名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スティーブ・ヴァンアンデルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スティーブ・ヴァンアンデルのプロフィール

スティーブ・ヴァンアンデル。アメリカの経営者。アムウェイの会長。米国ミシガン州出身。ミシガン州ヒルズデール大学経済学部卒業、マイアミ大学オックスフォードキャンパスでMBA取得。米国アムウェイ・コーポレーションに入社。日本アムウェイ取締役、副会長などを経て、米国アムウェイの会長に就任。そのほか、全米商工会議所会頭、米国グランドバレー国立大学セイドマン・ビジネススクール学長諮問委員、グランドラピッズ・ジョン・ボ ー ル 動物園協会理事などを務めた。父はアムウェイ共同創設者のジェイ・ヴァンアンデル。

スティーブ・ヴァンアンデルの名言 一覧

世界各国でビジネスを構築するのに必要なのは柔軟性だと思っています。その国の習慣や文化に最も適応できる形をとればいいのです。そして、私自身が世界の様々な市場で事業を行って学んだ経験から、忍耐も大切だと思っています。


父がこの事業を興したとき、未来永劫にわたって朽ちることのない基本理念を築き上げることから始めました。それは企業体の一部であり、企業を形成する基礎でもあります。


どの国でビジネスを行うにせよ、最も大事なのは基本的な理念だと私は考えています。基本理念はどこの国に行っても適用可能なはずです。


私どもは財務的な視点で社会貢献活動をとらえたことはありません。各社それぞれの裁量で判断するように任せています。


私どもは全世界で様々な社会貢献活動を行っています。そのバックグラウンドは、私どもの創立の理念、基本的な価値観のひとつである「ファミリーを大切にする」にさかのぼります。ここで言うファミリーとは、自分の家族だけでなく隣人や地域社会も含みます。それに基づき、ホームレスのために家屋を提供したり、オペラ公演を主催したりと、さまざまな側面から数限りない社会貢献活動を実施してきました。


最も欲しかったのは柔軟性です。初めて経営陣の世代交代を行いましたが、将来も繰り返される世代交代を見込んで、様々な選択肢が可能となるような柔軟な状況に置いておきたいという考えがありました。
【覚書き|意思決定の場を創業一族のみから、非創業一族を含む取締役会に移行したことについて語った言葉】


私どもでは共同創立者の第一世代から、私も含めた第二世代への世代交代が行われました。その時点で「企業をどのように統治するか」が命題になりました。その答えのひとつが、持ち株会社制度への移行であり、それまで共同創業者が下していた経営の意思決定を取締役会に移したことでした。取締役会には親族以外の人物も招き入れて、アルティコア(アムウェイグループ)全体の経営判断を行っています。


ガバナンス(統治)という言葉が当てはまるか疑問ですが、経営上の問題解決という観点からこの構造(事業ごとに個別会社とし、持ち株会社方式にした組織構造)を新たに採用しました。重視したのは役割の分離です。各企業の経営陣がそれぞれの役割にフォーカスをあてることができました。それが私どもの享受した最大の恩駅だと思います。


かつてはアムウェイという単一企業が様々な事業を行っていたので、現場では混乱も起きていました。持ち株会社制度に移行し、各事業を企業として独立させることで、その混乱を回避しました。アクセス・ビジネス・グループが調達を行い、アムウェイ・コーポレーションが母体となるビジネスを国際的な広がりをもって執行します。それを北米に限定して行っているのがクイックスター社です。


スティーブ・ヴァンアンデルの経歴・略歴

スティーブ・ヴァンアンデル。アメリカの経営者。アムウェイの会長。米国ミシガン州出身。ミシガン州ヒルズデール大学経済学部卒業、マイアミ大学オックスフォードキャンパスでMBA取得。米国アムウェイ・コーポレーションに入社。日本アムウェイ取締役、副会長などを経て、米国アムウェイの会長に就任。そのほか、全米商工会議所会頭、米国グランドバレー国立大学セイドマン・ビジネススクール学長諮問委員、グランドラピッズ・ジョン・ボ ー ル 動物園協会理事などを務めた。父はアムウェイ共同創設者のジェイ・ヴァンアンデル。

他の記事も読んでみる

朝倉千恵子

いまはインターネットの時代です。ネット上に公開された私たちの心や行動の記録は、好むと好まざるとにかかわらず全部残ります。そしてそうした心や行動が本物か、あるいは嘘や偽り、ごまかしなのかは、すべて明らかになってしまいます。本物だけが残れるというのは、怖いとも言えますが、面白い時代だとも言えると思います。こうした時代に、私は本物を残したいと思っています。本物の発言、本物の行動。そして私が残したい最大のものが本物の人なのです。


猪瀬直樹

重要なのが言葉の使い方。いくら「面白そう」と思っても、頭でそれを打ち消しては、行動に移せないからです。みなさんは、「35歳過ぎたら転職はムリ」「小さい会社だから大手に勝てない」といった言い方に慣れてしまっていませんか。それを「35歳だからこそできる転職もある」「小さい会社だからこそ勝てる分野がある」と、言い換えてみてください。なんとなく、新しいものが見える気がするでしょう?


曽山哲人

私たちは日本人であり、日本人の強みを生かした戦い方をしながら、「進化した日本的経営」を築き上げていきたい。そのためにも、かつて日本で活躍した経営者から学べるものは学び、時代に合わせてそれらを変え、生かすことが大事だと思っています。


岩瀬大輔

最初の入り口がどうであれ、トラディショナルではない道に挑戦して何かを変えようとするのは素晴らしいことです。


池森賢二

意識しているのは、「簡単な言葉を使う」こと。専門用語や難しい言葉は、相手が意味を知っているとは限らない。なるべく使わないようにします。


竹中平蔵

リーダーになるための勉強法はただひとつ、「考えること」。世の中には、いくらでも考えることがある。だから、世の中は面白い。そう思いながら、考え続けることが大切。


植木義晴

一生懸命に努力していると、自分が日々成長していくのがわかります。なぜそれに気づけるのかと言うと、一週間前、あるいは一か月前の自分の発言を振り返って、「あのときはわかっていなかったな」と恥ずかしく思うことがあるからです。不思議なものですが、人間は何歳になっても、努力さえすれば進歩するものです。


福地茂雄

王貞治さんは4番バッタ-でしたが、監督になれば打撃だけを見ればよいというわけではない。監督になった以上はすべてのポジションに対して一流を求める。人を育てるというのはそういうことです。


金井昭雄

品質がいくらよくても、価格帯の高い商品しかない場合はなかなかむずかしい。商品戦略はマーケットをどれだけ取ろうとするかにもよるのです。小さくやるなら、いくらでも値段をつけて、価格もどんどん高くしていいでしょう。ですがマーケットを広く取りたい場合には、お客様の支払い能力に見合う値づけをしたメニューを揃えなければ、うまくいきません。


上村剛

裁判という選択肢を考えるとき、本人の納得感を得られるかどうかが非常に重要だ。だから、金銭的に見合わないとか、時間がかかるからといって、「争うだけムダ」ということではない。しかし、裁判の結果に後悔しないように、事前に費用や見通しに関する「リスク」をしっかり把握しておくことは肝要だろう。


升田幸三

勝負師は窮地に追い込まれても、息がある間は最後の一発で相手を倒してやろうと、決して捨てない。ですからプロは、勝負師でもなければならない。


永瀬昭幸

日本再生のためには、強いリーダー、すなわち世界で活躍できる人材を次々輩出することが必要です。大学に合格することをゴールとするような教育からは、そうしたリーダーは生まれません。