名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)のプロフィール

セバスチアン・バークハード・スラン(セバスチャン・スラン)。ドイツ人プログラマー、ロボット開発者、起業家。「ユダシティー」創業者、「グーグルX」創設者。ドイツ・ゾーリンゲン出身。ボン大学、ヒルデスハイム大学卒業。グーグルの副総裁・フェローなどを務めた。自動車の自動運転システムなどの人工知能開発に尽力。

セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)の名言 一覧

私は人類をよくするために人工知能と向き合ってきた。


人工知能を研究することは、人を理解するための最良の手段であり、最も建設的な方法である。


常に最先端に立てるよう、自ら生産性を引き上げてください。今後、進化をし続けない従業員はいらなくなるのですから。


人工知能がどんどん賢くなると同時に、人間もどんどん賢くならなければなりません。生涯教育がますます重要となります。


私は自動運転車が「実現可能か」を考えたことはない。技術者が未来を証明する方法は、実際に作ってみせることだ。


最高のメンバーを集め、革新に挑む自由を与え、皆が全力で取り組めば、実現できないケースの方が少ない。


教育や学位取得は人生に1回だけという考えは時代遅れになり、新しいことを素早く学ぶ人が勝つ時代が来る。


本当に全力を注ぎ、学ぶ姿勢を厭わなければ最後には頂上にたどり着ける。


経営者もエンジニアの発想を身に付け、5~10年後に技術が何をもたらすのかを想像できなければ成功できない。


労働者にとって、コンピューターのプログラムを書く能力は母国語を学ぶのと同じくらい重要になった。


米ゼネラル・エレクトリック(GE)のような優れた企業も、過去に何度も自らを「再発明」してきた。


「機械化が進んでも人間の仕事は常に残る」という人もいる。だが、私は楽観主義者ではない。人間が機械の進化に追いつくのは困難で、両者が逆転する「転換点」はいずれ来る。


人間の創造性が全く不要になるわけではない。だが悲しいことに、ハードルは着実に上がる。人間が生産性を保つのに必要な学習の量は増え続ける。


反復的な仕事を人間から人工知能が奪うことは悪いことばかりではありません。今まで人間がやっていたことを人工知能がやれるなら、人件費が浮きます。つまり、人間にとって必要なものがどんどん安くなっていくのです。食料、住宅、輸送・交通、医療などが安くなるため、格差なく多くの人に行き渡ります。そうなってくると、いい生活をするためにたくさんのお金を稼ぐ必要がなくなるわけです。


私は、自ら創設したグーグルの秘密研究プロジェクト「グーグルX」で自動運転車の研究・開発などに長年かかわってきました。かつては「インテリジェント・カーを造る」と言ったら、みんなに笑われたものです。でも私は当初から「車は人より賢くなれる」という強い信念を持っていました。そして今、公道での走行実験も本格化し、それは実証されています。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)の経歴・略歴

セバスチアン・バークハード・スラン(セバスチャン・スラン)。ドイツ人プログラマー、ロボット開発者、起業家。「ユダシティー」創業者、「グーグルX」創設者。ドイツ・ゾーリンゲン出身。ボン大学、ヒルデスハイム大学卒業。グーグルの副総裁・フェローなどを務めた。自動車の自動運転システムなどの人工知能開発に尽力。

他の記事も読んでみる

横山光昭

ボーナスの使い道は、家計の健全度を測るバロメーターといえます。ボーナスを貯金に回せる割合が多いほど健全で、ほとんどがローンの支払いなどに消えてしまうのなら問題ありです。ボーナスが入ったときに、ちょっと贅沢するのは大いに結構です。しかし、ボーナスとしてはいった金額の8割以上は貯蓄に回したいもの。ローン返済にボーナス払いを組み込む場合でも、5割以上は貯蓄に回したいものです。


