名言DB

9490 人 / 112001 名言

セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)のプロフィール

セバスチアン・バークハード・スラン(セバスチャン・スラン)。ドイツ人プログラマー、ロボット開発者、起業家。「ユダシティー」創業者、「グーグルX」創設者。ドイツ・ゾーリンゲン出身。ボン大学、ヒルデスハイム大学卒業。グーグルの副総裁・フェローなどを務めた。自動車の自動運転システムなどの人工知能開発に尽力。

セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)の名言 一覧

私は人類をよくするために人工知能と向き合ってきた。


人工知能を研究することは、人を理解するための最良の手段であり、最も建設的な方法である。


常に最先端に立てるよう、自ら生産性を引き上げてください。今後、進化をし続けない従業員はいらなくなるのですから。


人工知能がどんどん賢くなると同時に、人間もどんどん賢くならなければなりません。生涯教育がますます重要となります。


私は自動運転車が「実現可能か」を考えたことはない。技術者が未来を証明する方法は、実際に作ってみせることだ。


最高のメンバーを集め、革新に挑む自由を与え、皆が全力で取り組めば、実現できないケースの方が少ない。


教育や学位取得は人生に1回だけという考えは時代遅れになり、新しいことを素早く学ぶ人が勝つ時代が来る。


本当に全力を注ぎ、学ぶ姿勢を厭わなければ最後には頂上にたどり着ける。


経営者もエンジニアの発想を身に付け、5~10年後に技術が何をもたらすのかを想像できなければ成功できない。


労働者にとって、コンピューターのプログラムを書く能力は母国語を学ぶのと同じくらい重要になった。


米ゼネラル・エレクトリック(GE)のような優れた企業も、過去に何度も自らを「再発明」してきた。


「機械化が進んでも人間の仕事は常に残る」という人もいる。だが、私は楽観主義者ではない。人間が機械の進化に追いつくのは困難で、両者が逆転する「転換点」はいずれ来る。


人間の創造性が全く不要になるわけではない。だが悲しいことに、ハードルは着実に上がる。人間が生産性を保つのに必要な学習の量は増え続ける。


反復的な仕事を人間から人工知能が奪うことは悪いことばかりではありません。今まで人間がやっていたことを人工知能がやれるなら、人件費が浮きます。つまり、人間にとって必要なものがどんどん安くなっていくのです。食料、住宅、輸送・交通、医療などが安くなるため、格差なく多くの人に行き渡ります。そうなってくると、いい生活をするためにたくさんのお金を稼ぐ必要がなくなるわけです。


私は、自ら創設したグーグルの秘密研究プロジェクト「グーグルX」で自動運転車の研究・開発などに長年かかわってきました。かつては「インテリジェント・カーを造る」と言ったら、みんなに笑われたものです。でも私は当初から「車は人より賢くなれる」という強い信念を持っていました。そして今、公道での走行実験も本格化し、それは実証されています。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)の経歴・略歴

セバスチアン・バークハード・スラン(セバスチャン・スラン)。ドイツ人プログラマー、ロボット開発者、起業家。「ユダシティー」創業者、「グーグルX」創設者。ドイツ・ゾーリンゲン出身。ボン大学、ヒルデスハイム大学卒業。グーグルの副総裁・フェローなどを務めた。自動車の自動運転システムなどの人工知能開発に尽力。

他の記事も読んでみる

麻生けんたろう

会議でも営業でも、心にゆとりがないと焦りや不安などの感情に支配されてしまう。100%の準備は当たり前、常に120%の準備をすることに集中しよう。


鍵本忠尚

あえて懸念を一つあげると、内弁慶になりがちなことでしょうか。いま日本はリードしていますが、日本だけでできると過信すると、かつての携帯電話のようになってしまう。いい流れだからこそ、外のイノベーションも取り込んでいくことが大切。我々も海外の技術を積極的に取り入れてリードしていきたい。


今西良光

当時の主力商品は「ウィズプラカード」というスマートフォン向けのコミュニケーションツールです。企業の社員や店舗スタッフ間で「ありがとう」、「さすがだね」といったポジティブなコミュニケーションを行うことで職場や業務に対する満足度向上、部門を超えた情報共有などのやり取りが可能なサービスです。


岡野雅行(岡野工業)

日本じゃ、口数は少ない方が人間として深みを感じさせるとか、やたら目立とうとするのは品がないなんていうだろ。冗談じゃねえってんだ。みんな自分をもっと認めてもらいたい、評価されたいと思ってるだろ。だったら、ドーンとアピールしなきゃ駄目だよ。わかってもらいたかったら、わかってもらえるようにちゃんとしゃべれ。認めてもらいたかったら、きちんと言葉を使って認めてもらえってんだよ。


中嶋常幸

僕は、これまで3回大きなスランプを経験している。一番長くきつかったのが40代のとき。父親が亡くなったこともあって、「一体何のためにゴルフしているんだろう」と。あと年齢による変化もあり、狙ったところにポールが飛ばない。「こんな俺は俺じゃない!」と自己否定していた。他人に責任転嫁もした。だけどあることがきっかけで、そんな自分を丸ごと受け入れようと決めたんだ。するとスランプは逆にチャンスに見えてきた。これをきっかけに「新たな自分に出会える」のではないか、と。それで状況が一変した。


ホルスト・シュルツ

従業員が「ゲスト(お客様)の望みを叶えるために働きたい」と心から思う環境を整えるのが私の仕事です。


工藤泰三

シッピングカンパニー(船会社)として生き残るためには、モア・ザン・シッピングカンパニー(船会社を越えた船会社)でなければなりません。日本の自動車メーカーがロシアのサンクトペテルブルクに新しい自動車工場をつくる場合、港から内陸の工場まではかなり距離があります。しかも、通関手続きが非常に煩雑で難しいときています。そういうとき「うちなら全部解決できます」と提案するために、当社は早くから現地に進出して準備を整えていました。船で運ぶだけでなく、現地での倉庫の手配や、実際の入出庫オペレーションも行うのです。


岡藤正広

社員の士気を上げるためには、トップが闘争心を燃やさないといけない。同じ話をしても、燃えているときとそうでないときは情熱の伝わり方が違う。


清水亮

プログラミングを学ぶと「論理的な思考」「情報を適切に分類し、活用する方法」「最少の手間で正確な仕事をこなすための思考法」「知らない人と知恵を共有する方法」などが身につきます。


村口和孝

思えば我々は受験や就職で競争させられて来たのかもしれない。マスコミが競争をあおり、人生は競争にさらされているような社会の見方がいつの間にか我々の常識になっていないだろうか。ところが、よく考えてみると、競争は互恵関係があってはじめて成立する。


槍田松瑩

あらゆる機会をとらえて私が社内に訴えかけているのは「よい仕事をしよう」ということです。三井物産は世界に154か所の拠点を構え、様々な仕事を担っているので、極端にいえば現場ごとに異なったモノサシが存在します。「よい仕事をしよう」という言葉の裏には、現在手掛けているそれぞれの仕事の性格をベースとして、個人個人がよく考え、「よい仕事」のやり方を見つけて欲しいという思いがあります。


國分文也(国分文也)

10年後、我々は会社に残っていない。若い人たちが次の丸紅をつくっていくしかないんだ。