名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

スウェーデン女王クリスティーナの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スウェーデン女王クリスティーナのプロフィール

クリスティーナ。17世紀スウェーデンの女王、政治家。北方の獅子として恐れられたグスタフ・2世・アドルフの娘。父に似て有能な人物で、神聖ローマ帝国に新教徒の権益拡大を認めさせたり、フランスとともに中央ヨーロッパに進攻し戦争で勝利した。22年間王政を行い、従兄カール10世に王位を譲り退位。その後はローマに定住し、学問、芸術、文学の研究に没頭した。グロティウスやデカルトなど当時第一級の知識人たちと交友を深めた

スウェーデン女王クリスティーナの名言 一覧

威厳は香りのごときもの。威厳を活用する者はそれをほとんど意識はしません。


自らを向上しようと試みることが必要なのです。この意識は生きている限り持続すべきです。


スウェーデン女王クリスティーナの経歴・略歴

クリスティーナ。17世紀スウェーデンの女王、政治家。北方の獅子として恐れられたグスタフ・2世・アドルフの娘。父に似て有能な人物で、神聖ローマ帝国に新教徒の権益拡大を認めさせたり、フランスとともに中央ヨーロッパに進攻し戦争で勝利した。22年間王政を行い、従兄カール10世に王位を譲り退位。その後はローマに定住し、学問、芸術、文学の研究に没頭した。グロティウスやデカルトなど当時第一級の知識人たちと交友を深めた

他の記事も読んでみる

午堂登紀雄

講演やプレゼンはテーマが違うだけで展開の仕方は同じ。だから大まかな見出しは先に作っておきます。イチから考えると大変ですが、内容が決まっていればすぐ取りかかれます。


窪山哲雄

ホスピタリティーの根本的精神は、お客様を愛する気持ち、すなわち愛情です。ここでいう愛情には二種類あって、ひとつは「母性愛」。母親が子を思うように、見返りを求めず、奉仕する心です。そして何でも許す心です。もうひとつは「父性愛」です。これは技術ということもできます。プロとして高い技術を持っていないと、お客様に奉仕することはできません。このふたつの愛情が両輪になり、バランスよく回って、ホスピタリティーは初めて可能になります。


勝間和代

必要なのは「するべきことリスト」を作ることではなく、「断ること、してはいけないことリスト」を作ること。


山本真司

仕事の集中力を高めるために有効なのは、「早く帰ることをルール化してしまう」ことです。私もかつて、尊敬するある上司から、「忙しくても定時で帰れ」と言われ、試しにやってみると確かに仕事の疲れが取れ、翌日の集中力がぐっと高まりました。身体の疲れがどれほど集中力を妨げているのかを実感しましたね。以後、休暇明けや仕事の山を越えて余裕のある日などは、なるべく定時に退社するようにしました。このように「ルール化」することで弛緩する時間を作るのは、集中力を高めるのに非常に重要です。


安藤宏基

たとえ失敗しても、何度も復活のチャンスはあります。うちは、そういう会社です。


山田進太郎

私は起業家ですが、一方でエンジェル投資家としての活動も2年前まで行っていました。エンジェル投資家として出資をするときは、ほとんど直感です。そのとき、決め手となるのは、事業計画書のプランを見るというよりは、やはり人です。私の場合はインサイト(洞察力)があるかどうかを見ます。私と違う新しくて深い考えをどれだけ持っているのか。そうした知識欲のある人は、常に新しい情報によって、自分自身もアップデートでき、起業家としても成功する可能性がある。私も国内外問わず、何か新しいサービスが出たときは、それがどれくらい伸びるのか、その後の動向も定期的にチェックしています。


星野佳路

社員にできるだけ多くの情報を発信してもらい、トップもそれに応じて必要な情報を伝えていく。経営陣と社員が情報を共有することは、とても重要なこと。


ニーチェ

愛からなされることはいつも、善悪の判断の向こう側にある。


ウルリッヒ・シュピースホーファー

広くて浅い経営は大変危険。


片田珠美

悪質な人の場合、振り回す対象をわざと孤立させることも。上司から「みんながおまえのことを悪く言ってるぞ」なんて言われた場合は、要注意です。信頼できる人に相談したり、自分の評判を確かめたりして対処しましょう。


山口ひろみ(経営者)

県庁所在地やその地域で働く若い人が集まる場所も立地条件の一つです。人手不足というのは全産業に共通の課題になっていますけど、常に人は不足しているので、社員の採用がしやすい地域を選んでいます。


三國清三

今日よりも明日、明日よりもあさって、毎日上を目指して、365日成長することも必要。常に世界の動向をウォッチしながら、僕も日々、時代とお客さまへの対応方法、よりよいサービスを考え続けています。