名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スティービー・ワンダーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スティービー・ワンダーのプロフィール

スティービー・ワンダー。アメリカのミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー。ミシガン州出身。幼い頃から街角でピアノやハーモニカ、ベースの演奏をしていた。11歳のときにオーディションを受け、才能を見いだされる。その後、多くの大ヒット曲を生み出し、世界的ミュージシャンになった。

スティービー・ワンダーの名言 一覧

私に出来るのは、私が出来ることについて、私が出来るベストを尽くすこと。


スティービー・ワンダーの経歴・略歴

スティービー・ワンダー。アメリカのミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー。ミシガン州出身。幼い頃から街角でピアノやハーモニカ、ベースの演奏をしていた。11歳のときにオーディションを受け、才能を見いだされる。その後、多くの大ヒット曲を生み出し、世界的ミュージシャンになった。

他の記事も読んでみる

佐藤隆太

僕は撮影現場で、芝居を模索することが多いんです。常に「これでいいのか、これでいいのか」と悩みながら芝居をする、その連続ですよ。いちど気になると、けっこう引きずりますね。「あれ、さっきのシーンは違ってたかな」とか。


高橋温

ワープロは打つのが楽なだけに、やたら言葉が多くなりがちです。多くなると伝わる情報も少なくなるかというと逆で、言葉が軽くなって乱れ、伝わるものが少なくなってしまいます。


苦瓜達郎

変な話、人より10倍先が見える人より、常に半歩先を行ける人のほうが10倍儲かるシステムなわけですよね、株というのは。なんだけど、人より半歩先にいるためにやることってなんだろうという話で。たぶんそれは積みあがらないスキルであって、私とは縁のない世界。


草開千仁

一般の方々から提供された情報を気象予測に活用すべきかどうかでは、社内でも葛藤がありました。「素人の情報なんて当てにならない」という見方をする派閥と、「これからはそうした情報に耳を傾けるべき」という派閥に分かれたのです。しかし決断しました。気象の世界を開放しようと。私も以前はレーダーなどの情報がすべてだという考え方でしたが、実際には降り始めたという情報が非常に重要なのです。そうして一般の方からの情報を予測に反映しようという考え方に完全に切り替えました。気象業界の常識に反するものでしたが、インターネット文化がこうした変化を可能にしたと言えるでしょう。


谷口恒

現在売上高はほとんど自動車関連だが、一極集中体制では会社として成長は見込めない。物流も大きな事業に育て、複数本の事業の柱を作っていく。


内田雅章

親しくなった人から、お客さんや優秀な人材を紹介してもらう――これは人脈がビジネスチャンスを広げた好例です。こうした流れを作るには、自分自身が「人に紹介したい」と思われるだけの信頼のおける、見どころのある人物になることが前提です。たとえば、キャリアがある、話が面白い、多趣味、顔が広い、約束を守る、礼儀正しい、好感が持てるなど、その方向性はさまざまです。


徳重徹

経営者の本気度は社員に感染する。振り返るのも辛いような地獄の半年間は、私に本物の覚悟と経営力を与えてくれた試練の半年間でもあった。


堀之内九一郎

私よりも先に会社に来る社員は一人もいませんが、逆の立場だったら絶対に社長よりも早く出社しますよ。「あざといヤツだ」「点数稼ぎしやがって」と同僚からいわれたとしても全然気になりません。出世する、という目的を達成するためですから。仮に早朝出社を1年続けたとすれば、必ず評価されて給料も上がるし、まわりの社員も何もいわなくなります。だって、1年間、誰よりも早く出社するなんて、そう簡単にマネのできることではないですからね。それを見事にやり遂げている人間に対して、上司も同僚も誰もが評価し、一目置くようになるのは当然のことです。


米山久

よく、中小企業は社長が倒れてしまうと会社が傾くと言われますが、弊社は仮に私が倒れたとしても、大勢に影響はないはずです。むしろ、副社長や常務、財務部長に何かあったときのほうが、会社にとってはよほど深刻でしょう。社長がいなくても会社が回っていくというのが、ある意味理想のかたちだと思っています。


前田新造

資生堂は135年もの歴史を持つ企業です。これほど長い期間存続できたのは、資生堂に対するお客様の篤い信頼があったからこそですが、ここ10年、20年というスパンで見ると、市場シェアは徐々に下がってきていました。いまこそ、お客様の信頼を取り戻さなければならない。組織全体が現場から学び直す姿勢を強く持たなければならない。社長に就任して以来、思い切った改革を進めてきた目的はまさにそこにありました。


野田サトル

僕は北海道出身ですし、この時代を物語の舞台にすると決めた以上、アイヌと向き合うのは必然でした。漫画界ではアイヌは手垢がついてない分野なので、そこでしっかり描けば、そのジャンルを描いた漫画として一番の作品になれる。膨大な資料を読み、大学教授の方々の監修や助言を常にいただいています。北海道のアイヌコタン(集落)やアイヌ協会のみなさんに取材させていただいて一緒に酒を飲んだりもしました。嬉しいことに自分のことを信頼していただき、「サトルくん! ビビらず何でも描け!」と背中を押していただきました。


チャールズ・シュワブ(USスチール)

私はこれまで世界中の様々な大物に会ってきたが、人に褒められて働くよりは、自分に叱られて働いた方がよい仕事ができる。そういう人間には、まだ会ったことがない。