セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)の名言

セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)のプロフィール

セバスチアン・バークハード・スラン(セバスチャン・スラン)。ドイツ人プログラマー、ロボット開発者、起業家。「ユダシティー」創業者、「グーグルX」創設者。ドイツ・ゾーリンゲン出身。ボン大学、ヒルデスハイム大学卒業。グーグルの副総裁・フェローなどを務めた。自動車の自動運転システムなどの人工知能開発に尽力。

セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)の名言 一覧

私は人類をよくするために人工知能と向き合ってきた。


人工知能を研究することは、人を理解するための最良の手段であり、最も建設的な方法である。


人工知能がどんどん賢くなると同時に、人間もどんどん賢くならなければなりません。生涯教育がますます重要となります。


常に最先端に立てるよう、自ら生産性を引き上げてください。今後、進化をし続けない従業員はいらなくなるのですから。


私は自動運転車が「実現可能か」を考えたことはない。技術者が未来を証明する方法は、実際に作ってみせることだ。


最高のメンバーを集め、革新に挑む自由を与え、皆が全力で取り組めば、実現できないケースの方が少ない。


教育や学位取得は人生に1回だけという考えは時代遅れになり、新しいことを素早く学ぶ人が勝つ時代が来る。


本当に全力を注ぎ、学ぶ姿勢を厭わなければ最後には頂上にたどり着ける。


経営者もエンジニアの発想を身に付け、5~10年後に技術が何をもたらすのかを想像できなければ成功できない。


労働者にとって、コンピューターのプログラムを書く能力は母国語を学ぶのと同じくらい重要になった。


米ゼネラル・エレクトリック(GE)のような優れた企業も、過去に何度も自らを「再発明」してきた。


「機械化が進んでも人間の仕事は常に残る」という人もいる。だが、私は楽観主義者ではない。人間が機械の進化に追いつくのは困難で、両者が逆転する「転換点」はいずれ来る。


人間の創造性が全く不要になるわけではない。だが悲しいことに、ハードルは着実に上がる。人間が生産性を保つのに必要な学習の量は増え続ける。


反復的な仕事を人間から人工知能が奪うことは悪いことばかりではありません。今まで人間がやっていたことを人工知能がやれるなら、人件費が浮きます。つまり、人間にとって必要なものがどんどん安くなっていくのです。食料、住宅、輸送・交通、医療などが安くなるため、格差なく多くの人に行き渡ります。そうなってくると、いい生活をするためにたくさんのお金を稼ぐ必要がなくなるわけです。


私は、自ら創設したグーグルの秘密研究プロジェクト「グーグルX」で自動運転車の研究・開発などに長年かかわってきました。かつては「インテリジェント・カーを造る」と言ったら、みんなに笑われたものです。でも私は当初から「車は人より賢くなれる」という強い信念を持っていました。そして今、公道での走行実験も本格化し、それは実証されています。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)の経歴・略歴

セバスチアン・バークハード・スラン(セバスチャン・スラン)。ドイツ人プログラマー、ロボット開発者、起業家。「ユダシティー」創業者、「グーグルX」創設者。ドイツ・ゾーリンゲン出身。ボン大学、ヒルデスハイム大学卒業。グーグルの副総裁・フェローなどを務めた。自動車の自動運転システムなどの人工知能開発に尽力。

他の記事も読んでみる

笹氣健治

他人を信頼するためには、自分のやり方が唯一の方法ではないという現実を思い出してみてください。仕事を頼んだら、その人なりのやり方でうまくやってくれるかもしれません。また、最初は慣れなくても、やっていくうちに仕事のクオリティーも上がってくるかもしれません。このように考えることができたら、あとは相手に対して否定的なことをあれこれ考えずに、試しに頼んでみることです。


柳井正

異業種からの多数の人材を迎えたのも、異質な人材が、安定し保守化した組織を壊すことを期待したから。外から来た人が多すぎると思ったこともありましたが、要するにチームのバランスですね。現場でたたき上げた僕らのような人間も必要ですし、客観的に現場を見て判断を下す人材も必要です。外から来た人に、大きな仕事を任せるのは大胆だと思われるかもしれませんが、うちの活力の源はここにあると考えています。


唐鎌謙二

お客さまにうそをつくのは倫理的にダメ。また、相手をだましている自覚があると、手がける商品・サービスに自信が持てません。それはお客さまにも伝わり、結局、仕事が取れなくなる。


