名言DB

9412 人 / 110637 名言

セオドア・ルーズベルトの名言

twitter Facebook はてブ

セオドア・ルーズベルトのプロフィール

セオドア・ルーズベルト。米国第26代大統領。政治家、軍人、作家、探検家。ハーバード大学卒。クマのぬいぐるみテディベアの名前の由来になった人物。テディはルーズベルト大統領の通称。強引で強硬な外交政策が棍棒外交と評された。

セオドア・ルーズベルトの名言 一覧

「確かに出来る」と答えなさい。それから急いで、どうすればいいかを探しなさい。


失敗するのはつらいが、成功を試みたことがない方がもっとひどい。


批判するだけの人間に価値はない。


閉じた口にはセミは飛びこまない。このフィリピンのことわざには、いつも感心させられる。


最も優れた管理者とは、計画遂行にふさわしい人材を選び出す見識と、彼らのやることに干渉しない自制力を備えた人間である。


栄誉とは実際に闘技場にいた人々のものである。価値ある人とは批評家ではない。強い者がいかにつまずいたか、あるいはもっとうまくできたかを指摘する者でもない。


真に賞賛しなければならないのは、泥と汗と血で顔を汚し、実際に現場に立つ者です。勇敢に努力する者であり、努力の結果としての過ちや、至らなさをも持ち合わせた者です。


その顔は汗や埃や血で汚れているだろう。何度も過ちをおかし、力も及ばないだろう。だが勇敢に戦うだろう。素晴らしい熱意を持ち、献身し、価値ある目的に全力を尽くすだろう。彼らはたとえ失敗しても、素晴らしい成果を生む。勝利も敗北も知らぬ、冷たく臆病な人々には到達し得ない場所なのだ。


セオドア・ルーズベルトの経歴・略歴

セオドア・ルーズベルト。米国第26代大統領。政治家、軍人、作家、探検家。ハーバード大学卒。クマのぬいぐるみテディベアの名前の由来になった人物。テディはルーズベルト大統領の通称。強引で強硬な外交政策が棍棒外交と評された。

他の記事も読んでみる

八木洋介

社長の仕事はビジョンを掲げ、それを実現することだ。


押味至一

現場の人たちには、「アイデアが浮かんだら、思い切ってやってみろ」と言っています。多少お金がかっても、思ったことはどんどんやってほしい。それをやることが仕事をする楽しみにもなるし、職人の新しい技能にもつながる。


ムーギー・キム(金武貴)

リーダーである前に、ビジネスパーソンとして仕事へのパッションを持つことも成功の秘訣です。どの国のベンチャーキャピタリストと話していても、投資をするかどうかの最後の判断基準は「パッションが感じられるかどうかだ」と言います。実際にビジネスを始めると、当初のビジネスモデルや市場環境はどんどん変化していきます。そんな中でお金や権力欲、社会的な成功が目当ての人は、ちょっと想定外の苦難に直面すると、すぐに諦めてしまうものです。一方、「どうしてもこの仕事を成し遂げなくてはいけない」というパッションを持っている人は最後までそれをやり遂げようとします。


伊藤隆行

普段から「面白いことはないかな」「あれは何だろうか」と意識を活発にしておくことが、着眼点を磨く近道だと思います。とくに意識を向けたいのが、嫌いな人・相性が悪いと感じる人の言動。そういう人は往々にして、自分にないものを持っているもの。ですから、上手に交流すれば、自分が持っていないアイデアや着眼点が得られるのです。


数土文夫(數土文夫)

川崎製鉄とNKKの統合発表直後は社員や社外OBが「NKKに絶対に負けないように統合してください」と訴えに訪れたものですが、新会社をつくる傍から何の勝ち負けでしょうか。そんな拙い話はありません。合併という事態に直面した場合は、決して旧来の手法や技術に拘泥すべきではありません。管理職、社員にかかわらず、自分は新たに誕生する会社に再就職するのだと、そして新会社の収益と価値創造に自分はいかに貢献できるかを考えるべきでしょう。


松井忠三

弊社は今、海外事業が好調です。それは海外事業部の専務がものすごく頑張っているからです。かつて西武百貨店や西友、パルコはアジア進出に失敗しましたが、彼はその後始末をやってきた男です。そのときの経験が今、弊社の世界展開に役立っているようで、非常に頼もしい。


久田孝

企業体質を転換するには、経営の方法を変えるだけでは駄目だ。可能性のある新事業に挑戦してこそ、新しい企業の風土が生まれる。


菅原洋平

「なんとなく落ち着かない」「些細なことで動揺する」といった状態も、セロトニン不足によって生じる睡眠不足のサインです。セロトニンは、脳を緩やかに覚醒させつつ、急な刺激に驚かないよう調整する物質です。セロトニンが不足すると、前述のように気分が不安定になりますが、一方でセロトニンはリズムのある運動で分泌される特徴があるため、「うろうろ歩き回る」「ボールペンをカチカチ鳴らす」「貧乏ゆすりをする」などの律動的な運動も生じてきます。これらは脳の覚醒レベルが下がっていることを示す生理現象です。生理学的な問題を心理学的な問題にすり替えるのではなく、脳という内臓の問題として、生理学的に解決していく必要があります。


平野敦士カール

大規模な異業種交流会で名刺交換をしただけでは、関係を深めることは難しい。相手の考えを深く聞いてみたいと感じたら、躊躇なく会う。「ランチをご一緒しませんか?」とダメもとで誘ってみる。私はそう心がけています。


前川孝雄

悩みを上司と共有できると、チームとしての連帯感が生まれます。また、上司も上層部からのプレッシャーで苦しんでいて、本音を打ち明ける相手が欲しいのかもしれません。本音を打ち明けられる相手が見つかると、うれしく思うはずです。とはいえ、本音を知り、良好な関係を築くには、時間がかかります。地道なアクションを続けましょう。


野口敏(話し方)

日ごろからいい気持ちを笑顔で伝える習慣を持つことで、やがて自然な笑顔がつくれるようになります。たとえば、同僚から何かをしてもらったら「ありがとう」とちゃんと相手のことを見てお礼を言ったり、レストランの食事がよかったら、ウェイターさんに「美味しかったですよ」と伝えたりするといったことです。


鈴木喬(経営者)

民主主義には意思決定に時間力掛かるという弊害もあります。やたらと会議が多くて、なかなか結論に至らないという経験があるでしょう。企業には本来そんなことをしている余裕はないはずです。市場という戦場で、ライバルと戦争しているのが民間企業です。常に戦時下なのに、社内の合意形成に時間を空費していては、あっという間にライバルにしてやられてしまいます。


小川賢太郎

人が育つ土壌は会社が準備をする。文化や空気というものは会社の責任になりますが、みんなが自動的に育つのかというと、そうではありません。やはりトップから始まって社員が自ら勉強していくことが大切だと思います。


公文公

悪いのは子供ではない。


中原淳

相手の良くない行動を指摘するといっても、「最近、やる気ないんじゃないか?」「もっと熱くなれよ!」のような曖昧な言葉では効果がありません。相手は困惑するだけ。自分のどの行動がどう問題なのかが具体的に理解できず、何をどう改善すべきなのかがまったくわからないからです。「熱くなれ」と言うのなら、どういうときのどういう行動が熱くなかったのか、噛み砕いて指摘する必要があります。