名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

セス・ゴーディンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セス・ゴーディンのプロフィール

セス・ゴーディン。アメリカの起業家、講演家、マーケティングコンサルタント。顧客に許可を得て行うパーミッション・マーケティングという手法を広めた人物。タフツ大学卒、スタンフォード・ビジネススクールにてMBA取得。『バイラルマーケティング』『パーミションマーケティング―ブランドからパーミションへ』の著者。

セス・ゴーディンの名言 一覧

義理でアイデアウィルス(口コミ)を広めてくれる人はいない。素晴らしく、思考を刺激し、重要で、利益になって、面白く、恐ろしく、美しいから広めているのだ。今日の「トップ総取り」の世界では、同じことをやっていては勝ち目がない。人を引きつけてやまないものでなければアイデアウィルスには決してならない。


セス・ゴーディンの経歴・略歴

セス・ゴーディン。アメリカの起業家、講演家、マーケティングコンサルタント。顧客に許可を得て行うパーミッション・マーケティングという手法を広めた人物。タフツ大学卒、スタンフォード・ビジネススクールにてMBA取得。『バイラルマーケティング』『パーミションマーケティング―ブランドからパーミションへ』の著者。

他の記事も読んでみる

岩瀬大輔

人間はどこに行ってもそれほど大きく変わりません。日本人は上でも下でもなく皆一緒です。やはり無国籍、コスモポリタンであることがグローバルということではないでしょうか。


内藤忍

リターンの振れ幅を小さくするのが分散投資の役割です。国内株式とは、リスクの種類や値動きが異なる、国内債券、海外の株式・債券などに分散して投資する。これが、資産全体のリスクを軽減し、利回りを安定させる近道となります。


伊藤忠兵衛(二代目)

別に聖人風をふかす要はないが、私にはまったく別の世界であった。父を失ったことと、番頭兼主人なので若いながら責任を感じたのか、英語の勉強と商品の研究に、出張地帯では夜はまったく僧院生活の様式を続け、自然、変り者の扱いをされた。青春というものに時間を見いだせず自発的に遠ざかり、呉服屋らしからぬ生活を続けた。
【覚書き|若いころに夜の付き合いに出なかった理由を聞かれての発言】


ジェイ・エイブラハム

全体は、ひとつひとつの小さな過程の積み重ねで成り立っている。ほんの小さな要因が、ビジネス全体をダメにしてしまう。


出口治明

僕が30歳くらいの時に、商社で第一線を走っていた友人が、お父さんが病気になったので家業を継ぎました。その友人と飲んでいたとき、こう言うのです。「商社にいたときはメチャクチャ楽だった。迷ったときは、上司に投げればいいのだから」と。起業するために必要な能力をひとつだけあげるとしたら、「自分で決めることができるかどうか」でしょう。


松川孝一

私は仕事を約1.5時間のコマととらえてスケジュールを組み立てています。大学の授業は1コマが1.5時間ですし、客先に出向くときも移動が往復で30分、面談が1時間程度なので、1件につき1.5時間と考えて時間を割っていくサイクルが回しやすいのです。


永井一史

僕は自分で興味が持てないものに関してはまったく関心がわかないのです。そのかわり、いったん興味を持ったら徹底的に深くのめり込んでいけるタイプだと思います。当時はアートやデザインに対しての興味・関心はかなり深かったと思います。


最上悠

人は相手を外見で判断します。言い換えれば、外見からなめられるということ。外見だけに頼るのは問題ですが、ビジネスにおいて、とくに交渉の場では、身だしなみに気を付けることが第一条件です。同時に、肩書きと仕事の成果がなければ甘く見られても仕方がないということも心得ておきましょう。


宋文洲

現社長が明らかに間違った決定をしたら、言いますよ。だけど、あくまで役員会で一役員として言います。創業者だから意見に従えではなくて、論理的にデータに基づいて議論をして説得します。逆に相手が正しければそれを認めます。それが企業内統治なんですよ。


佐々木常夫

私は30歳を過ぎた頃から、目下の人でも必ず「さん」付けで呼ぶようにしてきました。新入社員に対してもそうです。若い人でも私より優れたところがある。年を取っていても、私のほうが得意なこともある。それぞれに違う得意分野を持っているわけですから、業務で成果を挙げるには、相手をリスペクトして、強みを引き出してあげないといけない。


大西洋

何よりも守り、育てなければならないのは、「人」と「現場力」。いかに人を育て、現場力を高めるか。経営者として、私はそのために常に模索し、挑戦していきたい。


百田尚樹

若いときは努力するのが嫌いでしたけど、歳をとってからは努力するのは楽しくなりました。若いころって、努力したらすぐ結果が出ないと嫌なんですよ。でも、実際には結果なんてすぐには出ない。そうするとだんだん努力するのがアホらしくなるんですけど、「いや、そうじゃないんや」と思えたのは、30歳を超えてからですかね。