スペンサー・ジョンソンの名言

スペンサー・ジョンソンのプロフィール

スペンサー・ジョンソン。アメリカの精神科医、作家。代表作に『1分間マネジャー』『チーズはどこへ消えた?』などがあり、世界中で翻訳され大ベストセラーとなった。心理学の学位を取得後医師になる。その後、多数の大学研究機関の顧問を務め、ハーバード・ビジネス・スクールの名誉会員となった。そのほかの著書に『1分間意思決定』『頂はどこにある?』『人生の贈り物 あなたの探し物は何ですか?』など。

スペンサー・ジョンソンの名言 一覧

変化に早く適応すること。遅れれば、適応できなくなるかもしれない。最大の障害は自分自身の中にある。自分が変わらなければ好転しない、そう思い知らされた。


私は、自分と自分の行動が馬鹿馬鹿しく思えるようになったとたん変わりはじめたのだ。自分が変わるには、自らの愚かさをあざ笑うことだ。そうすれば見切りをつけ、前進することができるのだ。


スペンサー・ジョンソンの経歴・略歴

スペンサー・ジョンソン。アメリカの精神科医、作家。代表作に『1分間マネジャー』『チーズはどこへ消えた?』などがあり、世界中で翻訳され大ベストセラーとなった。心理学の学位を取得後医師になる。その後、多数の大学研究機関の顧問を務め、ハーバード・ビジネス・スクールの名誉会員となった。そのほかの著書に『1分間意思決定』『頂はどこにある?』『人生の贈り物 あなたの探し物は何ですか?』など。

他の記事も読んでみる

横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

資格は認知度よりも稼げるかどうかが重要。まったく聞いたことのない資格でも、じつは稼げるということは珍しくない。


栗原洋

成功するには、従来と同じことをやってはダメ。常識への挑戦という発想で開発を進めるとともに、具体的にどう若者に知らしめていくかという広告戦略を徹底的に練りました。間近に迫る70年代に求められる男性像のキーワードは「知性と野生と愛」。我々はこうイメージしました。そんな男性像に合う人物として、ハリウッド俳優のチャールズ・ブロンソンでした。
【覚書き|1960年代後半を振り返っての発言】


猪瀬直樹

上司は、仕事の全体像が見えているので、「一を聞いて十を知れ」で指示を出す傾向があります。ところが、部下は視野が狭くて仕事を点でしか捉えられない。たとえば「明日の会議で使う資料をコピーしといて」と頼んだとします。関連資料を一緒に用意したり、クリップでとめて当日すぐに配れるよう準備することも言外に含めたつもりです。しかし、デキない部下はコピーの束をドサッと置いて、「やっておきました」という。極端な例ですが、このレベルは珍しくありません。ただ、ここで腹を立てても問題は解決しません。部下は、わざと手を抜いているのではなく、仕事の流れがよくわかっていないだけ。怒ってストレスをためるより、指示の出し方を工夫したほうが建設的です。


小室淑恵

オフの時間を充実させることが、仕事で成果を挙げる土台となります。仕事に必要な知識やスキルを学校に通って習得したり、街歩きや友人との会話の中から、ビジネスアイデアを見つけ出すことが大切になるのです。


黒田如水(黒田官兵衛)

まず自分の行状を正しくし、理非賞罰をはっきりさせていれば、叱ったり脅したりしなくても、自然に威は備わるものだ。
【覚書き|自分の行いを正しくし、公平に部下に接すれば、叱ったり脅したりしなくても上司としての威厳が生まれるという発言】


鎌田實

私が諏訪中央病院に来た当時の長野県は全国で2番目に脳卒中が多く、中でもこの病院がある茅野市は県内で脳卒中の死亡率が最も高かった。脳外科を充実させ、運び込まれてくる患者さんの救命に医師もスタッフも一同必死に取り組みました。救命率は徐々に上がっていきました。医師として病院の評判をもっと上げるには、高額な医療機器を入れてさらに救命率を上げるという選択肢もあった。だが脳卒中の場合、救命できても障害が残る。「なんで俺を死なせてくれなかったんだ」と患者さんに泣かれることもありました。そうした中で、そもそも脳卒中で倒れないようにする方が住民の皆さんにはありがたいはず、と考えるようになりました。


下村博文

大事なのは、労働力がもっと向上するようにという、上から目線の労働生産性向上のための教育の場ではなく、あらゆる世代の一人一人が自らの人生の豊かさを共有できるようにするための教育の場を作らなければならない。


ボリス・ベッカー

私は勝つことが大好きだが、負けることも受け止めることができる。ただ何よりも好きなのはプレーすることなんだ。


豊田章男(モリゾウ)

クルマをコモディティにしない。クルマの歴史は既に100年が経過し、大きな変革期を迎えている。我々は次の100年も、クルマは楽しい、単なる移動手段やコモディティではない。ファン・トゥ・ドライブなんだとこの先100年後もやれるように戦っていく。


柳井正

日本の経営者の多くが勘違いしています。経営は勉強でなく実行です。ビジョンを作って、全社員の力を使って成果を出す。調査や分析が1としたら、実行が30です。


熊倉貞武

ワンマン経営者についてもよく聞きますが、そうなると自分の健康についていつも不安を抱くようになる。自分が病気で倒れたら、会社も立ち行かなくなってしまうわけですから。そうなってはいけないと思い、優秀な幹部たちに権限を徐々に委譲して、チームで経営していくという体制を作っていきました。その方が経営の不安を軽減できて安定します。それに社長としても楽ですよ(笑)。


西田厚聰

事業とは成長しなくては意味がありません。成長してなおかつ役に立つ商品を手掛けたいと思っています。


緒方健介

上司は部下を査定し評価します。その内容次第で部下の賃金や将来の可能性も決まってくる。極論すれば、どんな上司でも顧客、言葉は悪いですがメシの種なのです。


出井伸之

日本という国は足し算の文化だと思うのです。アメリカの文化は、Aがあって次にBに変わったら、Aはなくなってしまう。でも、日本の文化は違います。AプラスBという形で変わっていくことができるのです。AからBになっても、Aはなくならない。それが足し算の文化なんです。


築山節

学校の試験を思い出してみてください。60分間という時間制限があるからこそ、その時間内に問題が解ける。もし時間制限がなければ、同じ速度で問題を解くことは難しいはず。途中で何度も飽き飽きして、一日近くかかってしまうかもしれません。


ページの先頭へ