名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

スティーブン・トルドーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スティーブン・トルドーのプロフィール

スティーブン・トルドー。アメリカの臨床心理士。貧困家庭に生まれ、11歳からドラッグに溺れ薬物依存症になる。弟の自殺を機に薬物依存症を克服し大学に入学。心理学の博士号を取得。その後、臨床心理士として活躍。著書に『優しいのに無敵 弱肉強食社会のなか、あたたのままで成功する行動メソッド34』。

スティーブン・トルドーの名言 一覧

人は、運命の犠牲者ではなく、人生のすべて、周りのすべてと愛と喜びを分かち合える、幸せな成功者になるために生まれてきている。


本当のあなたとは、肉体でも、トラウマでも、知識でも、人生経験でもない。それをすべて取り去ったところにあるものこそが、本来のあなた。愛する人が自分の目をじっと見つめてくる、そのなかに感じるものこそがあなたのコアセルフ(根源的自己)なのです。


私は経済的にとても貧乏な家に生まれました。小さい頃からいじめられていたし、周りの環境も劣悪でした。11歳でドラッグを始め、その依存症が酷くなるにつれ、自分が運命の犠牲者だという思いに駆られていました。弟が自殺したとき、私の心は壊れました。でもそのどん底のなか、なぜか心の奥から「生きる!」という決心が湧いてきた。そしてドラッグを止めて3か月後に日本の武道と出会った。それが、今の私の原点です。自分はどういう人間に、大人になりたいのか、武道が私の基盤を作ってくれた。


元ドラッグ依存症で、無学なバイク乗りの私が大学に入るというのは、とても大きなことでした。でも勇気を出して飛び込んでみると、思った以上に勉強が楽しくて、36歳で心理学者の博士号を取ることができた。でも私は、出世して偉い人になろうとはまったく思わなかった。他の人とはまったく違う心理学者になろうと思った。自分の本来の姿、飾らないラフな自分を維持したまま、それにプラス、教育を受け直すことができた者として、苦しみ傷ついている人たちにこそ寄り添う心理学者になろう、と。


たとえ明日、これまで培ってきたものすべてをなくしたとしても、何度でも立ち上がる自信があります。そして、それはあなたにも必ずできるのです。そう、何度焼き尽くされても灰のなかから蘇り、より美しく強くなって飛翔する伝説の火の鳥のように。なぜなら、あなたも私も、本来の自分=コアセルフ(根源的自己)は完璧だから。


今、どうして社会が病んでいるのか。それはあまりにも消費が凄すぎるからです。心に開いた穴を消費で埋めようとする。でも、そうやって消費すればするほど、じつは心の穴は大きくなっていく。だから、その逆を考えればいいのです。誰かに愛情を与える、助ける。消費ではなく、生産する。そうすることによって、穴はどんどん小さくなっていく。つらい、寂しい、悲しかった絶望と諦めの人生が、のびのびと自由で、大いなる喜びと幸せに溢れるものに変わっていく。


たとえばゴミ収集車の人たちは、午前2時に起きて、町中のゴミを集めてきれいにしてくれています。コアセルフ(根源的自己)を持っている人はきちんと仕事をします。そうでない人は、酔っぱらってやっています。お寿司屋さんでも同じです。すばらしい寿司職人はコアセルフで握る。でもコアセルフがない人は、ただ機械のように握って、寿司への愛情がまるで感じられない。とはいえ高級な寿司店ではなく、始終忙しく働かなければいけない回転寿司のお店であっても、やろうと決めれば愛情を示すことができるんです。つまり、本当の幸せ、真の成功とは、仕事の種類やポジションの上下ではなくて、その人の姿勢、コアセルフを持っているかいないかで決まる。


スティーブン・トルドーの経歴・略歴

スティーブン・トルドー。アメリカの臨床心理士。貧困家庭に生まれ、11歳からドラッグに溺れ薬物依存症になる。弟の自殺を機に薬物依存症を克服し大学に入学。心理学の博士号を取得。その後、臨床心理士として活躍。著書に『優しいのに無敵 弱肉強食社会のなか、あたたのままで成功する行動メソッド34』。

他の記事も読んでみる

藤沢武夫

物価が倍々と上がってゆくような、戦後のインフレの時代では、多少持っていた戦前からのお金もどんどん消えてゆく状況だったが、でも私は、自分の一生をかけて、持っていた夢をその人と一緒に実現したいという気持ちだった。そこから私はスタートしたんです。


大串卓矢

友人と月1回集まり、植林のNGO活動に参加していたのですが、経済観念の薄い人が多く、それでは本当の意味で環境問題は解決できない。会計士として環境問題を見る重要性を再認識しました。


富永香里

先日、10年前にお会いした人から、「あなたから買いたい」という連絡がありました。棚からぼた餅みたいだけど、本当は私が棚に上げておいたんですよね。ぼた餅は、棚に上げなきゃ落ちてこない。「営業とは何かを売りつけることじゃない。知り合いを増やすことだ」。これくらい能天気に構えていれば、営業という仕事が好きになると思います。


草開千仁

今の当社に求められているのは、予測の精度を自慢することではありません。サポーター(一般の情報提供者)に感謝し、技術を高める努力をすることです。


藤田晋

「○○と言えばあいつ」というキャラは、分かりやすさという点で持っていた方がいいでしょう。特にピラミッド型組織の下層にいる20~30代の場合、キャラを持っていると「このケースではあいつが適任だ」と抜擢されやすくなる。頭角を現す武器として、キャラが役に立ちます。


ジェフ・ベゾス

失敗しても後悔しないのはわかっていた。しかし、試さなかったら後悔していただろう。


古森重隆

一流の人材は育てようとしても育てられるものではありません。自分で伸びてもらうしかない。仕組みとしてできることは、仕事のパフォーマンスに対する評価をきっちりフィードバックすることだと思います。


田中和彦

予定を1時間単位で組むことが習慣になっている人が多いが、それがダラダラ仕事をする原因になっている可能性が高い。「15分単位」で細かく区切って予定を入れるようにすると、1日に処理できる仕事の件数が格段に増える。


小路明善

数字やデータだけで決断できるなら、コンピュータにやらせればいい。でも、商品の味やパッケージをよいと思うかどうかは、感性の世界です。そこは人間にしか判断できないこと。そして感性を磨くには、マーケットに出てお客様や流通関係者の方の生の声を繰り返し聞くしかない。私も社内の会議は月曜にまとめて入れるようにして、火曜から金曜は外へ出てマーケットに足を運ぶようにしています。それを積み重ねることでしか、自分の感性に自信をもつことはできませんから。


小林大輝(小説家)

ここまで長い小説を書いたのは初めてでした。中学生の頃から日記みたいに書いていた文章、それが小説に変形してきたんです。自分が言いたいことを言うために、僕はこう思うというより、登場人物が何かを言う方が適しているんじゃないかなと。だから意識のなかでは「小説を書こう」とは思っていないんです。


桜井博志

社長を引き受けたとき最初は本当に苦労しました。「自分なら立て直せる」と考えていましたが、いくらやってもうまくいかない。死亡保険金を目当てに自殺しようかと思い詰めた時期もありました。でも、死ぬ前に、やれることをやってみよう。目の前の常識を疑い、新しい挑戦をしてみよう。そう考えて挑戦したのが「獺祭(だっさい)」でした。


黒土始

社是は会社の憲法。これをしっかりと社員に伝えていくことで、労使の信頼関係が固まっていく。