名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

セオドア・ルーズベルトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セオドア・ルーズベルトのプロフィール

セオドア・ルーズベルト。米国第26代大統領。政治家、軍人、作家、探検家。ハーバード大学卒。クマのぬいぐるみテディベアの名前の由来になった人物。テディはルーズベルト大統領の通称。強引で強硬な外交政策が棍棒外交と評された。

セオドア・ルーズベルトの名言 一覧

「確かに出来る」と答えなさい。それから急いで、どうすればいいかを探しなさい。


失敗するのはつらいが、成功を試みたことがない方がもっとひどい。


批判するだけの人間に価値はない。


閉じた口にはセミは飛びこまない。このフィリピンのことわざには、いつも感心させられる。


最も優れた管理者とは、計画遂行にふさわしい人材を選び出す見識と、彼らのやることに干渉しない自制力を備えた人間である。


栄誉とは実際に闘技場にいた人々のものである。価値ある人とは批評家ではない。強い者がいかにつまずいたか、あるいはもっとうまくできたかを指摘する者でもない。


真に賞賛しなければならないのは、泥と汗と血で顔を汚し、実際に現場に立つ者です。勇敢に努力する者であり、努力の結果としての過ちや、至らなさをも持ち合わせた者です。


その顔は汗や埃や血で汚れているだろう。何度も過ちをおかし、力も及ばないだろう。だが勇敢に戦うだろう。素晴らしい熱意を持ち、献身し、価値ある目的に全力を尽くすだろう。彼らはたとえ失敗しても、素晴らしい成果を生む。勝利も敗北も知らぬ、冷たく臆病な人々には到達し得ない場所なのだ。


セオドア・ルーズベルトの経歴・略歴

セオドア・ルーズベルト。米国第26代大統領。政治家、軍人、作家、探検家。ハーバード大学卒。クマのぬいぐるみテディベアの名前の由来になった人物。テディはルーズベルト大統領の通称。強引で強硬な外交政策が棍棒外交と評された。

他の記事も読んでみる

河上和雄

自分のことを弱い人間だとわかっていればいいというか、弱ければ「こういうことはしない」とか「人に背中を見せない」とか「人をうらやむことはしない」と自分の縛りを作っていけばいいんですよ。そうやっていくうちに気がついたころには、自分なりの生き方っていうのが見えてきますから。


若林正恭

ラジオとエッセイについては仕事だと思っていないんです。考えて、考えて、「これで、いいかな」と、自分自身が納得した地点で終わることができるというところに、プラモデルをつくる面白さみたいなものがあるんです。


澤田秀雄

時代が大きく変化している。我々もそれに対応できるように変化する必要がある。ビジネスモデルを根本から変えなければならない。


村井勝

詳しすぎる資料は、相手がプレゼンそっちのけで読み進んでしまう。その結果、伝えたいことが伝わらないということになりかねません。


真田茂人

サーバント・リーダーの10の特徴

  1. 傾聴……相手が望んでいることを聴き、どうすれば役に立てるかを考える。
  2. 共感……相手の立場に立って、気持ちを理解する。
  3. 癒やし……相手の心の傷を癒やし、本来の力を取り戻させる。
  4. 気づき……鋭敏な知覚を使って、物事をありのままに見る。
  5. 納得……権限を使って服従を強要しない。相手の納得を促せる。
  6. 概念化……大きな夢を持ち、それを相手に伝えることができる。
  7. 先見力・予見力……現在と過去の出来事を照らし合わせ、将来を予測できる。
  8. 執事役……自分の利益よりも、相手の利益を考えて行動できる。
  9. 人々の成長に関わる……仲間の成長を促すことに深く関わっている。
  10. コミュニティーづくり……人々が大きく成長できるコミュニティーをつくる。

松下幸之助

自分は家が貧しかったため、早くから社会に出て、人様以上に世間というものを経験した。また、小学校しか出ていないから学問に遠く、世間の人々がみんな偉く見えた。だから世間の皆さんの話なり行動なりを素直に学ぶことができた。


関根純

1店舗当たりの滞在時間は長くありません。だからできるだけ、フランクに話をしてほしい。その方が、より率直にお客様の声を伝えてくれると思うからです。私が(店長や従業員の)名前と顔を覚えることで彼らが喜んでくれて、結果的に率直に話しやすい雰囲気になるのであれば、覚えることは苦になりません。


フィリップ・コトラー

マーケティング理論に必ず出てくる「4つのP(製品、価格、流通、プロモーション)」を結び付けて、一体化させる要がブランドなのです。


中島敦

人生は何事も成さぬにはあまりにも長いが、何事かを成すにはあまりにも短い。


森正文(経営者)

海外展開を今後やるなら、有名な海外サイトとリンクして、一体が抱える約2300軒のホテルや旅館に誘導するのが正しいかもしれない。海外の予約サイトは日本の旅館の開拓なんてできるはずがない。ですから、裏方に徹してインフラを提供し、表面上はほかのサイトで予約している形にする、ということは考えています。その時の一体の強みはJTBでさえ圧倒的に及ばない高級旅館のネットワークです。


横山清

アークスではグループ各社が緩やかな一体化を進めています。完全な一体化ではなく「緩やかな」としたのは、営業・店舗運営などお客様に直に接する部門は、アークスグループに入った後も各社の組織をそのまま残しているからです。一方、経営企画や財務などバックオフィスの部門は、グループ入りを機に徐々にアークスに移管して一本化を図ります。


深沢真太郎

数字の分析のポイントは、数字を細かく分解して考えること。たとえば、最近の売上げが低迷していて、その原因を探りたいという場合を考えてみます。「売上げ額」の構成要素を次のように因数分解してみます。「売上げ額」=「広告リーチ数」×「認知率」×「来店率」×「成約率」×「客単価」×「リピート率」。あるいは「雑誌の販売部数」=「書店数」×「平均配本数」×「消化率」。このように数字を分解し、「現実」を丸裸にすることで、どの要素に改善余地があり、そのために何をすべきかが具体的に見えてくるでしょう。