名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

セルジオ越後の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セルジオ越後のプロフィール

セルジオ越後、せるじお・えちご。プロサッカー選手、サッカー解説者、指導者。ブラジル・サンパウロ州出身。コリンチャンス、ブラジルの2部チームを経て藤和不動産サッカー部(のちの湘南ベルマーレ)で活躍。引退後、コーチ、解説者、日本アンプティサッカー協会(JAFA)最高顧問などを務めた。旭日双光章を受章。文部科学省生涯スポーツ功労者表彰、外務大臣表彰を受けた。

セルジオ越後の名言 一覧

競争社会に指定席はなく、あるのは自由席のみ。自分の意見をしっかり主張しなければ、居場所がなくなっていくだけだ。


相手が誰であっても、自分が決めた判断に責任を持って、意見を貫くのがプロと考えている。人に流されていたら生き残れない。


プロの給料は「会社からの借金」。返さなければならない義務を背負っている。その意識を持てば、甘さはなくなり、もっと勝つことにこだわれるはず。


よく「辛口サッカー評論家」なんて言われるけど、自分ではそう思っていないですよ。ただ正論を言っているだけという感覚です。


このままでは何も改善しないのに「危ない!」と言わないのは、日本サッカーのためになりますか? 僕も解説者としてお金をもらっているから、日本サッカーが強くなるためなら、厳しく意見する。大事なことは、日本のサッカーが強くなること。そのためなら空気を読んだり、サッカー協会のご機嫌取りをしている場合じゃない!


自分の言いたいことを言うのだから、責任は自分で取ります。そのために、自分で調べて分析して準備をきちんとする。だからこそ、厳しい意見も堂々と言えるのです。


僕が生まれ育ったブラジルのサンパウロでは何も言わないでいたら、生きていけなかった。18歳の時にプロになりましたが、本当にサポーターやメディアの目が厳しい。シュート1本でもミスをすれば、声援は罵声に変わる。僕が生まれ育った国は、そういう国でした。それがずっと染みついているのかもしれません。


年も立場も関係なく、言うべきことを言う姿勢は解説者になったいまも変わらない。なぜなら、このままでは何年経っても、日本のサッカーは強くならないと感じているから。毎回そうだけど、日本はワールドカップで負けて帰ってきた際に、空港では1000人くらいファンが集まって、選手を拍手で迎えますよね。プロは結果がすべて。ミスして「ドンマイ、ドンマイ」はアマチュアでしょう。そういう意味で、日本のサッカーはまだプロじゃないんですよ。


日本にはいまだに、スポーツ評論家がちょっと厳しい意見をすると、叩かれる雰囲気があるでしょう。ある番組で張本勲さんがカズに対して、「もうお辞めなさい」と発言したら、猛バッシングを受けました。たしかにカズの日本サッカー界への貢献は大きい。だけど、いま、カズが年間で何試合出ているというのか。正しいことを言えないのであれば、メディアもファンの目も厳しくならない。日本サッカーのためにならないでしょう。


セルジオ越後の経歴・略歴

セルジオ越後、せるじお・えちご。プロサッカー選手、サッカー解説者、指導者。ブラジル・サンパウロ州出身。コリンチャンス、ブラジルの2部チームを経て藤和不動産サッカー部(のちの湘南ベルマーレ)で活躍。引退後、コーチ、解説者、日本アンプティサッカー協会(JAFA)最高顧問などを務めた。旭日双光章を受章。文部科学省生涯スポーツ功労者表彰、外務大臣表彰を受けた。

他の記事も読んでみる

辻野福三郎・4代目(辻野佳秀)

BtoCを始めて、お客様と直接会話ができるようになった。ハウスメーカーや工務店や不動産会社の下請けの場合は、とにかく安い畳を入れてくれればいいというのが基本でした。直接販売できめ細かくて美しく、強く、色艶がいい高級畳を販売できるようになった。畳のある暮らしのよさを提案できるようになってきたんです。


樋口武男

まずは経営者が社員をやる気にさせることができるかどうか。不要な業務や派閥、不公平な人事といった障害となるものを撤廃し、存分に能力を発揮できる環境をつくれば、大企業病はおのずと克服できるはず。


鈴木喬(経営者)

市場調査のためにアンケートを取っても、答える人が「お金を出さない人」だった、なんていうことも多々あります。それを信じていたら、理路整然と、会社は潰れていきます。


小宮輝之

私は30代半ばまで多摩動物公園で働きましたが、その時はシカ、ヤギ、ヤク、ロバといった日本の動物や家畜を中心に担当していました。これらはパンダ、ゴリラ、ゾウといったスター動物ではなく、希少種でもありませんでしたが、どんな動物でも飼うのが好きな私は全力で取り組みました。若手でも自分の権限で自由に飼育させてもらえたので、かえってよかったのです。


田中和彦

いままでの職歴を書き出すことおすすめします。リストを作れば、自分の意外な経験やスキルに気づきますよ。私はリクルート時代に人事部で採用に携わった経験と、広報部で社内報の発行をしていた経験が重なって、「週刊ビーイング」の編集長になれました。そこで培ったプロデュースのスキルが、映画会社にプロデューサーとして転職するときに役立ったんです。


北尾吉孝

スーツなどを買う時は、「チョイ安」な商品を選ばず、仕立てがいいものを7着買って着回しています。この方がいいモノを長く使えて、最終的に得です。「靴」「椅子」「枕」など、自分の健康に関係する道具にはこだわっています。「カラダが資本」ですから、ここにはお金を使います。大切なのはブランドや値段ではなく、自分に合うかどうかです。今使っているドイツ製の靴は4万円台ですが、履きやすく歩きやすいので愛用しています。


熊坂隆雄

企業は人なり、社員には自分自身の棚卸も行って欲しい。自分の強みを認識し自信を持ってほしい。そのうえで目標をみんなで共有すれば、各人の異なる強みは多くの光線が収束するようにひとつとなって、大きな成長エネルギーを発揮するでしょう。


福留孝介

外野がダイビングしたり、冒険した結果のファインプレーはプレーの質として高いとは思いません。


畑山浩昭

本学は学部制ではなく、学群制を採用しています。学群制というのは、専攻としての必修科目はあるものの、特定の分野だけではなく、隣接した分野も広く学ぶことができるんです。私が学生の時もそうでしたが、今の学生たちを見ていると、高校生の頃になりたかったものって結構変わってきますよね。大学に入ってからも変わるし、卒業してからも変わると思うんですよ。だから、がっちりと4年間のカリキュラムを固定して勉強するのではなく、各学群の持つ専門科目の中から、自分が興味のあるものを選択して、自分の学びの形をつくっていってほしいと考えたんですね。


福沢諭吉

どんなに貧しく賤(いや)しい者でも、なぜ貧乏で賤しいか、その原因を知り、それが自分にあるということが分かれば、決して、やたらに他人を怨望したりはしません。


井口尊仁

相手から歩み寄ってくれるなんて期待しない方がいい。


鉢嶺登

どうせやるならば日本に足跡を残すようなことをしたい。