名言DB

9413 人 / 110706 名言

スコット・マクネリーの名言

twitter Facebook はてブ

スコット・マクネリーのプロフィール

スコット・マクネリー。米国の経営者。サン・マイクロシステムズ会長兼CEO。ハーバード大学、スタンフォード大学院卒。スタンフォード大学在学中に友人たちとともにサン・マイクロシステムズを創業。副社長から会長兼CEOとなった。

スコット・マクネリーの名言 一覧

大きな原則は簡単に変えてはならない。
【覚書き|93年にサン・マイクロシステムズが急成長をはじめたときの発言。会社がどんなに大きくなろうとも、4人で始めた当初の運営方針、ビジョンを変えずに行こうという趣旨の発言】


スコット・マクネリーの経歴・略歴

スコット・マクネリー。米国の経営者。サン・マイクロシステムズ会長兼CEO。ハーバード大学、スタンフォード大学院卒。スタンフォード大学在学中に友人たちとともにサン・マイクロシステムズを創業。副社長から会長兼CEOとなった。

他の記事も読んでみる

守安功

私たちは全社員に必要な共通の姿勢として「DeNA Quality」を定め、手帳やノートに印刷して配り、社員への定着を図っています。その中のひとつに「全力コミット」があります。これは「ツーランク上の目線で、組織と個人の成長のために全力を尽くす」という考え方です。平社員でも、グループリーダーのさらに上の部長の視点で考えて欲しいという意味です。2つ上の目線を持つことで組織全体を意識するようになります。


中西勝則

たとえ業績が悪化している企業でも、事業承継には大きな意味があります。各社の事業をよく見ると、その企業なりの「宝石」が存在し、宝石の喪失は社会的財産の喪失でもあるからです。減少傾向であっても計上する売り上げがあるのなら、その企業を必要とする人が存在するということです。宝石を消失させずに事業承継し有効活用を図ることは地域経済の活性化につながります。


奥村政雄

60歳から70歳ぐらいまで勤めて自然に辞めてゆくというのが普通だった。自分自身の危険負担において自由に大空を飛んでみたいというのが希望である。誰からの制約も受けずに積極的に何かをやってみたいと思うのは当然であろう。
【覚書き:55年定年制を他社に先駆けて導入した時の言葉。余力を残し、第二の人生に踏み出せるようにとの想いから同制度を導入】


岩崎裕美子

業務の棚卸しは、本当におすすめです。どんな会社でも惰性で続いている業務というものが潜んでいるものです。例えば、実際には誰も見ていない数字なのに、毎月リポートにまとめ続けているといった作業はありませんか。


設楽洋

ファッションは生きていくのに絶対必要なものではない。でも人は生きていくうえで幸福感や笑いを求める。そんな付加価値を提供するには、他人の後追いだけしていたらダメ。


ビクター・ルイス(経営者)

人間はアナログな生き物で、だからこそ社内でもお客様とも、どんどんと実際のコミュニケーションを図るべき。特にこの先、デジタル化が進むと、消費者はより本物のアナログな体験を求めるようになるはず。


松浪正信

宮崎県で観光農園を経営しています。これは農業をしたいのではなく、今後、農業分野にICT技術を導入するにあたって、まずは自分たちで経験し、ノウハウを集積する目的があります。ハウス内での温度湿度、土壌の状態などを自動測定して、また肥料の撒布状況など、多くのデータをビッグデータとして分析、勘に頼らない農業のモデルを作りたいと思います。


冨山和彦

「自分はこの程度の仕事しかできない」と過小評価をしていると、冒険することなく、簡単にできる仕事しかしなくなります。だから成長している実感が得られず、モチベーションが上がらないわけです。


ドナルド・トランプ

週に数時間、古典文学でも歴史でも、普段はあなたの関心の外にあるようなものをおさらいしてみよう。自分の幅を狭めてしまうのは得策ではない。仕事上の議論や面接の場にはたくさんの話題が出る。すべては無理でも、できるだけ多く知っておきたい。


津田大介

初めての経験って最初はつらいんですけど、場数を踏むと慣れていくものなんですよね。そして、慣れてしまうと自分の財産になって、他の仕事にも良い影響を与えてくれる。これまでの自分の活動を振り返ってみると、本当にその繰り返しだったなと思います。


石井淳蔵

成熟期に入った段階にあっては、マーケティング計画の全面改定ではなく、マーケティングの中の問題点をきちんと見定めて、そこにポイントを絞って改良し、再度市場に挑むというやり方が必要になる。


中山讓治(中山譲治)

対応型の仕事はやめて、先読み型の仕事へ転換しよう。ナンバーワンがこう動いたら、我が社はこう対応するというのではなく、自力で環境変化を先読みし、意思決定の岐路に正しい判断ができる能力を養う必要があります。


永井浩二(経営者)

自分たちは一流だと思ったら、そこで終わり。逆に一流ではない方がいい。常に一流になりたいという思いを持ち続けることが大事。


松井忠三

1年の最終週のページには、12月30日の「大納会」における日経平均株価と良品計画の株価を必ず毎年記入していました。ここには、前年と今年のものを両方書くようにしています。1年間の総括として、日経平均のパフォーマンスより良品計画のパフォーマンスが良かったかどうかを確認するためです。


白川真

やはり儲けが出ないと面白くありません。成功体験は重要ですね。個人投資家の裾野が広がるときは、投資環境が良く、周囲にも成功している人がいるということは欠かせません。