スティーブン・トルドーの名言

スティーブン・トルドーのプロフィール

スティーブン・トルドー。アメリカの臨床心理士。貧困家庭に生まれ、11歳からドラッグに溺れ薬物依存症になる。弟の自殺を機に薬物依存症を克服し大学に入学。心理学の博士号を取得。その後、臨床心理士として活躍。著書に『優しいのに無敵 弱肉強食社会のなか、あたたのままで成功する行動メソッド34』。

スティーブン・トルドーの名言 一覧

人は、運命の犠牲者ではなく、人生のすべて、周りのすべてと愛と喜びを分かち合える、幸せな成功者になるために生まれてきている。


本当のあなたとは、肉体でも、トラウマでも、知識でも、人生経験でもない。それをすべて取り去ったところにあるものこそが、本来のあなた。愛する人が自分の目をじっと見つめてくる、そのなかに感じるものこそがあなたのコアセルフ(根源的自己)なのです。


私は経済的にとても貧乏な家に生まれました。小さい頃からいじめられていたし、周りの環境も劣悪でした。11歳でドラッグを始め、その依存症が酷くなるにつれ、自分が運命の犠牲者だという思いに駆られていました。弟が自殺したとき、私の心は壊れました。でもそのどん底のなか、なぜか心の奥から「生きる!」という決心が湧いてきた。そしてドラッグを止めて3か月後に日本の武道と出会った。それが、今の私の原点です。自分はどういう人間に、大人になりたいのか、武道が私の基盤を作ってくれた。


元ドラッグ依存症で、無学なバイク乗りの私が大学に入るというのは、とても大きなことでした。でも勇気を出して飛び込んでみると、思った以上に勉強が楽しくて、36歳で心理学者の博士号を取ることができた。でも私は、出世して偉い人になろうとはまったく思わなかった。他の人とはまったく違う心理学者になろうと思った。自分の本来の姿、飾らないラフな自分を維持したまま、それにプラス、教育を受け直すことができた者として、苦しみ傷ついている人たちにこそ寄り添う心理学者になろう、と。


たとえ明日、これまで培ってきたものすべてをなくしたとしても、何度でも立ち上がる自信があります。そして、それはあなたにも必ずできるのです。そう、何度焼き尽くされても灰のなかから蘇り、より美しく強くなって飛翔する伝説の火の鳥のように。なぜなら、あなたも私も、本来の自分=コアセルフ(根源的自己)は完璧だから。


今、どうして社会が病んでいるのか。それはあまりにも消費が凄すぎるからです。心に開いた穴を消費で埋めようとする。でも、そうやって消費すればするほど、じつは心の穴は大きくなっていく。だから、その逆を考えればいいのです。誰かに愛情を与える、助ける。消費ではなく、生産する。そうすることによって、穴はどんどん小さくなっていく。つらい、寂しい、悲しかった絶望と諦めの人生が、のびのびと自由で、大いなる喜びと幸せに溢れるものに変わっていく。


たとえばゴミ収集車の人たちは、午前2時に起きて、町中のゴミを集めてきれいにしてくれています。コアセルフ(根源的自己)を持っている人はきちんと仕事をします。そうでない人は、酔っぱらってやっています。お寿司屋さんでも同じです。すばらしい寿司職人はコアセルフで握る。でもコアセルフがない人は、ただ機械のように握って、寿司への愛情がまるで感じられない。とはいえ高級な寿司店ではなく、始終忙しく働かなければいけない回転寿司のお店であっても、やろうと決めれば愛情を示すことができるんです。つまり、本当の幸せ、真の成功とは、仕事の種類やポジションの上下ではなくて、その人の姿勢、コアセルフを持っているかいないかで決まる。


スティーブン・トルドーの経歴・略歴

スティーブン・トルドー。アメリカの臨床心理士。貧困家庭に生まれ、11歳からドラッグに溺れ薬物依存症になる。弟の自殺を機に薬物依存症を克服し大学に入学。心理学の博士号を取得。その後、臨床心理士として活躍。著書に『優しいのに無敵 弱肉強食社会のなか、あたたのままで成功する行動メソッド34』。

他の記事も読んでみる

川崎秀一

我々が何と言おうと、上から目線でモノを言ってもダメ。人の腹に落ちないと、人の行動は変わりません。ですから、常にわかりやすい言葉で説明し、人それぞれの長所を伸ばしていってあげたい。


羽根拓也

長期的な成長を続けるために交配は不可欠だ。単一生物が同じDNAを持ち続けていたら進化が破綻するのは生物世界では常識。異なる種が交配してきたからこそいまに至っている。企業もまた同じことが言えるはずだ。


