名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

スペンサー・ジョンソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スペンサー・ジョンソンのプロフィール

スペンサー・ジョンソン。アメリカの精神科医、作家。代表作に『1分間マネジャー』『チーズはどこへ消えた?』などがあり、世界中で翻訳され大ベストセラーとなった。心理学の学位を取得後医師になる。その後、多数の大学研究機関の顧問を務め、ハーバード・ビジネス・スクールの名誉会員となった。そのほかの著書に『1分間意思決定』『頂はどこにある?』『人生の贈り物 あなたの探し物は何ですか?』など。

スペンサー・ジョンソンの名言 一覧

変化に早く適応すること。遅れれば、適応できなくなるかもしれない。最大の障害は自分自身の中にある。自分が変わらなければ好転しない、そう思い知らされた。


私は、自分と自分の行動が馬鹿馬鹿しく思えるようになったとたん変わりはじめたのだ。自分が変わるには、自らの愚かさをあざ笑うことだ。そうすれば見切りをつけ、前進することができるのだ。


スペンサー・ジョンソンの経歴・略歴

スペンサー・ジョンソン。アメリカの精神科医、作家。代表作に『1分間マネジャー』『チーズはどこへ消えた?』などがあり、世界中で翻訳され大ベストセラーとなった。心理学の学位を取得後医師になる。その後、多数の大学研究機関の顧問を務め、ハーバード・ビジネス・スクールの名誉会員となった。そのほかの著書に『1分間意思決定』『頂はどこにある?』『人生の贈り物 あなたの探し物は何ですか?』など。

他の記事も読んでみる

唐沢寿明

先日、ロケに行った際、スタッフに「おはよう」「今日もよろしく」などと挨拶していたら、あとで彼らが「すごく感動していた」と聞きました。僕にとっては、誰に対しても現場に入る時と帰る時の挨拶は当たり前のことなんだけど、それをする人自体が少なくなってきているのかもしれませんね。役者である前に、人間としての部分を大事にしたい。だから、最近、挨拶ができない人を見ると寂しいですね。


山口拓朗

昔、トラックの運転手が読む雑誌で執筆していたのですが、ドライバーへのインタビューの際はあえて、服装や言葉遣いをラフにしていました。かしこまった態度はかえって相手を戸惑わせ、苛立たせるからです。良いコメントを引き出すには、彼らの感覚や文化を共有することが不可欠でした。


野村与曽市

先日は裏千家のご当主が、お茶のまことの心は「和、敬、清、寂」の四文字に尽きると話された。いずれも人に対し己に対し常にとらなければならない生活態度を示されたもので、良く考えてみると、これは単にお茶だけの話ではない。人生万事この心で処すべきであって、人間平等・世界平和の大理想である。


河野英太郎

上司に対して報告をするときには、ついつい結論はあと回しにして、言い訳じみた話を長くしてしまいがちです。自分がそうならないようにすることはもちろんのことですし、もし部下がそういう話し方をしたら、どこかで会話を遮り、「まず、結論を教えてもらっていい?」とカットインしましょう。


佐藤紗耶子

アイデアをウェブやアプリという形で具体化、事業化できる、これがITの面白さ。当社はそこに使い勝手の良さと見た目の美しさを常に考慮にいれています。


松本晃(経営者)

世界は益々変化する。しかも、その変化のスピードは半端なスピードではない。そのスピードについていけるものだけが生き残り、成長し続けることができる。


三宅義信

なにごとも努力なくして勝利なし。


矢野博丈

私は会社を大きくすることに対して消極的でした。小売業は出店数が増えるとそれだけ固定費や在庫が膨らみます。小売業にとって規模が大きいことは、成長の証というよりは、経営のリスク要因になります。会社が大きくなることは、決して手放しで喜ぶようなことではありません。


槍田松瑩

自分の人生を、自分の時間をそこに投入して納得できる、十分やりがいを感じる仕事でなければ長くは続かないし、納得感がない仕事はやりがいもない。


池田松次郎

野心を燃やすのはいいが、実力がなければ焦りになる。自分の実力を知ることも大切だ。


近藤史朗

現場を知っていることと、未来をつくることは違います。現場を知っていて、その範囲の中でものごとを回しているのと、この中から次にどんなことがやれるかと思考を飛躍させることとは異なります。後者のためには「勉強」だけであんく「研究」も大切です。何が本質的な問題なのか把握するには、やはり研究が必要になってくるのです。新しいものは、その研究の中から生まれてきます。


堀部篤史

今って、本が実用品でも娯楽品でもなくなってきて、かなり嗜好性の高いものになってきてるのは確かで、煙草や酒、コーヒーに近いのかもしれない。