名言DB

9412 人 / 110637 名言

スタニスラス・ド=ケルシズの名言

twitter Facebook はてブ

スタニスラス・ド=ケルシズのプロフィール

スタニスラス・ド=ケルシズ。フランス生まれの経営者。世界的ジェリーブランドのカルティエ北米の社長。フランスのビジネススクールを卒業後、弁護士資格を取得。リュシュモン・グループに入る。要職を歴任し、リシュモン傘下のカルティエ・ノースアメリカ社長に就任。その後、同リシュモン傘下の宝石高級ブランドのヴァンクリーフ&アーペル・インターナショナルの社長に就任

スタニスラス・ド=ケルシズの名言 一覧

伝統あるメゾン(会社・店舗)を受け継ぐにあたり、私が経営者として最も重視しているのが、新しいことに挑む姿勢なのです。顧客に対し、常にイニシアチブをとり、新たな提案を続ける必要があるからです。


工房にはゴールドハンドと称する高度な技術を持った職人たちがいます。新米技術者はベテラン技術者の隣に座らせるように配慮し、技術を継承していくのです。


我々の顧客は、力、愛、富、運のすべてにおいてより上のものを求めています。いわば人生を積極的に楽しもうとする人々です。日本ではこうした人たちが増えていますし、彼らは品質に対する感度が高いと考えています。


バブル経済のころと比べれば、日本人は変わったのではないでしょうか。ジュエリーでも、際立って大きな石がついているものよりも、石は小さくてもクオリティが高く、デザインが洗練されているものが好まれるようになっています。日本の消費者は、あらゆる意味で量より質を求めるようになっているのです。


創造性、技術、デザイン、石。そのすべてに最高を期してつくる芸術。それが我々のジュエリーであり、創業者であるジャック・アーペルから受け継いだ使命でもあるのです。
【覚書き|ヴァン・クリーフ&アーペル社は創立100年を超える老舗ジュエリーメーカー】


スタニスラス・ド=ケルシズの経歴・略歴

スタニスラス・ド=ケルシズ。フランス生まれの経営者。世界的ジェリーブランドのカルティエ北米の社長。フランスのビジネススクールを卒業後、弁護士資格を取得。リュシュモン・グループに入る。要職を歴任し、リシュモン傘下のカルティエ・ノースアメリカ社長に就任。その後、同リシュモン傘下の宝石高級ブランドのヴァンクリーフ&アーペル・インターナショナルの社長に就任

他の記事も読んでみる

塚崎義直

優秀な海外事業担当者がいるかどうかが、海外展開の成否を決める最大の要因。


伊東孝紳

やらなきゃいけないのはユーザーに分かりやすいブランドイメージを打ち出すこと。


瀬戸欣哉

プロ経営者というと、まずコストをドーンとカットして、利益をV字回復させることを期待されるものです。テクニカルには、僕もそれはしています。M&Aした海外企業でうまくいっていなかった会社を売却するなど、資産を整理しました。ただ、中長期的に会社の体力を失ってしまうようなリストラ(人員削減)はしたくありません。基本的にリストラは日本の会社では下策中の下策だと思っています。経営者として絶対にやらないとは言い切れませんが、リストラをする場合、高い退職金を払うか、ブラック企業になるか、どちらかの選択肢しかありません。ブラック企業にはなれないから前者を選択するわけですが、そうすると優秀な人から辞めていきます。


津田秀晴

女性を褒めるときは、持ち物より本人を褒めるといいでしょう。本人にスポットライトを当てることが大事なのです。自分に興味をもってもらうのは、女性にかぎらず誰でもうれしいもの。持ち物について上手に褒めるには、自分も詳しくないと難しいですが、本人を話題の中心に据える言い方をすれば、女性の洋服やバッグに詳しくなくても褒めることができます。


冨山和彦

「好奇心を持つ」ことは、ビジネスパーソンにとって欠かせない資質だと思います。好奇心に乏しく、周囲のことに無関心であることは、学ぶチャンスを自ら放棄しているようなものです。


つんく♂

夏の花火大会で、次々と打ちあがる花火に見とれてはいけません。ヒット商品を世に先駆けて送りたいなら、「綺麗だなぁ」と花火を鑑賞する人たちの「顔」のほうをよく観察すべきです。どんな花火に反応するのか、なぜあの花火は人々の印象に残っているのかと。


弘兼憲史

何かを継続する時、一番の敵が「飽きる」という気持ち。飽きたなと感じたら変化したくなるのが人間ですが、「飽き」を越えてしか得られないものがある。それは周りに与える「安心感」や自分の土台を作る「自信」。


原田隆史

イメージトレーニングをするとき、より鮮明なイメージを思い描くためには、成功体験を文書化しておくといいでしょう。「日付」や「出来事」のほか、「そのときに見えた映像」や「聞こえた音」「体の変化」などを言葉にするといい。少し早起きして、プラスのイメージトレーニングをすると、一日一日の過ごし方が明らかにプラスに変わってくるはずです。


ジョン・キム(法学者)

緊張感をもって瞬間を生きている人は、たとえ社会人一年目であっても、鬼気迫るものを感じさせます。人はそうした相手に会うと、「自分の権威で振り回していい相手ではない」と本能で察知します。そして尊重しようとします。集中力は仕事の効率を高めるだけのものではありません。媚びない自分をつくるためのものでもあるのです。


唐池恒二

鉄道ファンだけをターゲットにしていても限界がある。ファン以外を取り込めば、市場は一気に広がる。


清水勝彦

組織には「茶坊主」と呼ばれる人々も存在しています。しかし、多くの「大物」もまた組織の政争をしのいでその地位を得、実力を発揮してきました。ゴマすりを毛嫌いすることは個人の価値観ですが、組織とは合理性で動くロボットではなく、「褒められるといい気持ちになる」人間が動かしていることを考えれば、ゴマすりを含めたインフォーマルな影響力は大きいのです。


恩田昭子

営業マンの方などでも、電話で意識的に「印象良く話そう」としている人はあまりいませんね。対面は笑顔や身振り・手振りで表現できますが、電話は声と言葉だけなので、聞くことに集中する分、その影響力は大きいんです。相手が目の前にいると思って声を出して欲しいんですよ。そうすると声が活き活きとしてくる。


中島董一郎

組合が主張することでも正しいと判断したことは聞いてあげなさい。しかし、納得できないことを数の力で押し切ろうとするなら断固反対しなさい。それで会社がつぶれてもやむを得ません。


森永卓郎

私の場合は、まず動く。つまり、とりあえず先にしゃべってしまうんです。すると、相手の反応によって、判断ができる。


松下幸之助

昔の日本に「頭(かしら)まわらんだら尾もまわらん」という言葉がある。だから100人の人を緊張させて、大いに成果をあげようと思えば、自分の活動をはたの人が見て「気の毒な」というようにならんといかんでしょうな。うちの社長はもう一所懸命にやっている、「もう気の毒や」という感じが社員のあいだに起これば、全部が一致団結して働くでしょう。けど、そうでないかぎりは、あなたの活動の程度にみな働くでしょう。