名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スタニスラス・ド=ケルシズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スタニスラス・ド=ケルシズのプロフィール

スタニスラス・ド=ケルシズ。フランス生まれの経営者。世界的ジェリーブランドのカルティエ北米の社長。フランスのビジネススクールを卒業後、弁護士資格を取得。リュシュモン・グループに入る。要職を歴任し、リシュモン傘下のカルティエ・ノースアメリカ社長に就任。その後、同リシュモン傘下の宝石高級ブランドのヴァンクリーフ&アーペル・インターナショナルの社長に就任

スタニスラス・ド=ケルシズの名言 一覧

伝統あるメゾン(会社・店舗)を受け継ぐにあたり、私が経営者として最も重視しているのが、新しいことに挑む姿勢なのです。顧客に対し、常にイニシアチブをとり、新たな提案を続ける必要があるからです。


工房にはゴールドハンドと称する高度な技術を持った職人たちがいます。新米技術者はベテラン技術者の隣に座らせるように配慮し、技術を継承していくのです。


我々の顧客は、力、愛、富、運のすべてにおいてより上のものを求めています。いわば人生を積極的に楽しもうとする人々です。日本ではこうした人たちが増えていますし、彼らは品質に対する感度が高いと考えています。


バブル経済のころと比べれば、日本人は変わったのではないでしょうか。ジュエリーでも、際立って大きな石がついているものよりも、石は小さくてもクオリティが高く、デザインが洗練されているものが好まれるようになっています。日本の消費者は、あらゆる意味で量より質を求めるようになっているのです。


創造性、技術、デザイン、石。そのすべてに最高を期してつくる芸術。それが我々のジュエリーであり、創業者であるジャック・アーペルから受け継いだ使命でもあるのです。
【覚書き|ヴァン・クリーフ&アーペル社は創立100年を超える老舗ジュエリーメーカー】


スタニスラス・ド=ケルシズの経歴・略歴

スタニスラス・ド=ケルシズ。フランス生まれの経営者。世界的ジェリーブランドのカルティエ北米の社長。フランスのビジネススクールを卒業後、弁護士資格を取得。リュシュモン・グループに入る。要職を歴任し、リシュモン傘下のカルティエ・ノースアメリカ社長に就任。その後、同リシュモン傘下の宝石高級ブランドのヴァンクリーフ&アーペル・インターナショナルの社長に就任

他の記事も読んでみる

出口治明

時間をかけて考え抜いたら良い意思決定ができるわけではない。それに多くの場合、意思決定にかけられる時間は限られる。短時間で意思決定を迫られ、結果を出さなければならないのが現実だ。


糸井重里

「僕が売ったら売れますよ」というやり手の営業マンは、ほぼ日では要らないんです。現に、ほぼ日は、書籍以外は営業担当がいません。それは、「商品自体が営業マン」と考えて作っているから。


佐治信忠

父(佐治敬三)が、静養していた祖父(鳥井信治郎)の枕元で「ビール事業に進出したい」と決意を打ち明けた時、祖父は「やってみなはれ」とつぶやいたそうです。そのチャレンジ精神が、今の当社のバックボーンとして続いています。


佐瀬守男

座右の銘は「粗にして野だが卑ではない」です。タコ焼きにも誇りをもって取り組んでいるつもりです。


押切もえ

年齢的にもみんなを引っ張っていくことが求められるようになってきて、もっとリーダー資質を養いたいのですが、なかなかできずにいます。ただ、逃げていてはダメだなと思っています。みんなを引っ張っていくには、やはり視野の広さが必要ですよね。


家次恒

付加価値を生んでいかない限り、人件費も電気代も高い日本で、ビジネスはできない。


三池崇史

とんでもない企画のオファーが来た時は、「予算が少ない」「ヒットしなさそう」なんて否定材料ばかり探すのではなく、面白いところを探すようにします。そもそも、この人がなぜこの企画を僕のところに持ってきたのか、こんな低予算でどうやったら完成できると思っているのか。そんなことを考えるだけで面白いじゃないですか(笑)。しかもそういうものに限って、実際やってみると、問題なくできるどころか、意外と大ウケしたりするんです。


ケリー・マクゴニガル

自分の経験を書く行為というのは、ヒーリング効果が最も高いやり方なんです。感じていること、起きたことを「言葉にする」ことは、癒やしの効果があると、研究で分かっています。そこで大事なのは、「感じていることをただ綴る」ということです。この時に注意しないといけないのは、「あの時は大変だった、でもよかったんだ」というところからスタートしないということです。「自分にどんなに辛いことが起きたのか」ということを受け入れながら、「ありのままに自分が感じたこと」を書くことが大切です。何度も書いていく中で、自然発生的に前向きなエネルギーが生まれてくるのです。


井村荒喜

私は従業員と心をひとつにして戦った。従業員は創業から今日に至るも私をオヤジと呼んでいる。私もまたオヤジの気持ちに変わりはない。


井上高志

弊社の行動規範は5年前後で見直すのですが、これはトップがこうしろと決めるのではなく、多くの社員が関わって「もっとよくするために大事なことは何か」を真剣に考えて改定案をまとめてもらっています。


谷正人

販売員は「お客さんが服を買う理由のひとつ」になれなければ、インターネット通販に簡単に取って代わられる。


橘フクシマ咲江

私自身も、社長就任を要請された際は、現場の仕事から離れがたく、ためらう気持ちがありました。しかし実際にトップになり、「全体と数字を見る」ことを責任者として経験したとき、さらに多くの視野が開けました。上に立って初めて見えること、知ることができることがあるので、ぜひ積極的にチャレンジしてほしいと思います。