名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

スーザン・サランドンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スーザン・サランドンのプロフィール

スーザン・サランドン。アメリカの映画女優。映画「デッドマン・ウォーキング」でアカデミー主演女優賞受賞。主な出演作品に「ロッキー・ホラー・ショー」「アトランティック・シティ」「テルマ&ルイーズ」「依頼人」ほか。

スーザン・サランドンの名言 一覧

私は年をとるのが楽しみなんです。ルックスがより重視されなくなって、自分が何者であるかが重要なことになりますから。


スーザン・サランドンの経歴・略歴

スーザン・サランドン。アメリカの映画女優。映画「デッドマン・ウォーキング」でアカデミー主演女優賞受賞。主な出演作品に「ロッキー・ホラー・ショー」「アトランティック・シティ」「テルマ&ルイーズ」「依頼人」ほか。

他の記事も読んでみる

但木敬一

情実人事を避けるためにも、社外取締役の役割は重要。


吉田忠裕

事業を通じて新たな価値を創造し、提供していくことが、顧客や取引先の繁栄につながり、さらには社会の繁栄にも貢献し、それが巡り巡って自社のもとに還ってきて、自社を発展させることができる。


黒川博昭

社長就任当初から社員に言い続けてきたことがあります。「お客様のことを考えて行動しよう」ということです。当社は伝統的に通信、コンピュータ、半導体などあらゆる事業でお客様と一緒に様々なシステムをつくって発展してきました。


竹原慎二

引退後、パチンコに行ったり、ダラダラした時期もあります。いよいよ生活費を本気で稼ごうと思ったときに、反省しました。ずっと世界チャンピオンの肩書きを使ってラクに儲けることを考えてた。こんな仕事はできない、なんていうのはプライドじゃない。ただの見栄です。自分が決めたことを信念を通してやり続けることがプライドです。そこで、日焼けサロンのアルバイトを始めました。掃除してると「なんで、元世界王者が……」っていうお客の声が聞こえて、へこみましたよ。でも、1年頑張って自分の店を持つという目標があったから続けられたんです。


川路耕一

果てしない情熱、理念を社員にいろいろな機会・方法でいかに伝えていくかを常に考えています。企業規模が小さい時には、リーダーの言葉が組織の隅々まで行きわたっていることが実感できますが、企業規模が大きくなると、当初のやり方が通用しない局面に必ず突き当たります。企業経営者が悩むのはそういう時です。


長嶋りかこ

私には、都会から離れた地方で育った原体験があります。その生活には、食べ物が土から育って、それが食べられ体の一部になり、排泄物が肥料になって再び土に返るという実感が、当たり前のようにありました。でも、都市で効率化された生活を送っていると、手間のかかる「間」の部分を省略してしまいがちです。汚いものは除外するし、見たくないものは見なくなってしまう。都市の生活で感じているこのような違和感を、さまざまな形で発信していきたいのです。


太田彩子

物事を良く捉えるには使う言葉を選ぶことも有効。たとえば「撤退する」という言葉をそのまま使うとマイナスのイメージがありますね。しかしその判断が本当に適切だと思うなら、「進まない決断をする」という言い方もできます。私は趣味の登山で時折この言葉を使います。これ以上進めない悪天候などの場面で、諦めるのが嫌だからといって前進すると、命にかかわります。ポジティブな表現は、冷静な判断を下す知恵でもあるのです。


的場正晃

人の心は理屈で動くほど簡単なものではありません。例えば「感動」とは、心が「感」じて「動」くということです。上司・先輩が、「彼(彼女)には成長して幸せになってもらいたい」という深い愛情を持ち、「この人なら必ずできる」と相手の可能性を信じていれば、それは部下・後輩に伝わり、心を動かすのです。


金子陽三

自分のやりたいことに対し、どういう背景を持ち、どれだけ熱意があるのか。実現できる経験・能力はあるか。いかに人材を集め、信頼関係を築けるか。MBAのような経歴よりも、実現できそうなバックグラウンドが本当にあるかを重視しています。


左京泰明

日本には、まだNPO法人に対して誤ったイメージがある。「利益を出してはいけない、働く人は清貧でないといけない」と。それは違う。ドラッカーも、「利益は目的ではなく手段」と言っている。社会にとっていいことは、長く続けるために利益を出すことが重要。NPOの仕組みを、もっと多くの人に理解してもらう努力もしないといけない。


本村健太郎

作業のスピードという意味では、人によってそんなに早い遅いの差はないんじゃないでしょうか?実際に仕事をしている時間以外のところで差がついているんじゃないかな。


井上聡(経営者)

ロゴに関してあるチャレンジをしました。自分で作らずに、自分たちが好きな人に作ってもらうことにしたのです。僕ら二人(兄弟)はマーサ・クーパーというアメリカ人写真家の大ファンで、この人はヒップホップやグラフィティといった70年代のストリートカルチャーを最初に見出したことでも知られています。彼女がたまたま、本の出版イベントでデンマークに来ると知った。そこで(弟)清史がそのサイン会の列に並んで、「僕たちのロゴを書いてください」とその場で頼んだのです。彼女もとても喜んでくれて、その場で書いてくれたのが今のロゴです。