名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スティーブ・ソレイシィの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スティーブ・ソレイシィのプロフィール

スティーブ・ソレイシィ。アメリカの著作家、英語講師。「BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)」教授。フロリダ州出身。アメリカン大学卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修了、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修了。国際コミュニケーション博士号取得。ラジオ番組や大学で英語を教えた。

スティーブ・ソレイシィの名言 一覧

外国企業を買収した場合などにおいても、英語を話すからといって、自社の文化を無視して相手の文化ばかりに一方的に歩みよる必要はない。ファーストネームで呼び合うのか、会議の際に話を遮っていいのか、といった日本企業独自の「英語ポリシー」を作るのも有効だろう。


現在の日本企業の英語研修の多くは「ネーティブのビジネス英語」のような教材を用い、お決まりのフレーズの紹介をして、それらを理解するだけで終わってしまいがちだ。この方法では、社員の大半はTOEICなどの試験の穴埋め問題を解く勉強ばかりに重きを置いてしまう。英文法や小難しい単語を知っている社員は増えても、実際に英語を話すシーンにおいて言いたいことをうまく言い表せる社員は育たない。このような状況を改善するために、能動的に自分で英文を作る練習をするような「発信型」の英語研修が必要だ。そして、その成果をスピーキングテストなどを用いて測定し、実際に話せるようになったかどうか、習熟度を確認するのが効果的だ。


日本はやがて「英語が上手な国の仲間入り」を果たすと考えている。日本語はとても豊かな表現を持つ言語で、そうなる可能性は非常に高い。しかし、現在はネーティブが話す英語を目指すあまり、本来話すべきことが話せず、相手のペースに流されやすくなっている。


これからの日本企業は、ドイツやスウェーデンの企業のように、上手にビジネスの場で母語に基づいた英語を話せるような社員を育てるべきだろう。多少なまりがあったり、言葉の選び方がネーティブと異なったりしても、説明能力が高く、相談や説得などが上手なコミュニケーション能力の高い日本人は多い。このような能力を発揮できる人材を育てることが、ネーティブのような英語を習得させることよりも重要ではないか。


スティーブ・ソレイシィの経歴・略歴

スティーブ・ソレイシィ。アメリカの著作家、英語講師。「BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)」教授。フロリダ州出身。アメリカン大学卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修了、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修了。国際コミュニケーション博士号取得。ラジオ番組や大学で英語を教えた。

他の記事も読んでみる

藤井孝一

お金が大きく動く時代は、フットワーク軽く流れに乗ることも必要。勉強を勉強で終わらせるのではなく、すぐに実践で役立つ勉強と勉強法が必要。


三木谷浩史

収入や職場環境をよくするだけでは、従業員満足度を必ずしも高めることはできないと僕は思っている。もっと正確に言うなら、従業員満足度よりももっと重要なことがある。従業員がどれだけ満足していても、彼らが仕事に当事者意識を持って取り組んでいなければ意味がないと僕は思う。仕事とは、他の誰かのためにするものではなく、自分のためにするものだ。自分の仕事の主人公が自分でなくてどうするのだろう。


村田恒夫

当社では、従業員一人ひとりがお客様の声に耳を傾け、お客様に感動を与えられる価値創造を目指す「全員マーケティング」をかかげています。


和栗清忠

(オフィスビルの)入居の審査においては実績も重視されますので、若い方はどうしても不利になる。しかし、私たちは実績云々ではなく、良い経営者となれる人を応援していきたいというスタンスで事業を行っています。きちんとしたリスクヘッジを行えば全く問題ありません。例えば、賃料の未払いを心配するのであれば、家賃保証サービスを利用する。そうすれば賃料は確実に払われる訳です。入居者側からすれば保証人を探す手間が省け、契約もスムーズにできるというメリットもあります。若い企業家には特に利用をお勧めできるサービスですね。


佐藤優

教育にお金をかけられないなら、社会に出て確実に生かせる知識と、その知識を使いこなす術が身につくよう仕向けることが大切です。


江上治

とてつもなく稼ぐ人は人生の目的、会社のビジョンを明確にし、そのためにどんなプレッシャーも「良いプレッシャー」として、エンジンに変えて成長を続けることができている人。


増田直紀

人間関係が豊富な人とつながりを保っておけば、その人が近道となって様々な情報やチャンスを得ることが期待できます。


鵜浦博夫

我々の新しいミッションは、「企業や消費者の変革をお手伝いする」ことです。


仲暁子

仕事はアウトプット、読書はインプット。週末は時間を取って本を読み、新たな知識を得ます。経営者は未来や方針を語ることが大切な役割の一つなので、最新の情報に触れることも不可欠。シリコンバレーなど、海外の先端的な拠点で話題の本はだいたい読みます。一方、「古典」も大事にしています。と言ってもそれは何世紀も前の本ではなく、刊行から10年、20年経ても書店に並ぶ現代の本のこと。『影響力の武器』は、そのひとつと言えますね。


テリー伊藤

いまだにオレも「この仕事、なんでオレがやるんだろう?」と思うことがあるんだよね。この間も地方へ出張して、とある会議に参加しながら「あれ? この話って、演出家の仕事でも、コメンテーターの仕事でもないな?」と。そのへんはみんなと一緒だよ。生活しているから、仕事をしないと家賃を払えないし、食料も買えないし、ローンも払えない。つまらなくても、しょうがない。ただ、この会議でオレがいいこと言えば、会社に金が入る。社員の給料も払えるし、働くことの大前提は稼ぎ生きていくことだから、それでいいのかなと思ったんだ。


宮坂学

今年は「10倍」をひとつの目標にしている。2割、3割という改善はありふれている。「!」なサービスとは、何かしらの点で、10倍以上の大きな変化を生み出すものだ。10倍速い、10倍安い、10倍多い、10倍大きい、10倍簡単、10倍使いやすいという変化を。


西成活裕

いまは、博士号は取れたけれど就職がないという、いわゆるポスドクの問題があります。これは、国の政策で博士が急増したのに教員として雇う人数は前と変わらないというところから来る、典型的な渋滞現象ですよね。私にも不遇時代がありましたから、その独特のつらさについては想像ができますが、予算も立場もなく苦しんでいる人に私が言えるのは正論だけで、もう頑張るしかない。一発逆転のために論文でヒットを打つしかないなら、腐っている場合ではないですよ。