名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スギちゃんの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スギちゃんのプロフィール

スギちゃん。日本のお笑い芸人、俳優。愛知県出身。吉本総合芸能学院(NSC)名古屋校出身。複数のお笑いコンビで活動後、ピン芸人としてブレイク。持ちネタ「ワイルドだろぉ」が「新語・流行語大賞」年間大賞に選ばれた。

スギちゃんの名言 一覧

いまは、流されるままテレビに出ています。寝る間もないくらい。長い間、テレビに出るために戦ってきましたが、出たら出たで、次の戦いがある。ゴールしたわけじゃないですから、天狗になんてなれません、って、スギちゃん、ずいぶんいいこと言ってるぜぇ。


「一発屋」とか言われてるけど、そう思われてるほうが、気がラクでいいぜぇ。全然、気にしてないぜぇ。ホントは少し気にしてるぜぇ。ワイルドだろ~。


それまで、どうすれば売れるんだろうと、考え尽くしてきて、無に近い境地に達したとき、何にでもハマる正解(ワイルドキャラ)を見つけられた。自分なりに真剣にやってきたから、運良く人生の転機が訪れたのかな、という気もします。


ピンになって、キャラをコロコロ変えました。「馬鹿大将」「おっぱい先生」「節子」「ぷーちゃん」などなど。それで、昨年の夏、「ワイルド・スギちゃん」が誕生したんです。3年間で20以上もキャラ変更したんだぜぇ。ワイルドだろ~。


成功できるかは、少ないチャンスをものにできるかとうかで決まると思うんです。今年のR‐1はラストビッグチャンス。逃せばもう一生売れないと思って挑みました。


売れる前は月に1~2回、事務所主催のライブでお客さんの反応を見ながら、売れるキャラを探していました。これは僕に限らず、売れない芸人なら誰もがやっていること。焦りながら必死で探し続けるわけです。ただ、僕の場合、35~36歳のとき、その焦りがふっと消えたんです。それまでは、売れたい売れたい、とジタバタしていたし、売れている同期や後輩を見て、嫉妬もしていた。なのに、不思議なことにそんな感情が消えました。「好きなことをやり続けてるんだから、それでいいか。収入も年齢も別に関係ないや」って。すうっと力が抜けて、ネタをつくるのも楽しくなりました。無の境地というほどではないんですが、それに近いような状態。長い間、真剣に笑いに取り組んできたことで、何かが変化したとしかいいようがないんですが。


スギちゃんの経歴・略歴

スギちゃん。日本のお笑い芸人、俳優。愛知県出身。吉本総合芸能学院(NSC)名古屋校出身。複数のお笑いコンビで活動後、ピン芸人としてブレイク。持ちネタ「ワイルドだろぉ」が「新語・流行語大賞」年間大賞に選ばれた。

他の記事も読んでみる

遠藤結蔵

「お客様が何を望んでいるのか」を日々模索し、「新たにどんな商材やサービスを取り入れていくのか」という試行錯誤を重ね、有望だと思われるものについては積極的に店頭で実験してみる、というスピード感が何よりも大切。


吉村元久

海外から集まった優秀な人達と接することで、それまで自分の座標軸でしかモノを見ることが出来なかったことが、大きく視野が広がり、価値観の違いを前提にしてコミュニケーションできるようになったことは、米国留学から得た最大の収穫だったと思います。


午堂登紀雄

本人にはビジネスになると思っていないことでも、お金を払ってそのノウハウや知識を得たいという人は多いもの。


玉川勝

重要なことは、当初の計画が間違っていなければ、諦めないこと、多少の遅れがあっても、一歩ずつ着実に歩みを進めることです。


永守重信

企業は利益率15%以上あげて当然。それができないのは経営がおかしいからだ。


下園壮太

たくさんの選択肢から自由に自ら選べることは、基本的には素晴らしい状況でしょう。しかし、私は自由の過度の拡大が、今日の日本社会のストレス増加の理由のひとつと考えています。私たちは「エネルギー消費=肉体を使うこと」と捉えがちですが、無数の選択肢の中から「選ぶ」という頭脳労働もかなりのエネルギーを使うのです。


ハワード・シュルツ

私がスターバックスで成し遂げた最も誇れることを一つ挙げるとすれば、会社で働いている人たちとの間に築いた信頼関係である。それは多くの企業に見られるような口先だけのスローガンではない。我々はパートタイマーを含む総合的な健康保険制度や、全社員を対象とするストックオプションなど画期的な制度を導入してきた。倉庫係も入社したばかりの小売店員も人間として敬意を持って待遇されているのだ。


南部靖之

日本企業は海外とも戦いをしていますが、勝つためにはアントレプレナーシップ(企業家精神)が必要です。ですから私は、自分の子どもに対しても学費を出さず、「自分の力で大学に行け」と言いました。でも父親が金持ちだと、日本では奨学金をもらえないのだそうです。そこで娘はファミリーレストランでアルバイトをし、結局、奨学金制度が整っているアメリカの大学に進学しました。アメリカではロックフェラーのような大富豪でも子どもの入学金など出しません。


山口哲史

私の場合、身体の調子が悪くなるとツキも離れていくんです。だから、ランニングで身体を動かして、健康を保っています。走っていると自分のリズムが戻ってくる。私にとっては欠かせない時間です。この習慣を始めてから業績が上がるようになりました。


森英恵

日本のファッション文化は戦後70年で大きく変わりました。最近、六本木の街を歩くと、男なのか、女なのか、若いのか、年寄りなのか、分からない人が増えている。「着る」という文化が、停滞しているように思えてなりません。


原孝(組織戦略コンサルタント)

人は決断する際に納得を得たいと思います。その納得は論理と感情とが混ざり合って成り立っています。そして、リーダーは論理を研ぎ澄ますことも大切ですが、論理よりも0.1ミリでも感情を上回らせることはもっと重要です。


木村尚敬

意識したいのは、自分の価値観を恥ずかしがらずに表現して伝えることだ。普段の仕事を通して自分の価値観は伝わっていると考えがちだが、部下は上司にそれほど強い関心を持っていない。「自分は知っているが、他人は知らない」という領域は案外広いのだ。