名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スタニスラブ・ベセラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スタニスラブ・ベセラのプロフィール

スタニスラブ・ベセラ。「P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)ジャパン」社長。チェコ共和国出身。メンデル大学卒業後、P&Gに入社。ジェネラルマネージャー、アメリカ本社副社長などを経て日本法人社長に就任。

スタニスラブ・ベセラの名言 一覧

人材の成長なくして、ビジネスの成功なし。


外部からの視点を持ち込めることが、私が日本のトップになった理由のひとつでしょう。社員と共に成長のため果敢に前進していきます。


私自身、就任直後から社員と積極的にコミュニケーションを取り、一般家庭を訪問して消費者のニーズを学んでいます。


進出先の国の生活の質を高めることがビジネスの成果にもつながる。


日本の消費者は革新的なアイデアに対する反応がいい。消費者をワクワクさせる高付加価値の商品を提供していけば、たとえ数量が伸びなくても、金額的に伸ばしていくことは可能。


私が仕事をするうえで重視しているのは対話です。組織とトップのコミュニケーションがうまくいかないと、トップは右と言っても、組織が同意せずに左に向かうことが起こりえます。そうならないように、一緒に働いてくれる人たちとは、相手の話に聞く耳を持つ関係をつくっていく必要があります。


日本でのダイバーシティーは「男女共同参画」といったテーマに集中しがちです。我々は様々な国籍やキャリア考え方の人間が集まり、良いアイデアや革新が生まれることが真のダイバーシティーだと考えます。


今後さらに需要が伸びる分野に積極的に新商品を投入し、販売数量を増やしていくことが重要。例えば消臭・芳香剤や柔軟仕上げ剤は、まだ世帯浸透率も低くチャンスが大きい。


成熟していても当社が高シェアを持っている分野で、革新的な製品を生み出し、新たな価値を提供することが重要。高付加価値品によって、金額ベースの売り上げを伸ばせます。


P&Gではチェコの営業本部で仕事を始め、その後は本社がある米国や欧州、アジアなど、多様な文化や市場に触れてきました。その経験を通じて、流通形態や競合が全く異なるなかで、迅速に環境に対応し、成功の手掛かりをつかむことを学びました。この柔軟性が自分の持ち味だと思います


スタニスラブ・ベセラの経歴・略歴

スタニスラブ・ベセラ。「P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)ジャパン」社長。チェコ共和国出身。メンデル大学卒業後、P&Gに入社。ジェネラルマネージャー、アメリカ本社副社長などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

ラース・レビアン・ソレンセン

我々がほかの製薬会社と異なるのは、デンマークの財団が株式の25%を保有している点です。財団は勝手に株を売却できません。四半期ごとの一時的な業績向上を求める株主からのプレッシャーが少ないため、長期的な価値創造を志向して経営ができる環境があります。


新浪剛史

自らしっかり考えて挑戦して失敗した人には「バッテン」をつけてはいけません。


竹中平蔵

センターピンを倒すことが大切。ボウリングはセンターピンを倒しストライクを獲ります。ストライクがダメでもセンターピンが倒れれば、多くのピンが倒れる。しかしセンターピンを倒せないと、ピンはほとんど倒れません。政策も同じです。


川野幸夫

人々が働きたいという会社になるには、「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要。


石川朋之

学生を対象にスタートしましたが、会社に入って元気をなくしたら意味がない。そこで企業も元気にしたい。企業が成長すれば地域が潤う。人の成長を軸に、地域が活性化するサイクルをつくっていきたい。


矢野博丈

このまま何もしなければ、会社がなくなってしまう。だからその日を少しでも先延ばししたい。5年の寿命を5年5か月にしたい。5か月延びたらさらに頑張って5日延ばしたい。私はそんな思いでやってきました。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

適当に語るには多くの技巧を要する。黙っているにも、それに劣らぬ技巧がいる。雄弁な沈黙というものである。


清水義範

ビジネス文書を書くうえで、名文信仰を捨てよ、といいたい。ビジネスパーソンの中にも、文章が上手い人と下手な人が確かにいるでしょう。下手な人は、馬鹿にされるんじゃないか、恥をかくんじゃないかという気持ちがとても強い。でも、そうした意識はまずさっぱりと捨て去ってください。なぜなら、ビジネス文書では、名文よりも中身が求められるからです。


吉原毅

日本人は論理に弱く情に流されやすい。海外から理屈で攻められると、簡単に信じてしまう。情に厚いのは日本の美徳である一方、欠点にもなってしまう。


柴田励司

本や雑誌をいくら読んでも記憶に残らないと嘆く人には、読んで理解した内容を図式化することをお勧めします。これをやると、知識がフローからストックになります。さらに自分なりの情報を付け加えていくことで、知識を智恵に転換させることができます。


菊入みゆき

モチベーションが下がることは決して悪いことではありません。下がるときには、「身体が疲れている」「少し考え直したほうがいい」といった、必ず何らかの理由があります。そのことが理解できると、モチベーションが下がっても「これは何かのサインなのかな?」「少し休んでから、自分を高めていこう」と考えられるようになり、自分の中に工夫が生まれます。


迫俊亮

私が社長になり、「あ、この会社終わりだ」「こんな若い奴が」と、多くの社員が懐疑的でした。でも、初の人事を実行して「もしかしたら上手くいくかも……」と少しずつ状況が変わっていきました。