名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)のプロフィール

セバスチアン・バークハード・スラン(セバスチャン・スラン)。ドイツ人プログラマー、ロボット開発者、起業家。「ユダシティー」創業者、「グーグルX」創設者。ドイツ・ゾーリンゲン出身。ボン大学、ヒルデスハイム大学卒業。グーグルの副総裁・フェローなどを務めた。自動車の自動運転システムなどの人工知能開発に尽力。

セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)の名言 一覧

私は人類をよくするために人工知能と向き合ってきた。


人工知能を研究することは、人を理解するための最良の手段であり、最も建設的な方法である。


常に最先端に立てるよう、自ら生産性を引き上げてください。今後、進化をし続けない従業員はいらなくなるのですから。


人工知能がどんどん賢くなると同時に、人間もどんどん賢くならなければなりません。生涯教育がますます重要となります。


私は自動運転車が「実現可能か」を考えたことはない。技術者が未来を証明する方法は、実際に作ってみせることだ。


最高のメンバーを集め、革新に挑む自由を与え、皆が全力で取り組めば、実現できないケースの方が少ない。


教育や学位取得は人生に1回だけという考えは時代遅れになり、新しいことを素早く学ぶ人が勝つ時代が来る。


本当に全力を注ぎ、学ぶ姿勢を厭わなければ最後には頂上にたどり着ける。


経営者もエンジニアの発想を身に付け、5~10年後に技術が何をもたらすのかを想像できなければ成功できない。


労働者にとって、コンピューターのプログラムを書く能力は母国語を学ぶのと同じくらい重要になった。


米ゼネラル・エレクトリック(GE)のような優れた企業も、過去に何度も自らを「再発明」してきた。


「機械化が進んでも人間の仕事は常に残る」という人もいる。だが、私は楽観主義者ではない。人間が機械の進化に追いつくのは困難で、両者が逆転する「転換点」はいずれ来る。


人間の創造性が全く不要になるわけではない。だが悲しいことに、ハードルは着実に上がる。人間が生産性を保つのに必要な学習の量は増え続ける。


反復的な仕事を人間から人工知能が奪うことは悪いことばかりではありません。今まで人間がやっていたことを人工知能がやれるなら、人件費が浮きます。つまり、人間にとって必要なものがどんどん安くなっていくのです。食料、住宅、輸送・交通、医療などが安くなるため、格差なく多くの人に行き渡ります。そうなってくると、いい生活をするためにたくさんのお金を稼ぐ必要がなくなるわけです。


私は、自ら創設したグーグルの秘密研究プロジェクト「グーグルX」で自動運転車の研究・開発などに長年かかわってきました。かつては「インテリジェント・カーを造る」と言ったら、みんなに笑われたものです。でも私は当初から「車は人より賢くなれる」という強い信念を持っていました。そして今、公道での走行実験も本格化し、それは実証されています。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)の経歴・略歴

セバスチアン・バークハード・スラン(セバスチャン・スラン)。ドイツ人プログラマー、ロボット開発者、起業家。「ユダシティー」創業者、「グーグルX」創設者。ドイツ・ゾーリンゲン出身。ボン大学、ヒルデスハイム大学卒業。グーグルの副総裁・フェローなどを務めた。自動車の自動運転システムなどの人工知能開発に尽力。

他の記事も読んでみる

松井忠三

私たちは、お客様からいただいたお声やスタッフの気付きをもとに、店舗業務の中で改善を行います。すると、その案はすぐに本部まで上がってきて、しかるべき審査の後、必要だと判断されればムジグラム(無印良品のオペレーションマニュアル)に反映されます。


ケリー・グリーソン

大きな手帳をデスクで使うにしろ、ハンドバッグやスーツのポケットに入る簡便なものを使うにしろ、一週間分が一目で見えるものを選ぶこと。そうすれば、いやでも週単位で計画を立てるようになり、仕事の予定を組む点でも、仕事を達成する点でも成功率が高くなるからだ。


上田準二

時間の使い方、時間に対する価値観を自分の中でどう持つかを考えないといけません。何も意識せずに仕事をすると、時間に拘束されるだけで、何十時間かけても結果は出ません。毎日忙しいという誤った先入観にのみとらわれてしまいます。


村瀬治男

私は「のりしろ」と表現しているのですが、組織というものは、多少オーバーラップを持った状態で運営したほうが効率がいいと考えています。自分の守備範囲だけではなく、他人の仕事にも興味を持ちながらお互いにカバーしていく。あるいは、新しい感覚を吸収し合っていく。一見、無駄のように見えますが、それがものすごく仕事の流れをスムーズにして、結果的には無駄にならないのです。むしろ、その方が企業としてのパフォーマンスも高まると考えています。


澤田貴司

社内ブレストも多く、年間600回以上は実施しています。常に本音で、つまらない企画は「つまらない!」とはっきり言いますよ。本音でぶつかりあったほうが、結果として良いものに仕上がります。


奥田碩

これまでの日本はあまりにも価値観やライフスタイルの画一化が目立ちました。その意味で、人が最後をどう迎えるかについても、改めて考えなければいけないと思います。私たちはこれまで死の問題を直視することを避けてきたところがある。膨大な費用のかかる終末期医療に対しても、戦後の物質的価値への偏重の中で技術的な議論が先行しがちです。死そのものへの本質的な議論がなされているとは思えない。楢山節考のおりんさんは、最後、山に死ににいきます。そこには、貧困の中での人間の尊厳があります。人が死ぬということの尊厳について、今一度考えなければいけないのではないか。


堀江薫雄

支店長といえば、正金(東京銀行の前身、横浜正金銀行)では、支店長と呼ばずに支配人といったが、支配人に何でもできる広範な権限を与えていたことがひとつの特徴であった。これは外国為替という仕事が、遠隔地の間にまたがり、また敏速を要するという関係もあったであろうが、やはり、上下の信頼関係がスムーズであった証拠である。


ウィリアム・ウェルドン

75年連続という長期にわたって業績を伸ばしてこられたのは、当社の製品や社員が優秀であるからにほかなりません。しかし、それだけではなく、当社が守り続けてきた「クレド(信条)」という経営哲学の存在が大きいと私は考えています。


ジェイ・エイブラハム

ビジネスの目的や精神性があってこそ、マーケティングは正しく機能する。


柏木斉

誠実・正直であることが重要です。これは当たり前のことかもしれませんが、それを持ち合わせることが結局組織を正しい方向に引っ張る力になっていくのだと思います。


竹内清文

不要なガラクタの候補は、「壊れたモノ、未完成のモノ」「使わないモノ」「好きじゃないモノ」「散らかっているモノ」「無理に押し込んで、しまっているモノ」の5つ。「持っていると気分が高まる?」「一番好き?」「2年以内に使った?」の3つの質問を自分に問いかけて見極めよう。


小林一三

すべての事業の対象は大衆であり、どんな仕事の末端も大衆につながっている。