名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スピノザの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スピノザのプロフィール

バールーフ・デ・スピノザ、ベネディクトゥス・デ・スピノザで知られる。オランダの哲学者、神学者。ドイツ観念論やフランス現代思想に大きな影響を与えた人物。肺の病によって44歳の若さでこの世を去る。オランダの紙幣に肖像が描かれた。代表作に『エチカ』『神学・政治論』『国家論』『知性改善論』

スピノザの名言 一覧

人があれもこれも成しうると考える限り、何も成しうる決心がつかない。


有り余るほど自由な時間のある人間は、たいてい悪いことを考えるものである。


平和とは戦争が無い状態ではない。平和とは、美徳であり、心の状態であり、慈愛、自信、正義を求める心持ちである。


人が不可能だと思っているときは、やりたくないと決めているときだ。


自由な人が考えるのは、ほかならぬ死についてである。そして彼の賢明さは、そこから死ではなく、生について熟慮を始めることだ。


感情のままに左右される人間は、自分自身の主人ではなく、偶然の力に支配される。


自分を卑下することは、自分を他人より劣ると信じる間違った考えから生まれる悲しみである。


ひとつのものが同時に善であったり悪であったり、そのいずれでもなかったりすることがある。たとえば、音楽は憂鬱な人には善であるが、喪に服している人には悪であり、耳の聞こえない人にとっては善でもなく悪でもない。


スピノザの経歴・略歴

バールーフ・デ・スピノザ、ベネディクトゥス・デ・スピノザで知られる。オランダの哲学者、神学者。ドイツ観念論やフランス現代思想に大きな影響を与えた人物。肺の病によって44歳の若さでこの世を去る。オランダの紙幣に肖像が描かれた。代表作に『エチカ』『神学・政治論』『国家論』『知性改善論』

他の記事も読んでみる

山田悟(経営者)

ジュエリーをリフォームすることは当たり前、という時代を創りたいですね。欧米と違い、日本ではまだまだ浸透していません。そこで、一般社団法人日本リ・ジュエリー協議会を設立し、リフォーム・リペア・リサイクルに関する高い接客力や販売力を持ち、顧客満足を提供できる人材「リ・モデルプランナー(ジュエリー・リモデル・カウンセラー資格認定者)」を育成しています。


アンドリュー・カーネギー

自分で仕事をするのではなく、仕事をさせる適材を見つけることが大切だ。


松田公太

店員に話をすると、要件はタリーズ本社に連絡してくれという。もちろん、すぐに渡された番号に電話をかけた。呼び出そうとした相手は、店員から名前を聞いた創業者で会長のトム・オキーフ。いきなりと思われるかもしれないが、最初から意思決定権を持った人に話をするというのは、銀行での営業を通じて学んだやり方だ。結局、人を介して話をしても、気持ちは半分も伝わらない。
【覚書き|タリーズのフランチャイズ権を手に入れようと活動し始めたときを振り返っての発言。結局このときは電話を取り次いでもらえなかったが、その後の積極的なアプローチでフランチャイズ権を獲得した】


高岡浩三

私にとっては、父の早い死そのものが「人生は有限なのだから全力で活きよ」という貴重な遺言だったんです。


安田弘

今のように「何でもあり」という世の中は不幸だと私は思います。本来は「自由」と「規律」の両方があるはずなのに、自由ばかりになっているから、このような世の中になっている。自由と規律を同時に持ち、相手のためを思って行うのが教育です。私はそういう教育を実現したい。


加藤学(冒険家)

会社を大きくして、いい暮らしができてというのが僕にとっての「成功」だった。でも、そんな僕にある人が「仕事は超一流にできて当然。それより人生を愉しむために何ができるのか」と問いかけた。


松方弘樹

僕は俳優業を徐々に好きになり、気がついたら50年。やっぱり、好きになったことが続ける原動力になったと思う。


石水勲

これまでの歴史を振り返れば、調子の良い時ばかりではありませんでした。ただただ、愚直にやってきた。それに尽きる。


佐治信忠

発泡酒を開発した当初、営業部門は「ビールのようなビールでないものが売れるはずがない」と、シェア再開を棚に上げて生意気なことを言いました(笑)。開発した社員は困り顔です。そこで営業を納得させるためにテストマーケティングを実施したらいい結果が出ました。


津田純嗣

安川電機にも撤退した事業はあります。フロッピーディスクやプリンターです。モーション技術を拡大解釈し、「データを動かすこと」まで自分たちの領域だと思ってしまいました。コア技術ではなく単なるこじつけでしたから、優位性を出せなかった。


ジェローム・シュシャン

弓道をするようになってから、仕事で思い通りにいかないことを周りのせいにして不平不満を持つことがなくなった。弓道も、仕事も、自分との戦い。思うようにいかなければ、それはチャレンジなのだと捉えられるようになった。


河合敦

吉田松陰は黒船に衝撃を受けて「とても刀で戦って勝てる相手ではない」と感じ、黒船に乗り込んでアメリカに密航し、彼らの技術を学ぼうと決意します。敵を知るために命を捨てる覚悟で敵地に乗り込もうというのですから、大したものです。