名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

スウェーデン女王クリスティーナの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スウェーデン女王クリスティーナのプロフィール

クリスティーナ。17世紀スウェーデンの女王、政治家。北方の獅子として恐れられたグスタフ・2世・アドルフの娘。父に似て有能な人物で、神聖ローマ帝国に新教徒の権益拡大を認めさせたり、フランスとともに中央ヨーロッパに進攻し戦争で勝利した。22年間王政を行い、従兄カール10世に王位を譲り退位。その後はローマに定住し、学問、芸術、文学の研究に没頭した。グロティウスやデカルトなど当時第一級の知識人たちと交友を深めた

スウェーデン女王クリスティーナの名言 一覧

威厳は香りのごときもの。威厳を活用する者はそれをほとんど意識はしません。


自らを向上しようと試みることが必要なのです。この意識は生きている限り持続すべきです。


スウェーデン女王クリスティーナの経歴・略歴

クリスティーナ。17世紀スウェーデンの女王、政治家。北方の獅子として恐れられたグスタフ・2世・アドルフの娘。父に似て有能な人物で、神聖ローマ帝国に新教徒の権益拡大を認めさせたり、フランスとともに中央ヨーロッパに進攻し戦争で勝利した。22年間王政を行い、従兄カール10世に王位を譲り退位。その後はローマに定住し、学問、芸術、文学の研究に没頭した。グロティウスやデカルトなど当時第一級の知識人たちと交友を深めた

他の記事も読んでみる

竹内規彦

長期的なキャリア形成においては、初期の評価がとても重要です。戦略を見直すのであれば、できるだけ早いほうがいいでしょう。


田口弘

大企業で今の体制を否定するようなことを始めるのは簡単ではありません。大企業は社内で新しいことを始めるのではなく、積極的にベンチャーを支援して事業が軌道に乗ったところで買収するなりしてさらに発展させれば良いのではないかと思います。


アラン(哲学者)

誰だって強いられた仕事は好きではない。好きでやっている仕事は楽しみであり、もっと言えば幸福である。


吉野孝行

お客様を訪問しますと、ITに関して必ず言われます。「ITは高いね」という鋭い指摘です。これに対する私の答えはいたってシンプルです。「おっしゃる通り高いです。だからこそ、早く投資を回収し、さらに投資効果を定量的に把握することが経営者の仕事です」と。


大崎真孝

これから先も技術の進化が落ち着くということはないと思います。ディープラーニングに関していえば、従来長い時間を要していた処理にGPUを使うことで、極めて短時間で終えられるようになりました。しかし、より多くのデータを高速に処理したいというのが業界共通のニーズです。計算資源はまだまだ足りないと言われています。人類が経験したことのないような産業革命あるいは技術革命がまさに進行している状況で、私たちもイノベーションをさらに加速していかなければならないでしょう。


藤沢武夫

私は思うのですが、輸出をするからには、やはり国内がしっかりしていないといけません。もし不安が残るままに輸出に手をつけたら、あんなに金を注ぎ込むこともできなかったし、現地も動揺して、その後の成功は望めなかったでしょう。


戸塚隆将

プレゼンの技術が活きるのも、根底に自分の意見があってこそ。それなしに綺麗な言葉を並べると、かえって空虚な人という烙印を押されるでしょう。


小松易

稼ぐ人の多くが自室も頻繁に整理整頓している。片づけは場所と時間を区切って、毎日少しずつやることが重要だ。片づけや掃除をこまめにやることが重要だ。片づけや掃除をこまめにやって、常に身辺を美しく保っている「几帳面」な人は、他者から見られていることへの意識が高く、自己管理がしっかりできていると言い換えることができるだろう。


三宅哲之

学校に通う前に、自分が本当にやりたいことは何なのか、自分の志を明確にすることが大切。


塚本こなみ

経営立て直しのために行なったのが、料金の変更です。パークはもともと、300円から700円の変動料金を採用していましたが、私はこれを1000円に値上げしました。その一方で、花の咲かない冬場の入園料を無料にしました。すると、売り上げがすぐに倍増。無料にしたことで、園内にお客様が入るようになり、レストランや売店の利用が増加したのです。


村田諒太

どんな動きができればいいのかを書くと、「そのためには何を意識して練習すればいいのか」が見えてきますよね。これを作ったことで僕は、「今、すべきことを先回りして書けばいいんだ」と気づきました。それで、練習日誌の書き方を変えたんです。


安部修仁

私が20代後半のころ、吉野家は急成長企業でしたから、社員も大きな希望を持っていました。それに、吉野家を企業化した先代の松田瑞穂社長は、教育投資、報酬制度、利益の配分といった面で、社員の成長に必要な環境を非常によく整備してくださる方でした。それらをトータルに考えると、決して労働搾取されていたとは思いません。やはり、残業や過重労働の問題を考えるときは、経営者がごまかしで搾取しようとしているのか、そうでないのかが非常に重要だと思います。