セス・ゴーディンの名言

セス・ゴーディンのプロフィール

セス・ゴーディン。アメリカの起業家、講演家、マーケティングコンサルタント。顧客に許可を得て行うパーミッション・マーケティングという手法を広めた人物。タフツ大学卒、スタンフォード・ビジネススクールにてMBA取得。『バイラルマーケティング』『パーミションマーケティング―ブランドからパーミションへ』の著者。

セス・ゴーディンの名言 一覧

義理でアイデアウィルス(口コミ)を広めてくれる人はいない。素晴らしく、思考を刺激し、重要で、利益になって、面白く、恐ろしく、美しいから広めているのだ。今日の「トップ総取り」の世界では、同じことをやっていては勝ち目がない。人を引きつけてやまないものでなければアイデアウィルスには決してならない。


セス・ゴーディンの経歴・略歴

セス・ゴーディン。アメリカの起業家、講演家、マーケティングコンサルタント。顧客に許可を得て行うパーミッション・マーケティングという手法を広めた人物。タフツ大学卒、スタンフォード・ビジネススクールにてMBA取得。『バイラルマーケティング』『パーミションマーケティング―ブランドからパーミションへ』の著者。

他の記事も読んでみる


桜田厚(櫻田厚)

モスバーガーは手間がかかるからおいしいのだと考えて、面倒なことを面倒くさがらずにやってきた。


岡聡(コンサルタント)

特に大企業では分業化が進んでおり、社員は歯車のひとつ。受け身でも仕事は回ってくる。自分で考えなくても済むことが多いにもかかわらず、本人は「仕事をしている」感があるでしょう。一方、最終責任者である自営業者や経営者には「すべて自分の頭で考え判断する力」が求められます。


笹氣健治

必要以上に仕事を抱え込むことは自分のためにはなりませんし、周りのためにもなりません。仕事が時間内に終わらないばかりか、過剰な負担を背負い込むことで、「なんで自分ばかりこんなに仕事が多いのだろう」とストレスが溜まってしまいます。無理がたたって身体を壊してしまえば、それこそ周囲に迷惑をかけることになります。各人が仕事量を適度に調整して、組織として効率よく仕事を進めていくためにも、頼むべきときには頼み、断るべきときには断ることが大切なのです。


中田誠司

社長に就任してすぐにリテール(個人向け)営業体制の改革に着手しました。それまでは本社が毎月販売すべき商品と目標を決めて支店に伝えていましたが、どの商品をいくら販売するかは各支店に決めてもらうというプロセスに変えたのです。収支などについては支店に目標を課しますが、どう達成するかは自律的に判断してもらう。それまでと正反対のやり方です。本部からすると、以前のやり方のほうが管理しやすかったのは事実です。このようなパラダイムシフトを伴う改革は、トップが決断して責任を引き受けるという覚悟がなくてはできません。急な経済環境の変化に現場が柔軟に対応することができるようになり、顧客ニーズに合った提案がしやすくなったと手応えを感じています。


茂木健一郎

風を受けて育つ木は強くなる。そう信じて、世間の風圧を楽しむくらいがいい。


野坂英吾

急成長している経営者と可能な限り接するようにしています。スピード感のある企業家と話すことで、自分の潜在的に持っているスピード感の限界まで引き上げられる効果があるように思います。


宮坂学

爆速経営は僕個人の力だけでは実現できない。仲間たちを信頼すること。社員の力を信じること。チームに任せられるから、経営のスピードを上げられるんだ。


ページの先頭へ