名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

セオドア・ルーズベルトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セオドア・ルーズベルトのプロフィール

セオドア・ルーズベルト。米国第26代大統領。政治家、軍人、作家、探検家。ハーバード大学卒。クマのぬいぐるみテディベアの名前の由来になった人物。テディはルーズベルト大統領の通称。強引で強硬な外交政策が棍棒外交と評された。

セオドア・ルーズベルトの名言 一覧

「確かに出来る」と答えなさい。それから急いで、どうすればいいかを探しなさい。


失敗するのはつらいが、成功を試みたことがない方がもっとひどい。


批判するだけの人間に価値はない。


閉じた口にはセミは飛びこまない。このフィリピンのことわざには、いつも感心させられる。


最も優れた管理者とは、計画遂行にふさわしい人材を選び出す見識と、彼らのやることに干渉しない自制力を備えた人間である。


栄誉とは実際に闘技場にいた人々のものである。価値ある人とは批評家ではない。強い者がいかにつまずいたか、あるいはもっとうまくできたかを指摘する者でもない。


真に賞賛しなければならないのは、泥と汗と血で顔を汚し、実際に現場に立つ者です。勇敢に努力する者であり、努力の結果としての過ちや、至らなさをも持ち合わせた者です。


その顔は汗や埃や血で汚れているだろう。何度も過ちをおかし、力も及ばないだろう。だが勇敢に戦うだろう。素晴らしい熱意を持ち、献身し、価値ある目的に全力を尽くすだろう。彼らはたとえ失敗しても、素晴らしい成果を生む。勝利も敗北も知らぬ、冷たく臆病な人々には到達し得ない場所なのだ。


セオドア・ルーズベルトの経歴・略歴

セオドア・ルーズベルト。米国第26代大統領。政治家、軍人、作家、探検家。ハーバード大学卒。クマのぬいぐるみテディベアの名前の由来になった人物。テディはルーズベルト大統領の通称。強引で強硬な外交政策が棍棒外交と評された。

他の記事も読んでみる

横山清

北海道は商圏が広域で、過疎化が進行しています。気象条件も厳しいですが、環境が劣悪なほど競争は早く決着がつきやすいのです。現に需要縮小の一方で、小売業の企業格差は拡大しています。競争相手が減れば収益は当面、北海道全体の経済成長を上回る伸びが見込めます。


林真理子

人は意識的に「上」を目指していないと、「たまたま」とか「のんびり」では、満足感のある人生を生きていくことはできないと思うんです。自分の身の程を知ることも大切ですが、ちょっとでもいいから、身の程より上を目指してみる。富士山を目指す必要はないんです。谷川岳くらいでいい。最初から「高尾山でいい」とぼんやり歩いていたら、登山口の駐車場でウロウロする人生を送ることになってしまいます。


出口汪

理解しやすい文章は情報を取り入れるのには有効ですが、物事を深く考えたり、体系的に捉えたり、新しいものを創造したりする能力は、むしろ深く考えさせるような文章を読むことでこそ鍛えられます。「読みやすい」文章ばかりを読んでいると思考力が退化してしまうのではないかと、私は危惧しています。


堀之内九一郎

自分なりの明確な目的をつくる。そんな当たり前のことができないサラリーマンがどうしてこんなに多いのか。でも、だからこそ、それができるようになるだけで成功を手にしやすくなる。


富田純弘

困難な道のりではありますが、創業者の久三郎が何度も失敗しながら日本初の純国産医薬品を生み出したように、必ずできると信じています。


塚田公太

人はパンのみで生きるものではないとよく言われるが、個人主義の徹底した欧米諸国で、老人のための施設がいかに完備していても、そこに友情とか愛情と言う精神的糧が欠乏していては、人間は長生きできにくいのではなかろうか。


保木将夫

私は2番手は嫌いなんです。いままでなかったものを、自分が先に苦労してつくりたい。いまでも誰も手掛けていなかった製品をつくり続けています。


金子兜太

太平洋戦争で私は南方のトラック島に配属されました。餓死していく者たちなど、そこでいやというほど人の死に接してきました。そんな経験をしたからでしょうか、殺戮(さつりく)死でなく自然死なら平穏に受け止められるのです。妻を亡くした時も、10年間の闘病生活があったこともあり、平静でした。


町田公志

株価は、企業のバリュー(価値)がフェア(公正)に評価された結果ですよね。そのフェアバリューが高まれば周囲からも魅力のある会社だと認識され、優秀な人材を引き付けることができます。そして将来、いつか大事なタイミングが訪れた時に、そのバリューを使えるようになりたいと思っています。


ロバート・キヨサキ

最初に起こしたビジネスを失ったとき、私は100万ドル近くの借金を抱えた。借金をゼロにするのにほぼ5年かかった。今にして思えば、自分の犯した間違いから学び、間違いの責任を取ることは、多くの意味で望みうる最高の教育だった。もし自分の間違いから学んでいなかったら、今の私は無かっただろう。


中尾浩治

当社は昨年から、私の旗振りで役員の行動を変えようという2つの運動を行っています。ひとつは、「役員(Y)」と「率先(S)」の頭文字を取ってYSプロジェクトと名づけているもので、役員が率先して部下との話し方、表情から変えようという運動です。そしてもうひとつは、社長、会長を含めた役員・部長の360度評価です。こちらは、ご存じの通り直接の部下を含めた周囲の人たちに自身の評価をしてもらおうというものです。


小島希世子

本当にもう、できることからやっていくしかない。