名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スチュアート・ブランドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スチュアート・ブランドのプロフィール

スチュアート・ブランド。米国の作家、編集者。雑誌『ホール・アース・カタログ(全地球カタログ)』創刊者。イリノイ州出身。スタンフォード大学卒業後、軍、ヒッピーなどを経て雑誌『ホール・アース・カタログ』を創刊。同雑誌はDIY運動の啓蒙書となった。バーチャルコミュニティ「WELL(Whole Earth ‘Lectronic Link)」の立ち上げも行った。

スチュアート・ブランドの名言 一覧

パラドックスは私たちが関心を持つ物事の多くを動かしています。パラドックスと矛盾はまったく違います。矛盾はそこで止まってしまいますが、パラドックスは前進し続けます。なぜなら、私たちが片方の側の真実を知るたびに、別の側の真実に背後から捕まえられるからです。


意図する・しないにかかわらず、ミームは最も効果的な形で受け継がれます。たとえば、ウィンストン・チャーチルは首相就任時の議会演説で「血と涙と汗」とは言いませんでした。実際には「血と労苦と涙と汗」と言ったのです。あとの方が響きがいいかもしれませんが、そのうちのひとつの言葉に訴えかける力がなかったのです。だからこれが真似されて広がっていく中で、最適な形に編集されたのです。


オンラインコミュニティを運営するときは、料金を請求できる何か他のものを見つけることが大切です。隣接広告のようなものです。常に情報以外のもので料金を取れるようにする必要があります。


スチュアート・ブランドの経歴・略歴

スチュアート・ブランド。米国の作家、編集者。雑誌『ホール・アース・カタログ(全地球カタログ)』創刊者。イリノイ州出身。スタンフォード大学卒業後、軍、ヒッピーなどを経て雑誌『ホール・アース・カタログ』を創刊。同雑誌はDIY運動の啓蒙書となった。バーチャルコミュニティ「WELL(Whole Earth ‘Lectronic Link)」の立ち上げも行った。

他の記事も読んでみる

伊原保守

アイシングループには、中核企業が14社、その子会社なども含めると200以上もの会社があります。アイシンのDNAには昔から、小さなプロ集団を作ってどんどん決断するという良いカルチャーがあった。ところが、一体感がない。グループ内の企業で事業はダブっているし、リソースも分散していた。そこで良さを捨てないために既存の会社組織は残し、同時に「パワートレイン」「走行安全」などの新技術領域のバーチャルカンパニーを作り、開発の人間を会社の壁を越えて割り振った。これが機能して、意思決定のスピードが上がりました。


齋藤孝(教育学者)

もし「自分は話し下手で、雑談もあまり得意ではない」という人がいるなら、相手の話に質問で返すことをお勧めします。「私、犬を飼っているんですよ」と言われたら、「私も犬を飼っていましてね」と自分の話をするのではなく、「どんな種類の犬なんですか?」と質問するのです。


宮内義彦

市場に評価される商品とかサービスを作り出す能力は、得意分野に特化することでしか養われないもののようです。個々の企業の持つ経営資源は限られており、どこにも負けない専門領域もそれほど広くはないことが理解できれば、そのなかで生き続けるには「得意技を磨くしかない」ということになります。その結果が顧客に評価されたら、それで得た利益をまた得意技のところへ集中投資していく。こういったことの繰り返しが市場経済における企業戦略の基本だと思います。


藤原健嗣

人口減の中でも、その時代に合ったニーズを提供すれば成長は見込める。


鈴木郷史

全国各地にある営業所の中身を丹念に見ていくと、成長を続けている営業所には共通する特徴がありました。オーダーメイド型化粧品アペックス・アイの肌分析システムを活用した高度なカウンセリングを実施し、同時に本格エステ機器を導入して満足度の高いエステサービスを展開していたのです。


伊藤喜之

そこ(白い財布は汚れが目立つこと)がポイントなんですよ。白ってほんとにめっちゃ汚れるから大事にすると思ったんです。使ってみたら、やっぱりすっごい大事にするようになった。財布をお尻のポケットには入れなくなりました。それまでは2つ折りの1万円ぐらいの財布を使っていて、汚れてもいいように深緑で、カードとかでパンパンで……。平気でおしりに敷いていたので、小銭の跡が革についたりしていました。


設楽洋

私が採用の最終選考でする質問はただひとつ、「今までの人生をふり返って、自分は強運だったと思う人は手を挙げてください」だけです。同じ点数の人が二人いたら、手を挙げたほうを採ります。本当に強運だったら一緒に働きたいし、その運をもらいたい。強運ではないのにそう思っているとしたら、かなりのプラス思考なので、絶対にそっちのほうがいいですから。


辻村深月

昔の私は、大人の無理解に対する怒りが強すぎて、今読み返すと自分でも引いてしまうくらい相手に猛省を促していたんだけど、『かがみの孤城』に関しては、大人の読者の方から「読み終えて、やっぱり子供を救うのは大人じゃなきゃいけないんだと思いました。なぜなら私達もかつて子供だったのだから」と言われ、私自身も大人になったんだなと感じました。大人に絶望していたと言いながら、私にも信頼できる大人はいて、それが、自分の大好きな本を書いていた作家さん達でした。見えない彼らに手を引かれるようにして書き始めた私の小説が、今、誰かの手を引けるようになっているとしたら、すごく嬉しい。


福井康夫

ランニングを始めてから今では体重が10kgほど落ち、健診での血液検査の数値も改善しました。体調も良好です。社内外で会食の機会も多いのですが、早朝に走るために、深酒はしなくなりました。飲んだ翌朝は無理のないペースでゆっくり走ると、汗とともにアルコールが抜けて、爽快な気分になりますね。


いっこく堂

挑戦心やモチベーションが高まるのは、バイオリズムが底辺まで落ち込んだ時ですね。あー、また最高の気分を味わいたいと、過去の自分を懐かしんじゃったりすることもある(笑)。もちろん、新しいことを始めるのは怖いけど、やらないと再びバイオリズムの頂点には行けません。進化しないと生き残っていけない。


澤田秀雄

嘘でも明るい言葉を繰り返し口にしていると、その言葉がだんだんと自分の中にしみこんで、気持ちが前向きになってくる。そうすると、すぐにではなくても、状況は確実に良くなっていくんです。逆に「駄目だ駄目だ」「難しい、厳しい」などと言っていると、気持ちがどんどん落ち込み、自信までなくなってしまいます。


今敏

私、そんな奇抜なことを言おうとは思っていません。『千年女優』は、ポジティブな映画にしたいと思って作っていましたし、観た人が元気になればいいなと思っていますから。人があんまり見たくないような部分に焦点を当てて、とかってもう嫌なんですよね。