名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スチュアート・ハリントンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スチュアート・ハリントンのプロフィール

スチュアート・ハリントン。ソフトウェアメーカー「アトラシアン」日本法人社長。スタンフォード大学工学部電気工学科卒業。ソーテック取締役などを経て「アトラシアン」日本法人社長に就任。

スチュアート・ハリントンの名言 一覧

企業文化の変革を成果に結びつけていくには、経営層が意識を変えるとともに、全社員が危機感を共有することが欠かせない。


生産性を向上させるには、高度成長期に培われた日本特有の企業文化を、今一度見直す必要がある。


役職の上下にかかわらず自由に議論ができる環境を整える必要がある。


日本企業は会議に費やされる時間が長く、上司へのレポート作成にも時間がかかっています。まずはこれらの時間を短縮し、業務効率を高める必要がある。


「ワーク・イン・プログレス」という概念がある。完成した状態だけではなく途中の考え方も共有し議論できるようにすることで、より深いナレッジを蓄積できる。


ビジネススピードに対して危機感を持つ日本企業は増えていますが、競争力を高めるにはスピードアップだけでは不十分。取り組みの結果を可視化して、オープンな議論へとフィードバックし、改善しながら「正しい方向へスピードアップ」することが重要。


スチュアート・ハリントンの経歴・略歴

スチュアート・ハリントン。ソフトウェアメーカー「アトラシアン」日本法人社長。スタンフォード大学工学部電気工学科卒業。ソーテック取締役などを経て「アトラシアン」日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

山口勉(経営者)

商品の価値は、その値段だけで決まるものではない。素晴らしい付加価値があれば、高い商品でも買ってもらえる。


江上剛

私の30代はまさに「一所懸命」でした。自分が置かれたその時々の立場で、「一」つの「所」に「命」を「懸」けて働きました。一見、損な生き方のように感じるかもしれません。でも、決してそんなことはありませんでした。案外、周りはきちんと見てくれているものです。


福嶋康博

素晴らしい夢を語る社長はいますが、何年間も同じ夢だけを語りつづけ、1つも実行していない人も多くいます。やはり頭の中で考えたら、即実行するべきです。


加藤一二三

悩みの大半は人間関係でしょう。接する人の欠点が目についたとします。そのとき、パッと思考を止める。欠点を思考から消し、深追いしないことです。どうしても自分の心が冷えるときがあります。そのとき、ひと呼吸置くこと。訓練すれば、誰にでもできるようになりますよ。


又吉直樹

子供の頃から僕はみんなから愛されるタイプの人間じゃなかった。急に注目を浴びたことで、みんなの期待に応えようとし過ぎているんじゃないか。もちろん読みやすくするための努力はするけれど、結局は自分の思うものをつくるしかない。そんな当たり前のことに気付いた。


カーリー・フィオリーナ

変化を主導するリーダーが信頼されていなければ新しいことは進まない。国際展開の可能性やその戦略を理解してもらうには、まず私という人間を信頼してもらわなければならない。そのためには、こちらが相手のこと、相手の立場や仕事を理解しなければならない。それも、書類の上でなく直接会って。


山崎武也

包容力とは「優しい」と同義語ではない。何でもかんでも許容するのは、信念がないか、ただ単に気弱でノーといえないだけ。本当に包容力がある人は、その人のためにならないと思ったら、耳の痛いことでもはっきりと言うもの。


斉藤惇

良い企業に投資をして育てることで、みんなが潤う。そんな当たり前のことが忘れられている。私たちは、それを思い出してもらう使命があります。


加地倫三

自分の希望部署にいけなくても嫌々やるな、といいたいですね。一生懸命やってその部署のスペシャリストになれば、その経験があとあとやりたいことをやるときに必ず活きる。逆に、嫌々やっていたら何も身につかず、希望部署に移れたとしても、それまでの数年間がムダになってしまうじゃないですか。


似鳥昭雄

たとえば街のレストランでも、流行っている店、美味しい店があります。でもそれはたいてい、10年前とか20年前から同じシステムでやっている。だから安い値段で美味しい料理を出すことができるのです。場所や形はすぐに真似できても、仕組みを真似るにはやはり10年かかると思います。


石田淳(コンサルタント)

コミュニケーションは1回の濃さより回数の多さに影響を与えます。軽いひと言でも、回数が多い方が人間関係はよくなります。部下との関係に悩んでいたあるマネジャーは、机の上に全員の名前を書いた表を貼り、一人一人と会話したかどうかを毎日チェックしたところ、コミュニケーション量が増加し、職場の雰囲気が明るくなり、離職率も改善したそうです。


松本晃(経営者)

結果を出すにはどうすればいいか。正しいことを正しくやる。自分が間違っていたら、即改める。正しいことを正しくやって結果が出たら、黙っていても人はついてきますよ。