名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スティーブン・レヴァインの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スティーブン・レヴァインのプロフィール

スティーブン・レヴァイン。アメリカの瞑想家、作家、詩人。臨死ケアの第一人者。死を目前にした人々の恐怖や悩みのケアを行った。著書に『癒された死』『余命一年だとしたら 残された時間があと一年、と思って生きてみると』『めざめて生き、めざめて死ぬ』ほか。

スティーブン・レヴァインの名言 一覧

あと一時間しか生きられず、たった一人にしか電話ができないとしたら、誰に電話をかけて、何を言いますか?そしてあなたはなぜいま、それをしないのですか?


スティーブン・レヴァインの経歴・略歴

スティーブン・レヴァイン。アメリカの瞑想家、作家、詩人。臨死ケアの第一人者。死を目前にした人々の恐怖や悩みのケアを行った。著書に『癒された死』『余命一年だとしたら 残された時間があと一年、と思って生きてみると』『めざめて生き、めざめて死ぬ』ほか。

他の記事も読んでみる

出口治明

我々は自分たちが持っているカードをきちんと洗い出すべきだ。


本庶佑

教科書がすべて正しかったら科学の進歩はないわけで、教科書に書いてあることが間違っていることはたくさんある。人が言っていることや教科書に書いてあることをすべて信じてはいけない。「なぜか」と疑っていくことが大事だと思っている。


佐々木蔵之介(俳優)

30代の頃は、もっとがむしゃらに「なんかしなあかん」と思っていたんですけど、今は無理をしなくなりました。諦めることは諦める。忘れるという術を身につけましたね。無理をして、ぎりぎりの状態でやっても、自分の能力を発揮できないものです。むしろ逆境でも笑って面白がるほうがいい。2週間しか撮影期間がないと言われても、「やべえ」じゃなくて、「ああそうなんや(笑)」と楽しめるようにはなりました。


大野直竹

社員によく話しているのは、お客様ととにかく長い付き合いをしろと、それで目先のものにあまりとらわれるなということ。やはりこういう商売はお客様の評判が第一。


鈴木茂晴

自分が嫌なことをやっているときは一分でさえ非常に長く感じますが、好きなことをやっているとすぐに時間は過ぎていき、一時間が一分くらいに感じます。やはりいかに楽しく過ごすかが大切で、それは人間の幸福そのものであると思います。


朝倉千恵子

本心を言うと嫌われると思うから、言う前に諦めてしまうんです。でも、言い方さえ工夫すれば、怒るお客様はいません。たとえば「ひとつだけお聞きしてもいいですか」などと前置きしたうえで、「今日の話で、商品に対する興味を抱いていただけましたか」と聞いてみる。その際、「悪いけど興味ないわ」と言われたら、「どんな商品なら興味がありますか」と踏み込む。オブラートにばかり包んでいるから、回数を重ねても最後には断られてしまうのです。「本心には無駄がない」ということを知って、踏み込むことが大切です。


森川亮

「積み上げ式」の発想では、すぐに「無理」という結論になりやすい。現在(の実力)からではなく、未来から考えましょう。何が必要なのかを洗い出し、それを行えば達成できるプランを作るのです。まずは高い目標を掲げて、そこから逆算し、工程を細かく分解して、ブレークダウンする。


木暮太一

自分の価値を高めるには、自主練を終えて本業の時間が始まったら、それに全精力を注ぐことが大切だ。


昆政彦

米国は移民の国で人種のるつぼですから、もともと価値観の前提が違った人たちが集まってくる。そこを取りまとめるには好き嫌いではなく、タスクでまとめた方がチームとしてまとまります。これは米国や欧州、中国などの様々な国をまとめる上でも、タスクを中心にした方がやりやすい。ただ、日本はずっと同じ民族で来て、同じ価値観を醸成することで育ってきた人たちですから、最後はタスクうんぬんよりもハートなんです。


齋藤直美

ものすごく心配性な女性の後輩がいました。あれこれ考えすぎて、行動が遅いから仕事が期日に間に合わない。それを本人も弱みだと思って、ずっと悩んでいたんです。心配性どころかアナタはリスクマネジメントの女王だと私は彼女に言いました。そして、気配りできることは大きな長所なんだから悩むことはないと、リフレーミングの指導をしたら、彼女は別人のように積極的に行動するようになった。


徳川家康

およそ人の上に立って下の諫(いさ)めを聞かざる者の、国を失い、家を破らざるは、古今とも、これなし。


武井俊文

組織に対する甘えの姿勢を変えるには、社員一人一人に自立を促し、責任感を持たせるしかありません。当社でも作り直しトラブルの件数は減ってきており、しつこく言い続けてきた効果がようやく浸透してきた面もあるのでしょう。