名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スティーブ・ヴァンアンデルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スティーブ・ヴァンアンデルのプロフィール

スティーブ・ヴァンアンデル。アメリカの経営者。アムウェイの会長。米国ミシガン州出身。ミシガン州ヒルズデール大学経済学部卒業、マイアミ大学オックスフォードキャンパスでMBA取得。米国アムウェイ・コーポレーションに入社。日本アムウェイ取締役、副会長などを経て、米国アムウェイの会長に就任。そのほか、全米商工会議所会頭、米国グランドバレー国立大学セイドマン・ビジネススクール学長諮問委員、グランドラピッズ・ジョン・ボ ー ル 動物園協会理事などを務めた。父はアムウェイ共同創設者のジェイ・ヴァンアンデル。

スティーブ・ヴァンアンデルの名言 一覧

世界各国でビジネスを構築するのに必要なのは柔軟性だと思っています。その国の習慣や文化に最も適応できる形をとればいいのです。そして、私自身が世界の様々な市場で事業を行って学んだ経験から、忍耐も大切だと思っています。


父がこの事業を興したとき、未来永劫にわたって朽ちることのない基本理念を築き上げることから始めました。それは企業体の一部であり、企業を形成する基礎でもあります。


どの国でビジネスを行うにせよ、最も大事なのは基本的な理念だと私は考えています。基本理念はどこの国に行っても適用可能なはずです。


私どもは財務的な視点で社会貢献活動をとらえたことはありません。各社それぞれの裁量で判断するように任せています。


私どもは全世界で様々な社会貢献活動を行っています。そのバックグラウンドは、私どもの創立の理念、基本的な価値観のひとつである「ファミリーを大切にする」にさかのぼります。ここで言うファミリーとは、自分の家族だけでなく隣人や地域社会も含みます。それに基づき、ホームレスのために家屋を提供したり、オペラ公演を主催したりと、さまざまな側面から数限りない社会貢献活動を実施してきました。


最も欲しかったのは柔軟性です。初めて経営陣の世代交代を行いましたが、将来も繰り返される世代交代を見込んで、様々な選択肢が可能となるような柔軟な状況に置いておきたいという考えがありました。
【覚書き|意思決定の場を創業一族のみから、非創業一族を含む取締役会に移行したことについて語った言葉】


私どもでは共同創立者の第一世代から、私も含めた第二世代への世代交代が行われました。その時点で「企業をどのように統治するか」が命題になりました。その答えのひとつが、持ち株会社制度への移行であり、それまで共同創業者が下していた経営の意思決定を取締役会に移したことでした。取締役会には親族以外の人物も招き入れて、アルティコア(アムウェイグループ)全体の経営判断を行っています。


ガバナンス(統治)という言葉が当てはまるか疑問ですが、経営上の問題解決という観点からこの構造(事業ごとに個別会社とし、持ち株会社方式にした組織構造)を新たに採用しました。重視したのは役割の分離です。各企業の経営陣がそれぞれの役割にフォーカスをあてることができました。それが私どもの享受した最大の恩駅だと思います。


かつてはアムウェイという単一企業が様々な事業を行っていたので、現場では混乱も起きていました。持ち株会社制度に移行し、各事業を企業として独立させることで、その混乱を回避しました。アクセス・ビジネス・グループが調達を行い、アムウェイ・コーポレーションが母体となるビジネスを国際的な広がりをもって執行します。それを北米に限定して行っているのがクイックスター社です。


スティーブ・ヴァンアンデルの経歴・略歴

スティーブ・ヴァンアンデル。アメリカの経営者。アムウェイの会長。米国ミシガン州出身。ミシガン州ヒルズデール大学経済学部卒業、マイアミ大学オックスフォードキャンパスでMBA取得。米国アムウェイ・コーポレーションに入社。日本アムウェイ取締役、副会長などを経て、米国アムウェイの会長に就任。そのほか、全米商工会議所会頭、米国グランドバレー国立大学セイドマン・ビジネススクール学長諮問委員、グランドラピッズ・ジョン・ボ ー ル 動物園協会理事などを務めた。父はアムウェイ共同創設者のジェイ・ヴァンアンデル。

