スチュアート・ハリントンの名言

スチュアート・ハリントンのプロフィール

スチュアート・ハリントン。ソフトウェアメーカー「アトラシアン」日本法人社長。スタンフォード大学工学部電気工学科卒業。ソーテック取締役などを経て「アトラシアン」日本法人社長に就任。

スチュアート・ハリントンの名言 一覧

企業文化の変革を成果に結びつけていくには、経営層が意識を変えるとともに、全社員が危機感を共有することが欠かせない。


生産性を向上させるには、高度成長期に培われた日本特有の企業文化を、今一度見直す必要がある。


役職の上下にかかわらず自由に議論ができる環境を整える必要がある。


日本企業は会議に費やされる時間が長く、上司へのレポート作成にも時間がかかっています。まずはこれらの時間を短縮し、業務効率を高める必要がある。


「ワーク・イン・プログレス」という概念がある。完成した状態だけではなく途中の考え方も共有し議論できるようにすることで、より深いナレッジを蓄積できる。


ビジネススピードに対して危機感を持つ日本企業は増えていますが、競争力を高めるにはスピードアップだけでは不十分。取り組みの結果を可視化して、オープンな議論へとフィードバックし、改善しながら「正しい方向へスピードアップ」することが重要。


スチュアート・ハリントンの経歴・略歴

スチュアート・ハリントン。ソフトウェアメーカー「アトラシアン」日本法人社長。スタンフォード大学工学部電気工学科卒業。ソーテック取締役などを経て「アトラシアン」日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

安達洋

外資系企業に勤めたとき、ある日本人上司はカタカナ英語丸だしでした。そのぶん、彼の英語は主語と述語が明確で、「結論→理由」という論理構造もクリアでした。カタカナ英語で、いつもスムーズに交渉を進めていたのを覚えています。英語はパソコンと同様、仕事を進めるための道具にすぎません。大事なのはどれだけ流暢に話すかではなく、それを使ってどんな成果を出すかです。


岡林理

半導体に関わるようになったきっかけは、大学の理工学部で研究室を選ぶ時、くじ引きで4度外れて、厳しいと評判だった半導体の研究室に配属されたことです。人生には、思いがけない出来事や、予想もしない人や仕事との出会いがあり、その道筋が変わってゆくことが多いと思います。現在、半導体業界に関わっているのは、まさにこの時のくじ引きのおかげです。こうした偶然を含め、すべてを肯定的に受け入れてきたことが、自分の財産になっています。


佐藤綾子(心理学者)

人はよい感情よりも、否定的感情を持ちやすく、心に否定的感情があるときには、相手の話が耳に入らない。そして、人は否定的感情こそ、人に聞いてほしい。これが人間の心理の原則だということが挙げられます。


渋井真帆

決算書にはすべて意味があって、社会人として2~3年働いていれば実感できるものです。たとえば「流動資産」とは1年以内に現金化する資産のことですが、在庫がなぜ流動資産かというと、在庫を1年以上持つと商売が危ないからです。ある程度社会人を経験した人なら、在庫を長期で抱えるのはよくないと納得しているので、流動資産の意味を伝えるだけであっという間にマスターできます。


沢渡あまね

たとえばSEの人は中国や東南アジアのスタッフと共同で仕事をすることが多い。中にいるとそれが当たり前ですが、全く違う業種の人からすると外国人スタッフと共同で作業するノウハウ自体が貴重。それが強みや武器になることに気が付いていない人が多い。


小笹芳央

モチベーションというのは、もっとお客様に感謝される仕事をしようとか、もっと自分の会社の社長を喜ばせたいとか、もっと自分が成長したいという、あと半歩、あと一歩のエネルギーであり、それこそが企業の優劣を最終的に決めると、私は信じています。


孫正義

会社に新しい血を注ぐことで、チャンスや可能性が広がる。


大坪文雄

悪いニュースに対しては、当然タイムリーかつ、的確に対処すべきですが、そういうことが重なってくると、どうしても気持ちが後ろ向きになります。社長は絶えず前を見て、前に進んでいかなくてはなりません。体力と知力の両方でとてもエネルギーのいるポジションだと思っています。


柴田昌治(コンサルタント)

リーダーに期待されるのが、「混乱をマネジメントする力」です。対立を調整するのではなく、対立から生まれた火花をさらに燃焼させ、そこからお互いへの信頼感を醸成していく。それを上手にコントロールする力です。一見、難しそうですが、その基本は極めてシンプルです。それは「まず、相手の意見を聞く」こと。自分が主張する前に、相手の意見を引き出す。そのうえで、自分の主張が入り込む隙間を見つけるのです。


酒巻久

迷いや悩みを抱きながら仕事をしていると、非常に疲れる。でも、「自分がやるべき仕事に邁進しているのだ」という確信があれば、全力で仕事をしても疲れはしない。


川越達也

自分はどんな大人になりたいか、どんな大人になっていくのか――物心ついた頃から、僕はそれをずっと考えていた子供だったように思います。幼かった頃に考えていたのは、ウルトラマンや仮面ライダーのような正義のヒーローです。困っている人が「助けて」と声をあげたら、すぐに助けてあげられる大人になっていたいという思いがありました。


稲垣浩之

賃貸経営は事業であるという意識を持つことが大事。具体的には、入居者が顧客となるサービス業。いかに物件に住む人の目線で物事を考えられるかがポイント。


篠原恒木

ステッドラーの鉛筆もカッコよくて好きなんだけど、書き味がちょっと硬いんです。長年、女性誌を作ってきたので見栄えに対するこだわりを語れたらいいんだけど、文具に関しては実用性で選んでいます。


加藤一二三

私はクリスチャンなので、旧約聖書に書かれた言葉を大切にしています。旧約聖書の中に、「戦うときは勇気を持って戦え、敵の面前で弱気を出してはいけない、慌てないで落ち着いてことを進めろ」という言葉があります。「勇気を持って戦う」「相手の目の前で弱気を出さない」「慌てない」「落ち着く」。この四つは、私が対局のときに大切にしている心構えです。


野口啓代

タイトルを取ったことで、順位が気にならなくなりました。人との比較よりも、自分の登りや、どれだけ完全燃焼できたかが大事になったんです。それからはW杯に出ることや競技を続けることが、自分の中心にあります。スポンサーのためとか、生活のためという感覚でトレーニングや試合はしていません。優先順位の一番低いところに仕事、お金、生活がある感じです。かなり自己満足かもしれないですけど。


ページの先頭へ