名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スターリング・モスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スターリング・モスのプロフィール

スターリング・モス。イギリスのレーングドライバー。ロンドン出身。トップクラスの実力を持ちながら、一度もチャンピオンを獲得することはなかったことから、「無冠の帝王」と呼ばれた。

スターリング・モスの名言 一覧

他のことを諦め、犠牲にする準備さえできていれば、どんなことでも達成できると教えられた。どんなことを望もうと、心の底から望めば達成できると私は信じる。4分で1マイル走りたければできると信じることだ。それができるようになるためには、人生において他のすべてのことを諦めなければならない。


スターリング・モスの経歴・略歴

スターリング・モス。イギリスのレーングドライバー。ロンドン出身。トップクラスの実力を持ちながら、一度もチャンピオンを獲得することはなかったことから、「無冠の帝王」と呼ばれた。

他の記事も読んでみる

カルロス・ゴーン

終身雇用と年功序列と同列に論じることはできません。私は、年功序列制度は企業の業績に悪影響を与えると思っています。しかし、終身雇用制度のほうは、働く人々に対して企業が誠意を示すという意味で、決して悪いことだとは思っていません。私たちは、なるべく終身雇用が実現できるよう努力していきたいと思います。


他力野淳

「農泊」の利点は農家の方がダブルインカムを得られることです。現在、農業はどんどん経営が苦しくなっているので、どうにかして収入を増やし、立ち行くようにせねばなりません。そう考えた時、「観光事業に力を入れることで収益化できる地域もあるのではないか。しかも、それが地域活性化にも繋がるのでないか」との案に行きつきました。もちろん農業体験もできます。既にヨーロッパでは盛んで、オリーブ農家に行くなど、単なる宿泊より人気になっています。そうした体験はセットでなければなりません。


吉原義一

常に挑戦し、私の刀を手にして頂いた方々に絶対に悲しい思いをさせたくない。


田中仁(経営者)

考える素材が足りないのに、悩んでいるのは時間の無駄だ。


佐藤綾子(心理学者)

自己表現=パフォーマンスを、「目立つため」「中身のなさをごまかすため」の行為と捉える人がいますが、誤解です。中身が伴わなければ、やがて化けの皮は剥がれる。大事なのは中身。しかし、それが周囲に理解されなければ活躍できません。持てる力が信頼を得られないのは、もったいない。


樺沢紫苑

資格の勉強などで用語を覚える必要がある場合は、寝る前に読んだり書いたりしてから寝ると、しっかり覚えられるのでオススメです。


田中通泰

競合他社が2ドルとか3ドルで売っている商品でも、付加価値があれば5ドルで売れる。体に良いものは、高くても売れる市場がある。


ジョセフ・ジューベル

すべての庭師は美しい場所に生きている。なぜなら、彼らは庭をそのような美しい場所にするために活動しているのだから。


小林佳雄

自分の常識と組織の常識が違ったとき、どちらが正しいかを決めることが重要。考えることを止め、思考停止してはいけない。自分の勘を信じて決断することだ。


室伏広治

アテネ五輪を終えてから体の疲労が抜けきれず、今までのように自分を追い込む練習ができなくなっていました。アスリートは30歳前後が引退するか迷う時期かと思いますが、38歳で自己記録を更新した父の影響もあって、競技を継続したい気持ちはありました。でも、すでに29歳だったので年齢との戦いにもなる。目標設定をどうすればいいか、正直迷いました。そんな時、尊敬する先生が「君の対戦相手は、無限の蒼空と不動の大地だ」という言葉をくださった。これはライバルに勝って金メダルを獲るとか、世界記録を出すとか、そんな小さくてくだらないことを目標にするのはやめなさい。不動の大地と広い大空を相手にハンマーを投げる喜びを追求しなさいというメッセージでした。はっとして、肩にのしかかっていた重荷がすっと落ちたような気がしました。視点ががらりと変わって自分の考えの小ささに気づいたあの瞬間は、その後10年以上、世界のトップで戦い続けられることになった、まさしく私のターニングポイントでした。


岡田元也

日本の人口が減るからアジア市場に出ないといけないという消極的な意味ではない。我々の場合、むしろ積極的で、そこに新たな巨大マーケットがあるのだから、日本企業としてやらないでどうするんだと。暗い話ではなくて、新しいホライズン(地平線)が出てきているということです。


中西宏明

品質問題は会社ごとに事情は異なると思いますが、日立ではかなり危機感を持っています。私がこれまで実施してきた構造改革では、大量生産の工場を閉鎖、譲渡してきたわけです。結果として、技術の伝承を途絶えさせることにつながった。特に「技能」といわれる徒弟制度的な訓練プロセスそのものがなくなっています。どうしていくべきか大まじめに議論しています。製造現場ではデジタル化も進んで、簡単な作業はどんどん自動化されていきます。溶接なんかも、難しい工程だけが残る。だから技能に磨きをかけることが付加価値になる。こうした取り組みを新たな日本のモノ作り文化にしていくべきと考えています。