名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スティーブ・ソレイシィの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スティーブ・ソレイシィのプロフィール

スティーブ・ソレイシィ。アメリカの著作家、英語講師。「BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)」教授。フロリダ州出身。アメリカン大学卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修了、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修了。国際コミュニケーション博士号取得。ラジオ番組や大学で英語を教えた。

スティーブ・ソレイシィの名言 一覧

外国企業を買収した場合などにおいても、英語を話すからといって、自社の文化を無視して相手の文化ばかりに一方的に歩みよる必要はない。ファーストネームで呼び合うのか、会議の際に話を遮っていいのか、といった日本企業独自の「英語ポリシー」を作るのも有効だろう。


現在の日本企業の英語研修の多くは「ネーティブのビジネス英語」のような教材を用い、お決まりのフレーズの紹介をして、それらを理解するだけで終わってしまいがちだ。この方法では、社員の大半はTOEICなどの試験の穴埋め問題を解く勉強ばかりに重きを置いてしまう。英文法や小難しい単語を知っている社員は増えても、実際に英語を話すシーンにおいて言いたいことをうまく言い表せる社員は育たない。このような状況を改善するために、能動的に自分で英文を作る練習をするような「発信型」の英語研修が必要だ。そして、その成果をスピーキングテストなどを用いて測定し、実際に話せるようになったかどうか、習熟度を確認するのが効果的だ。


日本はやがて「英語が上手な国の仲間入り」を果たすと考えている。日本語はとても豊かな表現を持つ言語で、そうなる可能性は非常に高い。しかし、現在はネーティブが話す英語を目指すあまり、本来話すべきことが話せず、相手のペースに流されやすくなっている。


これからの日本企業は、ドイツやスウェーデンの企業のように、上手にビジネスの場で母語に基づいた英語を話せるような社員を育てるべきだろう。多少なまりがあったり、言葉の選び方がネーティブと異なったりしても、説明能力が高く、相談や説得などが上手なコミュニケーション能力の高い日本人は多い。このような能力を発揮できる人材を育てることが、ネーティブのような英語を習得させることよりも重要ではないか。


スティーブ・ソレイシィの経歴・略歴

スティーブ・ソレイシィ。アメリカの著作家、英語講師。「BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)」教授。フロリダ州出身。アメリカン大学卒業、早稲田大学大学院政治学研究科修了、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修了。国際コミュニケーション博士号取得。ラジオ番組や大学で英語を教えた。

他の記事も読んでみる

マルティン・ブーバー

新しく始めるということを忘れてしまわないならば、老年というのはひとつの素晴らしい事柄である。


出口治明

出世し、人の上に立って支配することが目的のような人物をリーダーにすべきではない。何かを成し遂げたい強い思いがある人をリーダーにすべきだ。


藤原和博

ひとつずつの分野では100人に1人のレベルでも、それを3つ掛け合わせれば、誰でも100万人に1人という極めて希少性の高い人材になれる。


ヴィクトール・フランクル(ビクター・フランクル)

人生における使命というものは、つくるものではなく発見するものである。すべての人は人生における独自の使命あるいは仕事を持っている。その点において、誰もその人の代わりになることはできないし、代わりの人が自分の人生を反復させることもできない。したがって、すべての人に与えられている使命とそれを実施する機会は、その人独自のものである。


和田秀樹

「仕事ができる」といわれている人の中には、自分が得意なことしかやっていない、という人が実は多いのです。普段から自分の得意なことを周囲にアピールして、やりたい仕事を買って出るようにするのです。そうやって忙しくしていれば、まわりは苦手な仕事を振りづらくなりますし、得意な仕事で実績をあげたり、チームに貢献していたりすれば、マイナス評価にはならないはずです。


徐楽楽

自分の作るアプリケーションが世の中で必要とされる、という自信を持って仕事をしています。


吉田晴乃

上司と正面切って対話することは、非常に大切です。そのときはもう胸元に突っ込んでいく。とはいえ、上司を傷つけないように気を付けるべきです。


高原真由美(髙原真由美)

仕事場の整理で重要なのは、仕事の生産性を高めるための整理術。整理をすることで仕事の段取り力が上がったり、新しいアイデアが生み出しやすくなります。無駄な作業の時間をできる限り減らし、効率的に仕事を進め、果ては利益を生むための整理なのです。


坂本孝

勝つためには、もっと大きな舞台で、そして時代の先端で勝負しなければならない。


並木裕太

マッキンゼーに入社して3、4年は劣等生でした。誰からも見向きもされなかった。そこで、担当していたコンビニ業界に精通する人物を探しました。伝説の店長やコンビニ出身の経営コンサルタントなどを探し、会いにいったんです。若くて、人に会うしか活路がなかったんですが、結果的には一番有切な手段でした。


吉原毅

私は日頃から、人間はカネのために働いているんじゃないと公言しています。言った以上はやらないと。
【覚書き|支店長クラスの平均より自分(理事長)の年収を低くした理由について語った言葉】


吉岡隆治

例えば、生地中の糸の密度が100本から101本に上がったことを優位性だと言うこと自体が愚かだ。機能性を打ち出していくような商品は、生産の速さから価格まで考えて、日本に残る道理はない。