名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スッタ・ニパータの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スッタ・ニパータのプロフィール

スッタ・ニパータ。セイロン(スリランカ)に伝わる南伝仏教のパーリ語経典の一部。スッタは「縦糸(または経)」、ニパータは「集まり」を意味する。

スッタ・ニパータの名言 一覧

底が浅い小川は、音をたてて流れる。
満水の大河は、おのずから静かに流れる。


スッタ・ニパータの経歴・略歴

スッタ・ニパータ。セイロン(スリランカ)に伝わる南伝仏教のパーリ語経典の一部。スッタは「縦糸(または経)」、ニパータは「集まり」を意味する。

他の記事も読んでみる

赤羽雄二

ホワイトボードに記入する際の注意点は、会議参加者の発言を必ず具体的に書くということです。たとえば、ある課題に対して「新たな設備投資が必要で、コスト高になるので反対」という意見がでた時は、「コスト高で反対」と省略せずに必ず反対理由が分かるように記入してください。お互いの見解にズレがあると、議論をまとめる際に余計な時間がかかります。


草野仁

サラリーマンなら皆、自分の仕事について十分わかっているつもりでいます。しかし、普段から自分たちがやっていることの内容や今後の課題、それに対する自分の思いをきちんと頭の中で整理しているかどうか。とっさの場面で即答できるかどうかは、そこにかかっていると思います。


南雲吉則

ガソリンが満タンなのに、10km走るたびに給油する奴がいるかい? それをやっているのが現代人なんだ。腹も空いてない。胃腸には前日食べた物が残っている。内臓脂肪も満載だ。それなのに「朝だから」って朝食をとる。その数時間後には「皆がメシ食いにいくから」って昼食をとる。燃やすべき脂肪があるまま、追加で脂肪をのせてるようなものさ。使うべき脂肪を使ってから、給油しようぜってこと。


孫正義

私は16歳の時に単身アメリカに渡りました。ちょうど高校1年生の1学期を終えたばかりの頃でした。そして、高校1年生のクラスに入りましたが、1週間で2年生に変えてもらい、また3日間で3年生に変えてもらいました。それから、3~4日で3年生も結構だからと編入試験を受けさせてもらって大学へ行きました。日本での高校生活は3か月でしたから、わずか3か月と2週間で大学へ進学したわけです。ショートカットで大学へ行った分苦労しました大学では無茶苦茶勉強しました。私は当時、勉強の量では二宮尊徳に勝ったと思います。


サン=テグジュペリ

人間であるということは、とりもなおさず責任を持つことだ。
人間であるということは、自分には関係がないと思われるような不幸な出来事に対して忸怩(じくじ)たることだ。
人間であるということは、自分の僚友が勝ち得た勝利を誇りとすることだ。
人間であるということは、自分の石をそこに据えながら、世界の建設に加担していると感じることだ。


アルフレッド・アドラー

子供は親が貼ったレッテル、たとえば「しっかりした子」「甘えん坊」「おてんば」「恥ずかしがり屋」などに対して過剰に応えようと努力する。


橋下徹

確かに僕は公人ですし、報道の自由というものは最大限尊重しなければいけないと思っています。だから何を書いてもらっても構わない。しかし、家族や子供のことにまで踏み込むのはどうなのかと問題提起し続けました。それでもバカ週刊誌はまったく聞く耳持たずで、いろいろなことが報道されました。ただ、そうしたなかで現代社会における反論の道具というものが、僕ら政治家にも与えられた。反論の道具が与えられた以上、メディアは一層厳しく公人に迫っていけばいいと思うんです。


山崎和邦

30代半ばまでいた野村証券時代の仲間や、今取引している証券会社の営業マンが教えてくれる情報を参考にしています。同期会など野村証券時代の会合があれば、できるだけ顔を出して、つながりを保つようにしています。


中田敦彦

ご存じのとおり、彼(相方・藤森慎吾)は「チャラ男」キャラ。これは一見、軽薄で薄っぺらいという短所ですが、裏を返せば社交的で柔軟性が高い、という長所です。彼はそれを最大限に生かしています。


中川裕(経営者)

東日本大震災当時はNTT東日本の経営企画部長でしたが、被災した社員も自らインフラ復旧のために率先して動いてくれました。企業にとって最も重要なのは人。それを本当の意味で学びましたね。


泉谷しげる

男は、宵越しの体力は持っちゃいけないよ。明日までとっとこうなんて考えんじゃねえぞ、このやろう。一個限界を超えると、自分でも知らなかった力が伸びてくるもんなんだよ。


赤井益久

教員にも学生を引きつけるキャラクターが求められる。「講義は再現性のないライブ」というのが私の持論。臨場感を大切にして、食い入るように聞かせる講義を実践しなければいけません。どう伝えるか、どう語るかが、特に重要になってきます。