スタンリー・リヴィングストンの名言

スタンリー・リヴィングストンのプロフィール

スタンリー・リヴィングストン。経営心理学者。ハーバードビジネススクール教授。企業経営に失敗したエリートたちの統計を取り、共通の失敗原因を探る研究を行った。

スタンリー・リヴィングストンの名言 一覧

最高の経営手法やテクニックを学び、抽象的な知識を有り余るほど持っているにもかかわらず、彼らが失敗したのは、組織の中で人々が一緒に仕事するとき、そこに起きてくる人間の感情という反応に適切に対処できる能力がないため、他者とのかかわりが冷ややかな知的レベルから出ず、共感能力を欠いていたからである。


スタンリー・リヴィングストンの経歴・略歴

スタンリー・リヴィングストン。経営心理学者。ハーバードビジネススクール教授。企業経営に失敗したエリートたちの統計を取り、共通の失敗原因を探る研究を行った。

他の記事も読んでみる

早川徳次

事業経営は不況のときに伸びよといわれている。それは不景気のときに屈することなく、次に来る好機に伸びていく準備をすることだと思う。景気の波に乗ることは誰しも可能である。しかしそのときにすでに危険をはらんでいることも忘れてはならない。


米村でんじろう(米村傳治郎)

生徒は僕の実験を見て、表面的に面白いと感じてくれただろうけど、科学的関心を高める指導ができたかどうかまでは不明です。しかし、自分がやれることをやるという思いで取り組んでいました。


家訓・社是・社訓・経営理念

日本電産「三大精神」

  1. 情熱・熱意・執念。
  2. 知的ハードワーキング。
  3. すぐやる、必ずやる、できるまでやる。

玉塚元一

自律型の人間は、矢印が自分に向いています。つまり、目の前の障壁に対して自分で乗り越えようとする人です。ひとつの方向を試してみて上手くいかなければ、別の方法を試してみる。それでも成果が出ない場合、「まだ動き切れていない」「ほかにできることはないか」と考えて、徹底的にやりきろうとします。


奥田碩

最近はROE(株主資本利益率)重視に走る企業が多いと感じています。ROEでしばられて、ROEが悪くなるから投資はやめようという考えではなく、成長とバランスを考えることが必要だと思う。うちのやり方は、先に網を張っておいて、よしんば下がっても、網を張った会社が元気に成長してくれて、結果的にROEが上がってくれればいい。ROEにあまり拘泥すると矛盾が生まれます。


竹田恒泰

興味の赴くままに深掘りしていくのは楽しいですよね。私などは締め切りがないといつまでも勉強を続けてしまうので、発刊できない本の企画がたくさんあります(笑)。


渡瀬謙

相手に話してもらうには、相手に話してもらえる話題を準備していくことが重要です。相手のよく知っている話題や相手に近い話題を出すのです。相手のオフィスを訪問する場合、私はいつも早めに現地に到着してその会社が入っているビルの中や周辺を歩くようにしています。そして、見聞きしたことや体験したことを最初の話題として振ってみるのです。そのビルや周辺のことについては、当然相手の方が詳しい。ですから、こういう話題、会話の糸口さえ提供すれば相手は自分の知っていることを話してくれます。


小林喜光

論理のない情緒は、組織の中では意味を成しません。指示は、いかに論理的かつクールであるかが肝心で、数字も明確であるべきです。


稲垣精二

社長就任以降、私のキャリアの中ではあまりお会いできていなかった法人のお客様、そして日々、活動している生涯設計デザイナー(営業員)などいろんな方とお会いして、第一生命は多くの人たちに支えられていることがあらためてよく分かりました。たくさんのお客様のサポートがあり、生涯設計デザイナーの明るい笑顔がある。これは私にとって百人力です。


澤田秀雄

グラハム・ベルが電話機を発明したのは1876年のことだが、一般に普及するには、それから数十年の歳月を要した。ところが携帯電話はどうだろうか。小型化が達成されると、あっという間に日本中に広まった。そしてスマートフォンが登場すると、これまたあっという間に二つ折りの携帯電話を駆逐してしまった。こうした時の流れの中では、変化に対応できない企業も人も瞬く間に脱落してしまう。


畠中雅子

他人に言われるがままで、やり方を自分で選択できないのなら、運用はやめたほうがいい。下がったときに、自分で投資先を組み替えられるかどうかが一番重要。自分で考えながら投資しないと、うまくはいかない。


鳥原隆志

正しい判断をしても結果が出ないこともあるし、間違った判断をしても運よく良い結果が出ることもあります。本当に問うべきは、その判断に至った「プロセス」です。どういう理由で、その判断をしたのかが重要なのです。


石川康晴

アパレル業界の異端児と言われ続け、新しい分野に挑戦していますが、「成長が見込めない分野には進出しない」のが僕の経営哲学で、その手法は「地道」かつ「理詰め」だと思っています。


大澤成行

たとえいまは成果をあげていない人でも、会社は耐え忍んで彼らを育てていかなければなりません。


喜多村円

技術的に一番手を走り続けるのは正直キツいです。研究開発にはコストがかかりますし、最先端技術を搭載した商品でも、ヒットするかどうか確信を持てません。二番手は、新技術が評価されたかを確認してから商品を出せばいいので、先行投資はいりません。


ページの先頭へ