名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

セオドア・ルーズベルトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

セオドア・ルーズベルトのプロフィール

セオドア・ルーズベルト。米国第26代大統領。政治家、軍人、作家、探検家。ハーバード大学卒。クマのぬいぐるみテディベアの名前の由来になった人物。テディはルーズベルト大統領の通称。強引で強硬な外交政策が棍棒外交と評された。

セオドア・ルーズベルトの名言 一覧

「確かに出来る」と答えなさい。それから急いで、どうすればいいかを探しなさい。


失敗するのはつらいが、成功を試みたことがない方がもっとひどい。


批判するだけの人間に価値はない。


閉じた口にはセミは飛びこまない。このフィリピンのことわざには、いつも感心させられる。


最も優れた管理者とは、計画遂行にふさわしい人材を選び出す見識と、彼らのやることに干渉しない自制力を備えた人間である。


栄誉とは実際に闘技場にいた人々のものである。価値ある人とは批評家ではない。強い者がいかにつまずいたか、あるいはもっとうまくできたかを指摘する者でもない。


真に賞賛しなければならないのは、泥と汗と血で顔を汚し、実際に現場に立つ者です。勇敢に努力する者であり、努力の結果としての過ちや、至らなさをも持ち合わせた者です。


その顔は汗や埃や血で汚れているだろう。何度も過ちをおかし、力も及ばないだろう。だが勇敢に戦うだろう。素晴らしい熱意を持ち、献身し、価値ある目的に全力を尽くすだろう。彼らはたとえ失敗しても、素晴らしい成果を生む。勝利も敗北も知らぬ、冷たく臆病な人々には到達し得ない場所なのだ。


セオドア・ルーズベルトの経歴・略歴

セオドア・ルーズベルト。米国第26代大統領。政治家、軍人、作家、探検家。ハーバード大学卒。クマのぬいぐるみテディベアの名前の由来になった人物。テディはルーズベルト大統領の通称。強引で強硬な外交政策が棍棒外交と評された。

他の記事も読んでみる

劉強東

多くの従業員を抱える怖さは、3~4年前はありましたね。でも、我々の管理の仕組みは以前よりも完全に近くなり、成熟してきました。世界で最も優秀な人材が集まっています。以前よりは自信がつきました。


柳川範之

多くの人は、役に立つ知識や情報を頭に詰め込むのが勉強だと思っているようですが、それも正しくありません。たしかについ最近まで、他人より多くを知っている百科事典のような人の有用性は、会社でもそれなりに高かったといえます。ところが、現在では、誰もがスマートフォンを持っているじゃないですか。それを使えばわからないことはすぐに調べられるし、仕事に必要な資料もデータにして持ち運べるので、細かく覚えていなくても大丈夫。知っているということの価値は大きく下がってしまいました。つまり、知識や情報を覚えるのは、もはや勉強の目的として適当ではないのです。


原田泳幸

一番厳しいときにこそ、自信を見せて、確信を見せて、ある意味では「ついてこい」というスタイルを採らざるをえない。


高原豪久

変革には抵抗がつきものだが、なるべく抵抗が小さいうちに対処しないと、時間的にもエネルギー的にもロスが生じる。抵抗の拡大を防ぐには、周到に準備をすることが一番だ。「居合は鞘の内にあり」と言うではないか。


星野佳路

魅力を常に進化させていくことは絶対に必要。進化が止まれば成長も止まり、顧客に飽きられ、競合にも追いつかれてしまう。


鈴木修

いろいろな失敗をしたから、例えばインドは成功したのだろう。その分集中できたから。


杉田浩章

大企業が抱え込み続けている(技術や人材などの)アセット(資産)を、どうやって(社会全体が)オープンに使えるようにするのかを考えるべきかもしれません。そのためには、日本企業は何が競争領域で、何が協調領域かを切り分けていくことが必要でしょう。競争領域以外は、外部と協調すべきです。


遠藤功

仕事は時代の要請とともに変わっていくものである。新しく生まれる仕事もあれば、消えてなくなっていく仕事もある。なくならないまでも、仕事の価値が目減りするものもあれば、逆に高まるものもある。


陰山英男

東北大学の川島隆太教授の研究室にお邪魔し、子供たちの協力を得て実験をしたのですが、ドリルを聞かせるだけでは、脳はまったく活性化しませんでした。ところが、子供たちが聞きながらメモをとり始めたとたん、脳ががぜん活動を始めたのです。ここからわかるのは、聞くだけでは脳は何も記憶しないということ。書いて初めて、意味が脳に刻まれるのです。


原田隆史

中学校の陸上部では、「靴を揃える」「お手伝いをする」といった小さな生活習慣を徹底させました。そして、できた日には、日誌に○をつけるよう指導しました。○の数が増えるにつれて、生徒はどんどん自信をつけていき、やがては全国大会優勝という大目標に挑む自身の土台になったのです。


梅野勉

成功体験が豊富な人ほど、それまでの必勝パターンや定石にはまって、毎回異なる新しい環境に謙虚になれなくなる恐れがあります。これはビジネスにとって大変危険なことなのです。


中川翔子

楽しいことを見つけたり、新しい発見をすることに手遅れってないんだ。取り戻せるんだ。