セオドア・レビットの名言

セオドア・レビットのプロフィール

セオドア・レビット。アメリカのマーケティング学者。「ハーバード・ビジネス・スクール」名誉教授。ドイツ出身。オハイオ州立大学で経済学博士号を取得。ハーバード・ビジネス・スクール教授、『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集長などを務めた。「近視眼的マーケティング」の概念を提唱。

セオドア・レビットの名言 一覧

1 / 11

ヴァンダービルト(アメリカの鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルト)は、自社の事業を「鉄道事業」ではなく、「輸送事業」と考えるべきであった。そうしていれば顧客の要求の変化に気づき、自動車やトラック、航空機の台頭によってこれほどひどい打撃を受けることはなかったかもしれない。顧客のニーズを満たすことは、提供している製品そのものに集中するよりも継続的成功への近道なのだ。


セオドア・レビットの経歴・略歴

セオドア・レビット。アメリカのマーケティング学者。「ハーバード・ビジネス・スクール」名誉教授。ドイツ出身。オハイオ州立大学で経済学博士号を取得。ハーバード・ビジネス・スクール教授、『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集長などを務めた。「近視眼的マーケティング」の概念を提唱。

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