名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

セバスチャン=ロッシュ・シャンフォールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セバスチャン=ロッシュ・シャンフォールのプロフィール

セバスチャン=ロッシュ・ニコラス・シャンフォール。18世紀フランスの詩人、劇作家、モラリスト、ジャーナリスト、警句家。フランス学士院を構成する5つのアカデミー最古のアカデミー・フランセーズの会員としても活躍。フランス革命前、上流階級の人々に最も人気のあった劇作家の一人

セバスチャン=ロッシュ・シャンフォールの名言 一覧

自尊心は多くの美徳の源泉である。虚栄心はほとんどすべての悪徳・悪癖の源泉である。


人々の中で最も金持ちなのは倹約家であり、最も貧乏なのは守銭奴である。


中傷はうるさい蜂のようなものである。これを確実に殺すことができるという確信がないならば、手を出してはいけない。さもないと、前よりもいっそう激しく突進を繰り返してくるだろう。


世の中の人は、孤独に暮らす人を社交を好まない人と思っている。しかしそれは夕方にポンディの森を徘徊しないからといって散歩を好まないと決めつけるようなものだ。
【覚書き:ポンディの森とはフランスのドーラーセーヌにある森のこと。当時盗賊の巣窟だった】


真の幸福は目に映らない。真の幸福は目に見えないもの。


教育は、道徳と知恵のふたつの基盤の上に立たねばならない。道徳は美徳を支えるために、知恵は他人の悪徳から自己を守るために。道徳に重点を置くと、お人よしか殉教者しか生まれない。知恵に重点を置くと、打算的な利己主義者が生まれる。


チャンスが二度、扉を叩くなどと考えてはいけない。


自惚れは苦しみの源泉である。自惚れが消えたときから、人生の幸福な時期がはじまる。美しさが衰えかけたとはいえ、まだ相当綺麗な婦人でも、己の自惚れによって不幸にもなるし、滑稽にもなる。


セバスチャン=ロッシュ・シャンフォールの経歴・略歴

セバスチャン=ロッシュ・ニコラス・シャンフォール。18世紀フランスの詩人、劇作家、モラリスト、ジャーナリスト、警句家。フランス学士院を構成する5つのアカデミー最古のアカデミー・フランセーズの会員としても活躍。フランス革命前、上流階級の人々に最も人気のあった劇作家の一人

他の記事も読んでみる

鉄拳(お笑い芸人)

40歳過ぎてからの方がくっきりしてくるんですよ。懐かしい昔の心象風景が。


柳井正

そう簡単に、人は成長できないものです。自分で努力することはもちろんですが、人の協力も必要。


三枝匡

経営リーダーが戦略を明確に打ち出し、それに共感した社員がダンゴになって本当に走り始めたら、これが同じ会社なのかと思うくらい何倍もの働きを始めます。


辻野晃一郎

もっとも大切なことは、「自分の人生を生きる」ことだと思います。自分の生きたい人生を生きていれば、世間体や社会的体面といった表層的な価値には固執しなくなります。多少の嫌なことやつらいことがあっても、乗り越えていけます。


豊田佐吉

その大きな未開の宝庫は、早く扉を開けてくれと中から叩いて呼びかけている。


中野裕哲

自己資金があっても、借りられるだけ借りておくことも大切。いざ資金繰りがつかない時に取り崩せばいい。また、借り入れはきちんと返済すれば金融機関の信用につながり、次に資金が必要になった時に借りやすくなる効果もあります。


サンキュータツオ

論文は残り続ける。いまは必要がないかもしれないけれど、数年後、数十年後には役に立つものもたくさんある。


柴山政行

客の潜在ニーズをくみ取るカウンセリング営業を行い、顧客流出を防ぐことが重要だ。そうすることで、高い満足度を与えられた一見客が優良顧客に変わり、長期間にわたって利益が得られるパターンが出来上がってくる。「この店、どうして続けられるんだろう」。あなたの周りにそう感じる店があるとしたら、信頼関係でつながった数多くのお得意様が支えているはずだ。


松田悠介

先が見えない社会で必要な能力は、ひとことでいえば課題解決する力です。そして課題解決と同時に課題を発見していく力も必要だと考えています。


平井伯昌

まず、自分とトップ選手のレベルの差を把握する。そのうえで、どれだけ努力すれば五輪に行けるのかという妥協のない計画を立てることが大事。


本間良輔

どんなに慎重に経営しているつもりでも、知らずと危機は忍び寄ります。ブレーキを踏むタイミングを見極めるのは難しい。日ごろから多くの人と交流し、様々な情報に自分の肌で接することを続けるしかない。


山岸舞彩

慣れもあると思いますが、それよりも大きかったのは、「カッコ良く見せたい」「うまくやろう」という意識を捨てたことかもしれません。そういうふうに考えてしまうと、聞き手の目が気になるので、変に固くなってしまい、いつも通りに話せなくなってしまいます。