松尾均

「ガイドさんから『おばあちゃん、大丈夫?』と声をかけてもらって、とてもうれしかった。今度は孫と一緒にまた利用したい」という感想を書いたハガキをいただいたことがありました。一見当たり前の感想のように思えますが、こうしたガイドのひと言は、マニュアルからは育ってきません。これこそが、私たちが提供すべき商品の原点だと再確認しました。


近藤正樹

コーヒーは信用のビジネス。電話一本で約束したことは絶対に守る。
【覚え書き|三菱商事でコーヒー事業に携わった時を振り返っての発言】


楠木新

会社で成果を上げてきた人も、定年退職したら、その肩書はなんの役にも立ちません。定年後は「もう一人の自分」として生きていくことが必要です。もう一人の自分とは、会社員とは異なる顔を持ち、社会とつながりのある自分のこと。中年以降になっても自分を会社員の立場だけに押し込めるのは無理がある。そして理想は、「その活動によってなんらかの対価が得られること」。交通費でも寸志でもいいので、お金が得られるということは、社会とつながっている証左です。


レイ・バードウィステル

二人の人間の対話では、言葉によって伝えられるメッセージは全体の35%にすぎず、残りの65%は話し振り、動作、ジェスチャー、相手との間の取り方など言葉以外の手段によって伝えられる。


和田裕美

私は小さい頃、今以上に引っ込み思案で人と会話ができず、何でもできる姉と比べて動作も遅く、運動もできないという情けない子供で、自分でも自分があまり好きではありませんでした。でも、そんな時に祖父が言ってくれた「裕美はいつもゆっくりしているから、きっと将来は大物になるよ」という言葉から自信をもらい、自分を好きになれました。


小野寺佑太

建設業のころも、いまも変わらない私の信条は、義理と感謝を大切にすること。そして、我ながら一生懸命でストイックな生き方は変わっていません。そういう姿に共感してくださる方々に、いろんな場面で助けていただき、ご支持もいただいてきました。


志賀俊之

グローバルと聞いただけで日本人は委縮しがちですが、何も急に「グローバル人材」に変身する必要はありません。多様性の時代において、まずは自分が持っている個性を大切にすることです。そのうえで自分に足りないもの、たとえばスピード感や相手を理解する力を補っていけば海外でもやっていけるはずです。


日高利美(日髙利美)

私の知るエリートが、海外の空港でトラブルに見舞われました。予定した便が欠航になり、荷物も行方不明になってしまったのです。他の乗客は航空会社のスタッフに怒鳴り声で詰め寄っています。しかし、彼の第一声は違いました。「大変だね。欠航のたびにクレームの嵐だと、僕なら身が持たない。それにしっかり対応している君は素晴らしい。ところで、大変なところ申し訳ないのだけど……」このように切り出し、スーツがないと会議に出席できないことを伝えたのです。すると、スタッフが上司にかけあってスーツ代として3万円を出してくれることに。異例の対応を引き出せたのは、知人がスタッフの気持ちになって話したからでしょう。


鳥居勝幸

値上げ交渉で一番よくないのが、何の準備もしないまま、「うちも厳しいので、なんとかお願いします」と情に訴えるだけの、いわゆる「お願い交渉」です。取引先も事情は重々承知のはずですが、だからといって、すんなり値上げを了承するわけがありません。購買担当者は1円でも安く買うのがミッションなのですから、ゴネるのが当たり前です。それなのに、一度や二度断られたくらいで、「あそこは駄目でした」と上司に報告してしまう。これでは子供の使いと変わりません。


曽根原容子

男性上司には頼った方がいい。男性は頼られるのが好きな生き物。ちょっとしたことを相談したり、お願いしたりすると、男性は自尊心が満たされる。


木川眞

最初は私も「満足BANK」が定着するのか正直不安でした。しかし、いまでは社員の約9割が参加しています。褒める文化は確実に社員に浸透してきたといえます。
【覚書き|「満足BANK」は、イントラネットを通じて社員同士褒め合う仕組み。褒められた方、褒めた方、両方にポイントがつき、年間上位者は表彰される】