名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スチュアート・ブランドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スチュアート・ブランドのプロフィール

スチュアート・ブランド。米国の作家、編集者。雑誌『ホール・アース・カタログ(全地球カタログ)』創刊者。イリノイ州出身。スタンフォード大学卒業後、軍、ヒッピーなどを経て雑誌『ホール・アース・カタログ』を創刊。同雑誌はDIY運動の啓蒙書となった。バーチャルコミュニティ「WELL(Whole Earth ‘Lectronic Link)」の立ち上げも行った。

スチュアート・ブランドの名言 一覧

パラドックスは私たちが関心を持つ物事の多くを動かしています。パラドックスと矛盾はまったく違います。矛盾はそこで止まってしまいますが、パラドックスは前進し続けます。なぜなら、私たちが片方の側の真実を知るたびに、別の側の真実に背後から捕まえられるからです。


意図する・しないにかかわらず、ミームは最も効果的な形で受け継がれます。たとえば、ウィンストン・チャーチルは首相就任時の議会演説で「血と涙と汗」とは言いませんでした。実際には「血と労苦と涙と汗」と言ったのです。あとの方が響きがいいかもしれませんが、そのうちのひとつの言葉に訴えかける力がなかったのです。だからこれが真似されて広がっていく中で、最適な形に編集されたのです。


オンラインコミュニティを運営するときは、料金を請求できる何か他のものを見つけることが大切です。隣接広告のようなものです。常に情報以外のもので料金を取れるようにする必要があります。


スチュアート・ブランドの経歴・略歴

スチュアート・ブランド。米国の作家、編集者。雑誌『ホール・アース・カタログ(全地球カタログ)』創刊者。イリノイ州出身。スタンフォード大学卒業後、軍、ヒッピーなどを経て雑誌『ホール・アース・カタログ』を創刊。同雑誌はDIY運動の啓蒙書となった。バーチャルコミュニティ「WELL(Whole Earth ‘Lectronic Link)」の立ち上げも行った。

他の記事も読んでみる

牧野正幸

大切なのは、採用時から働き方や評価の仕組みを明確にすること。プロ意識が高くない社員が5割いる状況で、「今日からみんなプロです」と言っても社員は困ってしまう。我々は採用時からしつこく言っています。だから、うちに入ってくる人で、20代からのんびり働きたいという人は1人もいない。


ドナルド・トランプ

1990年代前半に巨額の負債を抱えたとき、これでトランプは終わりだ、つぶれて消えていくだろうと大々的に報道された。数字を見ただけでメディアには明らかにそう思われたのだ。しかし私は自分が終わったとは絶対に思わなかった。あの状況を単純に解決すべき問題ととらえ、行動を起こした。


北野宏明

我々がロボット事業を再び手がけるのは、機が熟しつつあるという認識に基づくものだ。企画している製品には、まだ市場が存在しないような、まったく新しいジャンルの製品もある。市場がどんな方向性で発展するかわからないため、「単発」での勝負は考えていない。複数の製品を次々と展開していく予定だ。そうした製品群が、他社製品やサービスも含めてネットワークで連携することで、全体のサービスがより充実していくという「エコシステム」をつくっていきたい。「点」ではなく、「面」で展開していくイメージをもっている。


鈴木喬(経営者)

私が20代でどこかの会社に新人として入ったとしましょう。まず考えるのは、その会社は将来潰れる可能性が高いということです。大企業であればあるほど潰れる確率が高い。だから自分の腕を磨いて「100万ドルプレーヤー」を目指します。いずれ起業するかもしれません。そのためにも、仕事を通じて早く「数字感覚」を身につけて、つぶしが利くようにしますね。配属先を希望できるなら、迷うことなく経理部門を選びます。1年間ぐらい、会社の経営状態を示す数字の基礎をマスターしたい。


福沢諭吉

人間の力量というものは、ただ読書からのみ得られるものではありません。読書は、学問をするための手段です。学問は、実際に事を行うための手段です。実地に体験して習熟するのでなければ、決して優れた力量は生まれません。


眞鍋寿男

モノをつくる現場を自社で持っているからこそ、消費者のあらゆるニーズに対応できる。


吉田典生(経営者)

こつこつ土台を踏み固め、地道に続けてきたことがいまの当社を形作っています。だからこそ、その土台をもとに世界でも活躍できる企業として発展していきたい。


安田佳生

数年前に顧客を捨てた経験がある。当時の我が社にとって、その契約さえ取れれば一年間安泰というほどの超優良顧客だった。しかし、売上の大部分を一顧客が占めるということは、その顧客に振り回され、さらなる成長のために新しいことをする道がふさがれることになる。だから、あえて捨てる決断をした。それまでどんな要求にも応える姿勢でいたのだが、それをやめ、結果この顧客との取引はなくなった。しかしこのあと、売上が飛躍的に伸びることになった。このときの決断がなければ、会社はいまの規模にまで成長しなかったと思う。


本庄正則

13年前、実弟(本庄八郎)に社長を譲ってから、日々の経営に口を出すことは、まずありません。いまの私の立場は「君臨すれども統治せず」。いろいろな病気をして、体力も衰えました。私が伊藤園の経営に関われるのも、あとせいぜい15年というところでしょう。少しずつ、会社との距離を置くように心がけていますが、その前にぜひやっておきたいと思っているのが、風通しのいい企業風土をつくっておくことです。
【覚書き|会長時の発言】


梶谷真司

問いを増やしていくと、個人的な問いが、だんだんと普遍的なものへと変わっていきます。そのうち、自分が大切に思っていることや、本当に不満に思っていることに気がつく。


是枝伸彦

今まで私はいろいろな人に助けられてきました。そうした経験を踏まえて、自分は自ら生きているというよりも、生かされているのだと感じるようになりました。


中村貞裕

まずはネーミングを決める。店舗やプロジェクト名を決めたら、次はコンセプトを作り、キャッチフレーズを考える。次に店を因数分解し、お店を作っている要素を1つずつ書き出していく。次はキャスティング。これは具体名で、例えばインテリアデザインだったら片山正道さんとか。このキャスティングが大切。