名言DB

9429 人 / 110879 名言

セオドア・レビットの名言

twitter Facebook はてブ

セオドア・レビットのプロフィール

セオドア・レビット。アメリカのマーケティング学者。「ハーバード・ビジネス・スクール」名誉教授。ドイツ出身。オハイオ州立大学で経済学博士号を取得。ハーバード・ビジネス・スクール教授、『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集長などを務めた。「近視眼的マーケティング」の概念を提唱。

セオドア・レビットの名言 一覧

ヴァンダービルト(アメリカの鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルト)は、自社の事業を「鉄道事業」ではなく、「輸送事業」と考えるべきであった。そうしていれば顧客の要求の変化に気づき、自動車やトラック、航空機の台頭によってこれほどひどい打撃を受けることはなかったかもしれない。顧客のニーズを満たすことは、提供している製品そのものに集中するよりも継続的成功への近道なのだ。


セオドア・レビットの経歴・略歴

セオドア・レビット。アメリカのマーケティング学者。「ハーバード・ビジネス・スクール」名誉教授。ドイツ出身。オハイオ州立大学で経済学博士号を取得。ハーバード・ビジネス・スクール教授、『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集長などを務めた。「近視眼的マーケティング」の概念を提唱。

他の記事も読んでみる

吉田たかよし

様々な実験などから、高ストレス下において、人はより完璧主義者になることがわかっています。たとえば強いストレスを受ける試験前の受験生などが、出題されそうもない分野まで覚えないと不安に陥ってしまうケースがあります。仕事の場合もストレスにより完璧主義に陥ると、ムダな仕事、些末なことと頭でわかっていても、どうしてもこだわってしまい、削ることができなくなってしまうのです。


荒蒔康一郎

私が社長に就任した年は、ビール市場においてキリンがアサヒさんに逆転されてしまった年です。そんな逆風下だったからこそ、ビール以外の分野を渡り歩いてきた私に、会社はゼロからの発想を期待したといえます。


鍵山秀三郎

経営者が方針を誤れば社風は一変し、悲劇が起こりうる。


鵜浦博夫

次世代に宿題を残さないように。
【覚書き|NTTグループ各社のトップに語った言葉】


山口周

スライドをつくるときは伝えたいメッセージにフォーカスを当てることは非常に重要です。


相澤賢二

セールスでテクニックは不要です。セールストークというのは表面的な技術論ではありません。


出口治明

いまの自分が一番若い。迷っているとその分だけ歳をとって元気がなくなる。挑戦するなら早ければ早いほどいい。


徳岡晃一郎

かつては、技術的によいものさえつくれば売れた、日本が得意とする「モノづくり」の時代がありました。その後、モノが余るようになると、モノを使うことによって得られる経験価値の共有が競争力の源泉となり、「コトづくり」の時代に変わりました。そして現在は、社会に対してイノベーションを起こすために、既存のルールをつくり替える「ワクづくり」の時代になったと言えます。モノやコトだけでなく、それらを取り巻く枠組みを考えることが、ビジネスの勝敗を左右するのです。


伊藤謙介

日本はそんなに弱い国ではありません。日本人は、昔から強い精神力を持っています。「ものづくり」にしても、日本にはよい伝統があります。DNAとして我々の身体の中に宿っているはずなのです。ですから我々はもっと明るく、元気でいなければいけません。


田坂広志

読書においては、「縁あって、この本に巡り合ったのだから、何かひとつ学ばせていただこう」という謙虚な気持ちを大切にするべきでしょう。読書とは、読む力さえあれば、ときに著者の知恵を超えたものをつかみ取ることもできる、素晴らしい営みだからです。