スコット・キャロンの名言

スコット・キャロンのプロフィール

スコット・キャロン。米国人経営者。独立系投資顧問会社「いちごアセットマネジメント」社長。米国プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクール (公共政策・国際関係学部) 卒業、スタンフォード大学大学院政治学博士課程修了。来日し日本開発銀行設備投資研究所客員研究員、バンカース・トラスト・アジア証券会社東京支店、モルガン・スタンレー証券会社、米系証券会社勤務を経ていちごアセットマネジメントを設立。社長に就任。

スコット・キャロンの名言 一覧

日本企業が利益成長のために取り組むべきことは、自社らしさを突き詰めていくこと。


会社の目的は利益成長。内部留保を企業価値の創造に使わないのは守りの姿勢。日本企業は内部留保を成長につながる攻めに活用すべきだ。


謝罪の言葉だけでは何の意味もありません。謝罪し、許していただいたあとで、お客様のために行動することが大事です。まずは失敗の原因を解析し、お客様に情報を開示しながら再発防止を図ります。そのうえで、挽回するためのプランを練り、実現のために努力を重ねるのです。


リーマンショックの時にお客様のとても大切な財産を減らしてしまった。本当に申し訳なかったと思っています。言い訳はしません。「100年に一度の危機だから」などとは一切申し上げない。私が先読みできなかったのは事実ですから。全責任は私にあります。


投資家への報告書で小さな計算ミスをしてしまったとき、私たちのほうから失敗を持ち出してお客様に謝りました。先方に指摘される前に謝るのです。世の中にはプライドを気にして謝りたがらない人も多いですね。しかし、早く謝ってしまえば先方と信頼関係を築けるかもしれません。「この人は問題があれば率先して謝って改善してくれるんだ」というサプライズと安心感につながるからです。いかにお客様からの信頼を得るか。資産運用業とは信頼業だと私は思っています。


私はミスをしたらすぐ謝ります。母国アメリカでは、謝ると訴訟で責任を問われるから危ないぞと言われます。しかしそのアメリカでも、医療現場でミスがあったとき、医者が早めに謝っていれば訴訟を起こされるリスク自体が大幅に減るという研究結果が出ています。世界中のどこでも謝るのは決して悪いことではないと信じています。


スコット・キャロンの経歴・略歴

スコット・キャロン。米国人経営者。独立系投資顧問会社「いちごアセットマネジメント」社長。米国プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクール (公共政策・国際関係学部) 卒業、スタンフォード大学大学院政治学博士課程修了。来日し日本開発銀行設備投資研究所客員研究員、バンカース・トラスト・アジア証券会社東京支店、モルガン・スタンレー証券会社、米系証券会社勤務を経ていちごアセットマネジメントを設立。社長に就任。

他の記事も読んでみる

岸見一郎

不幸にも感情的な物言いしかできない上司なら、部下のほうから上司の真意を引き出す働きかけが必要。感情的になっている人は、その自覚がないことがほとんど。「嫌い」という感情を、仕事の文脈に置き換えるのです。これも自分が成長するいい機会。上司のためではなく、自分のためだと思って接してみてください。たとえば「お前はどうしてこんなこともできないんだ!」と叱責されたとき、「あー、やっぱり嫌われてるな……」と嘆いたり落ち込んだりして終わらせるのではなく、「今回はすみませんでした。今後のために改善点を教えてください」と切り返してはどうでしょう。「そんなことは自分で考えろ」といわれるかもしれませんが、そこは食い下がっても大丈夫。部下が失敗を繰り返すとしたら、それは上司の管理責任や指導力が問われている証拠。問題は上司にあるわけですから、部下はアドバイスを求めていいのです。


榊原健太郎

アクションを起こせば世の中が変わる。


橘フクシマ咲江

我々がヘッドハンティングで紹介するのはひとつの機会であって、最終的に決断するのは雇用主と候補者です。そこでできるベストの仕事は、お互いの期待値の差を最小限にすることです。だから絶対に嘘を書いてはいけません。交渉の過程では、報酬の詳細や経営課題について、問題を隠すのではなく事実を具体的に説明し、判断の役に立つ客観的な分析を加えるのです。この仕事は、同じクライアントからの仕事が7割を占めるリピートビジネスです。口当たりのいいことだけを伝えて入社していただいても、結果的に成功しなければ、お互いにとって悲劇になります。


