名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

セザール・リッツの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セザール・リッツのプロフィール

セザール・リッツ。スイスの経営者。「リッツ・ホテル」創業者。スイス・ヴァリス州出身。靴磨き、売春宿のドアマン、レストランのウェイターなどを転々とした後、モンテカルロのグランドホテル支配人になる。その後リッツ・ホテルを設立。ホテル業で成功し、「ホテル王」と呼ばれた。

セザール・リッツの名言 一覧

顧客に求められたら決してNOと言ってはいけない。相手が月を欲しがったとしてもだ。


セザール・リッツの経歴・略歴

セザール・リッツ。スイスの経営者。「リッツ・ホテル」創業者。スイス・ヴァリス州出身。靴磨き、売春宿のドアマン、レストランのウェイターなどを転々とした後、モンテカルロのグランドホテル支配人になる。その後リッツ・ホテルを設立。ホテル業で成功し、「ホテル王」と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

渡文明

未曾有の事態に対処するには、現状打破に挑戦していくことが大事。


藤田晋

変化後の結果をすぐに求めてはいけません。短期的な視点でビジネスを捉えると、変化は怖くてできなくなります。「高い目標を達するために、短期的な犠牲は問わない」といった考え方をするようにしましょう。


ドナルド・トランプ

よく働いていれば新しいアイデアが引き寄せられてくる。反対に、怠け心と無気力さはネガティブな考えを引き寄せる。


ロバート・キャプラン

経営戦略と業務改善を連携させるときには、どの分野の業務改善が戦略遂行上、大きな効果につながるか優先順位を決めるプロセスが必要です。


岩崎裕美子

日本では長い時間働いている人が評価されがちですよね。私もたまたま残業している人を見ると「昨日は遅くまでよく頑張ったね」と、口を滑らせそうになります。そのたびに「ここで褒めちゃダメ」と気を引き締めるのです。気を緩めれば、すぐに残業で売上高を上げようという甘い誘惑に負けてしまいますから。


山久瀬洋二

異文化が入り混じるグローバルな仕事では、「コミュニケーション=柔軟性」がカギを握る。


山田義仁

営業部門は生産部門に比べ保守的になりやすい。生産部門は日々改善活動に取り組んでいるので積極的に新しいことを取り入れようとするが、営業は過去のやり方を守ろうとする。


竹内規彦

仕事の意味を十分に理解し、自分なりのやりがいをみつけられている人ほど、評価も高くなりやすい。


井上礼之

大きなものを背負えば背負うほど、決断力は鈍るものです。そこに、わずかでもネガティブな情報や意見が並びはじめると、さらに決断に迷いが生まれてきます。そこで、自分の決断に確信を得るために、他の人の意見に耳を傾けることになるかと思いますが、これがまた決断を鈍らせることになります。私が決断の基準にしてきたのは、「六分四分の理」。どちらにも理があり、どちらとも正しいことのほうが多いものです。それでも一方に六分の理があれば実行に移し、必要であれば戦略を軌道修正するという考え方です。


森川亮

目標は高ければ高いほどいい。高い目標を目指して頑張れば、仮に目標まで到達しなかったとしても、低い目標を立てた場合よりは高い地点まで行ける可能性がある。同時に、それが達成できると思えるような具体的なプランを作ることが必須。


日野原重明

戦後60年近くが経ち、企業や経済のシステムにも老いが目立ってきました。予算がない、人材がいない、経済が悪い、政府が悪いなどと不満を並べていても何も変わりません。いまある資源でなんとか突破口を見出すしかありません。ビジネスのために人間があるのではなく、人間が人間らしく生きるためにビジネスがある。こんな時代にこそ原点に戻って再出発することが必要でしょう。環境の変化に老練な知恵で適応する生き方上手な企業の登場に期待したいと思います。


久野康成

昇給とは、ある意味「承認」です。つまり、昇給させたことで、社員の今までの行動を経営者が同意し、承認してしまったのです。経営者と社員との間で期待のギャップがあるほど、経営者は苛立ちを覚えます。その結果、社員との関係がギクシャクしてしまうことも起きます。時には、昇給させたが故に、大切な社員を失うことにもなるのです。私もこのような過ちを犯してきました。