名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

セバスチャン=ロッシュ・シャンフォールの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セバスチャン=ロッシュ・シャンフォールのプロフィール

セバスチャン=ロッシュ・ニコラス・シャンフォール。18世紀フランスの詩人、劇作家、モラリスト、ジャーナリスト、警句家。フランス学士院を構成する5つのアカデミー最古のアカデミー・フランセーズの会員としても活躍。フランス革命前、上流階級の人々に最も人気のあった劇作家の一人

セバスチャン=ロッシュ・シャンフォールの名言 一覧

自尊心は多くの美徳の源泉である。虚栄心はほとんどすべての悪徳・悪癖の源泉である。


人々の中で最も金持ちなのは倹約家であり、最も貧乏なのは守銭奴である。


中傷はうるさい蜂のようなものである。これを確実に殺すことができるという確信がないならば、手を出してはいけない。さもないと、前よりもいっそう激しく突進を繰り返してくるだろう。


世の中の人は、孤独に暮らす人を社交を好まない人と思っている。しかしそれは夕方にポンディの森を徘徊しないからといって散歩を好まないと決めつけるようなものだ。
【覚書き:ポンディの森とはフランスのドーラーセーヌにある森のこと。当時盗賊の巣窟だった】


真の幸福は目に映らない。真の幸福は目に見えないもの。


教育は、道徳と知恵のふたつの基盤の上に立たねばならない。道徳は美徳を支えるために、知恵は他人の悪徳から自己を守るために。道徳に重点を置くと、お人よしか殉教者しか生まれない。知恵に重点を置くと、打算的な利己主義者が生まれる。


チャンスが二度、扉を叩くなどと考えてはいけない。


自惚れは苦しみの源泉である。自惚れが消えたときから、人生の幸福な時期がはじまる。美しさが衰えかけたとはいえ、まだ相当綺麗な婦人でも、己の自惚れによって不幸にもなるし、滑稽にもなる。


セバスチャン=ロッシュ・シャンフォールの経歴・略歴

セバスチャン=ロッシュ・ニコラス・シャンフォール。18世紀フランスの詩人、劇作家、モラリスト、ジャーナリスト、警句家。フランス学士院を構成する5つのアカデミー最古のアカデミー・フランセーズの会員としても活躍。フランス革命前、上流階級の人々に最も人気のあった劇作家の一人

他の記事も読んでみる

山本幸美

リーダーになったら「自分1人でできることは限られている」と早く気づくことが重要。


中谷彰宏

部下にとって優しい上司は好かれ、厳しい上司は嫌われると思い込んでいる管理職は多いですが、これは大きな誤解です。ただひたすら優しいだけの上司は、部下に信頼されません。優秀な部下ほど、厳しく自分を鍛え上げてくれる上司を待望しています。


山田進太郎

経営のミーティングなど、自分自身で文書をつくる際には、たいていのグーグルドキュメントでつくっています。そこに議題や選択肢のメリット・デメリット、リコメンデーション(推薦)の度合いを書いておいてもらいます。リコメンデーションがAとなっていたら、進めていいと言うときもありますし、でもAでもこういうデメリットがあるよねという追加事項が出てきたら、デメリットの欄に書き足す。やはり、そうしたほうが、私にはわかりやすいですね。


西成活裕

いまは、博士号は取れたけれど就職がないという、いわゆるポスドクの問題があります。これは、国の政策で博士が急増したのに教員として雇う人数は前と変わらないというところから来る、典型的な渋滞現象ですよね。私にも不遇時代がありましたから、その独特のつらさについては想像ができますが、予算も立場もなく苦しんでいる人に私が言えるのは正論だけで、もう頑張るしかない。一発逆転のために論文でヒットを打つしかないなら、腐っている場合ではないですよ。


山村友幸

人に相談するのは恥ずかしいことではありません。むしろ、相談せずに職場で時間をムダに使っている方が問題です。


齋藤貴(経営者)

ビジネスパーソンは、平日の日中に取引できませんから、デイトレードは時間的に不可能です。割安な株を購入して、中長期の値上がりと配当を得るオーソドックスな方法がおすすめです。


寺下史郎

悩みを抱えているときは、自分で掘り下げているだけではダメ。


陰山英男

手帳にToDoリストの項目が入りきらないときは、思いきって何かを諦める。本当はやらなくてもいいこと、あとでやればいいことや、今、他の人の力を借りられることがないか、改めてToDoリストを見直してください。


小笹芳央

私は20年以上、日曜日の夜に1週間の仕事の優先順位づけをしています。その週の仕事をすべて書き出し、俯瞰する。そしてそれぞれの仕事に優先順位をつける。こうすることで月曜日の朝、出社してすぐに全力で仕事に取り組めるのです。


喜久川政樹

DDIポケットに出向を命じられたとき、憂うよりも、PHSという新しい事業に挑戦する意欲のほうが強かったですね。もともと後発の通信事業者ですから、最初から事業環境は厳しかった。もちろん私は出向の身ですから、上司にゴマでもすれば、出向元のKDDIに戻れるキャリアプランもありました。でも、PHS事業に対する愛情は誰よりも強いと思っていますし、そこで挑戦しようと腹をくくった以上、そこで頑張り抜こうと決めました。


池谷裕二

いまの状況はずっと続くのではなく、いずれ終わると考えておくと、いざ変化が訪れたときに、固執することがなくなります。


中原淳

学び直しのポイントは「掛け算」。趣味のことでも、仕事との接点を探して、掛け合わせると、自分だけの強みを生み出せることがあります。一つのことを深く学んでいると、その接点が見つけやすくなるのです。たとえばSE(システムエンジニア)の人が、趣味の家庭農園をしていたら、「農業×IT」を掛け合わせてみます。すると、育てるのに苦労した経験から、「個人農園の生育状況をITで管理するには?」などというアイデアが出てくるかもしれません。試しに自分の農園で試行錯誤すれば、ノウハウが溜まってくるでしょう。すると、農業とITの両方がわかる希少な人材になり、本業でも重宝されるようになった――。こうした展開は十分に考えられます。