名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

セオドア・レビットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セオドア・レビットのプロフィール

セオドア・レビット。アメリカのマーケティング学者。「ハーバード・ビジネス・スクール」名誉教授。ドイツ出身。オハイオ州立大学で経済学博士号を取得。ハーバード・ビジネス・スクール教授、『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集長などを務めた。「近視眼的マーケティング」の概念を提唱。

セオドア・レビットの名言 一覧

ヴァンダービルト(アメリカの鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルト)は、自社の事業を「鉄道事業」ではなく、「輸送事業」と考えるべきであった。そうしていれば顧客の要求の変化に気づき、自動車やトラック、航空機の台頭によってこれほどひどい打撃を受けることはなかったかもしれない。顧客のニーズを満たすことは、提供している製品そのものに集中するよりも継続的成功への近道なのだ。


セオドア・レビットの経歴・略歴

セオドア・レビット。アメリカのマーケティング学者。「ハーバード・ビジネス・スクール」名誉教授。ドイツ出身。オハイオ州立大学で経済学博士号を取得。ハーバード・ビジネス・スクール教授、『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集長などを務めた。「近視眼的マーケティング」の概念を提唱。

他の記事も読んでみる

鈴木真理子(人材コンサルタント)

残念なビジネスメールの筆頭は、タイトルを読んだだけでは内容がわからないメールです。受信者はタイトルと発信者の名前を見て、読むべきメールを選んでいます。つまり、読んでもらうためにはタイトルだけで内容がある程度伝わる工夫が必要です。


小倉広

任せた相手のプラスの行動に注目し、それに反応することが非常に重要。任せた仕事の進捗報告のメールが来たら、即座に「ありがとう」「速いね!」などと返信することで、相手はより速く、より良い仕事をしてくれるようになります。ポイントは、すぐに反応すること。3日後に褒められるより、ほんのひと言でもすぐに反応が返ってくるほうが何倍も嬉しいからです。


佐々木かをり

いまから考えれば、もっと無駄を省き、効率よく会社を成長させることができたとは思います。でも、あまり勉強して準備に時間をかけるのも、私はどうかと思うんです。会社をうまく楽しく成長させていくポイントは、経営者が誰よりも強く情熱的にやり遂げたいことに取り組めるかどうか。これに尽きると思うんです。


鬼塚喜八郎

ヒントは釈迦の教えから得た。インドには三億人の民がいる。うち一億が私の教えに共鳴してくれたら立派な国になると説いたという。なるほど三分の一か。三割がしっかりしていれば、どんなに悪い者がいても残りの三、四割はついてくる。この考えを実践しよう。私は全株式の三割を持つだけにし、残りはすべて社員に分けよう。


池上彰

現代のビジネスパーソンはあまり本を読まない。ならば、むしろ本を読むだけで差別化できるのではないか。考えようによっては、楽な時代になった。


水野敦之(経営者)

会長(水野泰三 創業者)は既存事業が失速する前に、ゴルフ用品販売、スポーツ総合店と業容を広げ、先手を打ってきました。従業員は会長の指示を聞いているだけで成長できました。しかし今は違う。「もう上(会長)から指示は下りてこない。自分たちで何でも考えよう」と従業員に言い聞かせています。


依田宣夫

家庭の機能を十分に発揮できるようにするには、夫と妻が家庭を共同経営するパートナーとして、ともに知恵を絞らなければならない。右肩上がりに収入が増え続けるという神話は崩れ去った。ビジネスで学んだ知恵を生かすという意味では、夫の役割が増大している。


大山健太郎

従業員を育てるうえで最も重要視しているのが、コミュニケーション能力です。自分が何をしたくて、何を求めているのか。それをきちんと自分の言葉で述べられなければ、何もカタチになっていきません。コミュニケーション教育としては、毎朝の朝礼で「1分間スピーチ」を実施しています。職場において、持ち回りで1人が自分の考えを1分間で話すのです。業務の報告ではありません。テーマは時事ネタに関する考えでも、自分の夢でも構いません。


上田準二

社員からのメールもバンバン来ます。タイトルを見て、大事なメールは早めに返事をします。それ以外は、一時間ほどの空き時間ができたときに、秘書室に言って、社長室のドアをクローズして返事を書きます。日曜日にも書きます。ある時間に集中してやる方が、次の案件に頭を切り替えやすいからです。


首藤由憲

我々は自分たちがやっていることを無意識に正当化しようとする傾向があります。しかし、評価をするのはお金を出すお客様だけであり、お客様が一流の評価者だと気づかなければなりません。


藤本秀朗

経営者には胆力が絶対に必要だ。


柳橋仁機

もはや分野にかかわらず、画一的なトップダウンの経営手法には限界が見え始めている。マネジメント層も、従来の人材管理のあり方を見直さねばならない時代が到来している。