ジェイ・エイブラハム

私にとってのイノベーションとは、お客様の生活や状況に、偉大な利益の増大や改善をもたらし、なおかつ、お客様から感謝され、価値を認めてもらえるということ。


茂木健一郎

楽しみながら取り組んだほうがドーパミンは分泌されやすいので、自分が好きで熱中できるものがいいでしょう。たとえば、私は今コーヒーにハマっていて、よりおいしいコーヒーを求めていろいろな知識を吸収しています。コーヒー豆の種類や淹れ方などを調べていると、次々と「そうだったのか!」という発見が得られる。たとえば世の中には、ジャコウネコの糞から取り出した未消化のコーヒー豆などというものがあり、香りが良くて非常においしい。こうして楽しみながら学んでいくたびに、どんどん脳が強化されていくのです。


カーリー・フィオリーナ

私がベル・システムを選んだ理由の一つは、幹部育成プログラムが整備されていることだった。若手の幹部候補は、あらゆる部署を次々に体験できる。いわゆるアップ・オア・アウト(昇進か、転職か)で、能力を認められれば上へ行けるが、ダメだと判定されれば転職を促される。いいじゃないのと私は思った。いろいろな経験をして成長できる。何が好きなのかわかっていないのだから、たくさんの部門で働けるのは面白い。クビになる可能性は大いにありそうだけれど、貴重な経験だと思えば、それもよし。
【覚書き|ビジネススクール卒業後、ベルシステムに入社を決めた経緯を振り返っての発言】


横山美弥子

若い世代は、コミュニケーション方法も仕事への価値観も、4、50代とは大きく異なります。それに気づかない上司は、そもそも意思疎通や信頼関係のベースができていない可能性が高い。それで部下の変調を読み取れず、ある日突然、会社に来なくなったと慌てるのです。


玉塚元一

競争のステージが変わり、この先はグループ総力戦でないと負ける。


菅井敏之

昨今は銀行も、年収が高いだけではお金を貸してくれません。マネーリテラシーがないと銀行は相手にしてくれない。お金を借りられないとなるとチャンスのときに行動できないし、ピンチのときは一気に窮地に陥ってしまいます。


五十嵐茂樹

コロワイドの強みは多業態戦略です。低・中・高価格3層のブランドで、客単価2千~5千円でお客さまの店舗の使い分けに対応できているのです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

沈黙が金で雄弁が銀なら、私は迷わず銀を選ぶ。


榎本博明

「君はどう思う?」と問いかけ、部下の意見を聞きだしながら、対話形式でアドバイスをするのも有効です。一方的に「こうしろ」と命令するのではなく、ヒントを与えて結論は部下が自分で出すように導くのです。自分の言葉で語った内容は、記憶にしっかり定着しますし、深く理解できます。


泉谷直木

お客様の消費は画一的ではない。二極化、あるいは多極消費になっている。例えば、大阪の南千里のスーパーではネギやキュウリなどの野菜は98円で売っていて、ワイン売り場へ行くと、1万円以上のワインや3000円以上のチーズを売っている。つまり、お金を持っている人でも「日用品」や「必需品」は安く買う。一方で、これはわたしの造語ですが、生活を楽しむための商品という意味での「必潤品」はお金を出してでも買う。これが多極消費で、こうした具合に、見えているものはあるわけです。


前野隆司

「生活満足」は持続時間の短い感情的満足です。家やクルマ、外食などの消費で得ることができますが、次第に飽きてしまうものです。一方、「幸福」とは、「生活満足」だけでなく、長期かつ安定的に心を満たしてくれるものです。友人とのつながり、築き上げた家族、今まで歩んできた人生の歴史に抱く充実感。これらは、「お金では買えないもの」だと言えます。「生活満足度」は他人と比べられるもの、「幸福度」は他人と比べられないもの、という言い方もできるでしょう。


内田圭祐

私は学生の時、国際協力・交流支援団体に所属しており、責任の重さは違いますが、今もその延長線上で仕事しています。当時、ある大学教授にアフリカの難民をテーマに講演をしていただいたことがありました。素晴らしい講演で、終了時に駅までお見送りをした際に私が「何かお返しをさせてください」と言ったところ、先生は「私に返すならアフリカに返してください」と言われました。それ以来、人々が豊かになる方法を模索し続けており、それが起業にもつながっているのです。


ページの先頭へ