名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

スティーブン・トルドーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スティーブン・トルドーのプロフィール

スティーブン・トルドー。アメリカの臨床心理士。貧困家庭に生まれ、11歳からドラッグに溺れ薬物依存症になる。弟の自殺を機に薬物依存症を克服し大学に入学。心理学の博士号を取得。その後、臨床心理士として活躍。著書に『優しいのに無敵 弱肉強食社会のなか、あたたのままで成功する行動メソッド34』。

スティーブン・トルドーの名言 一覧

人は、運命の犠牲者ではなく、人生のすべて、周りのすべてと愛と喜びを分かち合える、幸せな成功者になるために生まれてきている。


本当のあなたとは、肉体でも、トラウマでも、知識でも、人生経験でもない。それをすべて取り去ったところにあるものこそが、本来のあなた。愛する人が自分の目をじっと見つめてくる、そのなかに感じるものこそがあなたのコアセルフ(根源的自己)なのです。


私は経済的にとても貧乏な家に生まれました。小さい頃からいじめられていたし、周りの環境も劣悪でした。11歳でドラッグを始め、その依存症が酷くなるにつれ、自分が運命の犠牲者だという思いに駆られていました。弟が自殺したとき、私の心は壊れました。でもそのどん底のなか、なぜか心の奥から「生きる!」という決心が湧いてきた。そしてドラッグを止めて3か月後に日本の武道と出会った。それが、今の私の原点です。自分はどういう人間に、大人になりたいのか、武道が私の基盤を作ってくれた。


元ドラッグ依存症で、無学なバイク乗りの私が大学に入るというのは、とても大きなことでした。でも勇気を出して飛び込んでみると、思った以上に勉強が楽しくて、36歳で心理学者の博士号を取ることができた。でも私は、出世して偉い人になろうとはまったく思わなかった。他の人とはまったく違う心理学者になろうと思った。自分の本来の姿、飾らないラフな自分を維持したまま、それにプラス、教育を受け直すことができた者として、苦しみ傷ついている人たちにこそ寄り添う心理学者になろう、と。


たとえ明日、これまで培ってきたものすべてをなくしたとしても、何度でも立ち上がる自信があります。そして、それはあなたにも必ずできるのです。そう、何度焼き尽くされても灰のなかから蘇り、より美しく強くなって飛翔する伝説の火の鳥のように。なぜなら、あなたも私も、本来の自分=コアセルフ(根源的自己)は完璧だから。


今、どうして社会が病んでいるのか。それはあまりにも消費が凄すぎるからです。心に開いた穴を消費で埋めようとする。でも、そうやって消費すればするほど、じつは心の穴は大きくなっていく。だから、その逆を考えればいいのです。誰かに愛情を与える、助ける。消費ではなく、生産する。そうすることによって、穴はどんどん小さくなっていく。つらい、寂しい、悲しかった絶望と諦めの人生が、のびのびと自由で、大いなる喜びと幸せに溢れるものに変わっていく。


たとえばゴミ収集車の人たちは、午前2時に起きて、町中のゴミを集めてきれいにしてくれています。コアセルフ(根源的自己)を持っている人はきちんと仕事をします。そうでない人は、酔っぱらってやっています。お寿司屋さんでも同じです。すばらしい寿司職人はコアセルフで握る。でもコアセルフがない人は、ただ機械のように握って、寿司への愛情がまるで感じられない。とはいえ高級な寿司店ではなく、始終忙しく働かなければいけない回転寿司のお店であっても、やろうと決めれば愛情を示すことができるんです。つまり、本当の幸せ、真の成功とは、仕事の種類やポジションの上下ではなくて、その人の姿勢、コアセルフを持っているかいないかで決まる。


スティーブン・トルドーの経歴・略歴

スティーブン・トルドー。アメリカの臨床心理士。貧困家庭に生まれ、11歳からドラッグに溺れ薬物依存症になる。弟の自殺を機に薬物依存症を克服し大学に入学。心理学の博士号を取得。その後、臨床心理士として活躍。著書に『優しいのに無敵 弱肉強食社会のなか、あたたのままで成功する行動メソッド34』。

他の記事も読んでみる

中原淳

よく指摘されるように、日本企業では「成果の報酬は、次の仕事の面白さで払われる」という特質があります。たとえば、多くの人を巻き込んで。プロジェクトをやり遂げた経験が、より大きな経験を呼び込むための資本として機能するのです。また、そうした経験を通して得た人間関係がきっかけになり、別の新しい仕事へ声がかかる、という可能性もあるでしょう。


