名言DB

9413 人 / 110706 名言

スタニスラブ・ベセラの名言

twitter Facebook はてブ

スタニスラブ・ベセラのプロフィール

スタニスラブ・ベセラ。「P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)ジャパン」社長。チェコ共和国出身。メンデル大学卒業後、P&Gに入社。ジェネラルマネージャー、アメリカ本社副社長などを経て日本法人社長に就任。

スタニスラブ・ベセラの名言 一覧

人材の成長なくして、ビジネスの成功なし。


外部からの視点を持ち込めることが、私が日本のトップになった理由のひとつでしょう。社員と共に成長のため果敢に前進していきます。


私自身、就任直後から社員と積極的にコミュニケーションを取り、一般家庭を訪問して消費者のニーズを学んでいます。


進出先の国の生活の質を高めることがビジネスの成果にもつながる。


日本の消費者は革新的なアイデアに対する反応がいい。消費者をワクワクさせる高付加価値の商品を提供していけば、たとえ数量が伸びなくても、金額的に伸ばしていくことは可能。


私が仕事をするうえで重視しているのは対話です。組織とトップのコミュニケーションがうまくいかないと、トップは右と言っても、組織が同意せずに左に向かうことが起こりえます。そうならないように、一緒に働いてくれる人たちとは、相手の話に聞く耳を持つ関係をつくっていく必要があります。


日本でのダイバーシティーは「男女共同参画」といったテーマに集中しがちです。我々は様々な国籍やキャリア考え方の人間が集まり、良いアイデアや革新が生まれることが真のダイバーシティーだと考えます。


今後さらに需要が伸びる分野に積極的に新商品を投入し、販売数量を増やしていくことが重要。例えば消臭・芳香剤や柔軟仕上げ剤は、まだ世帯浸透率も低くチャンスが大きい。


成熟していても当社が高シェアを持っている分野で、革新的な製品を生み出し、新たな価値を提供することが重要。高付加価値品によって、金額ベースの売り上げを伸ばせます。


P&Gではチェコの営業本部で仕事を始め、その後は本社がある米国や欧州、アジアなど、多様な文化や市場に触れてきました。その経験を通じて、流通形態や競合が全く異なるなかで、迅速に環境に対応し、成功の手掛かりをつかむことを学びました。この柔軟性が自分の持ち味だと思います


スタニスラブ・ベセラの経歴・略歴

スタニスラブ・ベセラ。「P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)ジャパン」社長。チェコ共和国出身。メンデル大学卒業後、P&Gに入社。ジェネラルマネージャー、アメリカ本社副社長などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

堺屋太一

いまや日本は人を呼ぶ事業ができない。モノづくりには熱心だが、そのモノづくりが韓国や中国に追いつかれたから、いまや日本は危機的な状態にある。規格大量生産で集中して作ってたくさん売ったらいいという時代には、日本の集団主義でよかった。しかし、独創的な技術で多様な製品を作る時代になると、どんどん世界から立ち遅れることになってしまった。再び日本も人を呼べる国になることを真剣に考えないといけない。


ロバート・キャンベル

大学では東アジア言語文化学と、経済学を両方とも専攻していました。「虚学の道に身を投じるのか、それとも実学の道を行くのか」。4年になっても迷いがありました。経済でも法律でも「やればできるだろう」という根拠のない自信があっただけに(笑)、「とりあえずロースクールにでも行こうか」とも考えました。ぎりぎりまで悩みましたが、やっぱり谷崎潤一郎や三島由紀夫を原文で読めるようになると、日本文学の理屈抜きの面白さ、深さにはあらがうことができませんでした。それで大学院は日本文学の研究資料が充実しているハーバードに進み、4年間で江戸時代の日本文学史を自分なりに構築していったのです。


樋口武男

オーナー(創業者・石橋信夫)の教えの中に、「先の先を読め」という教えがあります。世の中がどのように変わっていくか、ちょっと先を読めと。サービスのスピードが昔と全く変わっています。そういうスピードの時代に合った経営をやっていかないといけません。ずっと先だったら分からないこともありますが、世の中の変化のちょっと先をいち早く実行に移すということです。「スピードは最大のサービス」という言葉もオーナーが発した言葉です。


