スティーブ・ヴァンアンデルの名言

スティーブ・ヴァンアンデルのプロフィール

スティーブ・ヴァンアンデル。アメリカの経営者。アムウェイの会長。米国ミシガン州出身。ミシガン州ヒルズデール大学経済学部卒業、マイアミ大学オックスフォードキャンパスでMBA取得。米国アムウェイ・コーポレーションに入社。日本アムウェイ取締役、副会長などを経て、米国アムウェイの会長に就任。そのほか、全米商工会議所会頭、米国グランドバレー国立大学セイドマン・ビジネススクール学長諮問委員、グランドラピッズ・ジョン・ボ ー ル 動物園協会理事などを務めた。父はアムウェイ共同創設者のジェイ・ヴァンアンデル。

スティーブ・ヴァンアンデルの名言 一覧

世界各国でビジネスを構築するのに必要なのは柔軟性だと思っています。その国の習慣や文化に最も適応できる形をとればいいのです。そして、私自身が世界の様々な市場で事業を行って学んだ経験から、忍耐も大切だと思っています。


父がこの事業を興したとき、未来永劫にわたって朽ちることのない基本理念を築き上げることから始めました。それは企業体の一部であり、企業を形成する基礎でもあります。


どの国でビジネスを行うにせよ、最も大事なのは基本的な理念だと私は考えています。基本理念はどこの国に行っても適用可能なはずです。


私どもは財務的な視点で社会貢献活動をとらえたことはありません。各社それぞれの裁量で判断するように任せています。


私どもは全世界で様々な社会貢献活動を行っています。そのバックグラウンドは、私どもの創立の理念、基本的な価値観のひとつである「ファミリーを大切にする」にさかのぼります。ここで言うファミリーとは、自分の家族だけでなく隣人や地域社会も含みます。それに基づき、ホームレスのために家屋を提供したり、オペラ公演を主催したりと、さまざまな側面から数限りない社会貢献活動を実施してきました。


最も欲しかったのは柔軟性です。初めて経営陣の世代交代を行いましたが、将来も繰り返される世代交代を見込んで、様々な選択肢が可能となるような柔軟な状況に置いておきたいという考えがありました。
【覚書き|意思決定の場を創業一族のみから、非創業一族を含む取締役会に移行したことについて語った言葉】


私どもでは共同創立者の第一世代から、私も含めた第二世代への世代交代が行われました。その時点で「企業をどのように統治するか」が命題になりました。その答えのひとつが、持ち株会社制度への移行であり、それまで共同創業者が下していた経営の意思決定を取締役会に移したことでした。取締役会には親族以外の人物も招き入れて、アルティコア(アムウェイグループ)全体の経営判断を行っています。


ガバナンス(統治)という言葉が当てはまるか疑問ですが、経営上の問題解決という観点からこの構造(事業ごとに個別会社とし、持ち株会社方式にした組織構造)を新たに採用しました。重視したのは役割の分離です。各企業の経営陣がそれぞれの役割にフォーカスをあてることができました。それが私どもの享受した最大の恩駅だと思います。


かつてはアムウェイという単一企業が様々な事業を行っていたので、現場では混乱も起きていました。持ち株会社制度に移行し、各事業を企業として独立させることで、その混乱を回避しました。アクセス・ビジネス・グループが調達を行い、アムウェイ・コーポレーションが母体となるビジネスを国際的な広がりをもって執行します。それを北米に限定して行っているのがクイックスター社です。


スティーブ・ヴァンアンデルの経歴・略歴

スティーブ・ヴァンアンデル。アメリカの経営者。アムウェイの会長。米国ミシガン州出身。ミシガン州ヒルズデール大学経済学部卒業、マイアミ大学オックスフォードキャンパスでMBA取得。米国アムウェイ・コーポレーションに入社。日本アムウェイ取締役、副会長などを経て、米国アムウェイの会長に就任。そのほか、全米商工会議所会頭、米国グランドバレー国立大学セイドマン・ビジネススクール学長諮問委員、グランドラピッズ・ジョン・ボ ー ル 動物園協会理事などを務めた。父はアムウェイ共同創設者のジェイ・ヴァンアンデル。

他の記事も読んでみる

陰山英男

失敗を恐れてやる気を失ってしまうという意味では、挑戦することや羽目を外すことを許さないような教育にも問題があるといえます。人はこれまで、ときには無謀ともいえる挑戦や、多少は危険なことにでもトライするなかで、次の時代へのエネルギーが生まれ、ブレイクスルーを成し遂げてきたと思います。しかし、「清く正しくなければいけない」というプレッシャーが強くなりすぎ、羽目を外すことができない大人が増えているように感じます。


