名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スガシカオの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スガシカオのプロフィール

スガシカオ。日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。東京出身。東京経済大学卒業後、制作会社勤務を経てミュージシャンになる。その後、数々のヒット曲を生み出した。

スガシカオの名言 一覧

結局、僕は作り続けるしかないっていうか、作ることしかできない。


オレはハードルを上げられたら「くそ~」と思ってどうにかそのハードルを越えてやろうっていうタイプ。


なんの保証もなかったけど、根拠のない自信だけはあった。
【覚え書き|ミュージシャンの道を選んだ当時を振り返っての発言】


観客を常に裏切っていきたい。「この曲がウケました」ってなったら、「同じ感じのものは当分作らないよ」って。それは年を取ってからまたやるから、今は一つでも前にコマを進めたいんだよって思いのほうが強い。


プロダクトアウトしかできない人は、マーケットインの人を一人そばに置いておく必要がある。


挑戦というか、ひとつのところに安定しているのが得意じゃないんですよね。

【覚え書き|人生の節目で安定より挑戦を選んでいる理由を問われて】


王道のファンクを聴くのは好きだけど、自分がやるのはそんなに好きじゃない。新しいことを常にやっていたい。


(村上)春樹さんにお会いした時、「一番大切なのは文体だ」って言われたんです。言葉を扱う仕事をしているのは、小説家も音楽家も一緒ですよね。「決定的な文体を持てば、ものすごい武器になる」っていうふうに言われて、自分の文体を強く持つことを意識してやってきたところはあるんです。


自己暗示じゃないけど、毎日鏡に向かって、オレは才能がある、天才だ、天才だ、って言い続ける感じですよ。自己暗示という名の麻酔を自分にかけ続けて会社を辞めた(笑)。普通に考えたらリスキー以外の何物でもないからね。麻酔で痛みをなくして恐怖感をなくしたんだと思う。


僕は「プロダクトアウト」オンリーですね。マーケットとか、今の音楽に対しての距離感はすごい近くに取っているんです。そのうえで、自分が作る音楽は、それとはあんまり関係ないかなっていう。要するに、「売れてる音楽とは関係ないな」って位置にずっといちゃうんですよね。


荒吐ロックフェスやライジングサン、福岡のサンセットなんかも主催者が好きなようにやってる。フェスの原点であるウッドストックなんかもそうでしょう? 結局、主催者が心から楽しんでいるかどうかっていうのはお客さんは察知するし、出ている側のミュージシャンもそこが面白いから出ていることが多い。


大変ですけど楽しみですよ。もうね、やりたいことを全部やってやろうと思っています。最高のライヴをやるのはもちろん、音楽以外も充実させます。フェスって主催者のわがままとか好みが色濃く出ているほど面白いと思うんです。


もう初老ですよ(笑)。ただ、オレが他人を見てて一番年を感じるのは髪の毛。だから、髪はちゃんと手入れをしていますよ。洗いっぱなしにしないとか、保湿はちゃんとするとか。常にハゲの恐怖と戦うとか(笑)。あとはやっぱり体力作りです。そこはパーソナルトレーナーをつけて、ウエイトトレーニングをやっています。食べるのが凄い好きだから、みんながびっくりするくらい運動はやってますよ。声のメンテナンスもちゃんとやってますし。やっぱり年を重ねていくとランニングだけじゃいろいろキープできなくなってくるんですよね。体力も喉もしっかりメンテナンスするように心がけています。


収入がないからお金をかけた宣伝はできない。だったらお金をかけずに発信する方法を選ぼうという判断。もう時代はフルデジタルに向かっていて、ハーフデジタルくらいまで来ていたのでとにかく自分の立ち位置をデジタルに移したんです。これからは全部デジタルで配信の時代になるからって。

【覚え書き|独立後、動画配信サイトやSNSで情報を発信し始めたことについて】


なんにもしないで終わるのがイヤだった。年をとってからオレはプロミュージシャンになりたかったんだよって言うのはカッコ悪いなと。一回挑戦してダメだったらしょうがないって感覚。やれることを全部やってしまおうと。やらないでダメだったら気持ち悪いまま一生を終えるだろうなって。

【覚え書き|20代後半で音楽の世界に飛び込んだことについて】


スガシカオの経歴・略歴

スガシカオ。日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。東京出身。東京経済大学卒業後、制作会社勤務を経てミュージシャンになる。その後、数々のヒット曲を生み出した。

他の記事も読んでみる

レイ・クロック

帽子をきちんとかぶらず、靴の手入れが行き届いていないのは、ずぼらな思考の表れである。


野田サトル

極限まで余分なコマを削って、1話18ページの中にネタを詰め込めるだけ詰め込んでいるから、話の展開が速いんです。「まだ5巻か!」って感じなんですよ。


本田健

いまは個人の才能をお金に換えるチャンスが増えている。自分の仕事を応援してくれるファンができれば、継続して収入を得ることができます。収入を得るカギは、自分を応援してくれるファンづくりにある。


藤井聡

損得勘定一本で来た利己主義者の方は、変化に対して脆弱です。短期的には効率よく成果を上げますが、短期局所的な最適解ばかりを求めて無駄をカットしすぎた人間関係や会社は、条件がちょっと変わっただけで暗転します。


橋本治

こちらができるのは、吐きだせるものはいっぺんに吐きだしてしまうことです。私が『窯変源氏物語』を書いたときでいえば、光源氏の全盛期の桜を各段階で、ピークの美しさを表現するのだから、ともう桜の美しさについてのボキャブラリーはすべて出しつくしてしまっていいという覚悟で臨みました。それで実際に出し尽くしてしまって、そのあとにも、桜の描写は出てきたのですが、そうなったらまた別のボキャブラリーが出てきました。そんなふうに、何らかの形で吸収しておいたものは出そうとすれば出てくるので、まずは持っているものを惜しげもなく使い切ってしまった方が楽なのではないでしょうか。みんな、そういうところで妙にケチなんだけど、下手にストックをとっておいても自分自身の二番煎じでしか生きていけなくなってしまうと思います。


和田完二

会社の一員として誇りと責任を持つところに愛社精神が生まれる。各自会社の柱であることを自覚して、その職場をまっとうする。我々は組織を重んじ、規律に従う。各部署は互いに緊密な連絡を保ちあい、協調して社務の円滑な運行に努める。


松本大

やる気の源は、誇りを持てる生き方をしたいという気持ちです。


中原淳

振り返りは、毎日する必要はありません。しかし折に触れて振り返る習慣はつけておいた方がいい。振り返りをしないで前進し続けることは、リスクを大きくします。


糸井重里

売上高や利益率や従業員数や資産という既存の尺度で測れば、ほぼ日なんて本当にちっぽけな存在です。でも僕は、ほぼ日の価値はそこにはないと思っています。いかに多くの人に影響を与えることができるか。「よく売れたものは、より多くの人に影響を与えることができたと考えよう」と特には話をしています。そこにこそ、ほぼ日の価値がある。


水野和敏

どんな仕事をするにしても、社会的使命のために働くのが人間らしさじゃないでしょうか。会社はその使命を果たすための手段です。会社での評価が人生の目標に置き換わってしまうから、モチベーションが落ちるのです。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

やる気が出ない時は、まず手だけでも動かしましょう。手を動かすと、脳が「作業興奮」を感じるんです。提案書を作る場合でも、いきなり考え込まずに、まずは資料集めから始め、手を動かしましょう。


小池信三

数字を上げるためにも、効率化ではなく、とにかくいい家をつくり続ける。もしそこで妥協してしまうと、当社は全く違う会社になってしまう。ですからそこだけはブレないようにしている。