名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

セザール・リッツの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セザール・リッツのプロフィール

セザール・リッツ。スイスの経営者。「リッツ・ホテル」創業者。スイス・ヴァリス州出身。靴磨き、売春宿のドアマン、レストランのウェイターなどを転々とした後、モンテカルロのグランドホテル支配人になる。その後リッツ・ホテルを設立。ホテル業で成功し、「ホテル王」と呼ばれた。

セザール・リッツの名言 一覧

顧客に求められたら決してNOと言ってはいけない。相手が月を欲しがったとしてもだ。


セザール・リッツの経歴・略歴

セザール・リッツ。スイスの経営者。「リッツ・ホテル」創業者。スイス・ヴァリス州出身。靴磨き、売春宿のドアマン、レストランのウェイターなどを転々とした後、モンテカルロのグランドホテル支配人になる。その後リッツ・ホテルを設立。ホテル業で成功し、「ホテル王」と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

大須賀正孝

物流業は典型的な労働集約型産業です。トラックの性能に差があるわけではありませんからね。社員一人ひとりの力が会社の力、会長も社長も正社員もパートもありません。経営者だからといって偉そうなことは言ってはいけない。会社はみんなのもの。言ってみれば、全員が経営者です。


林文子

お客様を買う気にさせるには、営業マンの人柄に惚れさせることですね。クルマにかぎらず、どんな商品でも、「営業マンが気に入ったから」「この人なら信頼できそうだから」というように、人間関係で売れることが圧倒的に多いんですよ。光れない営業マンほど、このことを意識していないですね。


ジョージ・イーストマン

不良品の対策を終えたあと、会社には1ドルも残っていなかった。しかし、それよりもはるかに大切なものが残った。それは世間の評判だ。
【覚え書き|創業当時に大量の不良品を無料交換したことを振り返っての発言】


津田秀樹

「家族だから理解し合っている」という思い込みも禁物です。こんな心理実験があります。ある特定の場面を想定し、「このとき、家族はどのように行動し発言すると思いますか?」という問いかけをすると、ほとんどの人が的確に相手の行動を予想できました。しかし、それに続く「なぜそのような行動を取るのでしょうか?」という問いには、半分以上の人が正解できなかったのです。多くの人は、家族の言動が予想できるから「わかったつもり」になっているのですが、実はこれはつきあいが長く、一緒にいる時間が長いために予測しやすいだけのこと。本当に相手の内面までわかっているわけではないのです。


加谷珪一

これから収入を増やしたいと思っているなら、コストが高くても通勤時間のかからない所に住み、その時間を勉強に充てたほうがいい。


中村文則

いまの世の中がちょっとおかしいと思ったら、自分の心の中でかすかでも抵抗できればいい。そうした一人一人の抵抗が積み重なっていけば、世の中はより良い方向に変われると思う。


竹中平蔵

政治もビジネスも同じで、本人の資質はもちろんですが、その資質をさらに伸ばすためのエリート教育は非常に大切です。日本はそういう面が弱くて、金太郎飴のような均質な人材を生み出しがちですから、早急に改めないといけません。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

リーダーの船出には向かい風がつきもの。組織の中で新しい事を試みようとする人が周りから叩かれるのは良くある話だ。とくに経営も順調な組織ではあなたが想いを語って動き出そうとしても余計なことをするなと必ず反発されることだろう。そんな場合は想いを引っ込めて機会をうかがうべきだろうか?いやそれは断じて違う。どんな組織でも、あなたがリーダーであるなら「いつでも変革の波を起こしていく」という気概を持ってほしい(藤巻幸夫、ふじまきゆきお、複数の企業のアパレルのバイヤーを歴任しブランドを立ち上げる)


塚越寛

一人の人間の人生において、たとえ小さくても周りの人を幸せにすることができて、感謝され、人に迷惑をかけず、さらに自分の好きなことを楽しむことができれば、その人は十分に成功したと言えるのではないでしょうか。


平井伯昌

私は日々できるだけ選手に話しかけ、たわいもない雑談から得られる言動や態度から、選手の性格や特徴を知ろうとしています。特に海外合宿などに行くと、四六時中一緒にいますから、注意深く見れば、普段では見えない精神力の強さや弱さ、本音なども見えてくる。大事な場面での選手のメンタルを支える貴重な情報になります。


稲盛和夫

いま、私に一軒の飲食店を任せてもらえば、何人かの人を雇って見事な店をつくってみせます。それは、ラーメン屋でも、おでん屋でも同じ。売上を増やし、コストを抑えるための創意工夫は、どの商売にも通じるからです。


松村誠一(経営者)

トップは登用した人材がその役割で力を発揮できなかった場合は、責任の6割は自分にあると考え厳粛に受け止めなくてはなりません。経営者も万能ではありませんが、経営者一人では経営はできないということを常に忘れてはならないと思います。