セザール・リッツの名言

セザール・リッツのプロフィール

セザール・リッツ。スイスの経営者。「リッツ・ホテル」創業者。スイス・ヴァリス州出身。靴磨き、売春宿のドアマン、レストランのウェイターなどを転々とした後、モンテカルロのグランドホテル支配人になる。その後リッツ・ホテルを設立。ホテル業で成功し、「ホテル王」と呼ばれた。

セザール・リッツの名言 一覧

顧客に求められたら決してNOと言ってはいけない。相手が月を欲しがったとしてもだ。


セザール・リッツの経歴・略歴

セザール・リッツ。スイスの経営者。「リッツ・ホテル」創業者。スイス・ヴァリス州出身。靴磨き、売春宿のドアマン、レストランのウェイターなどを転々とした後、モンテカルロのグランドホテル支配人になる。その後リッツ・ホテルを設立。ホテル業で成功し、「ホテル王」と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

会議で話し合っていては、他社の売れ筋商品をマネたような、無難な名前にしかなりません。いくら画期的な商品を開発しても、ネーミングがありきたりであれば、斬新さは伝わりません。ネーミングは鋭い感性を持つ人に独断で決めさせるべきです。


寺門ジモン

敗戦処理だとしても、その日いかに全力を出し切れるかってことを続けてきたのは、「その番組が成功すること=僕らの成功」だから。ビジネスマンと同じです。会社の成長、プロジェクトの成功を目指して、頑張る。自分の収入のためだけじゃなくて、番組のことだけ考えてずっとやり続けていく間に、ダチョウ倶楽部の芸風ができあがっていったんだと思う。


佐藤孝幸

時間を損切りできず、チャンスを逃してしまう人が少なくありません。株式投資では、保有株の株価が下がったときに損を承知で確定させるのはもったいない気がしますが、そこが落とし穴です。下がり続ける株に固執するより、見切りをつけて他の有望株に資金を移したほうが、トータルで儲かる可能性は高くなります。これは時間も同じです。


立石剛

次のビジネスにつながる貴重な情報やヒントは、異業種から得られることが多いもの。社外の異業種の人脈は、余計なしがらみがないため、貴重な情報も案外ポロッと漏らしてくれる。


岸本正壽

人事を堤に例える考え方があります。山の湧水をためておき、田植えのときに開け放って水を流す。あの堤です。かけがえのない水も、あまり長くとどめておくと藻が生え腐ってしまう。だから人事は停滞させることなく、流していかないといけない。メーカーの場合、それには何よりも新製品、新事業を立ち上げることが重要です。


戸塚隆将

結果を出す一流人は、誰でもできそうなことを誰よりも徹底的にやっている。一流人も私たちと同じ人間であり、結果を出すためには「準備することが大事」といった仕事の「基本」を徹底している。それに気づくだけでも、私たちが「結果につながる愚直な準備」を実践するための、後押しになる。


佐藤洋治

研修のインストラクターは社員の中から選抜で指名して、どんどんやらせています。インストラクターをやると、その人にとってはとても勉強になるのです。


辻慎吾

複数の企画書からベターなものを選ぶことは誰にでもできます。しかし求められることは「こういうものをつくりたい」という強い思いと明確なイメージをもとに、あらゆる分野のプロを活かし、束ね、新たな道を切り開いていくことです。


朝長哲

取引の開始後も取引先をチェックすることに細心の注意を払っています。一例をあげると、品質管理に関する費用はあらかじめ商品原価の中に織り込んで予算化し、コスト削減の名目でチェックが疎かにならない体制を整えています。


スティーブ・ジョブズ

将来を見据えて点と点をつなぐことはできない。できるのは後からつなぐだけ。だから、いつか点がつながることを信じなければならない。


菊地唯夫

1997年以降、外食産業の市場規模は2割縮小したが、ファミリーレストランはそれを大幅に上回る5割も減少した。料理やサービスなどで出すべきコンテンツをきちんと出せるようにしておけば、ここまで落ち込むことはなかっただろう。回転寿司や焼き肉などの専門店に押され、「ファミレスは終わった」という指摘を真に受け、きちんと投資をしてこなかったことが要因だ。


和田裕美

目先のことばかりにとらわれず、長い目でものごとを見るようにすれば、相手の立場になって意見も言えるし、結果にもつながると思います。


佐々木常夫

人間としての基本的なことが出来れば立派な営業マンになれる。それが私自身も現場で実感した営業の極意です。


櫻井秀勲

ビジネスマンは「ホウレンソウ」、上司への報告・連絡・相談を欠かしてはならないといわれます。たしかに、現在手掛けている仕事について「報告」や「連絡」は毎日でもすべきです。しかし、「相談」だけは事情が異なります。いちいち相談をさせるということは、何をするにも上司の命令や確認が必要だということです。指示を徹底させれば、上司の思い通りに事を運ぶことはできるでしょうが。反面、部下は言われたことしかやらなくなります。結果、自分で考えるという一番大切な習慣を放棄することにつながり、指示待ち人間を量産することになります。


益子修

計画が達成できたからといって、これで再生が実現したと勘違いしてはいけません。まだまだ再生途上。ここで立ち止まらず力を継続して、2年目、3年目、そして次の事業計画をやり遂げなければなりません。


ページの先頭へ