隈研吾

愛情に基づく思いの丈が届けば「希望はよく分かる。でもこのやり方では無理だからこう変えないか」と、相手が足りないところを補ってくれる。それが自分の小さい枠より大きな仕事につながります。逆に「100%、これが正しい。この通りにやれ」と押しつけたら誰からも返事は来ない。そもそも現実には100%なんてあり得ません。


西山昭彦

仕事では「評価」以上に「評判」が大事。年代や役職が上がるほど、多くの部下の面倒を見ることになります。その人に部下を預けても大丈夫かと、人柄を見ないといけない。だから人事考課では評判を判断材料にするんです。


北島義俊

新しい事業を取り入れていかなければ、成長はできない。印刷業は「本業」ではなく、そこから新しい価値を生み出していく「祖業」だと思っています。


坂根正弘

なかでも重要なのはバッドニュースの見える化です。悪い報告が上にあがってこないと、問題が見えにくくなり変化が遅れます。その意味でバッドニュースの可視化は、会社の変革に欠かせない条件といえるでしょう。ただし、掛け声だけで悪い知らせが上がってくるようにはなりません。仕組みづくりが必要です。


林望

手紙に限らず、相手のことを思い浮かべ、語りかけるように書くということが文章の骨法。


松井道夫

バブルが崩壊して日本企業が競争力を失い、ここまで落ちぶれるとはね。バブル当時、ほとんどの人は想像できなかった。でも、僕の知る限り、3人だけ未来を正確に予想していた人がいたのです。経済同友会の喫茶室で会った、高度成長期に社長をされたご老人たちでした。名前はいいませんが有名な方。いずれの方も10年以上、経営のトップを務められた方ばかりでした。彼らは「日本の経済は三流になる。なぜなら民間が官僚化していくのだから」と語っていた。バブル真っ盛りにですよ。当時の僕は正直意味が分からなかったんだけど、今から振り返ってみると核心をついていました。現実にその後、経営者のメンタリティーがこぞって官僚化し、多くのトップが無責任になることで、失われた30年になってしまった。皆さんご存じの通りです。これは仕組みが悪いんです。今や社長の任期は3年程度。しかも会長や相談役など上司がいて責任が分散されている。1990年ぐらいまでは、社長が全責任を負って10年以上もトップをやっていた。会長なんて冠婚葬祭係でしたよね。社長が他の人から頭をなでられるというシチュエーションはなかったんですよ。そこに経営に対するプライドなり、尊厳があった。


古川武士

何も考えないぼんやりした時間はあっていいはずです。ただ、際限なくやってしまうと、真面目な日本人の気質としては罪悪感を持ってしまうのでしょう。対策としては、戦略的にダラダラ時間をもうけること。例えば、タイマーをかけて、昼休みやちょっとした隙間の時間にオフィスで仮眠してしまうのです。外出していたら、カフェなどでやはりタイマーをかけて小休止すればいい。確信犯的に実行すれば罪悪感はなくなるし、短時間でも目を閉じて情報を遮断すればリラックスして、その後の仕事もはかどります。


中本晃

リーマンショック後の需要急減で業績が悪化してしまいました。売上高が急減すると想定し、緊急措置で経費を削減したことで、この時は、何とか利益を確保しています。しかしR&D(研究開発)費用には手を付けていません。


大久保尚武(積水化学工業)

社長に就任してから組織図も変えました。社長を一番下に置き、一番上に営業所を持ってきました。顧客の声はまず営業所に入り、次いで工場や事業部に来ます。本社や社長に届くのは最後。そうした情報の流れを組織図に反映させたわけです。主役は現場ということを伝えたかったんですね。


井上和雄

大学に入ってから、かわいがってもらっていた近所のお寺のお坊さんに「男は人生のうちに3つ大きな喧嘩をするんだ」と言われました。聞き流していたら、それでおしまいですが、実はその言葉が会社に入ってからもずっと、頭に残っていました。自分の信念を曲げずにきっちり通すということを、お坊さんは言いたかったと思うんです。その言葉がありがたかったのは、自分に緊張感を持たせてくれたことでした。


小倉昌男

富の再分配という救いの手を差しのべられている割には、ゆとりのある暮らしをしている人間がいる。みんながみんなそうだとは言わないが、たとえば公的な補助金を受け、税金もあまり払っていないと思われる農家のガレージに自家用車が二台も三台も並んでいたりすれば釈然としないのも当然だろう。公営住宅でも年収の上限があってお金持ちは住めないことになっているにもかかわらず羽振りよさげに高級な外車を乗り回している人間が居座って出て行こうとしないといったことが良くあるらしい。弱者を保護する社会の仕組みを逆手にとってうまい汁を吸っている人間が大勢いるわけだ。