名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

スティーブン・セアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スティーブン・セアのプロフィール

スティーブン・セア。「ギャップジャパン」社長。米百貨店、米ギャップ、ユニクロUSAなどを経てギャップジャパン社長に就任。

スティーブン・セアの名言 一覧

私たちは、一人一人の違いをシェアする義務がある。


個性を尊重した結果、組織がバラバラになってもいけません。キーワードは権限委譲で、意思決定をする上で責任を伴うと一人一人に認識してもらうことだと考えています。


ファッションも社員に対しても、私たちが押し付けるのではなく、個性を生かした提案をする。個性の尊重をサポートする存在になることが、私たちの望み。


私たちはデニムフライデー(金曜日にデニムを取り入れたカジュアルな服装で勤務することを提唱するプロジェクト)を始めましたが、仕事の服装も多様な個性があって良いはず。自分らしくいることは自信になるので、その人らしい服を着ることで自信を得て欲しいのです。


私たちは個性や多様性を尊重しています。なぜなら、様々な個性を持つ社員が、それぞれの「違った視点」を持ち寄ると、新たな解決策が生まれるからです。多様な個性の持ち主が協力体制を組むことは、組織にとってもメリットであり、価値を生みます。


スティーブン・セアの経歴・略歴

スティーブン・セア。「ギャップジャパン」社長。米百貨店、米ギャップ、ユニクロUSAなどを経てギャップジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

宗次徳二

一人のケースはみんなのケースです。一店で起きた失敗は全店で起こり得ます。


柴田励司

日本人は言語技術でハンデがあるからこそ、会議では明確な意思決定を心がけるべき。それだけで仕事の生産性は格段に上がるはずです。


吉岡知哉

大学は一番根本まで遡っていろいろなことを考える場所。10年、20年、あるいはもっと先になって生きてくる事柄も考えなければならない。あるいは、歴史の中で物事を考えるというのは、大学でなければできない。


佐々木毅

周辺の「長くやってください」は「おはようございます」程度の意味合いでしかない。


冨山和彦

ローカルの世界では、グローバルの世界のように複雑で最先端な戦略論は求められない。サービス業などの現場型の事業が多いので、真面目にコツコツとPDCAを回し続け、オペレーショナルエクセレンスを実現するほうが大事。


堤剛

ヤーノシュ・シュタルケル先生と指導者のあるべき姿について話をした時、先生がおっしゃったのが「生徒が何かを望んでいたら、それをすぐに出せるようでないといけない」という言葉です。つまり、指導者は博覧強記の「resource person」になる必要があると。齋藤秀雄先生は「引き出し」という言葉をお使いになりましたが、意図するところは同じです。生徒が最も必要としているものを最も効果的な方法で見つけ出し、一緒になって解決なり結果なりへと導いていく――。と考えると、教えることは、演奏と同じくらい創造的な活動なんですね。


北浦明雄

名言から学ぶことに加え、名言によって自分の決断や選択を確かめる機会も得た。社長業は人に相談がしづらい。不安とプレッシャーも大きい。しかし、先人たちの名言に触れると、「これでいいんだ」と確認できて、安心できる。


出原洋三

駄目な事業を売り、必要な事業を買って、ポートフォリオを入れ替える。そういう発想を身につけて、本社に帰ってきました。本社でずっとぬるま湯に浸かっている人には、厳しい現実はわからないでしょう。
【覚書き|本社から離れて、複数の赤字子会社の立て直しを行ったことを振り返っての発言】


上西京一郎

開園から33年で6億7000万人を超える方々に訪れていただいた背景には、「クチコミ」効果があると思う。宣伝も刺激剤としては重要だが、入園者の声に勝るものはない。


飯島彰己

気をつけるべきことは、その国の発展にいかに貢献していくか、それだけです。ウィン・ウィンの関係を築きましょうと。それによって相手国を豊かにし、日本も豊かになります。


中田亨

それぞれのサイトのセキュリティの強さも判断すべきです。もしパスワードが4桁しかなく、しかも間違っても回数無制限でやり直せるようなサイトは非常に危険。サイトの運営がずさんな場合もあります。たとえばパスワードにハッシュをかけずに保管しているサイトがあります。ハッシュとはパスワードを元に戻らない形に変形する処理のことで、これをかけるのは情報管理の基本ですが、それすらしていないサイトも多く、大手企業にも見受けられます。また、お金を盗まれることが不安なら、クレジットカードやネットバンキングの限度額も見直しておくべきです。


今西頼久

不動産事業を営む上では、お客さまの表向きの情報だけでなく、積み上げてきた歴史や過去の取引といった情報も知っている必要がある場面があります。この点はファミリービジネスと相性が良いのです。例えば「先代はこういうアプローチをしたから、今度はこの手で行こう」という対応も、父の代を深く知るからこそできることです。