スチュアート・ブランドの名言

スチュアート・ブランドのプロフィール

スチュアート・ブランド。米国の作家、編集者。雑誌『ホール・アース・カタログ(全地球カタログ)』創刊者。イリノイ州出身。スタンフォード大学卒業後、軍、ヒッピーなどを経て雑誌『ホール・アース・カタログ』を創刊。同雑誌はDIY運動の啓蒙書となった。バーチャルコミュニティ「WELL(Whole Earth ‘Lectronic Link)」の立ち上げも行った。

スチュアート・ブランドの名言 一覧

パラドックスは私たちが関心を持つ物事の多くを動かしています。パラドックスと矛盾はまったく違います。矛盾はそこで止まってしまいますが、パラドックスは前進し続けます。なぜなら、私たちが片方の側の真実を知るたびに、別の側の真実に背後から捕まえられるからです。


意図する・しないにかかわらず、ミームは最も効果的な形で受け継がれます。たとえば、ウィンストン・チャーチルは首相就任時の議会演説で「血と涙と汗」とは言いませんでした。実際には「血と労苦と涙と汗」と言ったのです。あとの方が響きがいいかもしれませんが、そのうちのひとつの言葉に訴えかける力がなかったのです。だからこれが真似されて広がっていく中で、最適な形に編集されたのです。


オンラインコミュニティを運営するときは、料金を請求できる何か他のものを見つけることが大切です。隣接広告のようなものです。常に情報以外のもので料金を取れるようにする必要があります。


スチュアート・ブランドの経歴・略歴

スチュアート・ブランド。米国の作家、編集者。雑誌『ホール・アース・カタログ(全地球カタログ)』創刊者。イリノイ州出身。スタンフォード大学卒業後、軍、ヒッピーなどを経て雑誌『ホール・アース・カタログ』を創刊。同雑誌はDIY運動の啓蒙書となった。バーチャルコミュニティ「WELL(Whole Earth ‘Lectronic Link)」の立ち上げも行った。

他の記事も読んでみる

松田晋之介

ミスターチルドレンさんとか、万人規模を超えるような案件が入ってくるようになったんですね。そういった大規模案件を成功させることが壁でした。もし失敗したら全国のファンの皆さんに対してどうするんだとか、背負ってる責任感の大きさが、大きなプレッシャーとしてありました。ですが、その分リスク対策という点や、考え方の深さなど大きな仕事をしながら学ばせてもらいました。おかげさまでここまで大きなトラブルはなくきています。イベントを目の前にしてこの案件はミスったらやばいなっていう本能が働くんで、しっかり事前準備をしています。


岸上克彦

メーカーとして、商品の供給を途絶えさせることは許されない。


原晋

「青学陸上部の長距離監督にならないか」と声をかけられた私は、会社を辞めて退路を断ち、広島から妻と2人で上京しました。当時の青学陸上部は箱根駅伝出場など程遠い弱小チームで、決して意識の高いメンバーが集まっていたわけではなかった。そんな学生たちに毎月、目標を立てさせ、達成する方法を考えさせ、A4用紙に書かせました。月末に達成度を自己評価させて、反省点と課題点を明らかにし、翌月の目標につなげる。その積み重ねが小さな成功体験を生み、学生は成長する楽しさを味わった。すると「もっとやりたい」という自主性が生まれます。


内藤誼人

謝ることで株を上げるチャンスは、自分がミスしたときだけに限りません。目の前で後輩が上司に怒られている……そんなときに、絶妙なタイミングで助け舟を出してあげるのです。例えば、「僕の指示が悪かったかもしれません……」「僕がちゃんと見てあげられなかったので……」といった感じ。上司は、当事者ではないあなたを強く怒ることができません。たちまち怒りが治まると同時に、かばってもらった後輩からは厚い信頼を、さらに社内では「あいつは男気のあるやつだな」という高評価をガッチリ得ることができます。もちろん、社内でうまく立ち回る力=「社渡り力」も高まります。


岩堀喜之助

好奇心を持って物事を見ているとかならず面白いことがある。それがないのは見付け方が悪いんだ。


泉谷直木

会社がチャレンジして現地の社員も含めて夢を共有していくことが必要。国内外にいる社員が燃えていく。その燃える油を染み込ませていかないと会社の活力は生まれてこない。


橘玲

豊かになるためにはどうすればいいのか。若い人には、キャリアをどうつくるのかを真剣に考えるべきだと言いたい。将来的に、単純労働の賃金は世界標準になるのは確実。中国などの海外から安い労働力が入ってくることで単価が下がり、その人たちと同じ賃金で日本人も働くことになります。逆にホワイトカラーは賃金が上がるでしょう。


梶本修身

「疲れたな」と感じたら、早めにケアすれば回復しやすい。だから、1日ごとに脳の疲れをきちんと取ることが大切。


竹田陽一

中小企業で実際に成功したベンチャーを見ると、商品に革新を加えて成功したものより、売り方に革新を加えて成功したもののほうが10倍も多い。


林武志(経営者)

当社も創業27年ですから、以前工事をしたお客様が買い替え時を迎えます。そういった方が、「よく頑張ってきたな」とまた頼んでくださるのです。誠を尽くせば、お客様もきちんと応えてくれる時が来るのだと最近になって学びました。


田島弓子

以前、外資系金融のヘッドハンティングをしている方に「ヘッドハントしたい理想の人材」を聞いたところ、面白い答えが返ってきました。営業成績が優秀な人材はもちろんですが、それ以上に「どんな組織風土でも力を発揮できる人」を採りたいとおっしゃったのです。


和田千弘

大きな社会的価値を生んでいる企業ほど競争力が高く、収益性も高い。


千田琢哉

目標を明確にして1点に自分のエネルギーを集中させる。同じ力でも幅広い面積ではなく、錐(きり)のように先端に力を加えることで、現状を突破することができる。


岩崎久弥

それはいけません。合併して競争がなくなってしまうとどうしても気がゆるみます。それでは日本の造船界は発展しません。あくまでも両社が競争して安くて立派な船を造ること、それがお国のためというものです。
【覚書き|日露戦争後、最大のライバル造船所の経営が行き詰まり救済合併を打診してきた。喜ぶ三菱の幹部たちに上記発言を行った。】


小西利行

ロジックが繋がっているけれど、そこに「ヘェー」という驚きがあれば、そんなに嫌じゃない。そこだと思いますね。コンサルティングの人の話とかで、たまに困ったなと思うのは、ロジックは整然としているけれど、なんの発見もないっていうか、あなたの会社は、こうで、こうで、こうです。だからここの部分を強化したほうがいいですよ、みたいな。そんな正論を真顔で言われましてもね(笑)。だったら、どうやったら解決すると思うか、アイデアを提示してください、ですよ。


ページの先頭へ