名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

スコット・キャロンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スコット・キャロンのプロフィール

スコット・キャロン。米国人経営者。独立系投資顧問会社「いちごアセットマネジメント」社長。米国プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクール (公共政策・国際関係学部) 卒業、スタンフォード大学大学院政治学博士課程修了。来日し日本開発銀行設備投資研究所客員研究員、バンカース・トラスト・アジア証券会社東京支店、モルガン・スタンレー証券会社、米系証券会社勤務を経ていちごアセットマネジメントを設立。社長に就任。

スコット・キャロンの名言 一覧

日本企業が利益成長のために取り組むべきことは、自社らしさを突き詰めていくこと。


会社の目的は利益成長。内部留保を企業価値の創造に使わないのは守りの姿勢。日本企業は内部留保を成長につながる攻めに活用すべきだ。


謝罪の言葉だけでは何の意味もありません。謝罪し、許していただいたあとで、お客様のために行動することが大事です。まずは失敗の原因を解析し、お客様に情報を開示しながら再発防止を図ります。そのうえで、挽回するためのプランを練り、実現のために努力を重ねるのです。


リーマンショックの時にお客様のとても大切な財産を減らしてしまった。本当に申し訳なかったと思っています。言い訳はしません。「100年に一度の危機だから」などとは一切申し上げない。私が先読みできなかったのは事実ですから。全責任は私にあります。


投資家への報告書で小さな計算ミスをしてしまったとき、私たちのほうから失敗を持ち出してお客様に謝りました。先方に指摘される前に謝るのです。世の中にはプライドを気にして謝りたがらない人も多いですね。しかし、早く謝ってしまえば先方と信頼関係を築けるかもしれません。「この人は問題があれば率先して謝って改善してくれるんだ」というサプライズと安心感につながるからです。いかにお客様からの信頼を得るか。資産運用業とは信頼業だと私は思っています。


私はミスをしたらすぐ謝ります。母国アメリカでは、謝ると訴訟で責任を問われるから危ないぞと言われます。しかしそのアメリカでも、医療現場でミスがあったとき、医者が早めに謝っていれば訴訟を起こされるリスク自体が大幅に減るという研究結果が出ています。世界中のどこでも謝るのは決して悪いことではないと信じています。


スコット・キャロンの経歴・略歴

スコット・キャロン。米国人経営者。独立系投資顧問会社「いちごアセットマネジメント」社長。米国プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクール (公共政策・国際関係学部) 卒業、スタンフォード大学大学院政治学博士課程修了。来日し日本開発銀行設備投資研究所客員研究員、バンカース・トラスト・アジア証券会社東京支店、モルガン・スタンレー証券会社、米系証券会社勤務を経ていちごアセットマネジメントを設立。社長に就任。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

目の前の問題を一つずつ叩いて対処する「モグラ叩き」は、その場限りの解でしかない。根本的な解決にはならないので、どんなに頑張って叩いても会社や個人の業績は上がらず、モチベーションも向上しません。そもそも、なぜ人間が悩むかと言えば、「わからない」から。目の前の問題が起こっている原因がわからないから、悩むわけです。だったら、悩みを解消するには「わかる」ようにするしかない。つまり、今起こっている現象を分析し、原因と結果の因果関係を突き止め、普遍解を見つけることが重要なのです。


香山誠

中国では今、既存の銀行に置かれていた預金がアリペイのプリペイド口座やMMF(投資信託事業)に流出する現象が起きています。ただ、私たちは銀行から何かを奪おうと思ったわけではありません。こうした現象は、あくまでユーザーの利便性を追求した結果なのです。


北山節子

報連相ノートをより積極的に活用するために、スタッフには接客のノウハウやアイデアを書いてもらいます。結果、皆の接客レベルが上がり、お客様に喜んで頂けることを実感する。すると、さらに多くのノウハウが集まり、ノートの中身は一層、充実します。このノートの成果は予想以上でした。私が店長をしていた店は、売上げ日本一に。最近も、全国売上げ最下位の携帯電話ショップにノートを導入したら、売上げ日本一に! たった1冊のノートで、これだけの効果が出るんです!


山田昇(ヤマダ電機)

創業期は創造と挑戦が経営理念。これは基本的にいまも変わっていませんが、チェーン化の頃は感謝と信頼になり、今度は社会貢献というふうに変わってきました。仕事を始めた頃は生きるか死ぬかでやっていますし、やはり企業の成長とともに人も理念も変わっていくのだと思います。


澤田秀雄

それぞれの事業の成長スピードを見極め、撤退の判断や経営資源の配分を思い切ってやりたい。私が考えているのは3~5年先のことだ。


長尾和宏

脳を健康に保つには、十分な血流が必要です。認知症になると脳の血流が減りますが、歩くことで脳内の血流を増やすことができます。1日10分間。朝、昼、晩の3回、歩数で言えば4000~8000歩ほど。血圧が上がらないスピードの普通のウオーキングで十分です。ジムで筋トレをしたり、急にジョギングを始めたりする必要はありません。激しい運動をすると体に有害な活性酸素の量が増え、老化が早まります。


山東理二

いいものを作り、お客様に喜んでもらうことは大前提。それを同時に我々の利益にしていかなければならない。当社はまだ収益へのこだわりが弱い。逆にそれは伸びしろだと考えている。


澤田秀雄

私はこのようにたとえるようにしています。「Pressure is my Lunch」「Problem is my Breakfast」と。トラブルやプレッシャーは自分の栄養であると。問題が起きたら朝食と思えばいいのですよ。その経験は、自分の血となり肉となり、力となります。次の仕事の強みとなるのです。


山内雅喜

人事評価ではもちろん業績もみますが、業績にはタイミングも影響するし、種蒔きタイプか刈り取りタイプかという違いもあるので、業績がいい人がイコール経営理念の優れた継承者であるとは限りません。


俣野成敏

オンやオフの境を考えずに過ごしてみてはいかがでしょうか。私は、仕事で成果を上げ始めた頃から、オンオフの切り替えを意識しなくなりました。常にオンであり、常にオフであるというイメージです。オフに仕事をするのにも抵抗がなくなりました。


中野克彦(経営者)

商談のあとにメモする要点は3つ。「話全体のポイント」と「当方がやらなければならない宿題」の中身、上司の意思決定を助けるための「自分なりの意見」です。このメモをもとに報告書を作成し、会社を動かすのです。


横田英毅

(販売ノルマやきつい成果主義について)そのようなやり方は目先の「対処」であって、本質的な「解決」にはなりません。