梶村尚史

朝スッキリ気持ちよく目覚められる身体になるには、「睡眠時間のリズム」をきっちり決めておくことが大切です。そうすることで、睡眠のタイミングと生理機能のリズムが一致して、「ぐっすり眠って、スッキリ起きる」サイクルが恒常化していきます。


横須賀てるひさ(横須賀輝尚)

やはりライバルの多い資格は苦労します。その点マイナーでニッチな資格なら、稼げるチャンスは十分にあります。分厚い資格本からどれがいいかと探す人も多いのですが、それよりも、今後どんな業界のニーズが高まるのか、自分にあった資格はどんなものか、という情報を得ることが大切です。


田中孝雄

やはりリスクをしっかりと評価し、それに応じた価格で受注することに尽きる。


武田建

スポーツチームのコーチは選手の悪いところを目の敵にして減らそうとする。コーチである以上、間違いは指摘しなくてはならない。だが、欠点克服の良薬は実は長所を伸ばすことにある。良いプレーが増えれば、次第に悪いプレーの数は減っていく。なにもスポーツに限らない。上司が部下を、親が子を教えるときにも同じことが言えないだろうか。


久水宏之

社員一人ひとりにとって、チャレンジを通して成長する機会が与えられることは充実感と元気のもとになる。


三神良三

チャンスをつかむためには、何か一つ努力しておくことだ。宝くじでもとにかく一枚でも二枚でも買っておかなければ当たらない。


津谷正明

当社は経営体制を刷新し、社長という仕事を経営戦略を担うCEO(最高経営責任者)と事業全般を担うCOO(最高執行責任者)に分けました。さらに会長が取締役会・株主総会議長を務めます。取締役会は国会みたいなもので、そこの議長は中立であるべきです。だから当社会長には代表権がありません。一方、私をはじめとする執行部はいわば内閣、監査が司法のような存在です。言い換えれば三権分立。チェック・アンド・バランスがよく機能する仕組みに変えました。


宮嶋茂樹

死んだ経験は、まだ、ない。怪我もしたし、病気にもなった。正直、痛いのは嫌いである。だが、死とはその数千倍も痛いのであろう。だから死ぬのは怖い。私は臆病なのである。


俣野成敏

部署の人間が残業しているのに、自分だけ帰るのは気が引けるという声を耳にします。こうした方々には、「思い切って慣れ合うのをやめよう」といったアドバイスをしたいと思います。たとえ、「チームの和を乱す」と陰口を叩かれようと、気にせず「お先に失礼します」と言って帰りましょう。残業が常態化した人たちに合わせていては、いつまで経っても仕事を効率的にこなすクセはつきません。もしも、今の残業体質の職場に少しでも違和感を抱いているのなら、「自分がこの状況を変える」くらいの気概を持って欲しいものです。


小泉文明

「とりあえず、全員参加で開かれた会議」は、全く意味がない。情報共有のためだけに時間をかけ、何も発言せずにただ参加しているだけの出席者が多い会議はムダ。大事なのは活発な議論です。当社は、参加者が10人以上で情報共有が前提になっている会議を廃止しました。様々な意見を徹底的に戦わせているかどうかがポイントで、経営会議も激しい言い合いです。外から見たら、ケンカしているように思われるかもしれません。でも議論を尽くしますから、会議室を出た瞬間に合意内容の実現に向かって全員が手を取り合っていける。「あの意思決定、実は納得してなくてさ……」といった不満を漏らすメンバーはいない。


植田統

仮説構築は難しくありません。世の中で起きることは、たいてい常識の範囲内。突拍子もないことなど、なかなか起こりません。過去にビジネスの世界で起きたことを知っていれば、大方の予想はつきます。


牛窪恵

職場でさとり世代の力を引き出すには、まずは小さなことでいいから「成功体験を積ませること」が何より大事です。コスパ(コストパフォーマンス)重視のさとり世代にとって、「達成感」は大事なキーワード。「自分はここまでやれた」という達成感を得られれば、その仕事に費やした時間や労力も無駄ではないと思えるようになります。


ジェームズ・ダイソン

新製品が出来上がると、まず日本のお客様に使ってもらっています。これが非常に勉強になります。エンジニア自らが家庭を訪問し、掃除機を使っている様子を見ながら、なぜそのような動きをするのか、問題点はないかといったことを聞きます。エンジニアが直接意見を聞くプロセスが非常に大事なのです。決して外部へ委託することはありません。


ページの先頭へ