は、他社の保険を選ぶでしょう。当社のお客さまは、シンプルな保障を求めている方が多いです。


宮本茂

物量を増やすなら、他人以上のことは簡単にできる。ハリウッド映画のように(ある作品が)50億円使ったら、次は100億円、次は200億円と。でも、それでは面白くはならないんです。量を増やすだけでは、密度は上がっていかない


五木寛之

仏教で「慈悲」といいますが、「慈」とはプラス思考の励ましの言葉です。戦後の日本では「頑張れ」という励ましの言葉ばかりが持てはやされ、「悲」というものが捨て置かれてきました。悲しんだり、嘆いたり、泣いたりするのは全部マイナス思考であって、ネガティブなマイナス思考は免疫力を下げ、自然治癒力も落ちるような言い方をされてきました。私はそんなものは迷信だと思います。テレビの瞬間芸を見て鼻先でフフッと笑ったぐらいでは治癒効果などありません。滂沱と涙を流して泣いたことのある人だけが腹の底から笑うことができる。ひとは「慈」と「悲」を両方持って走らなければいけない。