名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スティーブ・M・スミスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スティーブ・M・スミスのプロフィール

スティーブ・M・スミス。アメリカの経営者。「エクイニクス」社長兼CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州ウエストポイント米国陸軍士官学校卒業。太平洋方面駐在米軍司令官付き副官、ルーセント・テクノロジー副社長、エレクトロニックデータシステムズ(EDS)アジア太平洋北部地域代表、ヒューレット・パッカード上級副社長などを経てエクイニクスに入社。同社CEOを務めた。

スティーブ・M・スミスの名言 一覧

当社の文化の1つとして、意見を積極的に聞き、合意をとっていくというものがある。価値観や文化を浸透させようとしたら、軍の司令官的な頭ごなしのやり方は通用しない。


当社がここまで来られたのは、お客様に恵まれているから。お客様とコミュニケーションをとり、常にトレンドを認識できたことも、これまでの成長の要因だと考えています。


新しい社員にはまず、当社の価値観と文化をきちんと伝えます。価値観と文化を啓蒙するポスターを社内のあちこちに掲示するなど、文化を浸透させる活動を積極的に行っています。


進化する一方の技術のサイクルの中で、私たちは今後も必要とされる存在であり続けるためにも、現状のポジションに安住せず、技術が次はどこへシフトしていくのか、いち早く見つけ、新たなテクノロジーに適応していく努力を継続していく。


IT系のスタートアップ企業だけと取り引きをしていたデータセンター事業者はその時期(ITバブル崩壊)を乗り越えられませんでした。しかし当社のお客様には歴史ある企業も多かったため、大きな影響を受けずに生き残ることができました。またその過程で、立ちゆかなくなった同業者を低コストで買収することもできました。このような投資が功を奏し、市場が再び復活するまでに、十分なキャパシティで顧客のニーズに応える体制を整えることができました。


スティーブ・M・スミスの経歴・略歴

スティーブ・M・スミス。アメリカの経営者。「エクイニクス」社長兼CEO(最高経営責任者)。ニューヨーク州ウエストポイント米国陸軍士官学校卒業。太平洋方面駐在米軍司令官付き副官、ルーセント・テクノロジー副社長、エレクトロニックデータシステムズ(EDS)アジア太平洋北部地域代表、ヒューレット・パッカード上級副社長などを経てエクイニクスに入社。同社CEOを務めた。

他の記事も読んでみる

小池百合子

唯一、東京に足りないものは「希望」。今日よりも明日のほうがいい。みんながそう信じ合えることが、何よりも大切。


石井知祥

お客様から「使いにくい」とお叱りを受けてきたウェブサイトは大幅に刷新し、分かりやすさや使いやすさを重視して、安心してお使いいただけるようにしました。ウェブサイトでは予約や購入に関するシンプルな操作性だけでなく、初めての海外旅行に際しての注意点なども掲載しており、ホテルや空港バス、海外旅行保険、現地オプショナルツアーなども取り扱っています。


真山仁

自分の会社の常識が非常識だということは、決して中の人間は言えないんですね。だけど外の視点を取り入れることで、そのことに気付くことがでる。自分たちの常識が笑止千万で、そんなことを続けていたら会社が潰れると。


及川智正

最初の100円の売上げを作るのに一番苦労しました。全く経営知識の無いまま、起業したものの仕事が無い。農業の流通を変えるためにまず始めたのが「農業営業代行コンサルタント」でした。ミカン農家からミカンを預かって、大丸などの高級スーパーに売り、小利を作っていくばくかの農産物をいただくというビジネスです。そこでいただいたミカン50箱を、和歌山市の駅前にゴザを広げて売ったのが、弊社初の売上げです。その後、和歌山県内で「東京から来た兄ちゃんに野菜や果物を与えると、高く売ってきてくれるらしいよ」と噂になりました。それが今のビジネスに繋がっています。


Mr.マリック

若いマジシャンがたくさん出て、業界を盛り上げてくれるのは喜ばしいことだと思っています。ただ彼らの多くは、トランプならトランプと、自分の専門を極めていくタイプが多いようですが、私はどちらかといえば、オールラウンドプレーヤーを目指しています。もはやマジックの原理はほとんど発明しつくされていて、あとはそれらをいかに組み合わせるかが勝負になっているからです。


木村清

「1日を常に100%の力で過ごす」ことが大切です。様々な事業に携わって分かったのは、どんな仕事にも「もう無理」だと感じる壁が現れること。でも、あの手この手を尽くせば新しい解決策が必ず見つかります。


和田秀樹

運がいいと思う人は、まずやってみるんです。自分を運がいいと思えるから、かなりアクティブにトライができる。アクションを起こすからこそ、失敗しても改善点が見え、再チャレンジすることで成功の確率は上がる。では、なぜ彼らは自分を運がいいと思ったのか? 成功体験の記憶を強く残しているからです。もちろん、カリスマと呼ばれる起業家たちにも人には言えない敗北の記憶があるかもしれない。でも一般論からいうと、運がいい人は失敗した記憶を引きずりません。必然的にトライする回数にも差が出るので、巡ってくるチャンスの回数も変わってくるわけです。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

私たちは常に、自分がひそかに一番愛しているものに惹かれていく。人が努力の末に手に入れるのは、結局自分がもの求めるものではなく、自分そのものなのだ。


中島明

ひとつつながるにはまず自分とつながる必要があります。それは本当の自分に気づくということです。自分とつながっている人ほど、人と深くつながれるんです。


内田和成

新規事業の推進力は「これをやりたい」という思いや、「これなら売れる」という仮説です。ところが経営層の中心世代は新しいものに対する感度が落ちているため、現場の思いや仮説をなかなか理解することができません。経営層は思い切って下の世代に新規事業を託すべきです。中長期的には人を育てるという視点でマネジメントしたほうが、新規事業から得られるものも大きいはずです。


梶原しげる

敬語の基本は「ウチを低めてソトを高める」です。そして、そのための方法としては大きく「尊敬語によって相手を高める」か、「謙譲語によって自分を低めることで相手を高める」の2つです。「ウチ」とは自分および自分の身内や自社を指します。ただ、この内外の関係がわかっていないために、奇妙な敬語を使ってしまう人が多いのです。


ジム・バグノーラ

社員1人ひとりがリーダーになることがビジネスの永続性を生み、会社の成長へとつながっていく。