スチュアート・ハリントンの名言

スチュアート・ハリントンのプロフィール

スチュアート・ハリントン。ソフトウェアメーカー「アトラシアン」日本法人社長。スタンフォード大学工学部電気工学科卒業。ソーテック取締役などを経て「アトラシアン」日本法人社長に就任。

スチュアート・ハリントンの名言 一覧

企業文化の変革を成果に結びつけていくには、経営層が意識を変えるとともに、全社員が危機感を共有することが欠かせない。

生産性を向上させるには、高度成長期に培われた日本特有の企業文化を、今一度見直す必要がある。

役職の上下にかかわらず自由に議論ができる環境を整える必要がある。

日本企業は会議に費やされる時間が長く、上司へのレポート作成にも時間がかかっています。まずはこれらの時間を短縮し、業務効率を高める必要がある。

「ワーク・イン・プログレス」という概念がある。完成した状態だけではなく途中の考え方も共有し議論できるようにすることで、より深いナレッジを蓄積できる。

ビジネススピードに対して危機感を持つ日本企業は増えていますが、競争力を高めるにはスピードアップだけでは不十分。取り組みの結果を可視化して、オープンな議論へとフィードバックし、改善しながら「正しい方向へスピードアップ」することが重要。

スチュアート・ハリントンの経歴・略歴

スチュアート・ハリントン。ソフトウェアメーカー「アトラシアン」日本法人社長。スタンフォード大学工学部電気工学科卒業。ソーテック取締役などを経て「アトラシアン」日本法人社長に就任。

ページの先頭へ