名言DB

9412 人 / 110637 名言

スタンリー・キューブリックの名言

twitter Facebook はてブ

スタンリー・キューブリックのプロフィール

スタンリー・キューブリック。アメリカの映画監督、脚本家。ニューヨーク州出身。ニューヨーク市立大学シティカレッジ中退後、ジャズドラマー、カメラマンを経て映画監督になる。その後、多くの名作を生み出した。主な作品に『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』『2001年宇宙の旅』『時計仕掛けのオレンジ』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット』ほか。

スタンリー・キューブリックの名言 一覧

芸術家は作品の芸術性にだけ責任を持てばいい。
【覚え書き|映画『時計仕掛けのオレンジ』は犯罪を助長するのではないかと問われての発言】


スタンリー・キューブリックの経歴・略歴

スタンリー・キューブリック。アメリカの映画監督、脚本家。ニューヨーク州出身。ニューヨーク市立大学シティカレッジ中退後、ジャズドラマー、カメラマンを経て映画監督になる。その後、多くの名作を生み出した。主な作品に『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』『2001年宇宙の旅』『時計仕掛けのオレンジ』『シャイニング』『フルメタル・ジャケット』ほか。

他の記事も読んでみる

三木谷浩史

楽天とアマゾンの戦略って似ているようで大きく違うんです。我々は数兆円のオンライン市場を目指しているわけではなく、200兆円の全体小売り市場に入っていこうとしていますから。


宮内謙

ニュースを世に送り続け、常にユーザーの関心が集まるよう努めることも、企業努力のひとつ。


瀬戸欣哉

最初のうちは顧客獲得コストが経費のほぼ全てで、調達した資金がいつ底をつくかという、いわゆるバーンレートを計算しながら、黒字化と上場の計画を練っていきました。1件の顧客獲得コストは1万円程度で、1回の平均購入単価も1万円程度。限界利益率はだいたい15%でしたから、1万円ばらまくと1500円くらい限界利益が出る計算です。つまり、1人のお客さんが7回買って初めてペイします。年間の購入回数は3~4回と想定すると、ペイするまでだいたい2年です。そのような計算でいけば、顧客を蓄積していけば必ず利益は出るわけです。サイトのオープンから4~5か月して、「ああ、これは商売になる」と確信を深めました。


枡野俊明

私は講演会で「皆さんは何のために働いていますか?」とよく尋ねます。家族のため、いい暮らしをするため……、さまざまな答えが返ってきます。そこで「もし一生遊んで暮らせる大金を稼いだらどうしますか?」と質問すると、「誰かに感謝される仕事をしたい」と多くの人が答えます。贅沢三味の暮らしを送っても、すぐに飽きてしまうと容易に想像できるからでしょう。仕事を通して世の中の役に立ち、その対価が自分の収入になるからこそ、働きがいが生まれるのです。


堀内伸浩

初めて営業マンと会ったとき、お客さんが一番気になるのは、「この営業マンは自分に何を提供してくれるのか」ということです。しかし営業マンが「自分は○○が得意で……」と自己アピールすると、どうしても胡散臭くなりがちです。一方、名刺に自分の得意分野や所有している資格、仕事の実績などを書いておけば、さりげなく自分をアピールできます。


ロベルト佃

うちは契約選手を20人程度に抑えています。100人も200人も抱えていたら選手の試合をすべて見れない。選手20人でも年間約400試合ですからね。もちろん、「試合中の走行距離」「パス成功率」「得点率」などのデータは試合を見ずとも手に入ります。しかし、数字だけでは見えてこないプロセスがサッカーの勝敗を分ける。ボールを持っていないときにどう判断し、どんな走り方をしたか。ときに数字には表れないプレーでもチームを勝利に導いた要素が潜んでいる。それを知っておくことが交渉の場で武器になります。


コシノジュンコ

やったことがない仕事に取り組む時、私は「もしかしたら、それ得意かも」と思ってやってみます。TBSラジオで「MASACA」という番組を始めたのも、新たな挑戦です。毎週、「まさかこの人が」という著名人にご登場をいただいています。


堀坂明弘

ヒントは現場にある。マーケットに近い現場に解決策がある。


三村孝仁

重視したのが、テルモや日本の文化を理解して、高いロイヤルティを持つ人財を育ててリーダーにすること。採用した中国人社員には、当社の理念を繰り返し伝えました。「みなさんのカルチャーはリスペクトします。でもテルモが何を大事にして、何をやろうとしているのかをきちんと理解してほしい」。対話を繰り返すことでお互いの信頼感と一体感が高まります。


北野武(ビートたけし)

おそらく脳には、節電モードみたいなものがついていて、ちょっと慣れてくると、すぐに楽をしようとする。絵でいうなら、描き慣れるということがある。たとえば、ゴリラの絵を描くとする。初めてだから上手く描けないんだけど、絵としては悪くない。ところが、調子に乗って同じゴリラの絵を何枚も描いていると、だんだん手が慣れてきて、すらすら描けるようになる。そうなると、絵としてはつまらない。描き慣れた絵は、見てもあんまり感動しない。


千金楽健司

重要なのは日常のコミュニケーション。社内のコミュニケーションがないと、業績も人の心も悪い方向へ進んでしまう。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

サラリーマンには2つのタイプがある。はっきりモノを言うズケズケマンと、上司の言うことは何でもよく聞くイエスマンだ。イエスマンは我が身大事の勤め人で、決して稼ぎ人、核になる人ではない。リーダーシップを発揮して、仕事を積極的にする人はどうしてもズケズケマンになる。会社の核になる人材は、やはりズケズケマンだ。


本郷孔洋

良い経営者は、節税もうまい。


江上治

相手を儲けさせることができれば、皆さんの価値が上がり、報酬が上がる。相手を儲けさせる方法はシンプルそのものだ。会社の従業員であれば、会社の利益に貢献すればいい。


村田昭治

人には、いろいろなチャンスがめぐってくるものだが、大切なのはそれに気づいて活かす感受性。