太田昭宏

どういう風になるだろうと想像して、日本企業が後れを取らないように、先端を走れるように持っていけるかどうか。構想力と、科学技術を理解する力を政治家は少なくとも持っていなくちゃならない。今、制度設計を誤ってはいけない。政治も企業も、経済界も一致して、世界の中の最先端を切り開けるものにしなければいけない。


宇佐美進典

次世代ベンチャーに伍していくには、スピード感が非常に大切になります。しかし当社の場合、事業規模が大きくなるにつれ、社内で調整という言葉がはびこり、スピードが削れつつありました。そういった背景から、この会社を徐々に事業開発会社という形に変えていきました。「事業をどんどん作っていくことが事業内容」だという考え方です。


高嶌幸広

数字を絡めて説明すると、相手がイメージを描きやすくなります。たとえば、「発電設備をつくるには膨大な手間がかかる」ことを説明するとき、「申請書をつくるだけで三か月かかる。送電線ひとつつくるにもダンボール15箱分の書類が必要」と説明すれば、具体的にイメージが湧くでしょう。


佐藤裕久

僕らのお客さまに対するスタンスは、「お客さまには媚びず、侮らず」。お支払いいただく料金の多寡、年齢、ステイタスの別も関係なく、すべてのお客さまに気持ちよく感じていただくこと。これこそが、僕たちの目指すべきサービスであると思っています。


中村和男

人間はいつか必ず死ぬわけですが、一人でも多くの方が満足感を伴い「人生を全うした」といえるような最期を迎えるために、何が本当に必要かが問われています。限られた国家予算を、誰にどのくらいの割合で配分するかといった難問と同時に、個人の幸福を実現するための国際的な倫理の議論にも向き合わなければなりません。薬による治療だけでなく、予防という観点も重要になりますね。個別化医療というのは、このような価値観の問題に、真摯に向き合っていくことも含まれます。


芳賀繁

ミスをチームで防ぐなら、いま置かれている状況で、どんなリスクが潜んでいるかを考える時間を設けて、チーム全員で議論するといいでしょう。リスクに対する共通認識が持てますし、リスクを減らすためのミスの予防策が出てくるかもしれません。


久田敏貴

居酒屋業界は今、店員の採用に頭を痛めていますが、当社は他店より高い時給を提示することで、人材を確保しています。その代わり、省力化も徹底しています。私の実家は魚屋ですから、おいしい鮮魚を安く仕入れることができる。その魚を下処理し、真空パックで各店舗に届ける。焼き鳥はベルトコンベア式の機械を導入、そこに乗せれば自動でおいしく焼きあがります。こうした工夫でおいしさと省力化を両立させています。


遠藤功

日本の組織は革新的には変わりません。サステイナブル(持続可能)な形で変わっていくしかないのです。


高山善司(髙山善司)

実は当社が地図の電子化を進めたのは販売目的ではなく、地図製作の合理化のためでした。それまでは手書きで地図を作っていました。専門の職人が道路を書くための製図用具など特殊な道具を使って、線を引き、手書きで居住者の名前を書いていたんです。そうした職人の方々も引退して数が減ってしまい、だんだんと地図が作れなくなるという兆候がありました。職人の手作業に見切りをつけ、電子化を進めたことが、市場シェア確保につながったと思います。


青野慶久

きちんとしている人ほど、お礼状や会議の資料など、人に見せるものに手を抜くことに抵抗を感じると思うのですが、そうしたこだわりが自分の時間を奪っていないか、一度見直してみるといいと思います。


岡田正彦(医学博士)

風邪は薬をすぐに投与するのではなく、むしろ自然に治るのを待つほうが結果的に早く治ることが最近わかっています。人間の身体はうまくできていて、ウイルスに感染すると自然と熱が出て、熱に弱いウイルスを倒そうとするのです。熱があまりに高い場合は解熱剤を使う必要がありますが、そうでないなら自然に治癒するのを待つほうがいいのです。


田岡敬

いろんな経験をしてきましたが、共通しているのはダイレクトマーケティングやメディア、あとはコンテンツにかかわることをやってきたということ。ダイレクトに顧客の反応が分かるBtoCのほうがBtoBよりがぜん面白い。