名言DB

9419 人 / 110788 名言

セバスチャン=ロッシュ・シャンフォールの名言

twitter Facebook はてブ

セバスチャン=ロッシュ・シャンフォールのプロフィール

セバスチャン=ロッシュ・ニコラス・シャンフォール。18世紀フランスの詩人、劇作家、モラリスト、ジャーナリスト、警句家。フランス学士院を構成する5つのアカデミー最古のアカデミー・フランセーズの会員としても活躍。フランス革命前、上流階級の人々に最も人気のあった劇作家の一人

セバスチャン=ロッシュ・シャンフォールの名言 一覧

自尊心は多くの美徳の源泉である。虚栄心はほとんどすべての悪徳・悪癖の源泉である。


人々の中で最も金持ちなのは倹約家であり、最も貧乏なのは守銭奴である。


中傷はうるさい蜂のようなものである。これを確実に殺すことができるという確信がないならば、手を出してはいけない。さもないと、前よりもいっそう激しく突進を繰り返してくるだろう。


世の中の人は、孤独に暮らす人を社交を好まない人と思っている。しかしそれは夕方にポンディの森を徘徊しないからといって散歩を好まないと決めつけるようなものだ。
【覚書き:ポンディの森とはフランスのドーラーセーヌにある森のこと。当時盗賊の巣窟だった】


真の幸福は目に映らない。真の幸福は目に見えないもの。


教育は、道徳と知恵のふたつの基盤の上に立たねばならない。道徳は美徳を支えるために、知恵は他人の悪徳から自己を守るために。道徳に重点を置くと、お人よしか殉教者しか生まれない。知恵に重点を置くと、打算的な利己主義者が生まれる。


チャンスが二度、扉を叩くなどと考えてはいけない。


自惚れは苦しみの源泉である。自惚れが消えたときから、人生の幸福な時期がはじまる。美しさが衰えかけたとはいえ、まだ相当綺麗な婦人でも、己の自惚れによって不幸にもなるし、滑稽にもなる。


セバスチャン=ロッシュ・シャンフォールの経歴・略歴

セバスチャン=ロッシュ・ニコラス・シャンフォール。18世紀フランスの詩人、劇作家、モラリスト、ジャーナリスト、警句家。フランス学士院を構成する5つのアカデミー最古のアカデミー・フランセーズの会員としても活躍。フランス革命前、上流階級の人々に最も人気のあった劇作家の一人

他の記事も読んでみる

鈴木みゆき(経営者)

私は海外勤務が長く、言語や文化が違う中で、組織をまとめる経験を積んできました。スタッフの個性を活かし、強みを伸ばす組織づくりは、多様性のある環境では非常に有益でした。


渡文明

誠心誠意こそ商いの心だと痛感したのは、新潟製油所に配属された新入社員時代のことでした。ある日、お客様からクレームがきました。「おたくから仕入れたアスファルトが袋の破裂で中身が出てしまった」というのです。「おまえ、行け」と命じられた私は、簡単に回収できるだろうと考え、運転手と二人、トラックで現場に駆けつけました。40kg入りの袋が80個、袋が破裂して中身が道路に散乱しています。相手は怒り心頭、「持って帰れ!」とすごい剣幕です。リフトもないので私は仕方なく自力で一袋ずつトラックまで運ぶことにしました。運転手さんに荷台に立ってもらい手渡しです。夏の炎天下で3時間以上かかりました。着ていたスーツはグチャグチャ。お客様は可愛そうに思ったのか、最後はもういいわかったと笑顔で声をかけてくれました。その後従来に増してのお取引をさせていただきました。


オリバー・ストーン

映画『ウォール・ストリート』をつくる際、入念にリサーチしました。様々な金融市場のプレイヤーたちの話を聞き、問題点や気づいた点を、スクリーンに描きました。金融危機のときに、国が金融機関を救うか否かを決める際、金融のトップは何ら罪悪感を持っていなかった。驚きました。そのシーンはいままでにないアプローチでした。


藤原和博

あえて極論を言うと、僕は、企業そのものが人を育てられない装置になってきているのではないかと疑っているんです。日本企業は、この10~15年の間にリストラをやって、組織をシンプルにしました。それによってムダもなくなりましたが、失敗が許されない組織になってしまった。僕たちの時代は、社員がムダや失敗を積み重ねながら成長できたけど、今の企業でそれは許されません。しかし、その結果、人を育てる機能が弱まっている。


松沢幸一

私はドイツ語だけでなく40代になってから一念発起して英語もマスターしました。まず最初から大上段に「勉強しよう」と構えるのではなく、努力の結果が出ると人生が楽しくなるというイメージを持つようにしました。たとえビジネスに役立たなくても、外国人が困ってうろうろしているとき、声をかけてあげられたら気分がいいでしょう。海外からのお客様が来て、2時間も黙って下を向いているより、会話できた方が絶対に楽しい。


テリー伊藤

自分の生活のコストをどこまで下げられるか。いま毎月入ってくるお金がなくなった時、どう生きていくかっていうシミュレーションは常に持っておかないとダメだと思う。


富野由悠季

僕がガンダムという作品を生み出せたのは、3カ月後に入金がない生活の怖さを回避するためにロボットアニメを利用させてもらったからだ、という言い方もできるわけです。「こういう(ロボットアニメを作る)仕事がしたいからここまでやってきた」と言えるほど、僕は能天気にアニメの仕事をやってきませんでした。生き方の基本とはまず「普通に生きながらえる」ことを目指す。そして、そこを目指すために意志と力を持つべきだとも言えるでしょう。


孫泰蔵

シリコンバレーの場合、「失敗=経験」と評価されます。失敗が多いと、逆に評価が上がるのです。今回初めて起業する人と3回失敗した人。同じ規模の企業であれば、ベンチャーキャピタリストは失敗を経験している方に投資をします。失敗経験が無い人は、大きな壁に直面した際に乗り切れるか不安ですが、失敗した経験を積んでいる人は、どうにか対処するだろうと信用されるのです。


藤田和日郎

一瞬の暇つぶし、スナック菓子的なものにすごい時間をかけて一生懸命つくっていくのが漫画家。


藤原和博

僕は「1万時間の法則」を唱えていて、何であれ、1万時間かけて訓練すればマスターできると言ってきました。1日6時間のトレーニングを365日続ければ、1年で約2000時間、5年で1万時間に達します。それだけやれば、何でもほぼこなせるようになる。さらにもう5年続けたら、しっかりとした技術やスキルとなって身につきます。