他の記事も読んでみる

平山夢明

書店には素敵な出会いが転がっている。これだと思って失敗することもよくあるけどね(笑)。ひとめぼれっていうのは、自分の知らない自分に気づく機会になる。こういう本も面白がれるんだって知ると、感性が成長するからね。ネットは便利だけど、なかなか自分の傾向や好みから外れた買い物ができない。みんなもっと書店に行って、どんどんひとめぼれをするべきだと思うよ。


三浦友和

僕はよく人に「うまくいかない時代のほうが長かったんだよ」と話すと、「そんな風には見えませんでした」と返されることが多い。僕はそれを褒め言葉だと思ってますね。そもそも僕は役者の入り口からして向いてないと思っていましたね。元々ミュージシャン志望で、この世界に入ったから。ところが、事務所から突然、役者の仕事を回されてね。音楽の才能がないので、結局は役者の仕事が本業になったんです。


六角精児

僕は俳優として、人から見てもらえない時期が長かったから、「見てくれ」と出てしまうところがあった。やっと、そういう気持ちが別のものに変化してきた。そう考えると、人はいくつになっても経験に応じて変わっていくことができるんでしょうね。


小久保光八

70年間培ってきた当社の技術や知識を活かすためにも、新しい仕事を自分たちで作り上げていく努力が必要です。印刷産業が停滞していることは事実ですし、お客さんも昔のようにどんどん仕事を発注してくれるような時代ではありませんから。


キム・キヨサキ

投資家として成功したいなら、一番興味のある投資対象を見つけること。お金を入れる投資対象に興味があり、その投資が大好きであることが必要条件。そうでないと長続きしないから。


茂木克祐

最近では、休暇がとりにくいと言われるブライダル業界で社員に長く働いてほしいという想いから、毎年5日間のリフレッシュ連休の取得を極力推奨したり、入社日や誕生日は休みとする制度の導入、さらにはクリスマスを一斉定休日にしました。これからも積極的に働き方改革を推進し、「幸せ創造企業」として成長したいと考えています。


三戸政和

「タイムマシン経営」は、日本の東京と地方でも適用できます。新しいビジネスでは、東京と地方にはいまだにタイムラグが存在します。大事なのは、最先端の情報を海外のSNSを見るなどして入手することなのです。


分林保弘

私自身、京都の街の影響を強く受けています。能楽師の息子ですが、新しいものが大好きです。学生時代、東京オリンピックで多くの外国人が来日したのを見て、海外へ行きたくて仕方がない。でも学生が海外に行くのは難しい時代です。そこでアメリカの大学の学長宛に、大学で能の公演をしたいと手紙を出しました。そうしたところ20ほどの大学から許可が出て、半年がかりの公演旅行を実現しました。実際に自分の目でアメリカを見たことで、アメリカで起きたことはいずれ日本でも起きることが感覚的に分かるようになりました。それが後にM&Aに結び付きました。


野村忠宏

ビジネスの世界でも、最後の最後に結果に残すために必要なのは、「妥協しない気持ち」ではないでしょうか。その気持ちは一朝一夕では身につかない。普段からの意識の差が、勝敗を分けるのではと思います。


安積陽子

スーツだけがやたらと印象に残るのは、着こなせていない証拠。スーツは、あくまでその人の魅力を引き出す引き立て役ですから、「着ていた服は思い出せないけれど、素敵な印象だった」くらいが正解なのです。それを前提に、今の年齢や職業、立場を考えて身だしなみを整えれば、そこまで高級なスーツではないとしても、品のある着こなし方ができるのです。


矢部輝夫

最初に行ったのは、徹底的に現場を見て回ること。自分の考えを作るには、データが不可欠ですからね。


クリスティン・エドマン

部下に任せられない仕事って案外、少ないんですよ。日ごろから、自分の仕事について周囲のスタッフに話したり、手伝ってもらったりしておけば、たいがいの仕事は引き継げます。