名言DB

9419 人 / 110788 名言

スガシカオの名言

twitter Facebook はてブ

スガシカオのプロフィール

スガシカオ。日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。東京出身。東京経済大学卒業後、制作会社勤務を経てミュージシャンになる。その後、数々のヒット曲を生み出した。

スガシカオの名言 一覧

結局、僕は作り続けるしかないっていうか、作ることしかできない。


オレはハードルを上げられたら「くそ~」と思ってどうにかそのハードルを越えてやろうっていうタイプ。


なんの保証もなかったけど、根拠のない自信だけはあった。
【覚え書き|ミュージシャンの道を選んだ当時を振り返っての発言】


観客を常に裏切っていきたい。「この曲がウケました」ってなったら、「同じ感じのものは当分作らないよ」って。それは年を取ってからまたやるから、今は一つでも前にコマを進めたいんだよって思いのほうが強い。


プロダクトアウトしかできない人は、マーケットインの人を一人そばに置いておく必要がある。


挑戦というか、ひとつのところに安定しているのが得意じゃないんですよね。

【覚え書き|人生の節目で安定より挑戦を選んでいる理由を問われて】


王道のファンクを聴くのは好きだけど、自分がやるのはそんなに好きじゃない。新しいことを常にやっていたい。


(村上)春樹さんにお会いした時、「一番大切なのは文体だ」って言われたんです。言葉を扱う仕事をしているのは、小説家も音楽家も一緒ですよね。「決定的な文体を持てば、ものすごい武器になる」っていうふうに言われて、自分の文体を強く持つことを意識してやってきたところはあるんです。


自己暗示じゃないけど、毎日鏡に向かって、オレは才能がある、天才だ、天才だ、って言い続ける感じですよ。自己暗示という名の麻酔を自分にかけ続けて会社を辞めた(笑)。普通に考えたらリスキー以外の何物でもないからね。麻酔で痛みをなくして恐怖感をなくしたんだと思う。


僕は「プロダクトアウト」オンリーですね。マーケットとか、今の音楽に対しての距離感はすごい近くに取っているんです。そのうえで、自分が作る音楽は、それとはあんまり関係ないかなっていう。要するに、「売れてる音楽とは関係ないな」って位置にずっといちゃうんですよね。


荒吐ロックフェスやライジングサン、福岡のサンセットなんかも主催者が好きなようにやってる。フェスの原点であるウッドストックなんかもそうでしょう? 結局、主催者が心から楽しんでいるかどうかっていうのはお客さんは察知するし、出ている側のミュージシャンもそこが面白いから出ていることが多い。


大変ですけど楽しみですよ。もうね、やりたいことを全部やってやろうと思っています。最高のライヴをやるのはもちろん、音楽以外も充実させます。フェスって主催者のわがままとか好みが色濃く出ているほど面白いと思うんです。


もう初老ですよ(笑)。ただ、オレが他人を見てて一番年を感じるのは髪の毛。だから、髪はちゃんと手入れをしていますよ。洗いっぱなしにしないとか、保湿はちゃんとするとか。常にハゲの恐怖と戦うとか(笑)。あとはやっぱり体力作りです。そこはパーソナルトレーナーをつけて、ウエイトトレーニングをやっています。食べるのが凄い好きだから、みんながびっくりするくらい運動はやってますよ。声のメンテナンスもちゃんとやってますし。やっぱり年を重ねていくとランニングだけじゃいろいろキープできなくなってくるんですよね。体力も喉もしっかりメンテナンスするように心がけています。


収入がないからお金をかけた宣伝はできない。だったらお金をかけずに発信する方法を選ぼうという判断。もう時代はフルデジタルに向かっていて、ハーフデジタルくらいまで来ていたのでとにかく自分の立ち位置をデジタルに移したんです。これからは全部デジタルで配信の時代になるからって。

【覚え書き|独立後、動画配信サイトやSNSで情報を発信し始めたことについて】


なんにもしないで終わるのがイヤだった。年をとってからオレはプロミュージシャンになりたかったんだよって言うのはカッコ悪いなと。一回挑戦してダメだったらしょうがないって感覚。やれることを全部やってしまおうと。やらないでダメだったら気持ち悪いまま一生を終えるだろうなって。

