名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

スタンリー・リヴィングストンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スタンリー・リヴィングストンのプロフィール

スタンリー・リヴィングストン。経営心理学者。ハーバードビジネススクール教授。企業経営に失敗したエリートたちの統計を取り、共通の失敗原因を探る研究を行った。

スタンリー・リヴィングストンの名言 一覧

最高の経営手法やテクニックを学び、抽象的な知識を有り余るほど持っているにもかかわらず、彼らが失敗したのは、組織の中で人々が一緒に仕事するとき、そこに起きてくる人間の感情という反応に適切に対処できる能力がないため、他者とのかかわりが冷ややかな知的レベルから出ず、共感能力を欠いていたからである。


スタンリー・リヴィングストンの経歴・略歴

スタンリー・リヴィングストン。経営心理学者。ハーバードビジネススクール教授。企業経営に失敗したエリートたちの統計を取り、共通の失敗原因を探る研究を行った。

他の記事も読んでみる

棚橋弘至

情報は簡単には伝わらない。地方会場での試合後、コンビニなどに立ち寄ると、僕に気づいて「あれ、棚橋選手、なんでここにいるんですか?」と声をかけてくださる方がいます。ということは、公式HPや選手のブログ、ツイッターなどで何度も告知しているにもかかわらず、僕を知っているくらいのプロレス好きな方にさえ、当日近くで興行があるという情報が伝わっていないわけです。ましてや、プロレスファンでない人に至っては……という話です。繰り返し繰り返し情報を伝える作業をしなければいけないし、それでも情報は伝わらないものなんだと痛感しました。


江島祥仁

私が本庄八郎現会長と本庄正則前会長を見てきて学んだことは「人生意気に感ず」という生き方が大事だということです。私も人との出会いの中で、最後はやっぱり意気に感じて動いてきましたし、友人関係でも社内の人間関係でも基本は同じです。


永野毅

すべてを否定するのではなくて、今まで行き過ぎた部分を矯正しながら、調整しながら前へ進んでいく。全否定ではなくて、前向きに修正していく能力が必要になってくる。


太田光代

やるべきことがいくらでもあるはずで、「これで十分」という考えに至ることは永遠にない。


水野学

単にデザインのディレクションをするのが、アートディレクターの仕事ではありません。商品や企画が対象であれば、「どうすればブランドを構築し、ファンを獲得することができるか」「そもそも、長期的にその商品や企業はどうなっていくべきなのか」ということをまず考え、それをもとに具体的なアウトプットまで手掛けるのが、アートディレクターの仕事です。


内田和成

売れるものは消費者に聞く。これがマーケティングの基本的な考え方です。では、消費者の声を聞けば5年後にヒットするものを予測できるのかといえば、残念ながら、そう単純な話ではありません。実のところ、消費者は自分の欲しい商品を良くわかっていない場合が多いのです。


牧野正幸

グローバルスタンダードで価値をはかられるときは、国籍でも企業名でもなく、あなたという単位の価値を問われることになる。キャリアを磨いてこなかった多くの人材にとって厳しい時代の到来といえます。


唐池恒二

国鉄時代、九州に約2万7000人いた社員はJR九州発足時には約1万5000人に減り、鉄道から離れることになった仲間は数千人もいた。つまり私たちは実質的に、倒産と同じ経験をしたのです。その無念さや悔しさ、そして本州3社に追いつくんだという意地に加え、大赤字なのに収益事業がないという事実に対する危機感を原動力にしてきました。


鎌田實

空気を読むことの恐さは、「王様はハダカだ!」という心の声を皆で閉じ込めてしまうことなのです。ムードが沸点に近づいている時、皆がその気になったような時、水をさす発言をする人間がいる社会は健全なのです。空気をかき回す人こそ組織に必要なのです。


中井政嗣

店に投資すれば売上を生み、それが職場=働く場所を生む。これこそ社会貢献に等しい。経済とは、経営を通して成し遂げたい「志」を貫くことであり、その末に生じるものが売上であり利益なのだ。


坂戸健司

「積極的に関係を深めたい人」の名刺が1%ほどあり、これは手帳に貼って持ち歩いてます。再会のチャンスをつかみ、ビジネスにつなげるためです。実のところ、私の仕事の成果の99%は、この1%の名刺で決まるので、99%の名刺の検索性には、こだわりすぎないようにしています。「必要な名刺を後から探す」のでなく、「成果につながる名刺を最初に選んで、手元に置く」。そんなアプローチもアリではないでしょうか。


安部泰洋

大学時代は仕事ばかりしていたが、腕だけで勝負できるのが楽しかった。