スタニスラス・ド=ケルシズの名言

スタニスラス・ド=ケルシズのプロフィール

スタニスラス・ド=ケルシズ。フランス生まれの経営者。世界的ジェリーブランドのカルティエ北米の社長。フランスのビジネススクールを卒業後、弁護士資格を取得。リュシュモン・グループに入る。要職を歴任し、リシュモン傘下のカルティエ・ノースアメリカ社長に就任。その後、同リシュモン傘下の宝石高級ブランドのヴァンクリーフ&アーペル・インターナショナルの社長に就任

スタニスラス・ド=ケルシズの名言 一覧

伝統あるメゾン(会社・店舗)を受け継ぐにあたり、私が経営者として最も重視しているのが、新しいことに挑む姿勢なのです。顧客に対し、常にイニシアチブをとり、新たな提案を続ける必要があるからです。


工房にはゴールドハンドと称する高度な技術を持った職人たちがいます。新米技術者はベテラン技術者の隣に座らせるように配慮し、技術を継承していくのです。


我々の顧客は、力、愛、富、運のすべてにおいてより上のものを求めています。いわば人生を積極的に楽しもうとする人々です。日本ではこうした人たちが増えていますし、彼らは品質に対する感度が高いと考えています。


バブル経済のころと比べれば、日本人は変わったのではないでしょうか。ジュエリーでも、際立って大きな石がついているものよりも、石は小さくてもクオリティが高く、デザインが洗練されているものが好まれるようになっています。日本の消費者は、あらゆる意味で量より質を求めるようになっているのです。


創造性、技術、デザイン、石。そのすべてに最高を期してつくる芸術。それが我々のジュエリーであり、創業者であるジャック・アーペルから受け継いだ使命でもあるのです。
【覚書き|ヴァン・クリーフ&アーペル社は創立100年を超える老舗ジュエリーメーカー】


スタニスラス・ド=ケルシズの経歴・略歴

スタニスラス・ド=ケルシズ。フランス生まれの経営者。世界的ジェリーブランドのカルティエ北米の社長。フランスのビジネススクールを卒業後、弁護士資格を取得。リュシュモン・グループに入る。要職を歴任し、リシュモン傘下のカルティエ・ノースアメリカ社長に就任。その後、同リシュモン傘下の宝石高級ブランドのヴァンクリーフ&アーペル・インターナショナルの社長に就任

他の記事も読んでみる


尾藤峰男

安易に会社を辞めるべきではありません。会社内で築いたスキルは社外で通用しないことも多いもの。もし転職や起業を考えているなら、自分の力を過信せず、資格を取ったり、日頃から起業センスやネットワークを作っておくことが大切。


盛田昭夫

経営者たるものは、敵を良く知らなければならない。そのためには、自分の商売の一番武器になる専門知識を持っていなければならない。それがあってこそ、自分の事業の先を見通すことも可能なのである。ところが、いままで日本では、ただ人をうまくまとめる人がトップになるといった傾向が強かった。これからの経営者は、事務屋であっても技術的知識も兼ね備え、技術屋であれば経理の知識もあるという、両刀使いでなければ務まらないであろう。


倍賞千恵子

映画などのお芝居には演出家がいて、監督がいて、その人たちの指示に従うことが多い。そして、指示を100%、あるいはそれ以上で表現する。それがお芝居だと思っています。


藤重貞慶

1997年にアジアを通貨危機が襲い、タイのバーツが大暴落してしまった時のこと。多くの現地の財閥が財産を失いました。国際事業本部長だった私はタイの合弁会社のパートナーと今後の対策を練る必要があり、その会社の会長に会うために現地に飛びました。すると会長はにこやかな表情で私を迎え、次のように話したのです。「私の祖父は道端でせっけんを売って今の財をつくりました。だから、もし仮に私が一文無しになったとしても、今からまた、せっけんを売ってやり直せばいいのです」。中華系の彼らは、長い歴史に根差した知恵を持ち、とてもたくましく、したたかです。「過去にクヨクヨしても、未来を取り越し苦労しても仕方ない。自分の代では無理でも、孫の代くらいまでにまた財をつくれればいい」と、会長は戦う姿勢を崩してはいませんでした。


小池百合子

知事に転身する直前まで務めていたルノーの社外取締役では多くを学びました。取締役会の机の上に紙は一枚もありませんでした。タブレットを活用することで、完全な「ペーパーレス」を実現していて、大変驚かされました。テレビ会議で世界のどこからでもBOD(取締役会)に参加します。グローバル企業なら、もはや当たり前の景色です。ちなみに、ゴーン社長のCEO室には書類棚さえありませんでした。この経験を踏まえて、都でもペーパーレス化を進めています。


柏木斉

誠実・正直であることが重要です。これは当たり前のことかもしれませんが、それを持ち合わせることが結局組織を正しい方向に引っ張る力になっていくのだと思います。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

実務面だけをとらえれば、なにごとも効率だけを重視してチームを組めばよさそうなものだが、そんなチームがベストだと感じる人が、果たしてどれだけいるだろう?たとえば、能力はそこそこだがその人がいるだけで場がなごんでしまうタイプの人。能天気と言われながらも実は気配りの達人で、周りを仕切るのがうまい人。世の中にはそんな人が大勢いて、そうした個性的なメンバーが化学反応を起こすと、何とも魅力的なチームを作り出す。
(藤巻幸夫、ふじまきゆきお、複数の企業のアパレルのバイヤーを歴任しブランドを立ち上げる)


ページの先頭へ