小泉純一郎

政治家は演技をしてはダメだ。


山元賢治

感情の振幅を小さくすることも重要です。嬉しいことがあったときに喜びすぎる人は、嫌なことがあったときに落ち込む度合いも大きいのです。喜びすぎないことが、落ち込みすぎないために必要だと思っています。振幅は小さく、トータルしてみると少しプラスの感情が上回る、というのが理想です。


長谷川裕一(お仏壇のはせがわ)

東日本大震災でこれだけ多くの方々が犠牲になられました。このことを我々もしっかりと見つめ直さなければなりません。尊い犠牲を無にしないためにも、悪しきことを廃し、精神の復興と共に、新たなる創造の上に新生日本の繁栄が築かれなければなりません。


浜田宏一

米国の大学入試は、高校までの課外活動で何をして、どんな成果を残したのかが選考で非常に重視されます。学生は何をするのかを自分の頭で常に考え、その活動でリーダーシップを取っていかないといけない。


香取照幸

本屋に置いてある社会保障に関する本はやたらと小難しいものや著者のイデオロギーが強いものばかりで、もっと普通のサラリーマンでもわかるような本を書こうと役所を辞める前から思っていた。それと、後輩たちに「あなたの先輩はこういうことを考えて仕事をしていた」というのをわかって欲しかった。

【覚え書き|著書『教養としての社会保障』について】


木川眞

日本経済の成長に向け、一次産品の海外輸出を今後拡大する必要があります。そこで、「クール宅急便」など日本の誇るべき小口保冷配送の輸送品質を世界標準にしようというプロジェクトをオールジャパンで進めています。世界の事業者がこの基準に基づいて運ぶ時代になれば、届け先までクール宅急便と同等の品質で配送ができる。これを我々は、大きな夢として描いています。


コシノジュンコ

パリの人たちに本格的な着物を見せたいと思ったのは5年前。その間、館長が3人代わり、今回、ようやく実現しました。これも思いを口にしたことから始まっています。大琳派展の時も、これだと思ったらすぐに相談する。それで物事はスタートします。


谷厚志

何らかのトラブルで怒っている方は「自分がどんな嫌な目に遭って嫌な気持ちになったか」や「お前のミスによって私の立場がなくなった」ことをわかって欲しいと思っているので、まず何か起きたのかを理解する。そのうえでお詫びをするのです。「交換します」「代金はお返しします」と、早くその場を収めようとする人も多いのですが、かえって怒りに油を注ぎかねません。


猪瀬直樹

期日どおりに仕上げて80点の仕事をする人と、期日に2日遅れても200点の仕事をする人。どちらが優秀なビジネスマンだと思いますか。じつは、これはひっかけ問題。そもそも期日を2日も過ぎて200点の仕事なんてありえません。たとえ中身が優れていたとしても、期日に間に合わなかった時点で大きな減点。プロの仕事としては、せいぜい50点の評価がいいところ。


奥島孝康

主張が相手に対して説得性を持つには、相手の立場に立って考えてみる必要がある。つまり、相手の立場からしてもその主張の正当性を認めざるを得ないだけの説得性を備えなければならない。


遠藤良治

与えられた環境で与えられた仕事を全うしていけば、必ず次の道が開ける。


羽生善治

これから機械がどんどん賢くなるのは目に見えているので、人間の知能も同時に上がっていかなければ、社会に導入する際に何らかのひずみが生じてしまうことになりますよね。だから、人間がより賢くなるためにAIの力を使うことができればすごくいいなと。AIを脅威に感じている人も多くいるでしょうが、そう考えれば怖くなくなるかもしれませんね。


南場智子

このままビジョンに忠実に、武士は食わねど……と踏ん張っても、普及しなければビジョンもへちまもありません。「熱き想い」に引っ張られ、チーム全体が熱病のようになって取り組む事業が陥りやすい1つのワナでもありますね。志を大切にしながらも、市場のニーズを捉える試行錯誤を続けています。


立川理道

ジェイミージャパン(ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ)になってからは、レフェリー(審判)と前日にしっかりと話せる場を設けてもらえるようになりましたので、自分たちのチームの傾向を伝え、レフェリーからも、日本のこのプレーは誤解を招きやすいから注意したほうがいいといった意見をもらえるようになりました。いろんな国、いろいろなタイプの方が笛を吹くのですが、英語が母国ではないフランスやアルゼンチンなどのレフェリーとは、意外と分かり合える気がします(笑)。


ページの先頭へ