名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

スチュアート・ハリントンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スチュアート・ハリントンのプロフィール

スチュアート・ハリントン。ソフトウェアメーカー「アトラシアン」日本法人社長。スタンフォード大学工学部電気工学科卒業。ソーテック取締役などを経て「アトラシアン」日本法人社長に就任。

スチュアート・ハリントンの名言 一覧

企業文化の変革を成果に結びつけていくには、経営層が意識を変えるとともに、全社員が危機感を共有することが欠かせない。


生産性を向上させるには、高度成長期に培われた日本特有の企業文化を、今一度見直す必要がある。


役職の上下にかかわらず自由に議論ができる環境を整える必要がある。


日本企業は会議に費やされる時間が長く、上司へのレポート作成にも時間がかかっています。まずはこれらの時間を短縮し、業務効率を高める必要がある。


「ワーク・イン・プログレス」という概念がある。完成した状態だけではなく途中の考え方も共有し議論できるようにすることで、より深いナレッジを蓄積できる。


ビジネススピードに対して危機感を持つ日本企業は増えていますが、競争力を高めるにはスピードアップだけでは不十分。取り組みの結果を可視化して、オープンな議論へとフィードバックし、改善しながら「正しい方向へスピードアップ」することが重要。


スチュアート・ハリントンの経歴・略歴

スチュアート・ハリントン。ソフトウェアメーカー「アトラシアン」日本法人社長。スタンフォード大学工学部電気工学科卒業。ソーテック取締役などを経て「アトラシアン」日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

染谷和巳

叱ることのできる上司が減っているのは煎じ詰めれば、心の弱さです。また、いまどきの上司たちが受けてきた学校教育の在り方も問題です。先生の言うことを真に受ければ、叱ってはいけないことになります。家庭教育でも、子供を叱るときに殴ってはいけないことになっています。殴られず、叱られず。そうやって育ってきた人が叱る側に回っても、叱れるわけはないですよ。


萩本欽一

子育てをするとき「いい子に育ってほしい」ってみんな思ってるでしょ? でもね、小さいときからずっといい子だと、けっこうつまらない大人になるんです。親が「いい子」を期待していることがわかると、子供はいい子を演じるようになります。叱られるようなことをしないのが「いい子」だと勘違いして、無難なことしかしない子になっちゃうの。


樋口裕一

時候の挨拶や、儀礼的な文章は、ビジネス文書では原則として不要です。事務的な内容に終始するのを避けたいのなら、すべて書き終えたあとに、たとえば「このプロジェクトが終了したら、打ち上げを兼ねて飲みにいきませんか」などと書いたほうがずっとマシです。


出口治明

人間は感情の動物であり、人生の豊かさは喜怒哀楽の総量。


児嶋一哉

オレは最近、「イジられキャラが定着しましたね」と言われるけど、感情のままに言い返してるだけだから。元々、ダウンタウンの松本さんみたいな芸人さんになりたかったんですよ。キレの利いたボケをかましてね。でも、20年やってくると、自分は違うなとわかってくる。周りが「児嶋はこうだよね」というイメージに逆らっても仕方ないなと思い始めた。葛藤はしたけど、そこをイジッて面白がってくれるならそれもアリかなとね。


小宮一慶

最初にするべきことは、何のために情報を集めるのか、自分の目的をハッキリさせること。それがわかれば、不必要な情報をとるムダもなくなり、必要な情報に対するアンテナが無意識に立つようになります。


岩倉信弥

無我夢中でやると、意外にも壁を乗り越えられてしまう。


小山薫堂

最初から百人、千人のことを考えると、どうしてもアイデアは「万人受け」になる。それより、まず「十人の熱狂」です。小さいけれど確実な波紋が周りに伝わって、やがて広がっていく。


奥脇洋子

人は「いま」が一番大切です。加えて「したいこと、好きなこと」を尋ねるのも、話を盛り上げるのに効果的です。誰でも自分が関心のあること、好きなことについては楽しく話すことができます。


能作克治

モノ、コト、心の3つが揃わないと商品は売れないと思いますし、その3つが揃った商品は今後海外にも通用すると考えています。


佐野健一

創業期にブラジルやペルーの人たちと一緒に仕事をしたことは、私にとって貴重な経験となりました。外国人を相手にビジネスをすることにまったく抵抗感がなくなったからです。確かに日本人とブラジル人とでは、性格も慣習もまったく違います。けれども、同じ人間なのですから、人としてやっていいことと悪いことといった、根本的なベースは同じです。育ってきた国が違っていたとしても何ら問題ありません。ですから当社では、採用は国籍で区別しないことをルール化しています。現に社内では、韓国や中国、台湾など複数か国出身の社員が何十人も働いています。取り組んでいる事業は国内向けでも、採用はずっとグローバルだったのです。


飯久保廣嗣

適切な質問を重ねることで、本質的・論理的に問題解決や意思決定を行うことができます。英語の辞書で「クエスチョン(質問)」を引くと、ちゃんと「ロジック(論理)」という意味が込められていることがわかります。さらに「チャレンジ」という意味もあります。欧米人にとって質問することとは、既存の組織を変革するためのまさにパワーを得ることを意味しているのです。