名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

セオドア・レビットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セオドア・レビットのプロフィール

セオドア・レビット。アメリカのマーケティング学者。「ハーバード・ビジネス・スクール」名誉教授。ドイツ出身。オハイオ州立大学で経済学博士号を取得。ハーバード・ビジネス・スクール教授、『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集長などを務めた。「近視眼的マーケティング」の概念を提唱。

セオドア・レビットの名言 一覧

ヴァンダービルト(アメリカの鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルト)は、自社の事業を「鉄道事業」ではなく、「輸送事業」と考えるべきであった。そうしていれば顧客の要求の変化に気づき、自動車やトラック、航空機の台頭によってこれほどひどい打撃を受けることはなかったかもしれない。顧客のニーズを満たすことは、提供している製品そのものに集中するよりも継続的成功への近道なのだ。


セオドア・レビットの経歴・略歴

セオドア・レビット。アメリカのマーケティング学者。「ハーバード・ビジネス・スクール」名誉教授。ドイツ出身。オハイオ州立大学で経済学博士号を取得。ハーバード・ビジネス・スクール教授、『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集長などを務めた。「近視眼的マーケティング」の概念を提唱。

他の記事も読んでみる

森雅彦

世界中のお客様と長くて良い関係を続けてゆくために必要な人材を一言でいえば、「気持ちのいい人」です。お客様が工作機械を欲しいと思ったときに最初に思い出してもらえる会社になろうと社内で言っています。目指すはグローバルワン。これまで、そんな夢を実現したいという人材を集めてきたつもるです。そして、今後も集めていきたいと思っています。


スティーブ・ジョブズ

iPadのような製品をアップルが作れるのは、テクノロジーとリベラルアーツの交差点に立ちたいといつも考えているからだ。


下村朱美

日本人には、元来、お客様をもてなしたいという気持ちがあると思います。花を生けてお客様を迎える、美しさを尊ぶ日本料理、美しく装うことなど、もてなしと気遣いと美はいつも一緒に表現されるものです。


マイケル・デル

個人にとっても組織にとっても、向上や改善に決して終わりはない。これこそが当社の勝利の文化である。自分が成功することが会社の成功をもたらすのであり、その逆ではない。うちの会社には下手な言い訳をする社員はいない。


江幡哲也

仮説や事例が有効なのは、電話でアポイントをもらうときも同じです。「A社さんでもこのサービスを導入していただいた結果、こういう課題を快解決につながりましたので、ぜひ御社にもご紹介させてください」というメリットを提示すれば、ほとんど断られることはありません。


宮崎富夫(宮﨑富夫)

IT化は、PDCAサイクルを高速化することも狙いの一つでした。その日の売り上げや人件費が瞬時にわかれば、「残業が多くなってきたから今日は早めに上がってね」などといった的確な労務管理が可能になります。


高岡本州

モノがいいのに売れない理由はマーケティング・売り方が悪いだけ。だから、売り方さえ変えればいける。


泉谷閑示

芸術や文化に触れ、美しさや奥深さを感じることは自己表現を磨く機会になります。生きる意味に悩む若者に文学や芸術の話をすると、「そんな面白いものがあるのですか」と興味を示すことがよくあります。本物の芸術や文化に接することは、生きる意味を見いだすことにつながるのです。


角田秋生

公文式は個人別指導という点が、支持される理由として大きいと思います。例えば目の前に小学3年生の子がいたとします。普通は、3年生だからこの内容といった考え方をしますよね。しかし、同じ小学3年生でも学力には大きな個人差があります。公文式の場合は、「その子が持っている学力がどうか」からスタートします。インストラクターを通じて、その子に最適な課題を与えます。私たちはそれを「ちょうど」と言っています。ちょうどの課題が与えられれば、子供はできる。そして、できたという自己肯定感が自信になり、学習意欲が出て、もう少しやってみようとなります。これは日本も海外も基本的に同じです。ここに、あまり躊躇せずに海外展開できる理由のひとつがあります。


小松永門

いま日本から生産基地がどんどんなくなっています。これで本当にいいのだろうか。私は大きな危機感を持っています。
【覚書き|日本国内に工場を集約し、設計からアフターサービスまで行っている理由について語った言葉】


品川正治

経済人として私が最も反省するのは、社会の価値観を経済一本にあまり単線化してしまったことです。たとえば教育の現状を憂える人は、「このままでは人材の質が劣化する」と言います。まるで教育とは、企業の競争力に奉仕することだけを目的とするかのごとくです。そうではない。教育は良き市民を作るためにこそあるものでしょう。


原田泳幸

どうやって独自性のある価値を作っていくか。これがサービス産業の普遍的な競争になる。