名言DB

9413 人 / 110706 名言

スティーブン・キングの名言

twitter Facebook はてブ

スティーブン・キングのプロフィール

スティーブン・キング。アメリカの小説家。メイン州ポートランド出身。メイン大学在学中に書いた小説『鏡の床』が『スタートリング・ミステリー・ストーリーズ』誌に掲載される。大学卒業後、教師になろうとしたが働き口が見つからず、クリーニング店で働きながら小説を売って生活する。メイン州の公立高校の英語教師になるも薄給のため困窮する。小説『キャリー』が映画化されるほどヒットし小説家となる。その後数々の名作を発表した。

スティーブン・キングの名言 一覧

何事であれ、自分に才能があるとなれば、人は指先に血がにじみ、目の球が抜け落ちそうになるまでそのことにのめり込むはずである。


スティーブン・キングの経歴・略歴

スティーブン・キング。アメリカの小説家。メイン州ポートランド出身。メイン大学在学中に書いた小説『鏡の床』が『スタートリング・ミステリー・ストーリーズ』誌に掲載される。大学卒業後、教師になろうとしたが働き口が見つからず、クリーニング店で働きながら小説を売って生活する。メイン州の公立高校の英語教師になるも薄給のため困窮する。小説『キャリー』が映画化されるほどヒットし小説家となる。その後数々の名作を発表した。

他の記事も読んでみる

佐藤綾子(心理学者)

「あの人が言うから、本当だ」「あの人が言うからたいしたことではあるまい」。どちらも、会社や団体でもよく聞こえてきそうな発言です。語り手が醸し出す信憑性、つまり本当らしさや信用は、プレゼンの中では最も付け焼き刃が利かないことです。


杉本隆一郎

会社で印刷した年賀状にありきたりの挨拶が書かれた年賀状には、正直、感じるものが何もない。同じ一言のメッセージでも、共通のエピソードや仕事上のトピックなどが書かれていると「私のことを想像して書いてくれたのだな」と温かい気持ちになる。仕事の相談をするなら、そんな人にお願いしたい。中には、「字が汚いから、手書きのメッセージは苦手」という人もいるかもしれません。でも、丁寧に書かれていたら気にならない。むしろ、そこから人となりが伝わってきます。


西本甲介

席を残したままではつい口を出してしまう。それでは会社の将来にとってよくありません。
【覚え書き|会長を退いた後の発言】


米倉誠一郎

企業にとって、何のために存在するのかというミッションは非常に重要だ。もしこれがないと海図なき航海のようなもので、企業はどこに進んでいいか分からない。


ジョン・テンプルトン

みんなが売ろうとしているときに買い、みんなが買おうとしているときに売るのは強靭な精神力がいる。


中嶌武夫

「なろう」と強く思わなければ、日本一にはなれません。


上川隆也

ビジョンどころか、先のことなんか考えたこともなかったし、目的意識もなく、達成すべきゴールも伴わないまま、劇団で仲間と芝居していることが楽しくて仕方なかった。


堀之内九一郎

失敗の原因がはっきりしたからには、その「逆」をやればいいだけの話。「逆」をやるようになった私は、やることなすことというほどに成功を得られるようになった。


上野金太郎

販売店に寄せられたお客様の声が、確実に我々にフィード・バックされています。メルセデス・ケアという新車の3年間保証のサービスも、販売店からのフィード・バックを受けてつくったものです。


前田勝之助

何千年と受け継がれた過去の知恵に秘められた思想からは、何か得るものがあるはず。まず先人を尊び、彼らがたどってきた歴史的、知的所産をなぞってこそ、本当に新しい道を見出していけるのだと思います。


高橋理子

在学中もファッションデザイナーを目指していたので、日本のファッションデザイナーとして世界に出ていきたいのならば、自分の国の衣服のことを知らないのは恥ずかしいことだと考え、着物を学び始めました。


飯沼浩

常に加盟店の持つ力との相乗効果を意識しながら、最大限の結果を導き出すための努力を、本部はしなければならない。


丸山輝

これまで様々な事業を経験しましたが、今の仕事は「人が煩わしいと思うこと、やりたくないと思うこと」も多い。しかしだからこそ、市場は拡大しているし、非常にやりがいもあると感じています。


福原義春

企業もまた大きな社会の流れの中にいます。事業を拡大し、利益を上げるのは、経済主体として当然の行動ですが、それだけでは十分ではありません。我々は何のために存在するのか、というアイデンティティをしっかり持てない企業は、パラダイムの転換の中で振り回され、やがて衰退の道をたどるでしょう。


井阪隆一

実はセブンのコーヒーの歴史は、失敗の連続なのです。現在のコーヒーマシンは、4世代目のものです。当初はペーパードリップでコーヒーを淹れていましたが、淹れたてはおいしくても、時間が経過するとどうしても味が落ちてしまう。現場での鮮度管理が非常に難しかったんです。その後も「1杯取り」のカセットタイプ式、圧力抽出のエスプレッソの提供など試行錯誤を繰り返しましたが、なかなか結果が出なかった。しかし、諦めませんでした。節目節目で見直しを続けてきたある日、「またコーヒーに挑戦したい」と言ってきた社員がいたんです。