【覚え書き|20代後半で音楽の世界に飛び込んだことについて】


スガシカオの経歴・略歴

スガシカオ。日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。東京出身。東京経済大学卒業後、制作会社勤務を経てミュージシャンになる。その後、数々のヒット曲を生み出した。

他の記事も読んでみる

呉真由美

速読というと、単純に本を短時間で読めるだけだと思っていませんか? それは少し違います。文章が速く読めるというのは脳が活性化されているということ。つまり、速読のトレーニングをするということが、そのまま脳のトレーニングになっているんです。


前田正博(官僚)

映画「風と共に去りぬ」の印象深いラストシーンで、ビビアン・リー演じるヒロインのスカーレット・オハラが失意の中、顔を上げ「After all, tomorrow is another day!(明日は明日の風が吹く)」と力強く言う。不況の中を立ち上がり乗り越えて行く中小企業には、そう言える勇気と気力を持ってほしいですね。


小川賢太郎

一部の企業で、自らの利のみを求めるという行為が出てきています。もちろん、利を求めることは株式会社の基本ではあります。しかし、利を得るためには何をやってもいいかといえば、決してそんなことはありません。また、本社を置いている国の法律に抵触しなければ何をやってもいいんだという考え方は明らかに誤りです。このことを株式会社のトップマネジメントは十分に自覚しなければならないと思います。


ジョン・グランバー

何もしようとしない経営者が多いのも事実でしょう。社内の古い文化や慣習、先輩OB、そして長期雇用されている社員たちからの変化に対する抵抗が激しいため、変化の必要性は認識していても、実現は難しいと考えているようです。こうした企業も、たしかにいまのところはそれなりの強みがあるから良いかもしれません。しかし、今後を考えたとき、こういった姿勢は確実に弱みになってきます。


河野貴輝

当社の事業はマニュアル化するのは難しい仕事なので、メンターとなるような先輩がしっかり指導する環境をつくる必要があります。また、これまでは営業本部長から部長、課長、リーダーと階層化されていた組織を見直し、層を一気に薄くして風通しの良い組織づくりを心がけています。


小川仁美

ほかの俳優が経験していない、会社員との両立という道を選ぶことで、私にしか表現できないリアリティーに到達したい。


江上治

稼ぐ人に共通する最も特徴的なことは、コツコツと我慢強く継続する力です。継続することは意外に難しく、また継続できない人は、まずもって成功しません。


分林保弘

私自身、京都の街の影響を強く受けています。能楽師の息子ですが、新しいものが大好きです。学生時代、東京オリンピックで多くの外国人が来日したのを見て、海外へ行きたくて仕方がない。でも学生が海外に行くのは難しい時代です。そこでアメリカの大学の学長宛に、大学で能の公演をしたいと手紙を出しました。そうしたところ20ほどの大学から許可が出て、半年がかりの公演旅行を実現しました。実際に自分の目でアメリカを見たことで、アメリカで起きたことはいずれ日本でも起きることが感覚的に分かるようになりました。それが後にM&Aに結び付きました。


リンダ・グラットン

未来のリーダーは複雑化した世界の中でリーダーシップを発揮しなければなりません。しかし、矛盾も当然発生します。たとえばローカルな存在でありつつもグローバル化していく企業の姿も矛盾のひとつです。そこで矛盾する世界を克服するためにリーダーは「内なる旅」と自分の殻を破って未知と出合う「外への旅」に出なければいけないと考えています。内なる旅は内省すること。自分自身は何者なのか、自分の価値観は何なのか、あるいは自分は何を大切にしているのかについて深く考え、声に出して表現することが必要です。内省の結果、今までと違うやり方をしなければいけないことを認めるには勇気が必要です。しかし、すばらしいリーダーになるための条件だと思います。


鈴木幸一(経営者)

きちんと断れば、案外根に持たれません。変に期待を持たせることは、かえって友人や取引先を失うことになります。