朝原宣治

前例となるメソッドがありませんから、自らを実験台にするしかありません。これまでの経験や勘を基に、仮説を立て検証する。この繰り返しでした。


藤森義明

M&Aは時に「成長までの時間を買う」と形容される。そのとおりで、当社の海外事業はこれまで残念ながら弱体だった。そのまま単独で海外進出し、現地の一流ブランドなみの認知を得ようとしたらどうなるか。相当な年月がかかるうえ、実現できるかもおぼつかない。だから私たちは今回、米国最大の衛生陶器メーカー「アメリカンスタンダードブランズ」、欧州水栓金具メーカー最大手「グローエ」を傘下に収めることで、そのスピードと確実性を「買った」のだ。


ハロルド・ジェニーン

本来は古風な簿記係の私は、数字は会社の骨格のようなものだと考えていた。数字の相互関係は、本の行間を読むようなものだった。私は会社のだいたいの健康状態と、実績をあげている部門と、問題の所在に見当がついた。


阿久津聡

杓子定規なコンブライアンスの適用によって、ソーシャルネットの活用に二の足を踏んでいる企業が多いようにも思います。あまり恐る恐るやっていたら面白いものはできないし、共鳴できるものにはなりません。


ハッソ・プラットナー

SAPが再び成長軌道に乗れたのは、大学で新技術を開発して次の時代に備えていたからだ。


神田昌典

会社の改革を成功させた経営者に話をうかがうと、一人一人の社員と納得するまで話したという逸話が多い。


笹氣健治

仕事で成功した人にその理由を尋ねると、「運がよかっただけ」という答えが返ってくることが多いようです。その言葉を真に受けて「運がよかったら自分も成功できる」と考えたとしたら、それは間違いです。なぜなら成功者たちの発言の裏には地道な行動や努力の積み重ねがあるからで、彼らにとってそういったものは当たり前のことなので、わざわざ口にしていないだけなのです。その当たり前のことをしっかりやった上ではじめて、運のよし悪しを語ることに意味があるのではないかと思います。


竹中平蔵

戦略は細部に宿る。パッションのあるリーダーは往々にして事業のディティールを理解していない。反対に、ディティールを理解しているリーダーはパッションに欠けることが多い。このトレード・オフをいかに統合するか。そこが、リーダーにとって肝心なことです。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

どんなサービスであっても、最終的には実在する拠点と、フェース・トゥ・フェースの対応ができる営業スタッフが必要になる。逆にいえば、店舗というインフラさえあれば、そこで売買でもライドシェアでもレンタカーでも何でもできる。


中野克彦(経営者)

MOT(技術経営、マネジメント・オブ・テクノロジーの略)の一番のポイントは、経営方針と研究方針が一致することです。二番目は市場と研究の融合です。三番目は上下左右の壁をなくすことです。上下は社長と担当です。入社して5・6年の人が私の前で説明する。「それは君、いいテーマだからすぐ投資審議会に回しなさい」というわけです。昔はいいものをつくっても、上司のハンコをもらって、投資審議会にかけて、常務会にかけてから社長の決裁となるから時間がかかった。いまは私が「投資審議会に回しなさい」といえば、社長決裁をもらったようなものです。私は話を聞いたら即断即決します。MOTはスピード経営でなければいけない。


和田秀樹

よくいわれる「日本人は即断即決できない交渉下手」も、じつは誤解です。というより、マイナス面ばかり強調されがちなのは、外国人が、商談で自分が有利になるように仕向けるための戦略です。むしろ、日本人は優秀でスキがないと思われているので、じっくり取り組まれると苦手なのでしょう。たとえ、海外との商談で「日本人は優柔不断だ。その場で決断できない」と非難されてもノープロブレム。毅然として「なぜ1日ぐらい待てないのですか」と返せばいい。その場で結論を迫るのは、相手を思考停止させる典型的なやり口ですからね。いってみれば振り込め詐欺と同じなので気をつけてください(笑)。


白石達

ゼネコンが海外事業で赤字を出す一因は、ある種のガラパゴス化にあります。日本の公共事業では、契約外で追加の工事が発生した場合、内容が正当であればほとんどが認めてもらえます。しかし、海外では、たとえ発注者からの指示による追加工事であったとしても、契約書の締結がなければ、発注者からは支払われません。自分たちのやり方が世界で通用すると思い込んだその認識が甘かったのです。


ページの先頭へ